♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

ヒトラーはシオニストの手先だったのか?

Was Hitler a Zionist stooge?
ヒトラーはシオニストの手先だったのか?
http://www.john-friend.net/2013/03/was-hitler-zionist-stooge.html


1Hitler.jpg

追記:
元の英文記事のコメント欄より:
ジョン・フレンド、2013年3月6日
「歴史家で著者のヴェロニカ・クラークが、ディーナ・スピニョーラとのラジオ・インタビューにおいて、反ヒトラー的な陰謀論の、実質的に全てを論破しました。私は、その2時間の番組の全てを聴く事を強くお勧めします。」

http://www.spingola.com/vclark6_2013-01-26.mp3



多分、アドルフ・ヒトラーと、彼の権力への出世と、ドイツ国家社会主義の総統としての彼の統治程、間違って理解された政治家と、歴史の期間は無いでしょう。混乱させられ、そしてしばしば不誠実な陰謀(暴露)論の歴史家達と、オルタナティヴな報道のパーソナリティー達は、アドルフ・ヒトラーと、ドイツ国家社会主義の、様々な広い解釈を紹介し、それらの多くは、ヒトラーは秘密裏に「ロスチャイルドのオペレーティヴ(エージェント/手先)」で、J.スピァー・ウィリアムズが最近に成って論説した様に、中東におけるシオニストの関心事(イスラエル)のエージェントで、国際ユダヤ銀行家達に協力していたとします。これらのオルタナティヴな「陰謀論産業」的な論説は、アドルフ・ヒトラーと、ドイツ国家社会主義が、邪悪の化身で、最初にヨーロッパと、次に世界を征服するのに必死で、その過程で全てのユダヤ人達とジプシーと、そしてその他の、身代わりにされ、「迫害」されたグループを、絶滅させようといていたという、メインストリーム(一般定説・マスゴミ・教育洗脳)版と同等に、不合理で根拠がありません。

ウイリアムズは、彼の最近のエッセイ「ヒトラーはシオニストの手先だった」でこの様に始めます:

「国際シオニスト達は、知性的な精神ではあるが、完全に慈悲、同情、もしくは基本的な英知が欠落している闇の勢力に導かれている。

「だがその様な知性は、殆どの人間のマインドには不可解で、シオニズムがアドルフ・ヒトラーを権力へと担ぎあげ、ナチス・ドイツの戦争マシーンを支援した、全ての理由を述べる事が出来る者を、誰も私は知らない。しかし、事実、それが成されたという可能性は明らかにある。

「ヒトラーと彼の戦争力の支援は大方、老いたマックス/ポール・ウォーバーグ(兄弟)にコントロールされた、アムステルダムのメンデルショーン銀行(全てシオニスト)とフランクフォート(フランクフルト)のシュローダー銀行と、ロンドン(ザ・シティー)と、ニューヨーク(ウォール街)を通してされた。」

国際シオニズムは「闇の権力・勢力」を代表していて、「完全に慈悲、同情、または基本的な英知」が欠落しているというウイリアムズの点は評価できますが「シオニスト」にコントロールされたアムステルダム、ロンドン、フランクフルト、ニューヨークの銀行連の複合体がヒトラーと「彼の戦争力」(これが何を意味しているのかとしても)を支援したという、彼の未熟で、単純な論点は、元記事や書籍の記録も無く、メリットがありません。ウイリアムズは、シオニストによるヒトラーと「ナチスの戦争マシーン」の支援は「明らかに可能性がある」として読者を説得しようとしますが、彼の主張を補佐する一つの証拠もあげていません。彼は単純にそうであると宣言し、誰もが質問もせずに続いてついてくると予想しています。真面目な学者や、ジャーナリストや、作家は、信頼出来る直接的、そして間接的な情報源の関連書類を、彼等の主張を立証させるために供給します。明らかに、J.スピール・ウイリアムズは、真面目な学者でも、ジャーナリストでも、作家でもありません。

ヒトラーとNSDAP(国家社会主義党)は、ユダヤ人達や親シオニスト(財)源に支援されたものではありません。彼等は「ロスチャイルドのエージェント」でも、「銀行家達の操り人形」でも、「シオニストの手先」でもありません。彼等は、ユダヤ至上主義(優越・選民主義)の目的であり、本質的にユダヤによる支配と、世界全体の政治的、経済的、文化的な服従で、云ってみればユダヤ・ユートピア(楽園)である「ニュー・ワールド・オーダー・新世界秩序」と対極的に対峙していました。ヒトラーと国家社会主義の政治運動は、公に、そして正直に、重要な題材について話しただけでなく - 国際ユダヤ連 - という全ての人類の敵を鮮明に見極め、彼等の国を壊し、その人々を破壊しようとした、この破壊的で、寄生虫的な、犯罪者達のネットワークに対処する、真剣な行動をとりました。国家社会主義は、ユダヤ共産主義ユダヤの金権政治的な資本主義という2つの破壊的なイデオロギーのアンチ・テーゼで、アドルフ・ヒトラーと NSDAP は、それらが実施された国々を、ことごとく完全な破滅へと導いた、ユダヤに吹き込まれた哲学をはっきりと認識していました。

実際に、アドルフ・ヒトラーと国家社会主義運動は、西洋を大きくコントロールし、想像しえる全ての前線で、「ニュー・ワールド・オーダー」を達成しようとする、国際ユダヤ犯罪組織(カバール)の、寄生虫的で、転覆的で、破壊的本質に対する、最大の壁を体現していました。

2Jew World Order

 
NSDAP の誕生と創設を非神秘化すると題された彼女の必見の記事に、ヴェロニカ・クラークが説明している様に、ヒトラーは、社会階級や私有財産では無く、メリットに基づいた政治的で、社会的な秩序を確立する事によって、ドイツ全体で(そしてヨーロッパの広くで)広く行われている、階級間の敵対を解決しようとして、彼等の共有の、ドイツ人の遺産と、アーリア民族を中心に、ドイツ社会を統一しようとしました。NSDAPへの支援は、様々な源泉から来ていて、会員費、講演費、新聞売上、国家主義的なマインドの、小さいビジネスや、実業家達からの献金、ユダヤ・マルクス共産主義の危険性に気づき、経済的かつ文化的に活性化された、強いドイツを再び欲した、ドイツ社会の上流階級の幾つかの要素さえも献金しました。

3Why Hitler came into power


セオドア・エイベルの1938年の本、「何故、ヒトラーは権力に昇ったか」は、恐らく最も重要で、かつ知られていない本で、国家社会主義のドイツ労働者党と、アドルフ・ヒトラーの台頭を調査しています。1934年初頭に、アメリカ人達、そして世界一般が、国家社会主義運動と、その思想と、その歴史と、権力への台頭と、その支持者達の事を知らなすぎると、当時、権力について間もなかった、国家社会主義政府を説得してから、エイベルはドイツへと旅しました。エイベルは、コロンビア大学の援助の元、自叙伝的なエッセイのコンテストを提案し、1933年に、NSDAP がドイツ国家において、政治的な権力を固める以前から、党員または支援者だった人達に、彼、または彼女の生い立ち的な背景、学歴、人生経験、そして政治的な友好関係(過去の支持政党)などについて、批評するために、提出する事を求めました。

エイベルは、最終的に、多種多様な国家社会主義党員と支援者達から、683枚の書類を受け取り、それらを年齢、職業、社会階級、そしてNSDAPに参加した日付によって分類しました。統計的な表類と、その他の鑑定データは、更なる分析のために、分割され追加付録として載せられました。書類の内83枚は、熟孝から消去されましたが、それは書類が短すぎて詳細に欠けていたせいか、「何故、ヒトラーは権力に昇ったのか」とは独立して出版された、女性を対象にした分析に、使用されたからだとエイベルは記していまする。これらの書類は、エイベルの分析の基礎を形成しており、数々の引用・抜粋が、本の最初の2章を通して、NSDAPのメンバー自身から提供されていて、何が動機で、一生をかけての苦難となった党への参加を、これらの個人、個人に、鼓舞したのかの、独特の洞察を読者に提供しています。

1986年に、「何故、ヒトラーは権力に昇ったのか」は再出版され、エイベルの、ドイツにおけるNSDAP とヒトラーの台頭についての、独自で、独特なリーサーチについて、幾つかの意味深い観察をした、トマス・チルダースの前書きが添えられました。チルダースはその部分に以下の様に書きました:

「エイベルの資料は、単純に国家社会主義が、「中産階級の底辺の反乱」という一般的な解釈に、綺麗にはまらない。

「エイベルは、公募者達の中の、動機的な要素の広さと、多様性に悩まされ、それらの多くは簡単に、「中産階級の底辺の反乱」という解釈規定の元に、含まれる事が出来なかった。

「これらの分析は私達に、今まで可能であったよりも、遥かに詳しい精密さで、ナチス支援の社会的ベースを、確認する事を許した。テーマ的な強調と手法は異なるにしても、これらの分析は、NSDAP への支援は、中産階級の底辺の遥か外まで広まり、社会的に確立されたグロスバーガータム(中産階級の上層)と、肉体労働階級の大きな部分まで含んでいた事に原則的に同意している。

「何が中産階級上層を党へと魅了したのだろう?何故、多くの労働者がNSDAPに向いたのだろう?何が彼等を引きつけたのだろう?NSDAPの思想的な位置は、その人気のあったアピールの、何の役割を果たしたのだろう?ナチスのプロパガンダ戦略と組織は、どう大切だったのだろう?ナチスの社会政治的な成功を説明しようとする、どんな研究にも、これらは明らかに重要な問いで、セオドア・エイベルが扱うのは、正にこの中心的な一連の題材だ。」

エイベルの本は、3つのはっきりと異なった部分で構成されています。第一部はNSDAPの歴史の詳細を扱い、各章は、ヒトラー運動の背景、初期:1919年から1923年、第二期:1924年から1929年、第三期:1930年から1933年と題され、NSDAP によって耐えられた努力と、障害と、苦労と、そしてそのドイツ政治における結果として、起こった台頭についての独特の識見を提供しています。

第二部は、本質的に分析的で、何故、どうやってNSDAP 運動が、支持を得たのかを説明します。何が、人々を国家社会主義に引き寄せたのか?どの要素が、ドイツ政治において、結果的にNSDAP に勝利させたのか?これらと、その他の関連している問いが、ページの上で扱われ、資金調達と、国家社会主義のドイツ労働党の本質と、その人気と、ドイツ国家の全ての(階級)区分を大方に統一する能力を鮮明にする事を手助けします。エイベルは、第二部を3つの章に分け:不満を一つの要素として、思想を一つの要素として、そしてヒトラー運動の何故についてとします。

最後に、本の第三部は、6つの選び出されたNSDAP 党員の自己伝記が、全文で載せられています。エイベルは、労働者と、反セム主義者と、兵士と、中産階級の若者と、銀行事務員と、農夫の人生話を載せ - 「前述の章で別々に分析された、国家社会主義の経験のパターンを、統一的、かつより現実的な形式に表すために」全て(のエッセイ)は選ばれたとしています。これらの選ばれた書類は、総ての(個人的な)背景と、社会階級と、学歴レベルからきた、ドイツの国家主義者達と、愛国主義者達を統一した、国家社会主義の広く広がった魅力を表しています。農夫、商業人、兵士、退役軍人、教師、工業労働者、官僚、専門職、経営者、父親、母親、子供達(を含み) - 国家社会主義は、ドイツの人口の全ての部分を魅了し、統一しようとして、大方、そうする事に成功し、ドイツ政府のコントロールをしっかり握ってからは、特にそうでした。

NSDAPの党員と、支持者の、本物の自己伝記という、第一級の源泉書類にたよる事によって、エイベルは、歴史家と、他の興味を持っている者達に、他では見つけられないアドルフ・ヒトラーとNSDAP の台頭の、独特の分析を提供しています。

ヒトラーとNSDAPが「ユダヤ」に資金提供されていたという、このアイデアを、更に不信する・疑うために、マイケル・コリンズの必読の本、新バビロン:それらの覇を唱える者達 - ニュー・ワールド・オーダーの歴史的、宗教的、そして経済的な源のパノラマ的あらましからの以下の引用を顧慮して下さい:

4MCP.jpg


「ヒトラーが、「ユダヤ銀行家連」または「シオニスト銀行家連」(この2つは良く入れ替わりで使われるが)に資金援助されていたという伝説がまたある。真実では無い。ジェームズ・プールは、彼の権威ある著書誰がヒトラーを資金援助した?でとても対照的に論証している。

「一つの例の中では、ドイツの一人のユダヤ資本家が、アドルフ・ヒトラーが頭角を現す以前に、ナチス党に献金したが、それはヒトラーを止めるために、党内のヒトラーの政敵を支援するためのものだった。だがこの事実にも関わらず、幾らかの「愛国者」はまだ「ユダヤがヒトラーを後押した」という。

「このノンセンスの祭壇で崇拝する者の多くは、それらの「ユダヤ銀行家連」の内の一人、「シドニー・ウォーバーグ」に、表面上は書かれたとされるヒトラーの秘密の銀行家連と題された、怪しげな起源の匂う偽書を引用する。だがこの書類は、私達が述べた様に、偽書である。

「故アントニー・サットン博士のウォール街とヒトラーの台頭はこの説を広めたが、部分的に、ウォーバーグのこじつけに基づいており、更なる制度化(説の概念固定)をこの神話にもたらし、真実は呪われた。

「アメリカの各銀行と、各企業は、ヒトラー政権と仕事・働く事をしたが、大抵は何十年も以前に交わされた、金融的な契約の継続で、ヒトラーを権力へもたらそうといった、壮大な陰謀の一部では無かった。ブッシュ家が、ヒトラーの台頭に欠かせられないものだったというのも、一つの神話だ。ケヴィン・フィリップスは - ブッシュ王朝の尊敬者ではないが - 彼の著書、アメリカの王朝:ブッシュ王室の貴族、幸運そして騙しの政治の中で、ブッシュ/ヒトラー・シナリオを囲む実際の事情を調査し、事実を正しい見解に置いて・据えている。」

中には、ヒトラーが実際にユダヤ人であったとまで主張する者もいます。この中傷的な陰謀(暴露)論は真剣・真面目な研究者達、そしてメインストリーム側、体制側の学者達、例えば、ヒトラー:1889-1936年傲慢と題されベストセラーに成った、アドルフ・ヒトラーの伝記を書いたイアン・カーショウの様な学者にさえも正体を暴露されました。一番最初の章、幻想と失敗の中でカーショウは、ヒトラー自身がユダヤの血統であったという、間違った・偽りの噂を、徹底的にその正体を暴露しました(7-9ページ):

「・・・[主張されたのは]アドルフ・ヒトラーの祖父がユダヤだったという事だ。そういう効果の噂が、1920年代初頭の、ミュンヘンのカフェで出回り、1930年代の間に、扇情(センセーション)主義の、ドイツ国外の報道によって助長された。「Huttler」というのはユダヤ名であると提唱され、彼はブカレスト(ブダペスト)のヒトラーというユダヤ一族に遡ると「明かされ」、彼の父は、彼の祖母が、ウィーンでロスチャイルド男爵の召使をしていた時に(男爵に)種付けられた子だとまで主張された。しかし、第二次世界大戦後に起こったヒトラーの背景をユダヤと考える、最も真剣・真面目な推測も、彼のニューレンブルグの牢獄で絞首刑を待っていた、ナチスの法律家でポーランドの総監だった、ハンツ・フランクの回想録に直接に遡れる。

「フランクは、1830年の終わりに、ヒトラーに呼ばれ、ヒトラーの背景について出回っている報道の話題に関連して、ヒトラーの血管にはユダヤの血が流れている事実を暴露するという、甥ウイリアム・パトリック・ヒトラー(アイルランド人女性と短期間、結婚していた異母兄弟アロイスの息子)からの、脅迫の手紙を見せられたと主張した。

「このフランクの話は、1950年代に広く出回った。しかし、それは単純に正しいとして認められる事が出来ない。[・・・]フランクの回想記は、彼が絞首刑を待つ間に(口述を)書き取られており、精神的な重大局面を経験しているのは明らかで、不正確さに満たされており、慎重に使われるべきである。主張されたヒトラーのユダヤ人の祖父の話については、それらに価値は無い。

ウィリアムズの記事、ヒトラーはシオニストの手先だったに戻りましょう。ヒトラーと「彼の戦争力」は、ロンドン、アムステルダム、フランクフルト、そしてニューヨークの国際ユダヤ銀行連に資金援助されたと主張した後、一つの元記事も載せず、この主張された資金援助を詳しく説明する事もなく、彼は、ドイツの化学の巨人I.G.ファーベンが、シオニストのコントロールの下にあり、この工業的な複合企業が、ヒトラーの政府と直接働いていたと暗示して、続けて主張しています。ウイリアムズは、「ナチスの集中収容所」で使用されたジキロンBガスを、I.G.ファーベンは生産していたと述べますが、ジキロンBは実際には、健康と衛生のために使われたもので、ドイツ政府によって留置されたユダヤとその他を、計画的に殺害する、邪悪な計画につかわれたものでは無いと述べていません。勿論、I.G.ファーベンが実に、シオニストのコントロールの下にあった、もしくは国家社会主義政府と、極悪非道なやり方で働いていたという説明するための引用もありません。

ウィリアムズはそれから、私が以前聞いた事があり、ネットで読んだ事のある、殆ど常に補佐するために信頼出来るソースの無い - 連合軍は、ドイツ国内とドイツ占領地域にあった、I.G.ファーベンの工業工場を、意図的に爆撃する事を避けた、という主張をします。記事より:

「殆ど全てのドイツと、多くのその無実の市民への、大規模な空爆の間、ファーベンの施設は慎重に回避された。周りの全てが廃墟へと空爆されたのに、無傷で残ったI.G.ファーベンの施設の空中撮影された写真を、(以前は)ネットで見る事が出来た。」

再び、主張を補佐する引用はありません。ウィキペディアでのI.G.ファーベンについての単純な探索は以下を述べます:

第二次世界大戦中の施設

「IGファーベンの施設は第二次世界大戦の石油規制の空爆のターゲットで
、1941年までは、ブナNをレベデフ過程で精製したナチス・ドイツのブナ精製所が5か所あった。」

ドーリー

「ドーリー・ブナ精製所は1943年まで建設中で、その契約は1942年3月2日に「IGファ-ベン工業AGアウシュビッツ」と契約された。合成オイルとゴムを(石炭から)生産したブナ労働施設は、SSの活動とホロコーストの間のアウシュビッツの近くのIII-モノビッツ収容所の始まりである。1944年の全盛期には83,000人の奴隷労働者を使用した。今日、施設は「ドーリーS.A.」として運営されている。」

フランクフルト

「フランクフルトの「がらんとした大きな」IGファーベンのビルディングに加えて、フランクフルトのホーシュットAG化学工場は、1944年9月26日に英国空軍によって空爆された。」


I.G.ファーベンについての、これらの主張をするウイリアムズとその他は、何処からそれらの情報を得ているのでしょうか?好奇心のあるマインドは知りたいものです。どの源泉的な書類がI.G.ファーベンは、ヒトラーと協力していた「シオニスト銀行家連」にコントロールされ、その工業施設は連合軍の空爆キャンペーンから回避されたと記述するのでしょう?

もしヒトラーとNSDAPが「シオニストの手先」だったなら、何故に彼等はこれ(ナチスはロスチャイルド銀行家連を追放した)や、これ(ヒトラーはユダヤ・フリーメイソンを追放した)や、これ(公務のプロ化の再建法)をしたのでしょう?何故に彼等は「永遠のユダヤ」の様な映画を製作し、ドイツ民族とその同族の敵を暴露したのでしょう?1945年の4月にベルリンで自殺する直前にアドルフ・ヒトラーが(口述で)書き遺させた政治的な遺書を熟孝して見て下さい。この男が「シオニストの手先」に聞こえますか?

「ライクに強いられた第一次世界大戦で、1914年に、私が志願兵として、私の控え目な貢献をしてから30年以上が経った。

「これらの30年で、私の人々への、愛と忠誠が、全ての私の思考と、行動と、私の人生を導いた。彼等は、死ぬ運命にある人が直面した、最も難しい決断を下す強さを、私に与えた。これらの30年で、私は、私の強さと私の健康を使った。

「1939年に、私やドイツの他の誰かが、戦争を欲していたというのは、真実では無い。それはユダヤに起因するか、ユダヤの興味・関心のために働いた、国際的な政治家達によって欲せられ刺激された。私は、多すぎる程の、軍備の制限とコントロールを、提案・申し出をしたが、後世の人々は、この戦争への勃発の責任を、常に私の上に置き、(事実を)無視し続ける程、十分に憶病では無いでしょう。悲惨な最初の世界戦争の後に、イングランドやアメリカを相手にした、2度目があるなど、私は1度も望まなかった。何百年かが過ぎるであろうが、私達の街町と建造物の廃墟から、究極的に責任のある者達への憎しみは、これらの全てを、私達が感謝すべき人々:国際ユダヤ連とその部下達に対して新たに育つだろう。[・・・]」

もしヒトラーがどうにかして「ユダヤと共謀していた」のなら、何故、彼はこの様な事々をマイン・キャンプ(我が闘争)の全体や、数々の演説を通して言ったのでしょう?

「ユダヤ人達は、文明を確立するのに必要な能力を持っておらず、人類の高度な発達に絶対に必要な要素である、思想のスピリットが彼等の中には無く、あった事が一度も無い。故に、ユダヤの知性は建設的に成る事が決して無く、常に破壊的である。
(第11章,209ページ。)

ウィリアムズ側の個人個人の主張のもう一つは、アドルフ・ヒトラーが、どうにかして、「イスラエルの建国の父」であるという事で、これは幾つもの理由によって、不合理でとても無知な主張です。

その誰以外でも無い、ロスチャイルド卿に宛てられた、バルフォー宣言を通して、非合法テロリスト国家、イスラエルの確立を、最初に促進したのは英国であり、ドイツではありません。ドイツは、パレスチナのユダヤ国家を、決して補助しなかったし、欲してもいませんでした。ヒトラーとNSDAPの政策の主要の関心は、ユダヤをドイツ国外(そして最終的には、全ヨーロッパ外)に出させる事で、事実、シオニズム組織と、そのユダヤのパレスチナと西洋への移民を、奨励する派閥と協力しました。彼等はこれらの組織と、経済的な協定を結び、ユダヤ移民を促進するだけでなく、ドイツの輸出を拡大しました。幾らかのドイツのユダヤ人達はパレスチナに移り、更に多くは、既に西洋で彼等の仲間のユダヤ人達がいたロンドン、パリ、ニューヨーク、そしてハリウッドに行き、彼等の遺伝子に鼓舞された、西洋文化に対する計画的な攻撃と転覆を開始しました。

歴史復習協会のマーク・ウエバーは、「シオニズムと第三ライク」と題された記事でこれをとても鮮明に述べています。

「[・・・]ドイツのシオニズムへの補助は無限では無かった。政府と党の役員達は、米国、英国、そしてその他の国々の、強力なユダヤ・コミュニティーによる「彼等」の各政府と市民達を、ドイツに対して動かそうとする、継続するキャンペーンをとても気にしていた。世界ユダヤ連が、国家社会主義のドイツに向かって、執念深く、敵対的であり続ける限り、そして世界中のユダヤの大多数が、シオニストの「約束の地」に移り住む、意欲を見せない限り、パレスチナにおけるユダヤ主権国家は、本当の意味での、国際的なユダヤ問題を「解いた」事にはならない。それどころか、ドイツの役員達は、それは計り知れない程、この反ドイツ・キャンペーンを強めるであろうと理由づけた。ドイツによるシオニズムのための後押しは、故に、英国の支配下にある、パレスチナにおける、ユダヤの故郷のためのサポートで、ユダヤ主権国家のためでは無かった。

「1937年6月に、外務大臣は、パレスチナにおけるユダヤ国家は、ドイツの関心のために成らないと、外交官達に伝えたが、何故ならそれが、世界中の全てのユダヤを吸収出来無いだけで無く、モスクワが国際共産主義のベースとして奉仕した様に、更に加えられた国際ユダヤ連の、権力ベースとしてだけに奉仕するであろうからだ。公式な政策の変化の内容を反映し、パレスチナにおいてユダヤとアラブの間の緊張と対立・衝突が急激に高まってきた時に、ドイツの報道は、1937年に、シオニストの野望よりもパレスチナのアラブの抵抗の方に同情的だった。

「1937年6月22日の外務省の公報は、パレスチナにおけるユダヤ居住への補助にも関わらず、ドイツが、パレスチナにおける、ユダヤ・コントロール下の、何らかの形状の国家的な構造の構築を補助すると決めてかかるのは間違いである。国際ユダヤ連の反ドイツ扇動を考慮すると、パレスチナのユダヤ国家の形成が、世界の国々の平和的な発達を助けるとは、ドイツは同意できない」と警告している。SSのユダヤ情勢部による内部メモもまた、「ユダヤ国家、またはユダヤに管理・運営・執行されたパレスチナの宣言・布告は、近東の発展に深い影響を持つ、ドイツに対する新たな敵を創造する」と警告している。もう一つのSS部署は、ユダヤ国家は、「全ての国々のユダヤに特別な少数派保護をもたらす作用をし、故に世界ユダヤ連の利用行動(犯罪)に法的保護を与える」と予言・予想している。1939年1月に、ヒトラーの新たな外務大臣ヨアキム・ヴォン・リベントロップは、同じように、公報で、「ドイツはユダヤ国家の形成を危険と認識しなければならない。何故ならそれは世界ユダヤ連の権力の国際的な膨張をもたらすからである」と警告している。」

ヒトラーとNSDAPは、パレスチナにおける、独立したユダヤ国家を、唱道したり、補助したりしていませんでした。実際には、メイン・キャンプ(我が闘争)の中でヒトラーは、ジェンタイル(非ユダヤ)が、それが起こる事を許してしまったら、ユダヤ国家がどの様に成るかを正確に描写していました:

「ユダヤの国家内の支配は、とても確かに成った様で、今では彼は、彼自身を再びユダヤと呼べるだけで無く、彼は、冷酷に彼の究極の国家的かつ政治的方針・計画を認める。彼の民族の一部は、公にそれ自体が外人である事を認めるが、此処でさえも彼等は嘘をつく。一定の間、シオニスト達は、ユダヤの国家的な意識は、パレスチナ国家の創造に、その満足を見出すと、世界に信じさせようと試みて、ユダヤは再びずる賢く馬鹿・ウブなゴイム(非ユダヤ・家畜)を騙す。住む事を目的とした、パレスチナにおけるユダヤ国家を建てる事すら、彼等の頭には入らない;彼等が欲する全ては、それ自体の主権・統治権を寄与され、そして他の国々からの介入から外された、彼等の国際的な世界規模の騙し取りの、中央組織で:前科者の醜類(しゅうるい)達の避難所・安息地であり、芽吹いた泥棒・詐欺師達の大学である。」

最要点を言えば、ユダヤは、彼等のひねくれた救世主預言を達成するためだけでなく、彼等の世界的な犯罪シンジケート(組織)のための、安全な避難場所と、中央ヘッドクオーター(総司令部)を得るために、パレスチナに彼等の犯罪的、横領・強奪的な国家を確立する事に、断固とした意志を持っていた事実を、ヒトラーは認識していました。彼は第一次世界大戦での、大被害の後のドイツ社会を再建するために、ユダヤにドイツから出て行って欲しく、ユダヤ民族に先天的な、転覆的で、破壊的な本質を、正確に認識していました。ユダヤはパレスチナにおいて、彼等のテロリズム使用と、機密主義を完璧化し、第二次世界大戦における、ドイツの敗北の少々後に「独立」を宣言し、彼等の嘘・偽りの「ホロコースト」の話と、世の影響力のあるエージェント(マスゴミ)を使って、彼等の嘘・偽りの歴史のストーリーを世界中に売ってきました。そして誰が、違法なテロリスト国家である「イスラエル」を、最初に公認したでしょう?国際ユダヤ連勢力を拒み・対抗し、彼等と協力しなかったヒトラーのドイツのジェノサイド(民族大虐殺)的な絶滅に最も責任ある2カ国は:合衆国とソヴィエト連邦です:

「1948年5月14日に、デーヴィッド・ベン・グリオンに代表される、ユダヤ組織の指導者達は、イスラエル国家の確立が、その夜の深夜をもって効果的に成ると宣言した。

「その時点で、イスラエル国家は存在へと現れた。数分もせずに、合衆国は暫定的なユダヤ政府を、事実上のユダヤ国家権威として公認した。ソヴィエト連邦は、1948年の殆どすぐに法律上の公認をして、7つの国家がそれに続き、5日以内に公認した(ガテマラ、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、旧チェコスロヴァキア、ウルグアイ、そして旧ユーゴスラヴィア)。」[情報源]

ヒトラーと国家社会主義ドイツの究極の目的は、ドイツとヨーロッパからユダヤを出す事で、このゴールを達成するために彼等は、シオニスト運動と協力しました。ユダヤと彼等の操り人形だった連合側が、「ニュー・ワールド・オーダー」の背後にいる、世界ユダヤ犯罪ネットワークに対する、近代歴史上の最大の危険だった、ドイツを第二次世界大戦において非道に破壊した後、「イスラエル」が公式に確立されるのは、時間の問題でした。

ヒトラーは「イスラエルの建国の父」などでは無く、そして多くが主張し続ける様に、パレスチナにおける、独立したユダヤ国家の確立の、補助などしていませんでした。ヒトラーと国家社会主義ドイツは、イスラエル確立の道ならしのために、破壊されました。西洋(欧米)のユダヤの操り人形達の補佐と共に、ユダヤ自体が断固として行おうとしていた事を、ヒトラーと国家社会主義ドイツのせいにするのは、歴史を酷く歪める行為です。

彼の馬鹿馬鹿しく、そして非学術的なエッセイ、ヒトラーはシオニストの手先だったを完結させるために、J.スピール・ウイリアムズは、シオニスト達がヒトラーを権力へともたらしたのには「もっと深い理由」があり、シオニストの陰謀の究極的、最終的な目的は、セム的遺伝子を「変異させ、究極的には、絶滅させる」事で、ウイリアムズによると、それはユダヤとアラブの両方を含むと主張しています。しかしながら、正に次の一行で、ウイリアムズは、彼が彼の主張を証明する事が出来ないと認めています:

「だが、再び、シオニストの中東の戦争において、米国・イスラエルの攻撃で劣化ウラン弾が使われている事実を除いては、私はこれらのどれも証明する事が出来ない。

証明出来る唯一の事は、J.スピール・ウイリアムズが、彼の述べている事について単純に知らないという事と、マスゴミと(ユダヤ的な)教育エスタブリッシュメント(御用学)によって、止めどなく宣伝・洗脳される嘘とは、異なった本質ではあるけれど、アドルフ・ヒトラーと国家社会主義ドイツについての神話と中傷を永続させている事です。J.スピール・ウイリアムズや、その他の不誠実で、無知な各個人達は、馬鹿らしく、そして根拠のない「ヒトラーはシオニストの手先だった」という様な論説で、一般大衆を混乱させ、今までずっと、アドルフ・ヒトラーと、国家社会主義の、行動と、遺産と、世界観を歪めて、悪役にしてきた、ユダヤの手助けをしているのと、本質的に変わりありません。お願いですからこれらの人達を真剣に取らないで下さい。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 04 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -