• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

ドストエフスキーとユダヤ - パート1

Dostoyevsky And The Jews - Pt 1
ドストエフスキーとユダヤ - パート1(リアル・ユダヤ・ニュース)
http://www.realjewnews.com/?p=982


1dostoevandjew


1867年から1871年の間の、彼のヨーロッパにおける追放(放浪)の期間に、ドストエフスキーは、「ロシアのキリストが、西ヨーロッパの瀕死状態の文明の上で勝利する(輝く)だろう」と書きました

「ロシア的なアイデアが、世界全体のための、大いなるスピリット的な再派生のために、道を切り開いている、」と彼は続けました

オーソドックスなキリスト教(ギリシャ/ロシア正教)のロシアを、神が選んだと言う事における彼の信念は、この信念への挑戦を現したあらゆる人々と、彼等が体現したアイデアに向かう、ドストエフスキーの敵対心を決定しました

故に、ロシアの歴史的な任務の達成に対して、有害で、暗く邪悪な力を体現した、ユダヤ連への、彼の嫌悪です。

ドストエフスキーの、ユダヤ人達に対する嫌悪は、(1866年の)罪と罰の中でその発芽を始め、それにおいて、冷酷なユダヤ人の登場人物が、ロシア人、スヴィドリゲイロフの自殺を目撃します。

彼の自殺の直前に、スヴィドリゲイロフは、ユダヤ人達について、こう愚痴ります:「イッド(東欧ユダヤ)達は、神のみぞ知る何処からともなくセント・ペトルスブルグへと現れ、お金を貯め込んだ。」

その後、スヴィドリゲイロフは、彼の自殺の場所に選んだペトロフスキー島に行くのですが、彼の注意は彼の左側にそびえ立つ、見張りの塔に引かれます。

ドストエフスキーはこう書きます:

「一人の小柄な男が、近づいてくるスヴィドリゲイロフの方向に、眠たそうで、冷たい、横目線を向けます。彼の顔は、例外無く、ユダヤ的な部族の全ての顔に不愉快な態度で印刷された、永遠的にすねた表情を装います。」

その自殺を止めようと試みる代わりに、そのユダヤ人は、それが彼の見張りの勤務時間内に起こるべきでは無いと抗議します:「此処じゃ駄目、此処じゃ駄目!アナダがシヨウドしているゴトの、此処はゾノ場所では無い!」とそのユダヤ人は強調します。

「私は、アメリカに行く途中だった、と言えばいいさ、」とそのロシア人は答え、そしてその引き金を引きます。

その象徴性は鮮明です。その物質主義的なスピリットと共にある、ユダヤ連の闇の力は、それ自体の土(祖国)に根付き、遠くに届く救済的な力として発生してくる、オーソドックス・ロシアの運命を脅かします。

彼の、ユダヤ人達に対する嫌悪が膨らんだので、ドストエフスキーは、1868年の馬鹿(The Idiot)に引き続き、1875年の未熟な若者(A Raw Youth)の中で、ロスチャイルドを中心とした、ユダヤの金融的な資産の台頭している世界的な危険の、彼の理解を表現しました。

「もし貴方がユダヤ人に成るなら、全力を出し右から左へ人々を絞り上げ、彼等からお金を出させ、印しの男に成り、ユダヤの王と成るがいいさ!」とドストエフスキーは、馬鹿の中に綴りました。

その後、未熟な若者の中で、アーカディー・ドルグルキーは、権力を得るために、「ロスチャイルド程、大金持ち」に成る事を志します

それに対して、アーカディーの父親は、もし彼の息子の野望が達成されれば、ユダヤ的な暴政によって同行された世界的な腐敗をもたらすので、「統一的な破綻」を預言しました

「全体的な腐敗が起こるだろう。多くのイッド達が来て、イッド達の王国が始まるだろう、」とアーカディーの父親は警告します

今日、ドストエフスキーが想像したまんまに成っていませんか?・・・

道徳的な腐敗とイッド達の王国は今、不運な現実です。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 11 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -