♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

サウジの王様はユダヤ人

「 フセイン政権時代(2002)に製作されたイラク諜報機関の報告書が米・国防省によって公表された。

サウジ・アラビア王室を中心にしたワハビ派(サラフィス)は反・イスラム勢力である、という。

ワハビ派はイスラム教のサブ・グループとされるが、元は18世紀、英国のエージェントであったアブドル・ワハビが始めたカルトであった。オットーマン帝国時代(19世紀)は弾圧されたが、英国のアシストもあり、1932年、サウジを建国。それ以来、親米であり、イスラム原理主義過激派をそだててきた。アメリカの代理として、ソ連とアフガン戦争をした。

アブドル・ワハビとそのスポンサーであったイブン・サウッドが(隠れ)ユダヤ人であった可能性が出てきた。

トルコのドンメイ・ユダヤの出。
ドンメイ・ユダヤは悪名高い偽メシヤ、シャベッタイ・ゼビの信者・その末裔だ。ゼビは1666年、ユダヤからイスラムに改宗(隠れユダヤ)している。

ヨーロッパでは、一世紀後、ゼビの生まれ変わりとされたヤコブ・フランクが主導者となり、このシャベッタィアンの中にロスチャイルドもいた。

ドンメイはサロニカ市で活発で、これはフリーメーソンのホット・ベットと重なる。後のヤング・トルコ運動。
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/820.html



シャブタイ・ツヴィ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%96%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%84%E3%83%B4%E3%82%A3


シャブタイ・ツヴィ(ヘブライ語:שבתי צבי)、サバタイ・ツェヴィ(英語:Sabbatai Zevi)、またはゲルショム・ショーレムの著作翻訳本において、日本における通常の表記名はサバタイ・ツヴィ(1626年7月1日 - 1676年9月17日)は、近代ユダヤ民族史にもっとも影響を及ぼした偽メシアとして知られるユダヤ人である。彼を救世主と信じた集団は「シャブタイ派」(שבתאות)、サバタイ派(英語:Sabbatian)と呼ばれ、急進的なメシアニズム(救世主待望論)を掲げて17世紀半ばのユダヤ人社会を熱狂の渦に巻き込んだ。衰退後の18世紀においてもツヴィの信奉者は継続的に一定の勢力を保ち、後に誕生したハシディズムに影響を与えた。

トルコのスミルナ(現在イズミール)で生まれ育ったシャブタイ・ツヴィは幼くしてカバラに目覚め、青年時代にはいくつもの神秘主義を習得していた。このころよりすでに奇行癖があったようで、それは生涯変わらぬ彼の性癖として知られているのだが、その性癖によって預言者を自称していたアブラハム・ナタン(ガザのナタン)から救世主と見なされるようになった。ツヴィは各地のユダヤ人社会を巡り歩いて大勢の信奉者を味方につけると、伝統的な戒律や道徳を否定したり自分の兄弟や友人たちを各国の王に任命するなど、破天荒な行動で耳目を集めた。

シャブタイ派
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%96%E3%82%BF%E3%82%A4%E6%B4%BE


18世紀の半ばになると、当時はポーランド領、現在のウクライナにおいてヤコブ・フランクがフランク主義(フランキズム)を掲げて社会運動を起こしたため、これを機にシャブタイ派思想の再流行が見られた。フランクは自らがシャブタイ・ツヴィの生まれ変わりであると主張した。フランク主義者(フランキスト)の多くはユダヤ教の伝統的なモラルを無視して放蕩にふけり、シャブタイ派思想の本質的な部分をさらけ出していた。フランクも同様に仲間を集めて擬似家族と小規模な王国を作り、仲間内で近親相姦を繰り返していた。この運動は1759年に信奉者(フランキスト)たちが大勢キリスト教に改宗したことにより終焉を迎えているとされる。

19世紀になるとフランク主義(フランキズム)の沈静化と共に、シャブタイ派思想もヨーロッパにおいては活発な活動は行われていないように見える。ハシディズムの運動が盛り上がっていたころ、アビラー・レシェマー(神聖護持のために罪を犯すこと)に対する考え方がシャブタイ派の解釈に依存しているなど、ハシディズムに見られるシャブタイ派との共通点が敵対者に断罪されて論争が勃発したさい、数年間ほどシャブタイ派の名前が思い出されることがあった。

ハシディズムの教義には、シャブタイ派思想との類似が指摘されるのもやむを得ない箇所が確かにある。 とくに顕著なのが、義の力を過大評価している点で、それによって世界を秩序立て、至高の世界との関係を保つとしているのだが、非常に現実主義的な観点から世俗世界の神聖化を論じているのである。実際、高名なハシディズムの宮廷(共同体)ではハラハーの細部を侮る傾向があり、実践するよりも志向することが重要であると説かれていた。もっとも、反対派の思惑とは裏腹に、ハシディズムは時流にかなった思想としてユダヤ教に取り込まれた。現在ではハシディズムに対する非難はほとんど見られない。

サバタイ派フランキストの歴史年表
http://rothschild.ehoh.net/material/28.html


1770年
ヤコブ・フランクは自身のサバタイ派勢力を、ユダヤ人イエズス会士であったアダム・ヴァイスハウプトが設立したイルミナティに参入できるよう要請するために協定を結んだ(注記…イルミナティはアダム・ヴァイスハウプトが創めた組織ではない。正しくは、古くから存在したイルミナティをヴァイスハウプトが刷新し、改良したものである。知られる限りにおいて初めてのイルミナティ組織は、上述したとおり、一四九二年にスペインのユダヤ人(マラーノと呼ばれた隠れユダヤ人)によって設立されたアルンブラドスである。一四九一年、イグナチオ・デ・ロヨラはスペインのギプスコアで生まれた。彼の両親はマラーノで、家庭はとても裕福だった。若かりし彼は、スペインのイルミナティの一員となった。隠れユダヤ人としての活動を偽装するため、彼は非常に敬虔なカソリック教徒となり、身を偽った。一五三九年、彼はイエズス会を設立することになるローマへと移ったのである)。

1786年
ヤコブ・フランクは、一時的な財政難に悩まされ、フランクフルトの近く、オッフェンバックへと移り住んだ。そこで彼の金銭問題は後援者たちによって解決された。中でも彼を特に助けたのは、マイヤー・アムシュル・ロスチャイルドであった。
http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-1105.html

2khazariabam.png

イスラエライツ(元祖ヘブライ/ユダヤ族)とカザール改宗ユダヤ族の移動
1khazar empire jews migratio

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 04 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -