• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

国際ナチス

NAZI
INTERNATIONAL
国際ナチス

1 naziinter
The Nazis’ Postwar Plan to
Control the Worlds of Science,
Finance, Space, and Conflict
科学、金融、宇宙、そして紛争の世界を
操作するためのナチスの戦後の計画


by Joseph P. Farrell
ジョセフ P. ファレル著


ACKNOWLEDGEMENTS
謝礼文

PREFACE
前書き

PART ONE:
第一部:
BACKGROUND AND THE STRATEGIC EVACUATION
背景と戦略的な撤退

1 FICTION AND MYTHOS: THE NOVELS OF WILHELM LANDIG, AND THE ESOTERIC CONNECTION
1.作り話と神話:ウィルヘルム・ランディッグの小説、そして秘儀的な関連性

A. The Surrenders
A. 降伏
1. The Japanese Surrender Instrument
1.日本の降伏の道具(書類)
2. The German Surrender Instruments
2.ドイツの降伏の道具
B. The Neo-Nazi Science Fiction Novels of Wilhelm Landig
B. ウィルヘルム・ランディッグのネオ-ナチスの Sci-Fi 小説
1. Landig’s First Novel: Götzen gegen Thule
1.ランディッグの最初の小説: Götzen gegen Thule
2. Landig’s Second Novel: Wolfszet um Thule
2.ランディッグの2冊目の小説: Wolfszet um Thule
3. Landig’s Third Novel: Rebellen für Thule
3.ランディッグの3冊目の小説: Rebellen für Thule
C. Unusual “Corroboration:” The Nazi UFO Mythos and Baron Rudolf Von Sebottendorff
C. 異例的な「協力」:ナチスの UFO 神話とルドルフ・ヴォン Sebottendorff 男爵
D. The Curious Incident: Reinhard Schmidt’s Contact with German-Speaking UFO Occupants
D. 奇妙な出来事:ラインハルド・シュミットの、ドイツ語を話している UFO の乗組員との接触
1. Reinhold Schmidt’s Actual Account.
1.ラインハルド・シュミットの実際の説明
a. The Malfunctioning Ignition and a Nazi and Fascist Parallel
a. 誤作動している点火装置
b. The Pencil Thin Beam of Light
b. 鉛筆程細い光のビーム
c. “Inside the Ship”
c. 「その船の中」
d. An Interesting Interest and Intriguing Observation
d. ある興味深い関心と好奇心をそそる観測
e. Departure
e. 出発
f. The Authorities Get Involved
f. 権威が関わる
g. Schmidt Arrested and Committed
g. シュミットが逮捕され、監禁される
2. The Rosin Affidavit: An Interpretive Context
2.ローシンの宣誓供述書:解釈的なコンテキスト(文脈)
E. Conclusions
E. まとめ

2 THERE’S NAZIS IN THE BUSHES: THE PATTERN OF PREWAR CORPORATE-NAZI COOPERATION
2.茂みの中にナチスがいる:戦前の企業-ナチスの協力のパターン


A. Wall Street and the Rise of Hitler
A. ウォール街とヒトラーの台頭
1. Putting it into Perspective: The Presumptive Goals of the International Elite in Funding Communism and Nazism
1.全体像へとそれを入れてみる:共産主義ナチス(国家社会)主義を資金援助する事における、国際的なエリートの仮定的な目標
2. A Case in Point: Hitler’s Reichsbank President: Dr. Hjalmar Horace Greeley Schacht
2.要点の件:ヒトラーの帝国銀行の総裁:ヒャルマー・ホレイス・グリーリー・シャクト
3. International Cartel and Licensing Agreements Between I.G. Farben and American Corporations
3.国際的なカルテルと、I.G. ファーベン社とアメリカの企業の間の(特許)ライセンスの同意
a. The Dawes and Young Plans
a. ダウズとヤングの計画
4. I.T. & T. and Nazi Germany
4.I.T & T. とナチス・ドイツ
B. A Brief Note About Prescott Bush, Union Banking Corporation, and Fritz Thyssen
B. プレスコット・ブッシュとユニオン銀行企業、そしてフリッツ・タイセンについての簡単なメモ
C. Conclusions
C. まとめ

3 RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD: OPERATIONS REGENTRöPFCHEN, ADLERFLUG AND BORMANN’S STRATEGIC EVACUATION PLAN
3.雨粒が私の頭の上に落ち続ける: REGENTRöPFCHEN 作戦、Adlerflug とボーマンの戦略的な撤退の計画


A. The Beginnings of Evacuation: Operation Fireland
A. 撤退の始まり:ファイヤーランド作戦
B. Operation Bernhard
B. バーンハルト作戦
C. The Hotel Maison Rouge Meeting: Operations Regentröpfchen and Adlerflug
C. メイソン・ルージュ・ホテルでの会合: Regentröpfchen 作戦と Adlerflug
1. The Growth of Bormann’s Power and International Network
1.ボーマンの権力の成長と国際的なネットワーク(人脈)
2. Bormann and I.G. Farben
2.ボーマンと I.G. ファーベン
3. The Hotel Maison Rouge Meeting and Their Grand Design
3.メイソン・ルージュ・ホテルでの会合と、彼等の大規模なデザイン
4. Allied Efforts to Roll Up The Bormann Flight Capital Plan
4.ボーマンの資本逃避の計画を丸め上げる共同の努力
D. Conclusions
D. まとめ

4 THE POSTWAR SURVIVAL OF THE UNHOLY TRINITY: THE ESCAPE OF BORMANN, MüLLER, AND KAMMLER
4.非-神聖な三位一体の戦後の生き残り:ボーマン、ミューラー、そしてカムラーの脱出


A. The Escapes of Nazi Party Reichsleiter Martin Bormann and Gestapo Chief Heinrich Müller
A. ナチス党のライヒスライター(全国指導者)、マーティン・ボーマンと、ゲシュタポの主任、ハインリッヒ・ミューラーの脱出
1. Bormann, Müller, and the Geli Raubal Affair
1.ボーマン、ミューラー、そして Geli Raubal 事件
2. The Ladislas Farrago-Paul Manning Scenario
2.ラディスラス・ファラゴ-ポール・マニングのシナリオ
a. Argentine Documents: Escape Via Genoa
a. アルゼンチンの書類:ジェノア経由の脱出
b. Allen Dulles’ Comment to Paul Manning
b. ポール・マニングへのアレン・ダレスのコメント
3. The Carter Hydrick Scenario
3.カーター・ハイドリックのシナリオ
a. And the Connection to the German Surrender
a. そしてドイツ降参への関連性
b. Geoffrey Brooks’ Scenario: Invisible U-Boats
b. ジェフリー・ブルックスのシナリオ:目に見えない U-ボート(潜水艦)
c. Hydrick on the Surrender of German A-Bomb Secrets & Enriched U-235: “Invisible” U-Boats Reconsidered
c. ドイツの核爆弾の秘密 & 濃縮ウラン235の引き渡しについてのハイドリック:「目に見えない」 U-ボートの再検証
(1) The Official Versions, and Their Problems
(1)公式なヴァージョン、そしてそれらの問題
(2) Obfuscating the Data and Confusing the Trails: Doubles
(2)データを不透明にし、足取りを混乱させる:影武者達
(3) The Hydrick Scenario
(3)ハイドリックのシナリオ
(a) The Movements of Martin Bormann and Heinrich Müller
(a)マーティン・ボーマンの行方とハインリッヒ・ミューラー
(b) The Movements of the U-234
(b)ウラン234の行方
4. The Velasco Scenario
4.ヴェラスコのシナリオ
5. A Reconciliation and Reconstruction
5.和解と再構築
B. The Escape of SS Obergruppenführer Hans Kammler
B. SS の親衛隊大将、ハンツ・カムラーの脱出
1. Agoston: The Priest Disguise and a Bormann Parallel
1.アゴストン:神父の変装とボーマンの平行線
2. Nick Cook and the Luftwaffe’s Kampfgeschwader 200: The Escape of Kammler and the Bell Courtesy of Martin Bormann
2.ニック・クックとルフトヴァッフ(ドイツ空軍)の Kampfgeschwader 200:マーティン・ボーマンの御蔭のカムラーとザ・ベルの脱出
C. Conclusions: A Possible Scenario
C. まとめ:一つの可能なシナリオ


5. HACIENDAS AND HOTELS FOR HITLER: CONFRONTING THE FüHRER’S SUICIDE STORY
5.ヒトラーのためのハシエンダとホテル:総統の自殺の逸話に大胆に立ち向かう


A. The 1964 Police Gazette Article
A. 1964年の警察ガゼッタの記事
B. Will the Real Adolf Hitler Please Die?
B. 本当のアドルフ・ヒトラーは死んでくれませんか?
1. The Nexus Magazine Series by Giordan Smith
1.ジョーダン・スミスによるネクサス・マガジンの連載
2. Two Possibilities
2.2つの可能性
C. Back to Velasco’s Story: Hitler’s Escape, and Eva Braun’s Death
C. ヴェラスコの話しに戻る:ヒトラーの脱出、そしてイーヴァ・ブラウンの死
1. Analysis and Reconciliation of Scenarios
1.分析とシナリオの和解
2. Corroboration from Argentina
2.アルゼンチンからの協力

6. THE RODENTS AT THE OTHER END OF THE RATLINES: JUAN DOMINGO PERóN AND THE VATICAN CONNECTION
6.ラットライン(脱出経路)の反対側のねずみ:ホァン・ドミンゴ・ペロンとヴァチカンの関連性


A. The Colonels, the Colonel, and the Beginning of a Courtship
A. 大佐達、その大佐、そして交友の始まり
1. Historical Background
1.歴史的な背景
a. Perón in Europe
a. ヨーロッパにおけるペロン
b. Argentina and the Axis
b. アルゼンチンと三国同盟
2. The Argentine Special Envoy and Von Ribbentropp
2.アルゼンチンの特別な公使とヴォン・リーベントロップ
3. An Unusual Encounter Between Representatives of the SS and Allen Dulles
3.SS の代表とアレン・ダレスの間の異例な話し合い
4. The Colonels’ Coup
4.大佐達のクーデター
5. Perón’s “Third Position”: Its International Geopolitical Implications
5.ペロンの「第三の位置」:その国際的で地政学的な示唆
6. The Argentine Declaration of War on Germany, and Perón’s Hidden Purpose
6.アルゼンチンのドイツに対する宣戦布告と、ペロンの隠された目的
B. The Ratlines and Argentina’s Role
B. ラットラインとアルゼンチンの役割
1. The Ustashi-Vatican Dress Rehearsal
1.ウスタシ-ヴァチカンの事前リハーサル
2. The Three Argentine Ratline Routes
2.アルゼンチンのラットラインの3つのルート
3. Bormann’s and Perón’s Joint Bank Account
3.ボーマンとペロンの共同の銀行口座

PART TWO:
第二部:
THE DIALECTICAL MANIPULATION OF CONFLICT FOR FUN AND PROFIT
楽しみと利益のための紛争の弁証法的な操作(両立ての操作)

7. BORN-AGAIN NAZIS FIND ALLAH: WARTIME AND POSTWAR NAZI COLLABORATION WITH ARAB STATES AND RADICAL ISLAM
生まれ変わったナチスがアラーを見つける:アラブの国々と急進的なイスラム(過激派)との、戦時中と戦後のナチスの協力


A. Nazi Germany’s Penetration of the Muslim World
A. ナチス・ドイツのムスリム世界への侵入
1. Iraq
1.イラク
2. Iran
2.イラン
3. Afghanistan
3.アフガニスタン
B. The Grand Mufti of Jerusalem, Al-Husseini, and Nazism
B. エルサレムのグランド・ムフティ、アル-フセイニ、そしてナチス主義
1. Hitler and Al-Husseini at Tea
1.お茶会におけるヒトラーとアル-フセイニ
2. The First Suicide Squads and the Muslim Waffen SS
2.最初の特攻隊とムスリムの SS 親衛隊
3. Cousin Yasser Arafat
3.従兄弟ヤサー・アラファット
C. The “Third Position” and the Egyptian Venture: Skorzeny, Schacht, Voss, and Nasser
C. 「第三の位置」とエジプトの事業:スコルツェニーシャクト、ヴォス、そしてナサール
1. Wilhelm Voss and Otto Skorzeny in Gamel Abdul Nasser’s Egypt
1.アブドゥル・ナサールのエジプトにおけるウィルヘルム・ヴォスとオットー・スコルツェニー
2. Schacht’s Little Deal: The Jeddah Agreement
2.シャクトの小さな取引:ジェッダの同意
3. The Ultimate Geopolitical Goal: The “Third Position” Again
3.究極の地政学的な目的:「第三の位置」再び
a. An International Terrorists’ Summit
a. 国際的なテロリスト達の会議
b. The Neo-Nazi Connection to the Assassination of Pope John-Paul II
b. 教皇ジョン-ポール2世の暗殺(未遂)への、ネオ-ナチスの関連性
c. Mohamar Qaddafi’s “Perónism”
c. モハマー・カダフィーの「ペロン主義」
d. The Historical Parallels and Geopolitical Implications of the “Third Position”
d. 「第三の位置」の歴史的な平行線と地政学的な示唆
(1) Rapallo: The Pariahs Make a Deal
(1)ラパロ:のけ者達が合意を行う
(2) Frederick the Great and the Partitions of Poland
(2)大フレデリックとポーランドの分割

8. WIEDERVEREINIGUNG: GERMANY REVIVES SOME OLD TRADITIONS
WIEDERVEREINIGUNG: ドイツが幾つかの伝統を復活させる


A. A Curious Incident: The GSG-9 and the Rescue of Andreas Strassmeir
A. 奇妙な出来事:GSG-9 とアンドレアス・ストラスマイヤーの救出
1. Reunification: Kohl. Günter Strassmeir, and Nazi Anniversaries
1.再統一:コール、グンター・ストラスマイヤー、そしてナチスの記念日
2. Implications of the Incident: U.S. Complicity or Not?
2.その出来事の暗示:米国の共謀か否か?
3. Kohl’s Neo-Nazi Connections and the Neo-Nazi Push for Reunification
3.コールのネオ-ナチスの関連性と再統一のために後押しするネオ-ナチス
4. The Shotgun Wedding
4.散弾銃(手あたり次第)の結婚式
5. The Ugly Side of Reunification
5.再統一の醜い側
a. The Rostock Incident
a. ロストック事件
b. The Post-Reunification Surge of Terrorism
b. 再統一後のテロリズムの台頭
B. Flexing Muscle and Other Old Traditions of the Third Position
B. 第三の位置の筋肉とその他の古い伝統をちらつかせる
1. The Soviet Implosion
1.ソヴィエトの内部崩壊
2. German Investment Strategy
2.ドイツの投資の戦略
3. Breaking Free of NATO
3.NATO からの開放
4. Germany and the Arms Trade
4.ドイツと武器商売
5.Germany and Saddam Hussein’s WMDs and Secret Police
5.ドイツとサダム・フセインの大量破壊兵器と秘密警察
6. “Third Position” German Initiatives in Eastern and Central Europe
6.東欧と中央ヨーロッパにおける「第三の位置」ドイツの主導権
a. Revising Versailles Once Again: Germany and the Crackup of Czechoslovakia
a. 再びもう一度、ヴェルサイユ(条約)を再検証する:ドイツとチェコスロヴァキアの分裂
b. Silesia, “Kaliningrad,” and Poland
b. サイリージア、「カリニングラード」、そしてポーランド
c. Revising Versailles Yet Again: Germany, Croatia, and the Crack-up of Yugoslavia
c. 更に再び、ヴェルサイユを再検証する:ドイツ、クロアチア、そしてユーゴスラヴィアの分解
7. The First Post-Unification Chief of the Bundeswehr and the “Mobile Strike Force”
7.ドイツ連邦軍と「機動攻撃部隊」の統一後の最初の長官
C. Deep History and “Deep Politics”: Connecting the Dots
C. 深い歴史と「深い政治」:点と点を繋げる
1. The New Corporate Ambassadors: Rudel and Skorzeny as Bormann’s Nazi Party Liaison Officers to Siemens and Krupp
1.新たな企業的な大使達:シーメンズ社とクルップ社に対する、マーティン・ボーマンのナチス党の連絡将校としてのルデルとスコルツェニー
2. Gehlen: The Key Connection of the Scenario
2.ゲーレン:そのシナリオの鍵の関連性

PART THREE:
第三部:
THE DEVELOPMENT AND CONTROL OF NEW ENERGY TECHNOLOGIES
新たなエネルギー科学技術の開発と操作(支配)

9. DON’T CRY FOR ME ARGENTINA: DR. RONALD RICHTER AND PERóN’S CONTROLLED FUSION PROJECT AT HUEMUL ISLAND
9.私のために泣かないで、アルゼンチン: Huemul 島におけるロナルド・リヒター博士とペロンの操作された核融合計画


A. And Now, a Word from President Perón
A. そして此処で、ペロン大統領からの言葉
B. The Argentine High Commission’s Report and Dr. Richter’s Strange Behavior
B. アルゼンチンの高等弁務官事務所の報告と、リヒター博士の奇妙な振る舞い
1. Dr. Richter’s Claims to Have Found a New Principle of Physical, Nuclear Action
1.物理的、原子的な運動の新たな原則を発見したと言う、リヒター博士の主張
2. The Nature of the Principle: Precession
2.原則の本質:歳差運動
3. Dr. Richter’s Extremely Anomalous Behavior
3.リヒター博士の極度に異例的な振る舞い
4. A New Anomaly and the Argentine Advisory Review Commission’s own Anomalous Behavior
4.新たな異例とアルゼンチンの助言的な検証委員会自体の異例的な振る舞い
5. The Heavy Water Production Facility and Odder Behavior from Dr Richter and His Team
5.重水産出施設と、リヒター博士と彼のチームからのもっと奇妙な振る舞い
C. Richters’ Replies and The Commission’s Ripostes
C. リヒターの返答と、委員会の突き返し
10. BALLS, BELLS, BORMANN, AND BARILOCHE: A SPECULATIVE RECONSTRUCTION OF RICHTER’S BARILOCHE FUSION PROJECT
10.ボール、ベル、ボーマン、そしてバリロチェ:リヒターのバリロチェの核融合計画の推理的な再構築


A. Perón Gets Help from a Bilderberger
A. ペロンが、一人のビルダバーガーから助けを得る
1. And America’s Little-Known Ambiguity toward Dr. Richter
1.そしてアメリカのリヒター博士に対する、あまり知られていない曖昧さ
2. Richter’s Paperclip File Air Intelligence Report Summary of His Wartime research in Germany
2.リヒターのペーパークリップ(作戦)の書類は、ドイツにおける彼の戦時中の研究の諜報工作の報告のまとめを明かす
B. A Strange Presence in Bariloche After the Affair
B. その状況の後のバリロチェにおける一人の奇妙な存在
1. A Look Around Bariloche
1.バリロチェの周りを見てみる
2. Bariloche’s Prestigious Visitor-Resident(s)
2.バリロチェの名声ある訪問者-住人
C. Dr. Richter’s Theoretical Explanations
C. リヒター博士の理論的な説明
1. The Origins of the Huemul Project: Gerlach and Diebner
1.Huemul 計画の起源:ゲェァラックと Diebner
2. Richter’s Conceptions and American Interest
2.リヒターの概念とアメリカの関心
a. His Conceptions as Recorded by the Argentine Investigative Commission
a. アルゼンチンの調査委員会によって記録されたとしての彼の概念
b. Richter’s Paperclip File and American Ambiguity
b. リヒターのペーパークリップの書類とアメリカの曖昧さ
3. Another Strange Parallel, Dr. Philo Farnsworth’s Plasmator, and Another Strange Nazi Connection: IT&T
3.もう一つの奇妙な平行線、ファイロ・ファーンズワースのプラズメーター、そしてもう一つの奇妙なナチスの関連性
4. Fusion, Torsion, and Stars: The Work of Dr. Nikolai Kozyrev
4.核融合、トーション、そして星々:ニコライ・コザレフ博士の研究
5. Richter, Ram Jets, Shockwaves, and Aurora
5、リヒター、ラムジェット(空気圧縮エンジン)、衝撃波、そしてオーロラ
6. Ball Lightning, The A.E.G and Richter
6.稲妻ボール、A.E.G. 社、そしてリヒター
7. The Bell Flies to Argentina: Brooks, Ball Lightning, A.E.G., and the Bell
7.ベルがアルゼンチンへと飛ぶ:ブルックス、稲妻ボール、A.E.G.、そしてザ・ベル
8. A Possible Corporate Connection to Argentina’s Huemul Project: A.E.G., and Back to the Bell
8.アルゼンチンの Huemul 計画への企業的な関係の可能性:A.E.G.、そしてベルまで戻る
D. The Conclusions Imply a Possible Scenario
D. その結論は、一つの可能なシナリオを示唆する

PART FOUR:
第四部:
THE CONTROL OF SPACE
宇宙の操作(支配)

11. MASONS, MAGICIANS, AND NAZIS: RICHARD C. HOAGLAND AND MIKE BARA ON NASA’S SECRET HISTORY
11.メイソン達、魔術師達、そしてナチス: NASA の秘密の歴史についての、リチャード C. ホーグランドとマイク・ベラ


A. Ancient Names and Ritual Alignments
A. 太古の名前と儀式的な配置/配列
1. NASA and NACA: “Never A Straight Answer” from “Not A Civilian Agency”
1.NASA と NACA: 「決してまともに答えない」から「民間機構ではありません」へ
2. Masons, Magicians, and Nazis
2.メイソン達、魔術師達、そしてナチス
3. Mission Patches, Ancient Names, and Ritual Alignments
3.作戦のつぎ当て、太古の名前、そして儀式的な配置/配列
a. Mission Patches
a. 作戦のつぎ当て
b. Ancient Names
b. 太古の名前
c. Ritual Alignments
c. 儀式的な配置/配列
d. The Biggest “Ritual Alignment” of them All
d. それら全ての「儀式的な配置/配列」の最大級
4. A Stunning and Chilling Scenario: The Implications of the Dark Mission Conclusions Regarding the Nazis
4.驚きで、背筋がぞっとする様なシナリオ:ナチスに関するダーク・ミッション(本)の結論の示唆
B. The Real Apollo Missions
B. 本当のアポロ計画
1. Hoagland’s Conclusions
1.ホーグランドの結論
2. Some Implications of Their Remarks in a Wider Context
2.より広いコンテキストにおける彼等の記述の幾つかの示唆
3. The Wider Implications
3.より広い示唆

12. CONCLUSIONS: AN INTERESTING TIMELINE AND A POSSIBLE SCENARIO
12.まとめ:一つの興味深い時系列と可能なシナリオ


A. 1920s-1930s: Alchemy, Esotericism, The SS and the Unified Field Theory Craze
A. 1920年代-1930年代:錬金術、秘儀主義、SS 、統一フィールド(場)理論の流行
B. 1943-1945: Strange Events from the Middle to the End of World War Two
B. 1943-1945年:第二次世界大戦中記から終わりまでの奇妙な出来事
C. 1946-1961 and Beyond: Postwar Shenanigans
C. 1946-1961年そしてその後:戦後の悪ふざけ

APPENDICES
付属物
BIBLIOGRAPHY
参考文献
Joseph P Farrell, Nazi International, Part 1


  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 11 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -