• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

失われた10年など忘れろ。日本は第二次世界大戦以後、「失い続けている」(ゼロ・ヘッジ)

Forget Lost Decade, Japan Has Been 'Losing' Since WWII
失われた10年など忘れろ。日本は第二次世界大戦以後、「失い続けている」(ゼロ・ヘッジ)
http://www.zerohedge.com/news/2014-12-21/forget-lost-decade-japan-has-been-lost-wwii


失われた10年(または20年)は忘れて、日本の経済成長の方向性は、第二次世界大戦以来、殆ど継続的に下がっています・・・このケインズ派的な大災害から回復するには、後10年だけ必要だと私達は確かに思います(i.e.皮肉)・・・(幸も不幸も)・・・

日本の経済成長とインフレの歴史
1Japan.jpg

ソース:ゴールドマン・サックス

挑戦し続けて下さい・・・アベノミクス!

日本のGDP 成長
2JapanGDP.jpg


あと一か月、あと四半期、あと一年、あと十年、もうすぐ・・・

コメント欄より:

MEFOBILLS
「日本の現実のより良いアイデアを得るために、この youtube の映画、「円の王子達」を観て下さい:

https://www.youtube.com/watch?v=p5Ac7ap_MAY

「本質的に、戦後日本は、戦時中の足踏みのままで、「平和時の商品」の産出へとクレディット(貸出)を方向付けました。彼等は供給へのクレディット・マネー(貸出金)のを操作するために、クレディットの窓(窓口?)を使用しました。このマネー(通貨)の通り道が、生産/産出へとだったので、人々は利益しました。日本は、このシステムの下でとても良くやり、世界第2位の経済国に成り、とても高い生活水準を得ました。

日本銀行は、このシステムを壊したく、恐らくBIS (国際決済銀行)を通した、国際銀行家達からの命令でした。日銀によって押し上げられた膨大なバブルは、北米大陸より価値をつけました。

「クレディット・マネー(貸出金)は、土地と不動産に対して創造され、このマネーの種の典型でした。日銀はクレディットのプッシャー(後押し人)に成り、温かい体であれば誰でもローンを貸しました。これは土地/不動産クラスの資産を、その他の資産と比較して押し上げました。その不動産バブルの間、のセクター(個人の銀行クレディット)が常に土地と保険に関連しているので、米国も同じ事をしました。

「それが十分に膨らむと、収穫を借り入れるために、日銀は意図的にそのバブルを破裂させました。膨らまされた価値の借金の道具(debt instruments)はそのまま残りましたが、マネー(通貨)としての以前のクレディット(借金)は、破壊のために元帳へと回収され、故に不況へと、マネー・サプライ(通貨供給)を崩壊させました。

「この収穫は、危機を創造するために不可欠で、それはその後日銀が「独立的」に成る事を許し、それは実際には、BIS の傘下のその他の欧米の中央銀行の様に成るためのコード(暗号)でした。構造的な改革は、日銀によって望まれた法的な変更を行うために、その危機の間に使用された「コード・ワード」でした。

「その映画を観て下さい。」

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 11 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -