• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

神々の格子 第五章: 手掛かりのカタログ

神々の格子 第五章: 手掛かりのカタログ

ファレル博士&デ・ハート博士の神々のグリッド、EPUB ファイル130ページ、オン・ライン電子書籍:141ページより

手掛かりのカタログ

第一部への結論


エネルギーの強度は、季節と、その日の時間、日の出と日の入りによって異なります。それは、ジオマンサー(風水)のチー(気)の様に、その他の天体によって影響されます。
-  ジョン・ミッチェル

世界グリッドに対する私達の見解と紹介は今、完璧で、そして此処で私達は、この本の残りにおいて詳細な探求を形成する問題と調査を見解する有利な立場を得、ですから、この謎の構成要素に焦点を当てるのは最良で、この膨大な錬金術的な構造の廃墟化された歯車に焦点を当てる事、私達の注目を此処で引く様に、テーマとしてそれらを全くの概要としてもたらし、それらを強調します。私達が出会った手掛かりは膨大で異なり、そして一見、関係して無い様ですが、この再検証において私達が此処で見る様に、それら全ての根底に、ある共通の概念があります。

1)初期の水素爆弾の実験からの異例な破壊力は、リチウム-7の説明されていない核反応を明かし、キャッスル・ブラボーの実験の、膨大な破壊力のための公に公表された理由で、それは推測された破壊力を大規模に超え:

a)最初の水素爆弾の実験、「マイク」は、リチウムの構成要素を全く使用せず故にその異例な破壊力に対するリチウム-7の説明を、この件に関して、全く意味不明にし:そして:

b)リチウム-7の核反応はキャッスル・ブラボーの実験以前に、アルゼンチンの物理学者、ホセ・バルセイロとナチスの物理学者ロナルド・リヒター博士によって知られており、アルゼンチンの彼の核融合(核反応)と呼ばれる実験において、実際にリチウム-7の核反応に頼っていました。

c)リヒター博士のプロジェクト(計画)の更なる吟味と、米国空軍への彼の後の個人的な会見における、彼の個人的な意見から明かされたのは、旋回しているプラズマゼロ・ポイント・エネルギー、または時空間自体の繊維(エーテル)のエネルギーが、トランスデューサー(変換器) - 「門」 - として機能していると信じたと言う事です。その最も単純な形状へと単純化させられると、これが意味するのは、非直線的な媒体の、あらゆる旋回している質量(天体)は、時空間の地域的な幾何学(立体性)において存在す、るエネルギーの変換器(トランスデューサー)として振る舞えると言う事で、それはその件の本質によって、常に変化していて;

d)故に、原子力の中核的で完璧な、左右対称的な圧縮の、何らかの少々のずれは、核反応的な爆発のプラズマの中に、回転、または旋回を与えると推測する事ができ、故に、一瞬の間、時空間の地域的な幾何学において、門、または変換器として機能し、それは、勿論、時間において変数(variable)で、天界的な体(惑星)の比較的な位置に影響されます。

e)この見解は、大きな旋回しているプラズマの球体である、太陽自体の類似した効果に気付いた、ソヴィエト連邦のニコライ・コジリェフ博士の研究の存在によって同意され、それらは太陽の水素爆発的な核反応の中で機能している、時間自体の機能によるものであると推測され;

f)故に、その天界的な歯車は、その構成要素的な体自体が、ある種のグリッド・システムの様に機能し、それは天体的な印しと共に、意図的に配置/配列された構造物の位置によって、地球上において鏡写しにされています。ある意味、完全に理解されていなかった水素爆弾の実験が、実際の地球のグリッド・システムに関わり、順を追って、天界的なシステムに影響されたと言うのは、故に、可能です。

2)時間によって変化するグリッドの場所(遺跡など)における、変化可能な測定の、類似した観測がグリッドの研究家、ポール・ Devereux と彼のドラゴン・プロジェクトによって成され、それは様々な巨石文明の遺跡などにおいて、赤外線と超低波数における類似した変化を記録し、(日の出、日の入り、等々の)その日の時間帯によって変化し、そしてある場合は月の満ち欠けに関係し、故に、調査されている場所が、何らかの方法で地域的な時空間の幾何学のエネルギーを利用している事を示唆していて;

3)ギザの主要な中間線、度量衡学、そして数字は、錬金術的な構造物の、世界規模の歯車の廃墟に関連して起こり、それらの数字と寸法は、ギザを通って伸びる太古の主要な中間線、そして更に特定的に、グレート・ピラミッドの頂点を通った中間線に関連する配置/配列を反映していました。測量の太古のシステムに関して、グリッドの研究者達の殆どが、大英帝国の寸法の単位と、グリッドの場所に関連した数値を得るための、太古の寸法のシステムの重要性と、そのとてつもない古さに気付いています。そしてまた、確認されたのは、古代ギリシャ、ローマ帝国、そして大英帝国の寸法が、24:25の正確なで数学的な比率において、それぞれとお互いに関連していて、シュメールの60進法のシステムに基づいた測地学的な寸法の数字的な係数を産出しています。それらの数字の多くは、順を追って、ゲマトリア的な数字で、それらは太古の文献の中のアルファベットと入れ替えられます。これが示唆するのは、人が目撃しているのが、「神聖な数字」の同じシステムを使用した文献とモニュメンツ(遺跡/建物など)の両方を融合したシステムであると言う事です。

4)力と意識のグリッドの社会的な技術開発がまた示唆され、地域の「中心を見つける」必要性への、ミッチェルによる直接的で頻繁な暗示だけでは無く、セプター(王杖)の様な、「宇宙的な軸」を示唆する王族的な宝具によっても暗示されます。ミッチェルにとって、そのグリッドはある意味、意識を操作する事が意図されていて、社会の、社会的な技術開発が、そのグリッドが見習う様にデザインされた、天界的な歯車を反映する様に、意図的に成されたためです。

5)血塗られた、そして人間の生贄がまた、世界グリッドの何らかの要素と遺跡などに関連させられ – メソ・アメリカの遺跡などの血と流血を考えるだけで十分ですが - それらの全て(の遺跡など)においてではありませんでした。上述された様に、古代人達がそれらの様な場所に関わっていたと考えた力が何だったにせよ、その様な生贄によってその力を魔法的に操作する事を強化すると言う概念によるものだと、ミッチェルは推測しました。故に、その究極の目的が物理的な媒体自体の操作のためのものと私達が主張した、その様な場所自体の科学技術はまた、意識の操作にも拘わっていたかも知れず、そして私達が未だに検証していない方法において、生贄は何らかの方法でこれを達成する方法だったのかも知れません。

6)媒体の操作、意識の操作、形態的な隠喩、そしてその示唆で:私達がまた検証したのは、特定の太古の宇宙学と文献の中に含まれていたのは - ヴィシュヌーの3重の現れの隠喩においての様に - 創始的な「男性的-中性的」な三位一体、または3重構造を創造した、主要で元々の「分離化」に繋がった「形態的な隠喩」で、物理的な媒体の2つの分別化した部分、プラスそれらの共通の表面です。これは、物理的な媒体が、太古の見識において、情報を創造する変格的な媒体で、全ての分別化はそれらの共通の基盤から派生したと言う事実により、その構造において情報は類推的であると言う見解に繋がりました。

「類推的な構造」と隠喩が示唆するのは、太古の見識における、物理的な媒体と意識の両方と、そしてその2つの根底にある深い物理学の、共通した理解の存在です。」

以下に続く章の中で、私達が解きほどこうと試みるのは、この深い関係と、そしてグリッド・システムとそのモニュメンツの幾つかとのその関係で、それら、そしてその、デザインされたであろう目的と機能の、更なる理解への見解です。この検証の間に私達は、物理的な媒体と、意識へのその関連性の、捻じ曲げられた理解に起因している、人間の生贄のための可能な理由に簡単に触れる機会があるでしょう。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 10 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -