• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

宇宙戦争 第十四章 火星、そして火星の恐れ

ファレル博士の宇宙戦争、426ページより:

「もし、火星のこの部分のクレーターが「人工的」であるなら、それを伝える方法(スペルミス)があるはずで - 何故なら、核爆発は、(隕石のクレーターとは対照的に)、より浅く成るためだと提案したのは(ジョン・ブランデンバーグ)でした・・・もう一方で(此処に有るのは決定的な試験だと言う、私の瞬間的な期待を、次の一言で裏切って!)、新たな宇宙防衛のイニシアチヴの試験の一部として実験室で標的の上に産出されたクレーターは深く - 隕石自体のクレーターとは異なり - それらが産出された方法の直接の結果で:特殊な粒子ビームが、標的の中に、それらのエネルギーを深く「埋める」事によって産出されたと彼は述べました。」
- リチャード C. ホーグランド

月と共に、火星は、疑う余地無く、人間の想像力を最も湧き立てる惑星です。占星学的な逸話の中の、その戦争と破壊との一貫的な関連性は、記録された人間の記憶が延長する最も遠くまで遡ります。そして、ヴァイキング火星探索衛星が、その惑星のシドニア(サイドニア)の地域の地表で、有名なスフィンクスの様な顔の写真を撮影して以来、「顔の信者達」と「顔の懐疑論者達」の間の長く続く論議の集中点に成って来ました。前述された、それぞれの章で見せられたのは、太古の神話に関してのみ言えば、火星とその統治者(達)は、太古の宇宙的な戦争における間違いなく決定的なプレーヤー(関係者)であった事です。それに従い人は、その昔、其処に文明があったと言うアイデアに協力証言するための異例の物体を火星上で探し、そしてまた、人は、少なくとも火星の一部は、意図的な破壊を経験したかも知れないと言う証拠を探します。しかしながら、シドニアの顔の物議全体が、とても多くの論議をかもしだしたので、この章の最後で触れられる以外、それについては一切述べられません。此処において、私達の集中は、人工的な起源に暗示的な、火星とその衛星、フォボスの表面の、その他の異例な特徴です。読者に頭に入れておいてもらいたいのは、この章において触れられる事は、その惑星の異例の形成のとても多くのカタログの、極一部のサンプルでしか無いと言う事です。

シドニア
0cydonia_34.jpg


火星の表面の異例

以下に続く、コンピューター処理された写真は、マリナー9号によって撮影されました。それ以来、直角-直線的、そしてその他の秩序的な幾何学(立体性)のデザインを含む、構造的な要素を見せる奇妙な形成は、現代の空港に似ている事から、「空港」と名付けられました。

マリナー9号、#4209、火星の「空港」。位置:南1.9度、西186.4度
1mariner.gif


何らかの地学的な行程が、その様な形成を説明する事が出来ると言うのは考えられます。ですが、これから見られる様に、もしこの場合、そうであったなら、火星はとても特殊な本質の、様々な地学的な行程の本拠で、説明するためには、とても多過ぎる種の異例の宝庫であるためです。

「六角形」

例えば、火星の表面の、以下の六角形的な構造を考えてみて下さい。六角形は、クリスタル(結晶)において、自然的に形成しますが、その様な大規模な構造が、自然的なクリスタルの形成の行程によって派生すると想像するには難しさがあります。以下の写真は、火星のグローバル調査機によって撮られました。

New Cydonia "City" Image Analysis


この写真の中で、実際に、2つの六角形が確認可能で、一つは中央の大きなもので、もう一つは左下の小さなものです。何らかの知られていない地学的な行程が、その様な構造の派性を説明するかも知れませんが、もしそうだった場合、人はどうやって、この地域における、知られていない地学的な行程の、明らかな孤立化、そしてその様な六角形が、たった2つだけ形成された様に現れる事実のために、説明すれば良いのでしょう?

ピラミッド的、そしてその他の直角-直線的な形状

巨大な六角形と「空港」が、何らかの知られざる特殊な地学的な行程によって説明されるかも知れない間、直角/垂直の中軸に沿って、左右対称性を有する、4面のピラミッドは全く別問題です。

ホーグランドのシドニアのリンク参照:

シドニアの地域は、リチャード C. ホーグランド、エロル・トルン、ヴィンセント・デピエトロ、マーク・カーロット、そしてその他多くの御蔭で、有名で大きな5面の D & M ピラミッドを含む、幾つものピラミッド的な構造物に溢れていると、よく知られています。ですが火星の地表におけるその他のエリアの中のその様な構造の存在は、人が共通の文化的なマトリックス(母体)を目の当たりにしている事を強く示唆します。スフィンクスの様な顔、シドニアのピラミッドとその他の構造物、そして今、シドニアでは無いもう一つのピラミッドは、シドニアの形成が自然の偶然では無い可能性を遥かに増大させます。地学的な行程は大規模な六角形や巨大な「空港」を説明するかも知れませんが、それらは、自然に起こる事が知られていない、その様な形状を十分に説明する事が出来ません。この事実は、地球上のその様な構造の存在、そして人工性に暗示的な、月の直角-直線的な奇妙な存在とその他の特徴と共に、私達が共通の文化を目の当たりにしているかも知れない可能性を示唆します。

火星上に見つけられるもう一つの奇妙な特徴は、その地表における窪みの存在で、表面上、クレーターに類似していますが、詳細を検証してみると、それらの根底には、風化した、角張った構造を有する事を明かします。再び、隕石の衝撃の様な、自然の行程が、どうすればその様な特徴を派生させられるのだろうと言う必然的な問いが浮上します。

火星の2重の角張ったクレーター
2重cydonia_8


更にもっと驚きの角張ったクレーターの例は以下です。
3marte_cydonia_30


再び、どんな自然的な行程が、これを説明出来るでしょう?

マーリン宇宙システムによって公表されたもう一つの写真は、目立たない地学的な特徴を持つ、火星の典型的な地域以外の何ものでも無い様に現れます。

4marte_cydonia_21

(代用の写真)

ですが精密な検証は、とても異例な、この「目立たない」形成について、豊富な詳細を明かします。最初に、その膨らみが、殆ど完璧な円形である事に注目して下さい。そしてその膨らみの上の左側のジグザグの直角-直線的な特徴に注目して下さい。その膨らみの右側の、17世紀と18世紀のヴァウバン様式の要塞を想い出させる様な真っ直ぐの線に再び注目して下さい。

ジグザグの線と「膨らみ」と、「ヴァウバン」様式の要塞
5marte_cydonia_20.jpg
(代用の写真)

その異例な特徴の全てと共に、この極度に興味深い特徴は、確かに、地学的な行程で説明可能かも知れませんが、もしそうだとすると、幾つもの微妙で異なった行程が、最も独特なコンビネーションで機能している様に現れます。端的に、自然的な原因は、それらの特徴の幾つかを説明するかも知れませんが、一つの位置に存在するそれらの全てを説明すると言うには、可能性を引き延ばし過ぎの様です。それ以外の唯一の説明は、それらの特徴が知性による創造で、そして人が見ているのは、時間をかけて起こった構造の風化だと言う事です。

単一の巨石(モノリス)

自然の原因によって説明する事がとても困難な一つの特徴は、モノリスとして現れる集合体です。この写真は - 火星のグローバル探査機を指揮していた - マーリン博士によってNASAから実際に公表され、それ自体が驚きでした。

火星のモノリスの集合体
1monolith.jpg


これ等の奇妙な物体は何なのでしょう?そしてどんな地学的な行程が、それらを説明する事を出来るのでしょう?どんな見解であれ、この特徴を単なる自然的な特徴と説明するには難しさがあり、もしそうで無いならば、人は、人工的な構築であると言わざるを得ません。

更なるダブル・クレーター パート1

月に見られる特徴は、火星にも見つけられ:ダブル・クレーターです。リチャード・ホーグランドは、再び、この奇妙な特徴に気付いた最初で、それを説明出来るメカニズムについて、考察し始めました。何故なのかを理解するためには、彼のより広いクレーターについての思考のコンテキスト(文脈)の中にそれを位置付ける事が必要に成ります。

リチャード・ホーグランド:エンタープライズ・ミッション

クレーター自体は - それらが二重であれ、そうでは無くてあれ - 惑星の地表の特徴を年代鑑定するための、重要な地学的なテクニックです。

1)太陽系における全ての固体の惑星的な天体は、その主要な表面の部分が、巨大なクレーター(約20km)で「飽和」されている事を与えられると - 火星は、おおよそ、その半分の半球(南半球)がその様なクレーターに覆われています。

2)それらの肩と肩を並べるクレーターの創造のための中心的な推論において、太陽系の全体において、その歴史の初期の段階に、集中的な(隕石の)爆撃の期間があったとする事を与えられると - 火星の重度にクレーター化された地表はまた、恐らく、この「集中的な爆撃の期間」から起因するのでしょう。

3)月、火星、水星、そしてその他の外側の惑星の、それらの太古のクレーターを付けられた地表の存在は・・・それらの天体的な地表の真空における保存を証言し - 火星における類似した地形の保存は、その惑星の存在の殆どの期間に、濃い大気が全く欠如していたために、風化が殆ど無かった事を強く示唆します。

4)あまり(隕石によって)クレーターを造る様に爆撃されていない月と水星に似た地表を与えられると、火星のもう一つの半球(北半球)の - このクレーターの「二面性」は・・・40億年前の太陽系における、重度な隕石の爆撃の終了と共に、火星におけるクレーター化の率に、劇的な減少があった事に一貫します。

ホーグランドは、此処において、その様なクレーター化は、太陽系の早期の段階における、推定された隕石による激しい爆撃によるものと言う、定説的な線に続き、彼は故に、その様な地表の特徴を、約40億年前の惑星の形成と共に、多かれ少なかれ同時期にする、基準的な年代測定のモデルに続きますが、ホーグランドは、その他の説明の可能性にも、明らかに気付いていて、そして故にそれらの特徴の形成を更にもっと最近の時代にします。

火星の、クレーターに重度に覆われた南半球における、数多くの、水に流された様に現れる川の跡は、しかしながら、問題を示唆します。通説的な論説において、火星はその惑星的な歴史のとても早期に、豊富な水を有していたか、または突然に大量の水によって襲われたかのどちらかであるとします。どちらにしても、これは、火星の古さについて問題を、提示する様に現れます。まず最初に、それが意味するのは、とても早期の期間に、火星から水と大気が奪われた事で、その惑星に存在する知性的な生命体のアイデアを殆ど不可能にします。これと、加えて異例の火星のシドニアの「スフィンクスの顔」とピラミッド的な構造は、明らかに更に後の時代のもので、問題です。どうやって、2つの異なるデータの流れは和解させられるのでしょう?ホーグランドは「クレーター化により年代測定の方法から押し返され、この見解的な視点から、ヴァイキングのシドニアの写真を見直し始めました:

「物体35A72を収めたヴァイキングの単一の写真のエリアは - 1000マイルよりやや小さなエリアで、文献において「クレーター統計」のために使用されるより、1000倍小さなエリアでした。そうであれ、私は、その惑星のその地域における大まかなクレーターの数を私に与え、そして故に、検証下の地表の大まかな古さのアイデアを得るために、この何度も使われた正確な技術を、そのヴァイキングの写真に応用しました。

「そしてその後直ぐに、私に、一つのパラドックス(矛盾)が与えられました:其処にあるクレーターが「多すぎたのです。
・・・
「その写真の中にあった、サイズにおいて1キロを超えるクレーターの実際の数は、公表された(統計の)カーブの3倍から5倍ありました。これは(統計学的な偶然である)「クランピング」によって説明されるか、または事実のどちらかでした・・・

「そうであった場合、シドニアのこの地域は、その惑星における最も古い部分の一つで - 40億年以上の古さを意味しました!」

パンテオン(万神殿)における反乱と宇宙的な戦争の創始的な本質について、以前に此処に記述された事の光の下で、この可能性を吟味するために、一旦、停止するのには価値があります。もし - そしてこれは巨大な「もし」である事が強調されなければなりませんが - シドニアと、その遺物がそれ程、古いなら、それはすると、この創始的で宇宙的な戦争の一応の協力証言的な証拠に成ります。

しかしながら、火星の異例の全てのための、その様な極度な年代測定は、実際にそうで無ければ成らない必要はありません。ヴァン・フランダースの爆発した惑星の論説は、そのヴァージョンのあらゆる種において、火星のその様な重度のクレーター化が何故あるのかを説明し、そして遥かに合理的に、何故それが、大々的にその惑星の南半球に限られているのかを説明します。それは同様に、何故、火星が突然、乱暴に、水によって氾濫させられた数多くのサイン(地形)を見せるのかを説明します。それは流れた川の痕と、重度にクレーター化された部分における、それらの痕を簡単に説明します。ですがこれは、そのクレーター化を、もっと後の、6500万年前、または320万年前に位置付けます。確かにこれは、火星上の生命の存在の可能性に関して、より受け入れやすい年代です。

爆発した惑星論の歴史

ホーグランドは、彼の注意を、二重のクレーターの現象、i.e.規則的で直線的なパターンに位置された、殆ど正確に同じサイズで、内的な特徴を持つ2つのクレーターに向けました。ですが、二重であれ、そうで無くとも、火星のクレーターの多くについて、もう一つの問題がある事に、彼は気付きました:多くは、(隕石の)衝撃によって原因されたにしては、浅過ぎました。これと、加えて、火星の、風化したと認められる「顔」の奇妙な明らかなダメージと、巨大な5面の D&M ピラミッドの、より更なる明らかなダメージは、ホーグランドがした「最も不穏な観測の一つ」を形成し、つまり、「どの様な合理的な時代であったとしても - シドニア(サイドニア)の物体は、「自然的な風化」以上の何かを見せていると言う事でした。そしてそれは、全て、シドニアの(探査衛星)ヴァイキングの写真のための、ホーグランドの異例なクレーターの集計に起因しました。

これは、彼が、以下の重要な問いを提示する事に繋がりました。これと、彼が相談した科学者の返答が、以下に延長して引用されるのは、それが宇宙的な戦争の論説の、重要な協力証言的な証拠であるためです:

「(その(クレーターの)数が一貫的に多過ぎると出てきた後、私は、私自身に大胆に尋ねました)その顔とピラミッドの重度な風化 - そしてその地域において、異常に多い数の1キロメートル(以上の)クレーターの証拠が、何らかの強力で人工的なエージェント(媒体)によるものであると言うのは可能でしょうか・・・?

「言葉を変えると - ローマ(帝国)の「戦争の神」である - 火星上の生命は、全面的な核(兵器)によるホロコーストによって、全滅されたのでしょうか?

「その考えはファンタスティック過ぎましたが・・・しかし、それは多くの物事の説明ができ・・・そのクレーターと・・・そして私が顕微鏡の下で(i.e.詳しく)検証したその街の中のその他の証拠において、私はその街の中の主要なピラミッド上の溶けていてそして流れ出した直接の証拠を見解しました。加えて、その両方の構造の南東の側の殆どには、大規模な破壊が明らかにあり、そして同等に困惑的なのは「要塞」で - そして、元々「その蜜蜂の巣」を覆ていたはずの「屋根」を、どうにかして完全に蒸発させた(または吹き飛ばした)力です!」

「それからまだあるのは、D&M ピラミッドの南東の横に意図的に位置付けられた「衝撃のクレーター」と、その幾何学(立体性)を歪めている、同等に怪しい「ドームの盛り上がり」です。これは - そのピラミッドの内部まで貫通し、その後、爆発し、出入口的な「爆発の穴」の様なクレーターを残し、そして重度な内的な構造の破壊を残した、何らかの「ロケット式の爆弾」の働きだったのでしょうか?

「とても慎重に、私達の2度目の電話の会話の間、私は(プラズマ物理学者、ジョン・ブランデンバーグと共に)核の応酬が残すであろうクレーターの種類と - その顔と D&M ピラミッドの様な - 最も興味深い物体の上のとても多くのクレーターの「統計学的な異例」を検証しました。

「もし火星のこの部分におけるクレーターが「人工的」であるなら、それを伝える方法はあり - 何故なら核爆発は(隕石のクレーターとは対照的に)浅く成るからと言うのは彼の提案でした・・・もう一方で、(確実なテストの方法があると言う、私の一時的な期待を、次の息で裏切って!)新たな宇宙防衛のイニシアチヴの試験の一部として、実験室において標的上に創造されたクレーターは - 隕石自体のクレーターとは異なり - 深く、それらが産出された方法への直接の結果で:その標的の中深くに、それらのエネルギーを埋め込んだ特殊な量子ビームによってであると、彼は言いました。

「今(あるのは)、光線の銃とオーソン・ウェルズの緑色の火星人です!

「更に重要だったのは、大気の中に、核の応酬が残したであろう特殊なアイソトープの種類に関する情報を持つ、研究所の人々に、(ジョン・ブランデンバーグが)接触可能であった事でした・・・」

自然界では通常出くわさない、核の副産物である、キセノンが火星上で発見されたのを覚えていませんか?

ホーグランドが明らかに示唆したのは、シドニアの地域が、戦争において意図的に標的にされ、破壊されたあらゆるサインを見せ、その戦争は、注目されるべく、核爆弾で戦われただけで無く、アンソニー・ペラットのプラズマのディスチャージ(解放/放電)と太古のペトログリフ(岩に刻まれた象形文字)を思い出させる、特殊なエネルギー兵器の使用でした。シドニアは、言い換えると、火星上の文明の強い一応の証拠だけでは無く、また、それを破壊した戦争、その宇宙的な戦争の証拠を構成します。

プラズマのディスチャージ、マリネリス峡谷、そして奇妙なシュメールの神話

ですが何故、其処にいた文明の要素による、唯単純な火星自体の上で戦われた戦争では無く、それが間惑星的な本質であった事を言及する様に、この戦争を「宇宙的」と呼ぶのでしょう?その答えは、第2章の中で見られた様に、奇妙な「間学術的(学際的/他分野)」な証拠の破片にあり、それはマリネリス峡谷と呼ばれる、火星の表面の膨大な切り傷です。

マリネリス峡谷
8Valles_Marineris.jpeg


この火星の独特の特徴への言及は、既に第2章において成され、そして神話、更に占星学的な逸話において、火星が「傷つけられた戦士」の太古の神話的な典型である、地学的な条件を満たし - バビロニアとギリシャにおける彼の別名、ネルガル、エアリー(牡羊座)、ヘラクレス(ギリシャ神話)は - 確かに戦士である事実が言及されました。傷のついた戦士です。

前述された全ての章の後、私達がこの検証において以前に言及した、太古のシュメールの神話、ルガル-エから、この切り傷への、とても奇妙な協力証言の可能性があるのは、私達をもう、驚かせさせ無いでしょう。

ルガル-エについて、以前に述べられた事をまとめると、それはニヌルタに対するアザグ(アンズー?)の反乱を記述し、そしてその後の、ニヌルタによる「石の目録/在庫管理」を記述します。しかしながら、私達は此処で、その他の特徴に注目を寄せます。その神話の中で、アザグは、「恐れの無い戦士」として言及され、その称号は、私達が見た様に、火星との暗示的な関連性を持ちます。ですが最も奇妙なのは、ルガル-エが、アザグを人では無く、以下の文章が示唆する様に、計り知れない力の物体で、ものと同一視する事です:

「アザグは、その戦いの最前線において攻撃するために、立ち上がりました。
その空は、その腰のための兵器として引き下ろされ、手の中にそれを入れ、
それは地上へと、蛇の頭の様な打撃を与え
・・・それは激怒して雄叫びを上げ
それは無敵の蛇の様に、人々の中からシュッシュと音を出し
それは高地において水を一掃させ、タマリスク(シオスギ)を流し去り、
地上の体に傷をつけました。
痛み深い傷を造りました

・・・
そして今日までその場所には、黒い燃え殻があります。

もし人が、「the earth's body(土/地上/地球の体)」につけられた傷についての明言を、この特定の惑星(i.e.地球)への言及では無く、むしろ単純に、人の足の下の大地への、全体的で惑星的な枠組みへの言及として理解するなら、するとこの文章における、アザグのニヌルタに対する戦争の描写は、ホーグランドやその他によって検証された、火星の特徴にとても上手く当てはまります。

例えば、アザグが兵器として「その空を引き下ろした」と言う明言に加えて、それは、その「腰」のために意図され、「手の中に入れる」事が出来ると言う、その後に続く文章は、剣を示唆します。アザグの兵器は、第2章において論議された、ゼウスの神聖な稲妻、そしてニヌルタの神聖な雷の一種の様に現れます。それは正に、アンソニー・ペラットのプラズマのディスチャージ(解放/放電)の様に聞こえます。故に、それが造った、「その場所に黒い燃え殻が今日まである」切り傷は、惑星規模の割れた傷への言及で、「雷」によって造られた傷で、その焼き払う効果は、未だに目に見えます。マリネリス峡谷は、火星である「戦士の傷」に完璧に相応しく、それは雷、またはプラズマのディスチャージによって原因され、今でも目に見えます。ディスチャージのこの種は、加えて、「空を引き下ろす」と取られる(解釈される)事が簡単にでき、そして蛇の様にクネクネした雷の稲妻として「地上へと」撃たれた剣として理解出来ます。

ルガル-エの少なくともある一部の惑星的なコンテキスト(文脈)は、地球よりもむしろ、火星上の出来事に、上手く当てはまる様に現れます。

火星の「恐れ」:その月、フォボスとそのモノリス(単一巨石)

アザグを「物」とするこのコンテキスト(文脈)の中で、そして火星上で起こったルガル-エの一部のためのコンテキストとして、火星の小さな月である、フォボスの奇妙な特徴について、考えられるべきです。フォボスは、ギリシャ語において、その名前が「恐れ」を意味しますが、それ自体がとても奇妙な物体です。

火星の月、フォボス
1phobos.jpeg

(代用の写真:オリジナル=http://e.bookzz.org/g/Joseph%20Farrellのepub ファイル、443ページ)

火星の表面上に向いている、多かれ少なかれその月の右側に面した、大きなクレーターの部分を、上の写真から、慎重に吟味してみて下さい:

フォボスの大きなクレーターの接近写真
2Phobos.jpg

(代用品)

この写真の慎重な検証は、その大きなクレーターが六角形である事を明かします!

この特徴と、加えてその小さな月の、六角形のクレーターのすぐ下にある奇妙な溝は、再び、火星とその衛星には、唯の自然の地学的な行程以外の何かがある事を示唆します。私達が次の章で見る様に、この特徴の奇妙さは、フォボスから遥かに遠くのもう一つの月の上に、この特徴の正な類推が存在すると言う事実によって強調されています。

その月の奇妙さは、それだけに留まりません。以下の小さな「塔」、そして角張った、明らかに目に見える影はまた、フォボスからの写真です。

フォボス上の、小さな「シリンダー的(筒状の)塔」
3phobosmonolith.jpg


加えて、フォボスはまた、その月自体がまた「空洞」では無いのかと強く示唆する、それ自体の重力的な異例性を有します。実際に、ソヴィエトの人達は、彼等が地球のもっと大きな月に示唆した様に、火星の小さな衛星は、正にその全体性において、人工的な物体なのではないかと示唆しました。

そして、彼等がそう挑もうとも、赤い惑星(火星)とフォボスを探索しようとするロシア人達の試みは、とても大災害的な結果に見舞われ、その究極の例は、1989年5月25日の、彼等の火星探索機、フォボス2号の明らかに意図的な自滅でした。その探査衛星からの配信が、突然に終了する前に、その衛星は、その月、フォボスの直ぐ近くの、火星自体の表面上の影の中の物体の以下の写真を送り返しました。そのロシアの探査衛星はまた、その通信が永遠に失われる前に、今は有名に成った、火星の月の真下の長く、細い筒状の物体の写真を撮影しました。

1989年5月25日に、ロシアのフォボス2号によって撮影された、火星表面上に投影された筒形の物体の影
4phobos2shadow.jpg


言うまでも無く、ソヴィエト連邦は、これ等の写真を最初に、最も高い国家安全保障の機密に分類にしましたが、何らかの理由でこれ等の2つの写真を、米国と分かち合う決心をしました。この事実は、フォボス自体が人工的な月で、彼等の探査衛星は、その衛星の消失の直前に、それが撮影した筒状の物体によって、意図的に攻撃され、中立化(無効化)させられたと、何人ものロシアの科学者達に結論させました。

2つの宇宙計画の論説

任務のタイミングのオカルト(秘儀)的な土台

火星上の、その様な異例の存在と、そしてその小さな月(衛星)フォボスの上と - その周りの - 同等の謎めいた物体の存在は、特定的では無い方法で、一つは公のものであり、もう一つは深く秘密裡であり、隠された、2つの宇宙開発計画の論説に焦点を当てます。

その最も最近の形状において、2つの宇宙計画の論説は、元、宇宙飛行士で、物理学者のブライアン・オリィアリー博士や、そして勿論、リチャード C. ホーグランドの様な著名人達によって、提示されています。オリィアリーは、米国が - そして故に宇宙計画に携わるその他のあらゆるもの(組織)が - 米国政府の様々な諜報工作機関と米国空軍と連動して、を遂行していると主張します。この計画は、もしそれ以前からでは無いにしても、少なくとも NASA 設立当初から遂行され、そして頻繁に、その計画は NASA の任務の中に覆い隠され、そして時には NASA から全く独立的に単独で、その任務を遂行してきたと主張されます。オリィアリーは、この計画(秘密組織)が、一般大衆の眼からは厳重に隠された、それ独自の発射基地、乗り物(ロケット/宇宙船、etc.)、そして訓練された宇宙飛行士達の部隊を有すると主張します。

ホーグランドのヴァージョンにおいて、しかしながら、2つの宇宙計画は、追加的な要素を取り入れます。ラジオ番組のインタヴューや、彼のウェブサイトに見つけられる様々な論文の中で、宇宙計画の任務の多くが、特定の占星学的な状態、または(惑星的な)配列が起こる時に合わせてスケジュールされている様に現れると、ホーグランドは頻繁に主張します。彼は何十年もかけて、これがそうである、強力な、一応の証拠を収集しました。加えて、ホーグランドはまた、NASA の「黄金期」の宇宙計画の正にその名前 - マーキュリー計画、ジェミニ計画、そしてアポロ計画は - 占星学的、そしてオカルト(秘儀)的な重要性に溢れていると指摘します。ホーグランドとその他は、計画のロゴにおける、様々なメイソン的、そしてオカルト的なシンボリズム(象徴性)の存在、そして宇宙飛行士の部隊の中の、重度なメイソン達の存在、加えて、月面上におけるメイソン的な儀式の行いは、宇宙計画の秘密裡な、またはオカルト的な、隠された要素を示唆すると指摘します。

ホーグランドのエンタープライズ・ミッション

秘密裡の計画の目的:原始物理学と原始科学技術の回復のための探求

この重度なメイソン的な存在に加えて、多くの宇宙計画における、占星学的な配置の存在は、実際に、宇宙計画の背後の、秘密裡な、殆ど知られていない目的を示唆します。実に、著者、ウイリアム・ヘンリーが観測した様に、太古の科学と科学技術の回復のための探求は、以下の様に成ったとします:

「彼等の秘密結社の、本質的な特徴です。1752年11月に、フレデリックスバーグにおいて、ジョージ・ワシントンが、メイソンに成った時、彼は以下の言葉を聞きました:

「メイソンの正しいビジネス(関心事)は、占星学的、化学的、そして道徳科学で、そして更に特定的に、その上に見つけられる謎と昔話の全てと共に、古代人達です。

「私達はその流れを、神官の技術(魔法)から科学へ、神秘/謎から知識へ、例え話から本当の歴史へ変えましょう。」

早期の宇宙飛行士の部隊におけるメイソン的な存在と、そして過剰的で秘密裡の軍事計画の可能性に沿って均整が測られると、2つの宇宙計画の論説には、故に、もう一つの要素がある様に現れ、そしてそれはつまり、原始物理学的なものです。その宇宙的な努力の一つの目的は、上記に言及された、正にメイソン的な感覚における、「流を変える」事で、太古の物理学と、それに関連した科学技術を回復する事だった様に現れます。

もしそうであったなら、すると、それが暗示する事は驚きで、それが意味するのが、宇宙時代の到来の初めから、当時、存在していた証拠に基づいて、誰かが既に決定を下したと言う事で、この証拠はその様な科学技術が存在していたと示唆するには十分で、そして暗示的に、その様な戦争が戦われた事を示唆しました。公の領域においてその様な結論を補佐するあらゆる証拠が、隠蔽されたか、改竄されたのは、すると、合理的です。

端的に、NASA が、シドニアの人工的な本質、またはその他の火星の異例をはっきりと認めない理由は、それらが其処にある、以前の文明の示唆であるためではありません。それはむしろ、それらの(人工)遺物の神話的なコンテキスト(文脈) - 宇宙的な戦争のコンテキストがまた - 知られているためで、そしてそのコンテキストは、回復可能かも知れない、科学と科学技術の存在の可能性を示唆します。

シドニアの原始物理的なメッセージについてのホーグランドの見解

ホーグランドと、彼の同僚の幾人かは - はっきりとした形においてでは無い事は受け入れられなければなりませんが - シドニア(サイドニア)の構造の全体が体現するのは、失われた、「超次元的(hyper-dimensional)」物理学をコード化する幾何学(立体性)であると主張します。シドニアにおいて体現されたと、彼が信じる物理学の重大さについて、彼は言葉を濁しません:「私達が、今、信じるのは、それが含むのは、宇宙の原則的で構成的なエネルギー以外の何ものでも無い事で・・・その存在と - その利用の可能性は - シドニアにおける、「遺跡」の創造の正に主要な理由の一つであった事です。

ホーグランドの見解において、シドニアの構造物はこの物理学のコード(暗号化)されたメッセージで、彼はまた、そのメッセージが、「太古のエジプトの寺院と、此処、地球上の、その他の神聖な構造物において、コード化されている」のが響くと主張します。ですが、ホーグランドと、彼の同僚達がシドニアにおいて見つける、単なる「超次元的な」物理学の記録を超えて、その幾何学のためのもう一つの機能的な理由があるかも知れません。ホーグランド自身が、その地域が戦争において意図的に破壊されたかも知れないと言う、彼自身の提案によって、この機能について示唆します。彼自身が、 D&M ピラミッドに行われた特徴的なダメージを、この意図的な破壊の最良の例であると指摘します。ですから、其処に見つけられるシドニアの幾何学は、グレート・ピラミッドにおける幾何学の様に、その他の何らかの、無害/良性では無い目的があったのでしょうか?その構造物は、私が、私のギザの死の星の3部作の中で論議した様に、大規模で軍事的な構造物で、火星の D&M ピラミッドは、その敵に対して「空を引き下ろす」事が出来た、シュメールのアザグの、火星版だったのでしょうか?それは火星の「ロスタウ(地下トンネル)」の一種だったのでしょうか?

これ等の問いへの答えは、私が信じるに、ためらいがちな「イエス」です。

ですがそれらへの答えが何であれ、ホーグランドは、彼の研究において重要な事をし、その重要性を理解した人はあまりいません。彼が慎重に言った事を吟味する手間を取った人に、彼が指摘したのは、共通の建築的な形状を含み、地球と火星の間には、分かち合われた共通の文化的なマトリックス(母体)が存在すると言う事です。端的に、彼は、其処から見解されるべき、パンテオン(万神殿)的な宇宙戦争に、間惑星的なコンテキスト(文脈)を与えました。

そのシナリオに基づいた、運命のタブレットの、可能な位置:ギザ、イラク、そして火星

2つの宇宙計画の論説に、秘密裡の「原始物理学」的な要素がある可能性は、今、もう一つの重要な問いと可能性を浮上させます。この研究を通して見られた様に、その宇宙的な戦争の論説の「間惑星的なコンテキスト」が含むのは、地球、火星、そして私達が見た様に、土星、木星、そしてその他の衛星、更に最終的に、太陽自体を含む、私達の太陽系の地域的な空間を含みました。

第2章において見られた様に、プラズマのディスチャージ(解放/放電)の方法によって、惑星を大規模に傷つけるために十分な、物理学は存在し、そしてその物理学は、順を追って、より更に強力な物理学に連動される事ができ - そのスカラー(スケイラー)物理学において、惑星と太陽(恒星)は、その媒体(エーテル)におけるストレスの巨大で自然的なレゾネーター(共振器)として振る舞います。そして私達が第8章において推理した様に、運命のタブレットは - その宇宙的な戦争の原因であり、それによってその戦争が戦われた主要な方法であるそれ(運命のタブレット)は - それらの凄まじい資源(エーテル)を利用した科学技術における、究極的な構成要素でした。この研究の第2部に記述された様に、それらのタブレットの構成要素は目録され、そしてその幾つかは、その勝者によって、ある意味、「原始太古のペーパークリップ作戦」の様に、その他の場所に持ち帰られ利用され、その他は、それらの破壊的な力と、それらを破壊する事の不可能性のために意図的に隠され、そして幾つかの構成要素は永遠に破壊されました。その話のそれら全ての特徴に、深遠な真実の響きがあるのは、第二次世界大戦の直後に正にその様な出来事が起こったためで、連合軍がナチスの戦争マシーンの武器庫のエキゾチックな科学技術の目録を造ったためです。それらの幾つかは、その他の場所で応用されるために持ち運ばれ、幾つかは永遠に破壊され、そして失われ、そしてその他の幾つかは、その破壊のための凄い効能のために、隠されました。その平行線(類似性)は驚きで、そして太古の神話の下にある真実味を響かせます。

そしてその太古の神話は、私達の近隣の惑星的なご近所からの異例なデータによって供給された、この間惑星的なコンテキストに対して見解されると、それらの消失している幾つかの構成要素のための、おおよその位置の再構築を許します。以前にも見られた様に、その神話がとても明らかに示唆するのは、現代のイラク、そしてギザ、またはエジプトのその他の「太古の神聖な環境」が、土と砂で何ヤードも埋められた、何時の日かこれ等の構成要素が発見されるかも知れない位置であると言う事です。ですがまた、もう一つの場所であるかも知れないのが火星で、恐らく月もまたそうです。もし2つの宇宙計画の論説が真実であるなら、恐らくこれもまた、その秘密裡の任務の目的の一つでしょう。

失われた科学技術のリモート・ヴューイング(千里眼):ハータックと顔が暗示する事

そしてこれは、最後の可能性を浮上させます。

火星の「顔」と、それを囲む関連した物議の全ては良く知られている間、ヴァイキング探査衛星がシドニア(サイドニア)の地域を最初に写真撮影する以前に、それが見られていた事はあまり知られていません。良く知られた古代研究者で、秘儀主義者のジェームズ J. ハータック(Hurtak)博士は、ヴァイキング探査衛星が火星に着く以前に、正にその様な物体をリモート・ヴュー(遠くに離れた場所から見る)したと主張しました。

私が、その様な教義の、スピリット的な影響力、そして成り行きに、個人的に懐疑的である間、私は、それらの現実性、またはそれらの正確性さえ、疑いません。故に、ハータックが、実際の公の、公表の日付けの遥か以前に、彼に利用可能に成った、科学的な方法によって収集された情報を、唯単に公表していたかも知れないと言う事が可能な間、私はこの説明に懐疑的ですが、それらが、ヴァイキングの写真が取られる以前に、それが一般大衆に知られ、雑誌やラジオのトーク・ショーに取り上げられる以前に、本の中に出版されたので、ハータックの主張を此処で、表面上の価値として受け取ります。

ハータックの火星の顔の見解は、故にもう一つの不穏な可能性を浮上させ、それは様々な国々の軍部、そしてまたエキゾチックな科学技術を研究している大企業によって、現在利用されていると知られているもので、そして、つまり、その様な科学技術が、その様な行程を通して、位置特定されるかも知れないと言う事です。そしてそれは、探査衛星が実際に送られる遥か以前に、その様な行程が、火星の科学技術的な探求を導くために利用されていた可能性を浮上させます。もしそうであるなら、それは2つの宇宙計画の論説に、もう一つの影を落とします。誰かが、何処かで、見解するための同じ行程を使って、その宇宙的な戦争の原因である、運命のタブレットの消失している構成要素を全体的に探す事を試みるのは、時間の問題でしょう。

そしてその後は、唯一、時間の問題に成るでしょう・・・
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 05 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -