• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

ロシア人の物理学者達が、テスラのワーデンクリフのタワーを再建し、世界に電気供給するキャンペーンを始めた

Russian Physicists Launch Campaign To Rebuild Tesla’s Wardenclyffe Tower And Power The World
ロシア人の物理学者達が、テスラのワーデンクリフのタワーを再建し、世界に電気供給するキャンペーンを始めた
http://themindunleashed.org/2014/07/russian-physicists-launch-campaign-rebuild-teslas-wardenclyffe-tower-power-world.html


1russiannn



テスラは正しく、そして私達はそれを証明する準備があります!2014年の秋に、二コラ・テスラのワーデンクリフのタワーを再建する、インディーゴーゴーのキャンペーンを始めた2人のロシア人の物理学者達はそう述べます。テスラは、そのタワーがワイヤー無しで電力を配信出来ると信じましたが、彼の存命の間に、確実には証明されませんでした。

もし彼が正しかったなら、そして長期的な研究の後、その研究チームは彼が正しかったと納得させられましたが、そのプロジェクトは、私達が使う事の出来る、クリーンな電力を全ての人に配信する、効率の良い世界規模の電力の、配信システムを供給します。

テスラが天才だったのは、彼の批評者達でさえ、反論しませんが、彼の死後、70年以上経っても、彼は対極化させる人物であり続けます。

レオニッド・プレカノフとセルゲイ・プレカノフは、過去5年間、研究を続け、タワーのためのテスラのノートと特許をモデル化し、現代の材料と科学技術を使えば、そのプロジェクトが実行可能なのは確かだとします。

彼等のインディーゴーゴーのページが明言する様に:「二コラ・テスラは私達に、彼の、拡大させる配信システムのデザインと、その機能の物理的な原則の、とても詳細な説明を残しました。私達は現代物理学者のグループで、彼の世界規模の電力システムの機能に関連した、多くの分野において訓練されました。私達は、彼の研究の念密な科学的な実験を行い、テスラは正しい道筋にいたと言う結論に辿り着きました。」

2russian-physicists-launch-campaign-to-rebuild-teslas-wardenclyffe-tower-and-power-the-world2


現在のデザインの背後にある原則は、私達には既に、私達に必要なエネルギーの無制限の源泉があり - それは太陽であると言う事です。何処かの晴れた砂漠の、100,000平方キロメートルのソーラー・パネルは、私達の世界的な電力需要に必要な全てを供給する事が出来ます。問題はその電力を配信する事にあり、現在のシステムは、とても多くの電力を、漏らしているためです。

テスラに提案されたタワーのネットワークは、地球自体の内在的な伝導性を利用する様にデザインされ、とても小さな無駄と共に、地下と電離層を通して電力を配信します。タワーがどう機能するかの詳細は、此処で見つけられます

ロング・アイランドのテスラの元々のタワーは60トンの重さでしたが、プレカノフ達が造る計画のプロトタイプは、材料の進歩により、たった2トンの重さしかありません。テスラ・コイルは約20メートルの長さに成ります。

そのチームは、彼等のプロトタイプを造るために、インディゴーゴーのキャンペーンを通して$800,000を集める事を期待していて、それは2014年7月25日に終了します。彼等は去年、リサーチとデザインの研究のために、$40,000の募金を成功的に集めました。プロジェクトの予定と予算は供給され、そしてテスラの太っ腹の精神の下、タワーが機能させられれば、彼等は彼等の結果を、オン・ラインで自由に利用可能にすると誓いました。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 06 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -