• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

警察が社会福祉員を逮捕する(追記=Read more)

Cops Arrest Social Worker (news item)
警察が社会福祉員を逮捕する(ニュースの記事)
http://kateofgaia.wordpress.com/2014/06/26/cops-arrest-social-worker/


警察が、学校での話し合いにおいて、誘拐したとして、社会福祉員を逮捕する

1femalehandscuffed.jpg


APニュース・ワイヤー2014年6月25日


架空より奇妙な真実において、社会福祉員としての「権力の地位」の彼等の推定の結果として、大胆な主張をする人達の、一人の若い女性は、「学校」でのプライベートな話し合いにおいて、子供に父親からその子供を取り上げると言う脅しのために、結果的に逮捕された様です。

この奇妙な出来事の発展における、大胆に現れる「法的な名前無し」のテーマを保つ努力において、「法的な名前無しなら、ゲームは無い」の、インターネット上のあちらこちらに最近あらわれている、頻繁に議論される題材を囲む真実は、http://kateofgaia.wordpress.com/に関連している様に現れます。身分証明を持っている事が、私達の日々の生活の一部である様に、法的な名前(いわゆる、本名)は殆どの人達が想像する以上に、より大きな力を持っている様に現れます。この記者は、一人の7歳の少女が、教室における朝の出席表の呼びかけに答える事を拒んだ事から、2カ月以上前に始まった、現在進行形の問題の、この成り行きを調査するために、先週の間、忙しく過ごしました。更なる調査の上で、元出席表を取る人(教師?)と会話をした上で、出席表は、あらゆる世話をする親が想像するより、遥かに不穏な暗流がある様です。もし子供達が学校にいても、この法的な名前の登録に、子供達が返事をしなければ、その学校は、子供達のためのお金が支払われない様です。それはどれだけ奇怪なのでしょう?担任の教師を多大に困惑させたものは、「私が学ばなければならない事は、全て、インターネットで見つけられるのに、何故、私は学校に行く必要があるの?」と言う純粋な問いから始まりました。この幼い子供はその後、「もし貴方が教育を簡単だと思うなら、やってみませんか?」という担任による、明らかに傷つけられたエゴの攻撃によって挑戦されましたが、直ぐに、「いいわ、じゃあ、来週、私がクラスを教えるわ」と言う返事で答えられ、その担任は、その子供が考え直すだろうと思い、同意しました。貴方の命を賭けてもそうならず、それは此処から更に面白く成ります。

この結果として、その子供は学校からの2週間の停学を受けますが、主に出席登録の拒否の結果として、その学校が「法的」に彼女を其処に留められないためで、その他の両親達との会合が設けられたのは、彼女の停学中に、彼女の友人達が同じ事を始め、子供達による法的な名前の主張が無い為に、学校の金融的な混乱を創造し、故に、子供達が其処(学校)にいたとしても、学校のための給料は派生しなかったためです。この地点から、シナリオは厚みを増します。私達が「ホワイト」と呼ぶこの少女と、彼女の父親は、最初の時点でその会合の元々の土台が、ホワイトちゃんだったのに、この会合に招待されませんでした。

その学校の校長は、ホワイトちゃんとその父親の、会合への出席を拒否しましたが、ホワイトちゃんとその父親はその会合に現れ、校長は警察を呼ぶと脅しましたが、彼女の父親は、彼女(校長)がそう望むなら、彼が彼等(警察)に電話すると答えました。この記事の終わりの結果によって証明される以前の話し合いにおいて、一週間前に、ホワイトちゃんと彼女の母親が出向き、「此処には名前が無い」と言う一言で、違反切符を書けなかった全く同じの巡査部長が、その電話に応答して出動しました。

警察が、その会合においての、ホワイトちゃんと彼女の父親の出席禁止の状況の説明がされた時、彼(巡査部長)は、この会合の間に「法的な名前」は使われるのかを、その校長に尋ねました。彼女は、「いいえ、使われません、」と答えました。ですから、その巡査部長は、はっきりさせ、その会合を観察するために、警察官を残し、そしてもし、彼女(校長)がそうしたら(法的な名前を使ったら)、彼(巡査部長)は業務上、彼女(校長)を逮捕せざるを得ないと返答しました。勿論、典型的な、「貴方はそんな事を出来ない」と言う反応があり、それに彼は、「はい、私は出来ますし、そうします」と答えました。その校長にとって幸運な事に、彼女は心に留め、その会合に出席している「(事情を)知っている」親達によってそうさせようとされても、ホワイトちゃんの法的な名前を決して使わず、そして彼女は結果的に、その会合の数日後に、その学校の学期の終わりと共に退職すると言う、退職届を出しました。待ってください、それはもっと面白く成ります。同じ通りに住んでいて、この親に善く知られた、会合に出席した警察官は、その会合の間にこう述べました;「私が知る限り、彼等が、彼等では無いと否定した、法的な名前に答える様に、誰かを呼ぶ試みをする事は違法行為で、そしてそれは何故、彼女(校長)が「ホワイトちゃんの名前」を言う事が出来ないかの理由です。

この話はさらに奥が深いのですが、ここまでくれば貴方も、私と同じ感覚に捕われ、「トト、私達はもう、カンサスにはいない(オズの魔法使いの中のセリフ)」と感じ、小さな子供による、教室における出席表への、この返答の拒否の結果としての、福祉員の逮捕から、何らかのとても不穏な隠された現実が産み出されます。この全てと、「何故」それが結果的に、起こったかを繋げる共通の糸は、唯一、一つしかありません。尋ねられた時の、ホワイトちゃんの父親自身の言葉において、私は以下を与えられ、ですから私は単純に、何が起こったのかを彼に言わせ、結局の処、其処にいたのは彼であるためです。この記者は、ニュースのプログラムが強く主張するので、2,3の訂正をしただけです。これは2014年6月24日に、彼等が出席した会合(での事)です。

「ですから、私達が学校に向かう途中にカフェの前を通ると、私達はそのカフェの外にその巡査部長を見つけ、そして彼は私達を呼び止めました。そして私達が何処に向かっているかを伝えると、彼は彼の電話番号を私達に与え、「もし私が必要なら、電話し、もし私が出来るなら、私は手助けをします、」と言い、ですから私は礼を言い、そして私達は学校に向かいました。私達は学校へ着くと、校長先生に合いに行き、貴方も解る通り;校長室で彼女等は何かを企んでいました。警察官と福祉員がいたので、私達は唯、彼等に対して笑うと、その警察官はそれを嫌い、ムカついて、「もしその調子を続けるなら、私は貴方を逮捕する、」と言い、その福祉員は、「そして私は貴方の娘を、貴方から取り上げる、」と言いました。ですから私は、「貴方は試みる事は出来ますが、法的な名前無しでは、私達が貴方が誰なのかを知っているので、貴方は何も出来ません!」と答え、そしてそれからその警察官に、「貴方が続ける前に、貴方は貴方の巡査部長と話す必要がありますから、私が貴方のために彼に電話しましょう、」と言いました。ですから、私は彼に電話し、何が起こっているのかを伝えると、彼は、「彼等が何かを企んでいたのは私も知っていました。私は今、外にいるので、直ぐに駆けつけます、」と言い、1分程すると彼は、2人の警察官と供に現れました。彼は、「何が起こっているのか」と尋ねると、その福祉員が、「まあ?」と言うと、その巡査部長は、「私は貴方方の誰とも話していない」と言い、ホワイトに、「何が起こったの?」と尋ねました。ですからホワイトは、その福祉員が言った事を彼に伝えると、その巡査部長は福祉員と一緒にいた警察官に、「子供の誘拐を試みたため、彼女を即刻逮捕しなさい!」と命じたので、彼(警察官)はそう従い、その福祉員は、「こんな事を私には出来ないわ、私の父は裁判官だから、貴方はこれのために貴方の職を失います!」と言い、すると巡査部長は、「貴方のお父さんが、貴方がたった今した事を知ったら、彼は彼自身が我慢出来なく成るでしょう。さあ、彼女を此処から連れ出しなさい、今です!」と言い、そして彼はその学校の校長に。「次は、貴方の番ですよ!」と言いました。私達が外に出ると、彼はホワイトに、「じゃあ、君は、君が誰だか知っているのかね?」と尋ねました。「はい、」と彼女は答え、私はフェニキア人で、私は貴方の言葉と綴りの世界の者では無く、私はフェニキア人で、私達は真実と愛のの者です。」と言いました。すると彼は一礼して、振り返って歩き去りました。家に帰る途中に私はホワイトに、「何であんな事を言ったの?」と尋ねました。「解んないわ、お父さん、唯、口に出て来たの。一緒に公園に行ってもいい?」と彼女は言いました。「いいよ、」と私は答え、私はそれをそのまま放置しました。私は後に、彼女と話さなければならないでしょうが、私は彼女に強要したくはありません。何という1日を、私達は経験したのでしょう。貴方が行っている全てのために、ケイト、貴方に感謝します・・・

「ケイト」に関する言及は、私がこの記事の初めに載せたサイトに直接関係しています。真実が、頻繁に、架空の話しより奇妙に成る世界において、一般大衆の目から、多くが明らかに隠されている処において、現実の架空性が真実であると言うのが、この記者の意見です。本当に起こっている事の殆どが、私達のメインストリームのメディア(マスゴミ)によって決して報道されないのは、全くの謎ではありませんが、奇妙さのためだけであっても、そしてそれが浮き上がらせるとても重要な問いのためにも、この話は広くに分け与えられなければならないと、私は感じました。私のとても強い関心をそそった、この展開している話の更なる調査の間に、私はある事を見つけ、この問題と題材を囲む多くの実際の物事を見つけ、そして勿論、多大に位置をずらされた「大地の自由人/主権者市民」運動を論議する数々の話しを見つけました。これは、私が今迄に出くわしたものとは全く異なり、真実であると証明された事は言うまでも無くです。以前に明言された自由人のグループの全て間は違っていて、彼等のものでさえ無い、法的な名前を使い、彼等が行う全ての主張において、詐欺を行っている事に成る様です。

私達全員に描写された、普通の社会の肌触りの良い表面の下では、何かとても不穏な事が行われている様で、それは今、事実であると証明されました。銀行業と司法システムの全体は、法的な名前と、人々に彼等がその名前であると認めさせる事に基づいていますが、彼等がそうする度に(法的な名前を認める度に)彼等は無意識に詐欺を行っています。証拠ですか?これは、著作権法を最小限見るだけで、簡単に証明出来ます。全ての法的な名前は、王立(企業)の著作権ですから、それらは何か、または何か他のものに帰属します。私は詳しい詳細に入って行く事が出来ますが、そのウェブサイトを訪れ、少々の読書をした上で、ガイアのケイトによる、「バビロンは倒れた」と呼ばれる、全てを説明する一つの記事を見つけましたが、彼女の研究には全く著作権が主張されておらず、そしてむしろ意図的にそうしているのでしょう。もし貴方が、「システム」とその操作人達によって喰らわされているものについてもっと知りたいなら、そのサイトの記事を幾つか読む事を、この記者は強く薦めますが、警告します:貴方が現実だと知っていると思っていた事の全てが変わります。善いニュースは、それが私を更に善い方に変えたと言う事です。さて、失礼ですが、この記者は、この「私達はオズにいるはずだ」の瞬間に関して、更にもっと読み、より多くの情報を分かち合わなければなりません。

私の仕事のために、私は此処に、詐欺的で法的な名前を加えません・・・CPD

サントス・ボナチが主張する詐欺を説明します(追記)
http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-208.html

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

Steve Confronts Lawyer On The Legal Name Fraud (Audio)
スティ-ヴが法的な名前の詐欺について、弁護士に問う(音声)



Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 10 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -