• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

脳のビート振動率/周波数

Beat Frequency of the Brain
脳のビート振動率/周波数

ファレル博士の
遺伝子、巨人達、怪物達、そして人々、125ページより:

「脳にはそれ自体の”ビート”がある、」とキャノンは記述します。この事実は1924年に、ドイツの心理学者、ハンス・バーガーによって発見されました。バーガーはこう観測しました:

「2つのはっきり異なるフリクエンシーがあり:アルファ(毎秒8-13サイクル)はリラックスと警戒の状態に関連していて、そしてベータ(毎秒14-30サイクル)は、動揺と強い精神的な集中の状態の間に産出されました。その後、その他のリズムが発見され、それらは、私達の現在の目的に特に重要で:テタ(毎秒4-7サイクル)は催眠誘発的な状態で、そしてデルタ(毎秒0.5-3.5サイクル)は、一般的に眠っている対象において見つけられます。」

これらの公に入手可能な事実は、1970年代後期から1980年代に入る頃に始まった、新たな「産業」全体の土台に成り、賢い発明家達は「ヘミ-シンク」の様な機械を造り、それはヘッドフォンの様な機器で、「やや異なったフリクエンシーをそれぞれの耳に産出し」、それを脳がそれらの間の違いを計算し、一種の「ビート・フリクエンシー」に結果し、それにそれ自体(脳波)を同調させます。言葉を変えると、「その電気的なジョギングのパートナーと共に、対象の脳波図は減速したり加速したりします。」

このビート・フリクエンシーのアイデアは、奇妙で、重要でさえない様に見えるかも知れませんが、それは実際に「スカラー電磁学」と呼ばれるものの、最重要な機能的原則で、そして一言、二言の説明が故に、此処において意義があるでしょう。この種の現象の土台の全体は干渉法で、そして「ビート・フリクエンシー」の確率を、運動のための型板にします。そしてその「ビート・フリクエンシーの型板」を確立する方法は、異なったフリクエンシーの部分の2つ、またはそれ以上を、邪魔する、または混ぜる事で行われます。これら全ての邪魔された、または混ぜられたフリクエンシーの間の違いは次に、「縦波」を設定し、それはビート・フリクエンシーに基づいています。少々ぎこちないですが、人は、単純な類推として、一握りの異なった大きさの小石を、穏やかな水面の池に投げ入れる事を想像出来るでしょう。水面に落ちるとそれぞれの小石は波のパターンを産出し、そしてこれらのパターンは交差し、混ざり合い、ビート・フリクエンシーの縦波を代理する、一時的なパターンを水面に確立します。脳が同調するのはこのパターンまたは型板で、この点は、この章の後の部分において欠かせなくなります。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 10 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -