• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

ばれた:米国はウクライナにおけるテロ攻撃を計画している(退役軍人トゥデー)

Caught: US Planning Terror Attacks in Ukraine
ばれた:米国はウクライナにおけるテロ攻撃を計画している(退役軍人トゥデー)

http://www.veteranstoday.com/2014/03/15/caught-us-planning-terror-attacks-in-ukraine/

「アノニマス・ウクライナ」から受け取られたハックされたイーメールの連続において、ペンタゴンの役人達とウクライナの極右要素は、共謀してウクライナ内で攻撃を行い、更にに攻撃する事を計画しているのが明らかに成りました。

また、明らかなのは、飛行場の飛行機爆破を含めてこれらの攻撃はロシア側のせいにされると言う事です。その他の攻撃は大量の市民犠牲者を含むかも知れません。

そのイーメールの長い連続は、恐ろしい程に有罪的な幾つかを含みます。これは「最悪の」3つの「煙立つ銃口」的フォルス・フラッグ計画の文書の最初の一つです:

「Ihor,
クリミアにおいて出来事は早急に展開している。ワシントンの私達の仲間は、貴方のネットワークからより決定的な行動を期待している。
私が考えるに私達が最近話し合った計画を実行する時が来た。貴方の仕事はご近所(ロシア)をはめるために、東南の輸送のハブ(集中点)で何らかの問題を起こす事だ。
それはペンタゴンとその仲間が活動するための絶好の状況を造るだろう。
時間を無駄にしない様に、我が友よ。
尊敬をもって、
JP
ジェーソン P. グレシュ
米陸軍中佐
陸軍大使次官
米国大使館、キエフ
タンコヴァ4番地、ウクライナ04112
(380-44)521-5444 | Fax(380-44)521-5636」

グレシュ中佐がとても下品に「ご近所をはめる」と言ったのはフォルス・フラッグ・テロリズムと定義出来ます。2014年3月4日付のキエフにある政策研究のための国際センターによるホワイト・ペーパーを含むその他の文書は、ロシアの「陰謀論」を警告します。

私達が学ぶ様に、そのセンターのホワイト・ペーパーは、米国陸軍と共謀するウクライナの軍事幹部とテロリスト・グループに、諜報工作の専門家が「騙しとカバー」と呼ぶものを供給します。

以下のイーメールは、ウクライナ陸軍参謀部、軍事活動とPKOの主局、双務軍事協力部門、主任、イゴール・プロッツィク大佐へとコピーされ、テロ攻撃がロシアの特殊部隊のせいにされるだけでなく、実際に見つけられるであろう破壊の場所の地図を含みます。

「オレグ、メリトポルの空港でのロシア人達のための緊急な必要のposhumity(?)。これは3月15日までに成されるべきだ。サムは何故かを理解している。
全ての先に、貴方はパシャ・タラセンコと接触/連絡しなければならない。貴方は彼を知っているはずで、彼は地元の自由(派?)で、テーマを持っている。
貴方が到着する前、センターからの10-12人の青年達。トライデントのトップのファイター達。其処の主任マイク、貴方もまた知っているはず。詳細は彼を知るでしょう。私達は会うための人々を必要とし、貴方が必要な全てを用意する。
注意して行動せよ。ロシア語だけを話せ。25人チームが戦闘作戦を遂行しているので、飛行機に大きな被害は与えるな。多くの屑鉄があるが、それで貴方は何もできないだろう。貴方が特定する飛行機を破壊せよ。全てはご近所の特殊部隊の本当の攻撃である事は必須だ。だが死体は無しで。
もう一度、貴方の口座をくれ。金は時間通りに来るので、心配無用。
付録を見よ。これは活動の例だ。決定は面と向かって成される。」

このハックされたイーメールの公表は、実際に計画されたメリトポルでの攻撃を止めるだろうか?彼等が死体は必要では無いと特定する時、これは彼等がその他の場所からそれらを得る計画である事を意味するでしょうか?

彼等が「金は時間通りに来る」と言う時、彼等は差し押さえに気付いていて、そして米国は以前ほど素早く資金を支払っていないのを気付いているのでしょうか?

私達は直ぐに、彼の「マイ・スペース」の口座からパシャ・タラセンコを見つけました。顕著に観られるのは、ウクライナ陸軍幹部の制服を着た写真です。

メリトポル空港での計画されたテロ攻撃についてのこの最後のイーメールの中で、プロッツィク大佐はその軍事行動の明らかな指揮を執ります。

「バシル、貴方はメリトポルにおいて素早く率先行動をとらなければならない。25人の飛行部隊がいる。私達の誓った友で善きご近所にzamaraty(?)しなければならない。私が思うに、貴方は理解する。
唯、慎重に丁寧に事を進めよ。第25部隊(?)は戦闘作戦を実行するので、飛行機に大きな被害はするな。既に其処には壊れた飛行機があり、彼は全てをする事が出来る。Yihnyボードの数字を貴方は与える。覚えておけ、貴方は全てがロシア特殊部隊お本当の攻撃である必要性がある事を。部隊隊長はリーゾナブルな男だ。彼は詳細を知らないが、極度なケースにそれはなる事が出来る。私達は(ついに?)来た。
イゴール・プロッツィク大佐
主任、双務軍事協力部門
軍事活動とPKOの主局
参謀部、ウクライナ陸軍
tel+38044 481-5407
Cell+38067 407 97 40
e-mail: i.v.protsyk@mil.gov.ua
e-mail: protsyk@ukr.net」

それは「新たな」ウクライナ政府によって雇われた、テロリスト狙撃主達により、彼等(政府)自体の支持者達の殺害から始まりました。米国の関わりは、ロシアとのぶつかり合いをステージするために彼等の選んだテロリスト達のアメリカの「アノインティング(お墨付きを与えた事)」をした、悪名高いヴィクトリア・ヌーランドの電話会話をとおして前から証明されています。

エストニアの外務大臣、ウルマス・パエットとEUの外務大臣、キャサリン・アシュトンの間の第二の電話は、キエフの現在のカバールはテロリストであり犯罪者達であるという「煙るが昇る銃口」を私達に与えます。

私達が今有するのは、明らかにロシアのせいにして戦争の点まで世界を加熱しようと、テロリスト達を雇い、攻撃を計画し、飛行機を爆破し飛行場を攻撃するためにウクライナ陸軍とネオ・ナチスのグループと共謀するアメリカ人達です。

その他の文書の多くは、ブルガリアを通した計画と軍事支援の英語のパワー・ポイントを見せます。文書にミックスされているのは、NATOの分類化されていないニュース・レポートのセレクションです。

安全に推測出来るのは何でしょう?米国政府、間違いなく国務省と米陸軍は関わっています。NATOが関わっているのは当たり前です。

キエフの現在の支配者達は、EUのキャサリン・アシュトンやその他の多くによって予測された様に犯罪者的要素であると証明されました。

私達が持つのは明らかに「煙の昇る銃口」で、唯の名前だけでなく、個人的イーメールのアドレス、携帯電話番号、そして決して見間違える事の出来ない言語です。

グラディオの基づいたフォルス・フラッグテロリズムが健在なのを疑う事は出来ません

含まれていた政策文書の一つは追加のイーメールを含んでいました:

ICPS(International Centre for Policy Studies)
Foreign Policy Insight
Russian Aggression, International Support and
Action Plan for Ukraine
リンク先参照。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30