• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

オン・ライン・ショッピングとハイパーインフレ

オン・ライン・ショッピングとハイパーインフレにどんな関係があるのでしょう?

ウォール・ストリート・ジャーナルが火曜日に報道した様に、ロシアのルーブルの崩壊は、今日までロシアに大々的に頼っている、ヨーロッパにおける最後の独裁的な経済である、ベラルーシに特に強く悪影響しています。

その報道によると、アレクサンダー・ルカシェンコの政権は、銀行のラン(逃亡)を防ぐための明らかな試みにおいて、独立的なニュース・サイトとオン・ラインのショッピングの販売店をブロックし始めました。

これは、先週の26,000ベーシス・ポイントの緊急な利率引上げに続きます。

その問題は、ベラルーシのルーブルが、US ドル、ユーロ、そしてロシアのルーブルにペッグされていると言う事実に関係していて、それは当然その価値の評価において圧力がかけられました。ダンスケ銀行の分析者は今週こう説明しました:

「突然の下落を避けるために、私達が事前に予測した様に、ベラルーシの通貨は、12か月間で15%の価値を失う事を許されました。先週金曜日、ベラルーシ国立銀行は、この圧力に対応し、その鍵の政策の率を、以前の24%から50%に引き上げました。更に加えて、政府は外貨為替の購買に30%の課税を課す事と、BYR (ベラルーシ・ルーブル)における OTC 取引を2017年まで禁止する事によって、通貨の操作を引き締めました。

(つまり、通貨を国外に持ち出す際の課税率が30%で、外貨を持ち込む際には、少なくともその50%を、ベラルーシ・ルーブルに両替しなければならない。)

「そのペッグと共に続けると言う献身/約束が意味するのは、ベラルーシにおける金融的な状態のとても重大な引き締めで、その様な引き締めが起こる時、殆ど常に起こる様に、その国は経済的な活動における急速な冷え込みを見るでしょう。再び、ベラルーシ政府はあたかも、国外貿易のチャンネルからだけでは無く、金融的な政策のメカニズムをもまた通して、ロシアからの危機を輸入している様に現れます。故に、私達は、2015年度において、BYR の毎月1%の切り下げにも拘らず、国のGDP が3.1% y/y まで縮むと予測します。加えて、2015年は - 大統領選が11月に予定されているので、ベラルーシにとって「興味深い」年に成ると信じます。」

ですが、この全てにおいて何が本当に興味深いかと言うと、私達が考えるに、国内の通貨危機が起こる際の、オン・ライン・ショッピングの操作の、再びの台頭です。

読者達は覚えているかも知れませんが、例えば、2014年1月にアルゼンチンは、その借金危機の際に、それ自体の外貨通貨の準備金が流出し無い様にオン・ライン・ショッピングを規制しました。当時、BBC が報道した様に、誰であれ国際的なウェブサイトを通して購買する人は、証明書に署名し、関税の事務所で商品を受け取る際に証明書を提出しなければならなくなりました。

それから、ルーブルのトラブルが不安定に成り過ぎるとすぐに、アップルが真っ先にロシアにおけるオン・ラインの売買を停止したと言う事実があります。

この全てが証明するのは、オン・ライン・ショッピングが、ハイパーインフレ的な危機の進化に重大な影響力を持っている事です。

そして何故かを理解するのは簡単です。

オン・ライン・ショッピングが現れる以前において、通貨とインフレ的な危機は、大体において、国内の住人達によって需要された商品とサービスを供給する事に失敗した、地域的な経済の操作失敗の産物でした・・・

ですが現在は - インターネットの御蔭で - 商品とサービスへのアクセスは、全ての人に無制限で利用可能です。誰でも、実際に、国債市場にアクセスする方法を有し(多かれ少なかれ)彼等が欲するものを供給する事が出来ます。

その唯一の問題が現れるのは決済においてです。失敗操作された経済にとって残念な事に、殆どのオン・ラインの小売業者達は、安定性の強い過去の記録のある通貨において支払われる事を要求し・・・

それが意味するのは、ベラルーシ、アルゼンチン、そしてロシアの様な国で不足が派生すると、オン・ライン・ショッピングの土台が大きな資本逃避のリスクに成るのは、何故なら市民がルーブルやペソを使って商品のために支払っていると思っていても、現実において誰かが、何処かでそれらの通貨をドル、ユーロ等々に両替しているためで、国際 FX 市場を通して調整/操作されなければならない通貨リスクを産み出すためです。

それは当然、ルーブルを直接ドルのために売っているので、地域的な経済に通貨露出の多くを創造します。オン・ライン・ショッピングの土台を閉じれば、貴方は地域的な経済からの外貨準備金の漏れを減速させます。

もし貴方が、瞬時に購買でき、配達される事の出来る、デジタル的な商品を扱うアップルの様な国際的な小売業者なら・・・

(以下省略)
ソース:ファイナンシャル・タイムズ


  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30