• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

ヤーウェイ(Iave)

オブライアンによるヤーウェイ(ユダヤ教の神)の特徴と振る舞いの検証を吟味する前に、しかしながら、それらの解釈のコンテキスト(文脈)を形成する、推論と基本的な方法論を確認するために、一旦、停止する価値があります。トーラ(旧約聖書の最初の5冊)、特に出エジプト記の書の、ヤーウェイの、それらの解釈を推進する4つの基本的な推論と方法があります:

1.場面の背後で活動する、人間の歴史と宗教の出来事を操作している、太古のエリートがいます。このエリートは、オブライアンが、現代のホモ・サピエンス・サピエンス(現代人)の遺伝子的な「従兄弟」と考える、「輝く者達」の民族である、「アヌナーキ(アヌンナキ)」のメンバーに関連していて、そして構成されていて、そして実際に、彼等(Mr.&Mrs.オブライアン)は、後者の種(人類)を存在へと、遺伝子学的に操作したと見ています。そのエリートの幾らかは反乱し、そしてその他との統制から外れ、追放された形で、人間の状況に介入しました。オブライアン達にとって、旧約聖書の最初の5冊のヤーウェイは、その様な「輝く者達」の反乱していて、墜落した個人の一人です(i.e.堕天使)。

2.先進的で、人類に遺伝子的に関連している民族である、輝く者達はまた、先進的な科学技術を持っていて、ヤーウェイの例では、ヤーウェイへの、イスラエライツの躊躇なき問答無用の服従と彼(ヤーウェイ)の侵略の計画のために、(イスラエライツを)脅かし、強要したと、オブライアン達は信じます。

3.トーラ(旧約聖書の最初の5冊)における、ヤーウェイの特徴、振る舞い、そして活動の、彼等の検証において、オブライアン達は彼(ヤーウェイ)を、人間の品位と道義の普通の(一般的な)基準に基づいた、躊躇なく厳しい検査の対象とし、彼(ヤーウェイ)には、同情心と愛情が全く欠如しており、スターリンやヒトラーと比較出来る、パラノイア(妄想癖/偏執病)、精神分裂症、そして民族大量殺害的な流血と戦争への渇望の典型的な症状を見せていると診断します。

4.彼等の検証において、オブライアン達は、「ヤーウェイ」の名前自体が、「ロンドンの市長」の様な、役職的なタイトル(役職名)的な使用であると、彼等が信じる事を明確にし、その使用は故に、正しい名前では無く、ヒエラルキー(ピラミッド型社会構造)の中の地位の名前で、異なった人材が、異なった時にその地位を占め、故に - オブライアン達の考えによると - トーラの中のヤーウェイから、例えば、イザイアの様な預言者のヤーウェイまでの、全く異なった特徴と振る舞いを説明します。此処において、彼等自身の言葉を引用するのが最良でしょう:

「このヤーウェイは、輝く者(天使)達の指導者達の内の唯の一人です。彼が常に「指導者」として定義される事実は - 彼がエデンの園の確立に関わっていた事であれ;薪の山の上でアブラハムに、彼の長男を生贄にさせようとした事であれ;法律のコード(条約)を、ハンムラビに手渡した事であれ;カナーン(パレスチナ)征服のために、イスラエライツを訓練した事であれ;またはバビロンの非情な惨害へと、残ったユダヤ人達を犠牲にした事であれ - 多くの混乱に繋がりました。

これらの活動の全てに参加したのは、単一の存在ではありませんでした。

オブライアン達によるヤーウェイの検証の、私達の吟味は、これ等の4つの部分に集中します。ヤーウェイの、イスラエライツに対する振る舞いと、様々なマインド操作(洗脳)のテクニックの幾つかを詳細に比較し証明するために、その吟味は必然的に可能な限り包括的に成らなければなりません。

1.輝く者達の一人としてのヤーウェイ
オブライアン達が人類に遺伝子的に関連した民族/集団と信じる、「輝く者達」の代表として、そして実に、その究極的な遺伝子的な技術開発者として、ヤーウェイはその民族/集団/アヌナーキの代表例であり、あらゆる感覚において、「神」では無く、故にその研究は、その民族/集団/アヌナーキの大量の情報を生み出すでしょう。彼等が記述した様に:

「このヤーウェイの詳細な研究から、私達は「輝く者達」の真の特徴のアイデアを私達は形成する事ができ - これまで私達が達成した以上により事細かく私達は、人間と共に生き、活躍した、彼等の身体的な特徴、彼等の気性、彼等の科学技術的達成、そして彼等の人間との関係を、理解出来るでしょう。」

それは、しかしながら、警戒無しでは辿り着けず、ヤーウェイの特徴は - もし彼が実に輝く者達の元々の一員だったとして、その集団としての彼等の典型的な例では全くありませんでした。

「そしてしかし、私達は、このヤーウェイについて、不安な感覚を持ち、そして警戒が入らなければならず - 彼は彼の民族/集団の典型的な例では無かったかも知れません。彼は好戦的で報復的で、武力によって中東の人々を侵略しようと考えを決めていた様に現れます。

このヤーウェイの好戦的で報復的な侵略者としての解読は、反乱している輝く者達の内の一人として彼を最も特徴的に一致させ、その特徴はこの本の後半部分でより詳細に検証されます。

ヤーウェイの振る舞いは、その他の輝く者達と比較された時、とても奇妙で普通では無く、オブライアン達は彼が - そして彼等(アヌナーキ)が - 実際に人類と遺伝子的に関係があるのかと疑いました。「このヤーウェイの研究は、彼は一体私達の種に帰属するのか - あるいはホモ・サピエンス・サピエンス・サピエンスなのか - それとも私達が知らないその他の種に帰属するのかの、混乱させられがちで不穏な問いを答えるかも知れません。」

遺伝子的なアジェンダ?
オブライアン達にとって、その問いへの答えはためらいがちな「そうです、ヤーウェイの特徴は種に関連していて、」ヤーウェイは、古代ヘブライ人達に関して、ある種の隠された遺伝子的なアジェンダを持っていた様に現れ、そのアジェンダは決して完全には明かされませんが、完全に隠されているわけでもありません:

「・・・私達がヤーウェイの謎を本格的に論議する前に、ヘブライ国家の建国は、ノアまで遡る意図的な選択の行程によって達成された事が強調されなければなりません。彼の一家は大洪水の後に生き残る様に選択され;そしてテラの一家は(シュメールの)ウル(の街)のセム族の人々から選ばれ;そしてアブラハムは、私達が想像しかできない理由から、彼の兄弟達から選ばれました。恐らくそれらは遺伝子的ですが;もう一つの要素はサラに子供が無く  - そしてこれはもう一つの重要な遺伝子的な好機のための絶好の機会を与えたのかも知れません。」

後に、勿論、エサウに対してヤコブを選ぶもう一つの選択がありますが、「ある意味卑怯な戦法で」とオブライアン達は記述しますが、ヤコブが彼の父を騙し、エサウの代わりに祝福を受ける事に言及しています。

これ等全ては、オブライアン達にとって、隠された遺伝子的なアジェンダを暗示している様でした:

「その血脈の純粋さを、ヤーウェイは必要とし、慎重に監視し続けました。彼が望むように、アブラハムからの家長達(血筋)が続く様に彼は強く意図し - そして彼はとても遠い未来を見据えていました。彼が欲していた国家を、彼が達成したと満足するまで500年の月日が過ぎました。」

彼等(オブライアン達)は多くの言葉で述べませんが、その示唆している事は鮮明で、彼等が信じる様に、もしヤーウェイが侵略を意図していたのなら、一貫的な遺伝子操作の一つの可能な理由は、必要とされた戦士的な特徴の指導者階級を創造するためだったのかも知れません。その他にも、この隠された遺伝子的なアジェンダの可能性はあり、この本の後半部分で検証されるでしょう。

3、ヤーウェイの「火の柱」:科学技術的な構成要素
ヤーウェイが「神」からはかけ離れていて、本当の肉体的に人型の生き物であると言う彼等のテーゼの中心にあるのは、日の柱で、その科学技術によって、そしてそれから彼はヘブライ人達を導き、そして脅かします。

私達は彼が、日中に、空を飛ぶ「雲の柱」の内部から、彼等(ヘブライ人)を導き、夜の間は「火の柱」の中から彼等を導いたと伝えられます。そして此処で強調されなければならないのは、暗く成った後、「火」と「光」は同義に成り、何故なら私達がエノクの件で強調した様に、記述者が照明として考えられたのは、暗く成った後の家に中の光でも、空飛ぶ物体の内部にしても、火によるもの以外に無かったからです。その火の柱はまた、夜の間に彼等の通り道を照らしたと記述され、それが示唆するのは、その光をある程度の広さで照らした大きなとても明るい光で・・・

ファレル博士の遺伝子、巨人達、怪物達、そして人々
139-146ページより:


  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30