• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

ワールド・クライシス・ラジオ&外国のスパイがウクライナのクーデターに100億ドル(+追記/Read More)

NATO-Backed Minority Fascist Coup in Kiev Topples Vacillating Legal President, Strains Unity of Ukraine, Puts US and Russia on Collision Course
NATO(シオニスタン)に後ろ盾されたキエフのファシストのクー(デター)が合法的な大統領を揺るがし、ウクライナの統一性(安定)に重い負担をかけ、米国とロシアを衝突コースに向かわせる

http://tarpley.net/nato-backed-minority-fascist-coup-in-kiev-topples-vacillating-legal-president-strains-unity-of-ukraine-puts-us-and-russia-on-collision-course/

[オーディオをダウンロード]

ウクライナ議員:外国のスパイがウクライナのクーデターに100億ドル以上の資金を援助した(ロシアの声)
http://www.asyura2.com/13/warb12/msg/448.html

「01. おみや 2014年2月23日 23:08:35 : 5avMm4ZgNSSko : N7hsnJ9KlE
そうだよ、テモシェンコはさくらだよ、EU系だよ、

本当のテロリストはアメリカCIAに訓練された特殊部隊でユリアとは関係ない。
ユリアもロシアになびけば躊躇なく殺されるだろう。

世界最高のベンチャーキャピタリストとソロスから賞されたユリアも
アメリカ財界から、恐れ目の敵にされているからな、

だれかおいしい筋肉ばかの旗頭を大統領にしようと思っている。
そんなけ言えばだれだかピンとくると思う。



02. 2014年2月24日 04:22:47 : 1tb7K5r2yw
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/33293378.html

ポスト・シリア紛争の次のターゲットは極東戦争ではなく、ウクライナ戦争となるのか:安倍総理のトルコ通いとサウジ皇太子とのツーショットと集団自衛権行使拘泥のウラ事情を読む


03. 和楽踊り 2014年2月24日 07:32:34 : 9hkFjVd/uY9Ag : mAJ42ipdf4
>>02
新ベンチャーブログの記事を読みました
ウクライナ軍は弱い、とあった通り大統領は逃亡しました
EU謀略団の成功!!
ロシアはソチ五輪に足を取られて派兵できなかった
もっとも逃亡した大統領の金満生活は、反感を持たれて当然だろう
この騒動に恐怖を感じたのは、中国の支配者・金満家であろう
中国脱出に拍車がかかるが、カナダ・スイスは禁止措置~
どうする・・・
ウクライナの中央に東西の分離壁を造る動きで戦争になるかのも?


04. 2014年2月24日 09:51:58 : BDDFeQHT6I
EUなんかに頼ったって第二のギリシャになるだけ、財政再建とか言って緊縮財政と増税で国民生活は壊滅的状況になる、その後で外資が入って資産は根こそぎ持って行かれる。

05. 2014年2月24日 10:52:03 : 1geRdsjJSg
その通りだろうが、奴等の手口はわかりきっているのだから、対策の打ちようもあるはずだ。
放置してたのかいな。


06. 2014年2月24日 11:05:05 : nJF6kGWndY

ロシアの軍事介入が発生する可能性が高まったな


ウクライナ政権崩壊、大統領代行に議会議長を選出
2014年 02月 24日 08:40 JST
[キエフ 23日 ロイター] -反政権デモと警官隊の衝突が続いたウクライナで、最高会議(議会)がトゥルチノフ議長を大統領代行に選出し、ヤヌコビッチ政権が崩壊した。大統領代行は、親欧路線への再転換を目指す意向を示した。

トゥルチノフ氏は23日、政治空白でウクライナの分裂を招いてはならないと指摘。ロシアとの関係については「親欧路線を取るウクライナの選択が認められるような平等で良好な関係を新たに築きたい」と述べた。

25日までに就任宣誓が行われ、大統領選が行われる5月25日まで大統領権限がトゥルチノフ氏に移される。トゥルチノフ氏はティモシェンコ元首相の側近。

米国のライス大統領補佐官(国家安全保障担当)は米国のテレビ番組でロシアがウクライナに軍を派遣する可能性を問われ、「それは重大な過ちになるだろう」と述べた。「ウクライナの分裂を、ウクライナ自身も、ロシアも、欧州も、米国も望んでいない。暴力が再び起こり、状況が悪化することを誰も望んでいない」と述べた。」

[2014年2月24日午後2時39分現在]
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

唯、米国の経済的国力の低下、軍事的疲弊、そして金融業界におけるスキャンダルの数々、更にはドイツとフランスのBRICKsへの歩み寄りの傾向は、加味する必要があります。


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30