• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

モンサント


Scientists Discover What’s Killing The Bees And It’s Worse Than You Thought
科学者達は蜜蜂を殺しているのは何かを発見し、それは貴方が考えるより更に悪いです
http://www.adguk-blog.com/2013/07/scientists-discover-whats-killing-bees.html


米国において300億ドル(約3兆円)の価値がある、穀物の受粉を担う蜜蜂の謎の大量死は、米国のアピス・メリフェラ種(西洋蜜蜂)を大量死させ、厳しい冬があれば、畑を不毛にします。

現在、蜜蜂の死因についての新たな研究が、可能性のある原因を指摘し、少々恐ろしい結果は、アルマゲドンを避けるのは以前に考えられていたよりも、遥かに難しいかも知れません。

科学者達は、過去6年間に20億ドルの価値があった、推定1,000万個の蜂の巣の崩壊で、通称コロニー崩壊不全と呼ばれるものの引き金を引く原因を見つけるのに苦労してきました。

疑われていたのは、農薬、病気持ちの寄生虫、そして栄養失調でした。ですがマリーランド大学と米国農業庁の研究者達が、プロス・ワン誌に今日、公表したその種の先駆けと成る研究は、魔女の劇薬の様な農薬と対カビ薬のミックスが、蜜蜂がそれらの蜂の巣に集める花粉を汚染していると発見しました。

その発見は、何故、蜜蜂が大量に死んでいるのかの新たな分野を切り開きますが、一斉に蜂の巣が崩壊する、コロニー崩壊不全の特定の原因は判明していません。

研究者達が(米国)東海岸のクランベリー、スイカ、そしてその他の穀物の花粉を採集し、健康な蜜蜂に摂取させると、蜂達はノセマ・セラナエと呼ばれる寄生虫による感染に対する免疫が極度に減少する事が解りました。

その寄生虫は、コロニー崩壊不全の原因では無いかと指摘されましたが、科学者達は彼等の発見は、コロニー崩壊不全を農薬に直接的には結びつけないと、慎重さを表しています。その花粉は平均で、9つの異なった農薬や対カビ薬に汚染されていましたが、科学者達は一つのサンプルから21種の農薬を発見しました。

科学者達は、寄生虫による感染のリスクを高める8種の農薬を特定しました。

最も不安にさせられるのは、対カビ薬に汚染されている花粉を摂取した蜂は、寄生虫に害される確立が3倍に成る事です。広く使用されている対カビ薬は、カビを殺すためにデザインされ、蜂の様な昆虫は殺さないと考えられ、リンゴの木などに使用されています。

対カビ薬自体が、蜜蜂に影響しているのではないかというこれらの増え続ける証拠があり、そして私が考えるに、これらの化学農薬を私達がどうラベルするかを再思考する必要性に光を照らしています、と研究書の指導者、デニス・ヴァン・エンゲルスドープはクオーツ誌に言いました。

農薬のラベルは農夫達に、蜜蜂が受粉している時にスプレーするべきではないと警告しますが、対カビ薬には記載されていません。

米国の蜜蜂の数は今、とても低く、カルフォルニアのアーモンドを受粉させるためだけにも、国内の60%の蜜蜂が必要とされます。そしてこれが、唯の西海岸だけの問題では無いのは - カリフォルニアが世界のアーモンドの80%を供給していて、その市場は40億ドルにも値するからです。

近年、ネオニコチノイドと言う種の化学薬品が蜜蜂の死因に関連させられ、4月に規制機関が、同様に蜜蜂の大量死が起こっているヨーロッパにおいて、それを使用する事を2年間禁止しました。ですがマリーランド大学の研究の助教授、ヴァン・エンゲルスドープは、新たな研究は複数の農薬のミックスが蜜蜂の健康に影響している事を示唆していると言います。

農薬問題は、私達が信じる様に導かれたより更に複雑だと、彼は言います。

その研究は蜜蜂を救うための、もう一つの複雑性を発見しました。米国の蜜蜂は、ヨーロッパの蜜蜂の子孫ですが、北アメリカ独自の植物から花粉を蜂の巣にもたらさず、近くの雑草や野生の植物から摂取します。

その花粉もまた、スプレーの対象では無いのに、農薬汚染されています。

これらの植物に農薬がドリフトした(漂った)のかは不鮮明ですが、私達は農薬散布の行程を新たに見直すべきなのかも知れませんと、ヴァン・エンゲルスドープは言いました。

関連記事:

国家受粉週刊の始まりで、何千もの蜜蜂が死んだ

謎の蜜蜂の崩壊:1,200万に上る蜜蜂がフロリダで死亡、そして誰にも何故なのか解らない!

数1千万ものフロリダの蜜蜂が1日に死亡、養蜂家は農薬のせいにする

モンサント社は代表的な蜜蜂研究会社を買収した蜜蜂崩壊のせいにされ、モンサント社は代表的な蜜蜂研究会社を買収した

イリノイ州の農業庁が秘密裏に、養蜂家の蜜蜂と、モンサントのラウンドアップは蜜蜂を殺すという15年に渡る研究資料を破壊した
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]




Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 10 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -