• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

ゲスト投稿:中央銀行は、インフレでは無くデフレを創造します(ゼロ・ヘッジ)

Guest Post: Central Banks Create Deflation, Not Inflation
ゲスト投稿:中央銀行は、インフレでは無くデフレを創造します(ゼロ・ヘッジ)
http://www.zerohedge.com/news/2014-12-09/guest-post-central-banks-create-deflation-not-inflation


金融的、そしてリスク(賭博)的なバブルは、真空の中で破裂するだけでは無く--金融家達のために不良投資された、安易なマネーと共に構築された、担保の亡霊の全てもまた、爆縮/内破します。

もし私達が何度も、何度も聞く、一つの絶対的な自明の理があるとしたら、それは中央銀行が必死に、インフレを創造しようとしている事です。奇妙にも、彼等の安易なマネーの政策(量的緩和)は実際に、正に真逆:デフレを創造しています。

何がデフレを構成するのかの議論は、私よりも経済に詳しい方達にお任せします。私のデフレの定義は単純で:デフレは一般の賃金の購買力における、あらゆる上昇です。

一般的によって私が意味するのは、未調整で:1ドルは単純に1ドルです。それは季節毎(四半期毎)に調整されず、またはインフレ/デフレ、もしくはその他のために調整されません。

貴方の賃金/給料が購買力を失う時--つまり、それがより少ない商品とサービスしか買えないと--それはインフレです。貴方の賃金/給料が購買力において増える時--貴方の給料が上がらなかったのに、それがより多くの商品とサービスを買えると--それは、私の定義においてデフレです。

私が考えるに、購買力は、多くの経済学的な専門用語とデータの散らかりを不要にします:先月、または去年と比較して、貴方の賃金は今日、どれだけのものを買えますか?

経済は流動的なので、様々な商品とサービスに対する購買力は、常に上下動しています。これはシステム的なインフレ/デフレを識別しようとする試みを混乱させます。

米連邦準備銀行とその他の中央銀行は、借金の、増え続けている山を保障している、担保の亡霊に基づいたシステムにおいて、中央銀行の主要な目的は、過去の借金をサービスする(奉仕する/支払う)事を更にしやすくする事であると言う一つの理由のために、賃金と貯金の購買力をそれが破壊するのに、必死でインフレを起こそうとしています。

存在している借金に奉仕する事を、より簡単にする唯一のシステム的な方法は、通貨を下落させる事によって、通貨の名目上の価値を膨らませる事です。膨らまされた通貨の全体的な結果として、100ドルの借金は100ドルのままですが、新たに発行された通貨の名目上の価値は上がり続けます。

もし人が、時給10ドル稼いでいるなら、100ドルの借金を支払う通貨を稼ぐために、10時間かかります。ですがもし、中央銀行が通貨を下落させ、元々、私達が時給10ドルで買ったのと同じ商品とサービスを買うのに、時給20ドルかかる様にしたら、すると、100ドルの借金を支払うために十分な通貨を稼ぐには5時間しかかかりません。

その借金の所有者が、その100ドルの購買力の50%の減少に苦しむ事実は、その100ドルの所有者が、その購買力の減少に気付かない程、その減少が十分に徐々にである限り、中央銀行の関心ではありません。故に中央銀行は、2%のインフレ目標を好み、それは10年毎に通貨の購買力の20%を破壊しますが、とてもゆっくりとそうするために、窃盗された人達(一般庶民)は彼等の貧困化を抗議する様に動機されません。

ですから今、私達は何故、中央銀行が必死にインフレを求めているのかを理解し:それは停滞した賃金の時代に、増え続けている借金のネズミ講が、崩壊し無い様にする唯一の方法であるためです。殆どの大半の人々の収入は増えていないので、インフレは、彼等の借金に、彼等が奉仕し続ける事を可能にする唯一の方法です。

中央銀行にとって不運な事に、ソフトウェア、機械化、そして世界的な賃金の鞘取りの御蔭で、物価上昇に伴って、賃金は上昇していません。結果的に、収入を稼ぐ事に頼っている誰しもが、より貧乏に成っています。

日本はこのダイナミックの代表的な例です。2%のインフレを着火させる事の日銀の失敗にも拘らず、彼等は、彼等の通貨を(円)を下落させる事に十分に成功し、過去数年間において、日本の賃金の購買力を、大災害的な9%も減少させました。

稼がれた収入に頼る誰しも、i.e.95%の下々の人々は、インフレにおいて皆、進行的に、より貧乏に成っています。そうする間、科学技術はデフレ的で、あらゆるデジタル的な産出のコストは殆ど0に近づき、そして進歩的により安価なソフトウェアと機械化が、コストのかかる人間の労働力と、健康保険等々の非常に高価な労働の一般経費に入れ替わります。

中央銀行は、ウッディー・アレンの有名なセリフを考えてみるべきかも知れません:もし貴方が神を笑わせたいなら、彼に、貴方の計画について、伝えなさい;中央銀行の安易な通貨のポンプとゼロ金利の、実際の現実世界の結果はデフレであるためです。

私の同僚のリー・アドラーが説明する様に、中央銀行の量的緩和とゼロ金利政策はオーヴァー・キャパシティー(能力超え/供給過多)に油を注ぎ、それは物価減少に繋がり:大文字の D を有するデフレです。現在の原油の暴落はこのダイナミックの主要な例です:何故、原油が終に減少しているのか、それは大災害に繋がる事が出来る(ウォール・ストリート・イグザミナー)

インフレを上昇させようと目論む彼等の狂気の、そして誤った目的において、それぞれの中央銀行が失敗/欲求不満にさせられているのが何故なら、量的緩和とゼロ金利政策が、中央銀行家達が予測するものとは、実際に正反対の結果を生み出すためです。中央銀行家達と経済学者達は、インフレを起こすにはもっと通貨を印刷すればよいと考え、通貨の印刷から結果するインフレは、資産(株価等)のインフレで、最終的に消費者商品のデフレに繋がる事を認識しないためです。ゼロ金利政策と量的緩和は、産出能力の過剰に繋がる、不良投資と投資過剰の原因に成ります。

それは産出過剰と供給過多に繋がります。供給過多は物価に下向きの圧力をかけます。それは、インフレを創造しようと試みるために、中央銀行がもっと通貨を印刷しようとする処で、悪循環を起こします。それはリヴェレージ(テコ)された投機のコミュニティーの口座へと、更なる現金を入れ、そして私達は繰り返すだけです。

ゼロ金利政策と量的緩和が過剰な投機と不良投資の後押しをする間、それらは労働者への投資を代価としてそれを行います。ビジネスは、コストがかかり不確かな労働者への投資をする代わりに、彼等自身の株式と商品の投機家に成りました。労働者の価値は市場において下落しました。大衆の賃金と給料の収入は減りました。消費が落ち込みます。需要の傾向が弱められ、消費者商品の価格に下向きの圧力がかかります。

それはビジネスにおける悪循環の原因に成り、其処で幹部は常にコストを減らす事を求め、中産階級の労働者の人々の経済的な減少を悪化させます。「中産階級」は、彼等を雇う雇用主の商品を、もう購入する事が出来無く成ります。故に私達は、彼等の家族を養うために十分な給料が支払われていない従業員のために、ウォールマートがチャリティーのフード・ドライブを行うような光景を得ます。

原油価格の経験(大幅下落)は、中央銀行が、コモディティーとコモディティーの産出において投機のし過ぎを推進した時に何が起こるかの完璧な描写です。実質的に無料で無制限の融資の上に造られたブームは、担保の価値が崩壊した時の、チクタク言っている時限爆弾に成りました。


ありがとう、リー担保の価値における崩壊は、数か月の内に原油の価値が40%下落したので、正に何が起こったかでした。

小売業セクターは、中央銀行に推進された不良投資の、デフレ的な結果のもう一つの代表例です。2008年のメルトダウン後の米国において、驚く程、拡張された小売業の空間は、雑貨店とチェーンの販売と利益が、オン・ラインの小売業から包囲網を受けていると言う現実から、分岐してかけ離れて行ってます。

小売業のスペースの市場価値は、現金と貯金の低いリスクの返還を破壊した、米連邦準備銀行の安価な通貨政策によって完全に推進された、商業的な不動産現物の拡張させ過ぎから、爆縮するために設定されています。

中央銀行は、投資家達が何らかの返還を求めるので、より高いリスクの賭けへと、投資家達を推進させました。そのバブルは、株式、国債、そしてその他の資産にだけあるのではなく--最も重要な事に、それはリスクの中にあります。

ダグ・ノーランは、何故、中央銀行の政策によって創造されたシステム的なリスクが究極的にデフレ的なのかを説明します--金融的な領域のバブルの避ける事の出来ない危険

「世界的な規模の、実質的に無制限の安価な金融は、近年、確かに前例の無い資本の投資を起こさせました。そして、重要な事に、現在進行中の科学技術的な開発と「デジタル時代」は、スマート・フォーン、タブレッツ、デジタル的なダウンロード、より一般的なメディアと「科学技術」の、本質的に無限度の供給を創造するにおいて大きな役割を果たしました。健康保険を含む様々な「サービス」における成長を投げ入れれば、私達は過去における何よりも異なった経済的な構造を有します。」

言葉を変えると、今回は正に異なっていますが、金融的なリスクのバブルが永遠的に拡張できるとする、一般的なハッピー・ストーリーのシナリオの方法ではありません。

金融的、そしてリスクのバブルは真空の中で破裂するのではなく--金融家達のための無料の通貨の不良投資と共に構築された担保の亡霊も全て、爆縮するでしょう。

ですからやってごらんなさい、中央銀行家さん達:インフレを派生させるための貴方の計画を神に伝えて下さい。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -