• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

経済停滞



The Economics Of Efficiency: Fake Jobs, Fake Growth, And A Two Class Society
効率の経済学:偽の雇用、偽の成長、そして、2極格差社会(ゼロ・ヘッジ)
http://www.zerohedge.com/news/2014-12-14/economics-efficiency-fake-jobs-fake-growth-and-two-class-society


最も効率的な結果は、人間を含まないもの(経済)です。それは効率性の問題です。i.e.デジタル化、機械化

生産性と個人の雇用数(米労働省)
1ProductivityAndEmployment.jpg


「ですから、(生産の)効率性が上昇を止めていないのに、雇用が減少したなら、通貨の全ては何処にいったのでしょう?(大手の)株主達へです・・・」

もし人々が、商品やサービスに使うための通貨を十分に持っていないなら、その社会は停滞する、または衰退します。

「去年、企業はそれら自体の利益の95%に当たる、9,000億ドルを、自社株買戻し(株価つり上げ)と株の配当金に使いました。それらは、それらのビジネスに投資していません。それらは唯、それ(配当金)を1%(の大金持)に与えているだけです。」

「2003年から2012年まで、S&P(スタンダード&プアーズ)500の企業はそれらの収入の54%、または2.4兆ドルを自社株買戻しに使いました。その他の37%は、配当金に行きました。これは実際のビジネスにおける再投資のために、利益のたった9%しか残しませんでした。自社株買戻しの概念全体は、株価を膨らませるためで、そうする事によって企業の幹部達の、彼等の株のオプションの配当金をブーストさせるためです。これらの金融的なステロイドは、株価とシェア毎のセールスをブーストしますが、未払いのシェアの数を減少させます。これが意味するのは、過去10年間の、比較的にフラット(横ばい)のシェアの数毎のセールスは、中産階級が企業の商品を購買出来なく成っているので、過去10年間に、アメリカにおける大企業500のセールスが実際に減少している事実を隠しています。自社株買戻しは富の格差を増大させるだけでなく、それらはまた、アメリカ経済に普及する冷え込みを変装させています。


  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 08 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -