• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

イスラエル政府命令で削除された記事

イスラエル政府命令で削除された記事
1adelson bibi japanese casino cropped


和訳:

日本人の高官:ネタニエフが私に、シェルドン・アデルソンのカジノのための、事前のフランチャイズを申し込んだ
その日本人の高官は、その異例的なリクエストに驚かされ、そして当然、拒否しました。彼はとても驚かされてしまい、その訪問の期間にでさえ、既に、イスラエルの首相のリクエストについて、彼の同僚に伝えた程でした。

ユーリ・ミスガフ著、2015年2月5日、午後5時

丁度、1年前の2014年2月に、シェルドン・アデルソンに所有されたラスベガスのサンズ(カジノ/ホテル)は、東京のメディアに劇的な発表を公表しました。市場価値において世界最大のギャンブリング(賭博)企業と考えられているその会社は - 日本が世界第2位の規模のカジノ市場に成る事に期待して - 日本において100億ドルの投資を行う意志を発表しました。

彼の発表の中でアデルソンは、その会社がその日出(いずる)国においてオフィスを開き、労働者達を雇うと宣言しました。唯一残る問題は - 日本は世界第3位の経済ですが - カジノを確立し、運営する事は違法であると言う事です。アジアにおいて貪欲な興味があるのは - マカオの中国人街におけるギャンブリングの帝国と共に彼の富を築いた - アデルソンが良く知る事実です。

彼の計画の推定は、東京が2020年のオリンピックの開催地に選択された直後に、その国がカジノの確立を了承する様に成るだろうと言う事です。それはまた、アジアの市場において彼と競争している2つの大規模なギャンブリング企業の憶測でもあり、そして故にその競争は2重で:法整備において、シンガポールやマカオの様な、繁栄しているアジアのギャンブリングの首都の後に続く様に日本政府を説得する事と、競争相手よりも先に、熱望された好条件のフランチャイズを受け取る事です。

アデルソンの公表から3か月後、2014年5月に、イスラエル首相のベンジャミン・ネタニエフは、公式には、「経済協力の訪問」と表現されたもののために、日本を訪問しました。ネタニエフに同行していた者達の中にいたのは、首相のオフィス(閣僚)の長官、ハレル・ロッカーと、国家経済委員会会長のユージーン・カンデルでした。「その訪問は、2国間の間の接触を増やし、2国間の経済的な関係を推進する様にデザインされた、」と彼(ネタニエフ)の取り巻きの中の情報源は述べ、「その訪問のコンテキストにおいてイスラエルと日本は、共同投資の同意を推進する事を決定した、」と加えました。ネタニエフは東京と京都を訪れ、日本の天皇、首相、副首相、そしてその他の幾人かの大臣達と、ビジネス・セクター(経団連)の重要人達と面会しました。

その訪問の終わりに近づいた際の日本人のビジネスマン達との面会において、ネタニエフはこう宣言しました:「私達はとても生産的な対話を交せ、そして私が信じるに、此処において何か新たな事が始まっています・・・イスラエルは開発の中心地の一つで、そして私が考えるに日本もその一つです・・・私達は事業家達がマネーを稼ぎ、マネーを失い、リスクを取り、資本をリスクする、等々が出来る様に、私達の経済を再組織化しました。私達はリスクを取る事が出来る様に、私達の経済を形成しました。」

ですが少なくとも、その訪問の期間のある時点において、ネタニアフ自身がリスクを取る事を選択し:彼は日本政府のとても上級の高官に向き - シェルドン・アデルソンのために - カジノを建てるための合法的なフランチャイズを与える事に関して、彼に密かに合う事を尋ねました。その日本人の高官は、その異例的なリクエストに驚かされ、そして当然、それを拒否しました。彼はとても驚かされてしまい、その訪問の期間にでさえ、既に、イスラエルの首相のリクエストについて、彼の同僚に伝えた程でした。

これは、その訪問の期間のネタニエフの宣言:「私達は、事業家達がマネーを稼げる様にするために、私達の経済を再組織した、」の彼による元々の解釈かも知れませんが、その話は私達に問いを尋ねる事を強要します:誰のためにベンジャミン・ネタニエフは、本当に働いているのでしょう?彼が指導する国の市民達なのか、または彼の主要な国外のパトロンのためなのでしょうか?此処で私達がもう一度述べなければならないのは、[アデルソンによって資金援助された]自由新聞紙、イスラエル・ヘイオムの力を制限する法律の最初の議案提示が通された後に、明らかに至急な理由が何も無いのに、ネタニエフは彼の政府を解体し、クネセット(一院制議会)を解散する選択をした事です。

イスラエル政府の首相としてネタニエフはまた、大荒れの米国の選挙の最中に、アデルソンの政治的な手先をサポートする働きによって、外交的なロジックを無視し:1度目は、ニュート・ギングリッチが共和党の代表に立候補していた時に彼がサポートした事で、そして2番目は、バラク・オバマに対してミット・ロムニーが大統領選に立候補していた時に彼がサポートした事でした。これらの候補者達はアデルソンによって数億ドル単位でサポートされていて、そしてホワイト・ハウスと民主党にとってレッド・フラッグ(危険信号)でした。

現時点において、私達が知る様に、ネタニエフは、米国の政治的な体制側との関係において、彼自身とイスラエルを、更なる劇的な危機へと引きずり込み - 今度はイラン問題について、米国議会で演説するために、ホワイト・ハウス、または米国務省からの招待無しで、ワシントンを訪問するつもりです。これもまた、共和党の対立的な政策と、その主要なスポンサーである - マカオからの極右のギャンブリングの権力者、シェルドン・アデルソンに奉仕します。ワシントンにおいても、東京においてでも、イスラエルの首相が説明責任を負うのはたった一人の人のためです。

私は首相のオフィスと向き合い、何故、ネタニエフ氏は、日本への公式な訪問の期間に、アデルソン氏のギャンブリングの事業を推進する事が相応しいと判断したのか、そして世界中におけるアデルソンの賭博業を推薦するためにネタニエフの地位のコンテキストにおいて、彼はその他の方法でも働いているのかを尋ねました。首相のオフィスの返答は:「その様な事は全く起こらなかった、」でした。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 11 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -