• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

真実が明るみに:お金(紙幣)は唯のIOU(I owe you/借用証書)で、そして銀行はその中で転げ回る(英国ガーディアン紙)

The truth is out: money is just an IOU, and the banks are rolling in it
真実が明るみに:お金(紙幣)は唯のIOU(I owe you/借用証書)で、そして銀行はその中で転げ回る(英国ガーディアン紙)

http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/mar/18/truth-money-iou-bank-of-england-austerity
イングランド銀行の正直さの一服は緊縮財政の理論的土台を窓の外へ捨てる

その昔、1930年代に、ヘンリー・フォードは、殆どのアメリカ人が銀行業が本当にどう機能するかを知らないのがいい事なのは、何故なら、もし彼等がそれを知ったら、「明日の朝が来る前に革命が起きるだろうから」と言ったとされます。

先週、ある凄い事が起こりました。イングランド銀行が猫を袋の外へ(真実を公に)出したのです。その銀行の金融的分析重役の3人の経済学者達によって共同出筆された、「近代経済におけるお金創造」と題された小論の中で、彼等は率直に、銀行業がどう機能するかの最も一般的な推測(通説)は単純に間違いで、オキュパイ・ウォール・ストリートの様なグループと、より一般的に関連させられる人民主義的で異説的立場の方が正しいと明言しました。そうする中で、彼等は効果/結果的に、緊縮財政のための理論的土台を窓の外に捨てました。

その銀行の新たな立ち位置がどれだけ急進的なのかの感覚を得るために、公共の政策の全ての尊敬に相応しい、論議の土台に成り続ける、社会的習慣(通説)的見解を考えてみて下さい。人々は彼等のお金を銀行に預けます。銀行はすると、消費者か、何らかの利益的事業に投資する意思のある実業家のどちらかに、金利付きでお金を貸し出します(ユーザリー)。真実なのは、フラクショナル・リザーヴ・システム(錬金術/詐欺)が、銀行が保有するよりも遥かに多いお金を、貸し出す事を銀行に許す事で、そして真実なのは、もし(保有する)預り金が不十分なら、商業銀行は中央銀行から更なる借り入れを出来ると言う事です。

中央銀行はそれが望むだけお金を刷る事が出来ます。ですがそれ(中銀)はまた、刷り過ぎ無い様にも慎重です。実際に、私達が頻繁に伝えられるのは、これが独立的中央銀行が、まず始めに存在する理由だと言う事です。もし政府が彼等自身でお金を印刷出来たら、彼等は確実にそれを印刷し過ぎ、そして結果的なインフレーション(物価高=通貨紙幣安)は経済を混沌へと投げ入れるでしょう。イングランド銀行や米連銀の様な組織が創造されたのは、インフレーションを防ぐためにお金の供給を慎重に操作するためです。これが何故それらが、例えば国債を買う事によて、政府を直接資金する(金利付きで貸す)事が禁止されているかの理由で、それらは代わりに政府が課税するだけの個人経済活動に資金し(貸し)ます。(?禁止されているの?)

お金について、それがあたかもボーキサイト(アルミの原鉱)や原油の様に有限であるかの様に、私達に話し続ける事を許し、社会的プログラムを資金するための「十分なお金が唯無い」と言わせ、政府の借金の非道徳性を語らせ、または公的出費(public spending)が個人企業(private sector)を「追い出す」と語らせるのは、この理解です。イングランド銀行が、今週認めたのは、これ等のどれもが本当の事実では無い事です。それ自体の最初のまとめを引用すると:「家庭が貯蓄する時に銀行が預金を受け取りそれらを貸し出すよりもむしろ、銀行の貸し出しが預金を創造し」・・・「平時において、中央銀行は流通にあるお金の量を固定/操作せず、中央銀行のお金は更なる貸し出しと預金へと”増大”しない。」

言い換えると、私達が知る全てが唯の間違いで - 後ろ向き/逆様です。銀行が貸し出す時、それら(商業銀行)はお金を創造します。これが何故なら、お金(紙幣)が単なる借用証書だからです。中央銀行の役割は、各銀行に特定の種の借用証書を、政府が税金の支払いとして受け入れる意志表示によって、法的紙幣として政府が認識(信用創造)するものを、創造する特権を効果/結果的に与える法的秩序の上で統括する事です。彼等(各銀行)が貸し出し(借金)を求める誰かを供給できるなら、どれだけ各銀行が創造出来るかに本当の限界はありません。彼等(各銀行)が決して資金不足に捕われられないのは、単純な理由のためで、借りる者は、一般的に言って、現金を取り出しマットレスの下に入れる事はしないからで、結局銀行が貸し出すどんなお金であれ、何処かの銀行に再びおさまります。ですから銀行業システム全体として、全ての貸し出しがもう一つの預金に成ります。更に加えて、各銀行が中央銀行から資金を調達する必要がある限り、彼等は彼等が好きなだけ借りる事ができ、後者(中銀)が本当に行う全ては、金利率を設定する事で、お金のコストであり、その量ではありません。景気後退の始まりから米英の中央銀行はそのコストを殆ど無に減少させました。実際に、「量的緩和」をもって彼等は、効果/結果的に彼等が出来る限りの量のお金を、インフレーション的効果を発生させることなく、各銀行につぎ込んできました。

これが意味するのは何かと言うと、流通にあるお金の本当の限度は、どれだけ中央銀行が貸し出す事を意志しているかではなく、どれだけ政府、企業、そして一般市民が借りる事を意志しているかだと言う事です。政府の出費はこの全てにおける推進力です(そしてこの小論は、もし貴方が慎重に読むと、中央銀行が政府を資金する事を最終的に認めます)。ですから公共の出費が個人投資を「追い出す」問題などありません。それは正にその真逆です。

何故イングランド銀行は突然この全てを認めたのでしょう?まあ、一つの理由は何故なら、それが明らかに本当だからです。銀行の仕事はそのシステムを実際に機能させる事で、そして最近そのシステムは特に上手く機能していません。それ(英中銀)が、お金持ちに便利だと証明された経済のファンタジー・ランド版を保つ事は、もうこれ以上継続出来ないと判断した可能性はあるでしょう。

ですが政治的に、これは膨大なリスクを取る事です。もし担保負債者(借金持ち)が、彼等が銀行から借りたお金は、実は何処かの倹約な年金受給者の人生預金などではなく、私達、一般大衆が、銀行に手渡した魔法の杖(フラクショナル・リザーヴ)の所有を通して銀行が存在へともたらしたものだと気付いたら、何が起こるだろうか考えてみて下さい。

歴史的に、イングランド銀行は、究極的に新たな主流派に成った、急進的な立ち位置様の様に見える様なものの動静を探ります。もしそれが此処で起こった何かなら、私達はもうすぐヘンリー・フォードは正しかったのかを学ぶ位置にいるかも知れません。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 10 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -