• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

【日本経済をダメにしたのは日銀】(追記の追記=Read more)

【日本経済をダメにしたのは日銀】

「日銀に対する不満はイギリス、サウザンプトン大学の経済金融専門家、リチャード・ワーナー氏からも挙がっている。

 同氏は、『The Conversation』で、過去20年の間、日本経済回復のための政策の活力を鈍らせたのは日銀だと指摘。1980年代の日銀の政策は、不動産バブルを作り、金融危機と不景気をもたらした。リスクを嫌う銀行は、生産的目的での実質経済への融資を止め、結果GDPが鈍化。失業の増加、税収減につながったとする。

 ワーナー氏は、自身が1995年に最初に定義した「量的緩和」は、銀行が中小企業に融資をするといった、「生産的目的のため、信用創造を増やすための政策のセット」であったとし、日銀は中央銀行の準備金を増やすような、関連のない政策措置を含めるために、それを再定義してしまったと嘆く。

 同氏は、安倍首相が2012年の選挙公約に日銀法の改正を含めていたことを指摘し、首相は今こそ、独立しすぎた制御不能の日銀の力を弱めるため、日銀法を変えるべきだと主張する。」
http://newsphere.jp/economy/20140821-5/
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

「そしてBISは、通貨の量の世界的な管理と、故にバブル/破裂のサイクルの創造に関して、正に重要なトランプのカードを持っています:それは各銀行のために、資本準備金の必要条件を設定する事です。80年代の後期に、日本の銀行を一夜にして支払い不能にし、日本を乗っ取った法外な日経/不動産のバブルをはじけさせたのは、BISが資本準備金の必要条件を引き上げたからです。

「BISは勿論、2000年代にデリヴァティヴと不動産現物に、何が起こっているのかを知っていました。デリヴァティヴは銀行による巨大なリヴェレージング(テコ)を許し、それら(の銀行)の多くは、ある時点で、2%以上の資本準備金を持っていませんでした。BISの現在の政策(バーゼルIII)は、資本準備金の必要条件を(再び)引き上げる事で、公式(な理由)には「安定性を改善」させるためで、そしてこれは銀行の貸し出し能力に巨大な衝撃を与え、現在進行中の不況(の継続)を保障します。
http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-299.html

BIS の役員会
1BISdirectors.jpg

http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-638.html



Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -