• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

中国は、世界銀行の圧倒性を壊すために、投資銀行を計画する(RT)

China Plans Investment Bank To Break World Bank Dominance
中国は、世界銀行の圧倒性を壊すために、投資銀行を計画する(RT)
http://wealthydebates.com/china-plans-investment-bank-break-world-bank-dominance/


1chinai


中国は、中国版の世界銀行を創造する計画に向かっており、それは米国と西洋の影響力の下にあるの組織(世界銀行)のライバルと成るでしょう。その銀行は、1,000億ドルの資本(準備金)と共に開始されます。

アジア・インフラストラクチャー(インフラ)投資銀行(AIIB)は、中国の金融的な手を延長し、世界銀行と競争するだけでなく、日本によって大々的に圧倒されている、アジア開発銀行とも競争します。1,000億ドルの資本は、元々、提案されていたものの2倍であるとファイナンシャル・タイムズは報告しました

世界銀行のメンバーである中国は、米国、日本、そして英国程、投票の力がありません。それは投票のブロックの第二カテゴリーの中にあり、発言権があまりありません。アジア開発銀行においては、中国は5.5%のシェア(株)しか持たず、比較すると、米国は15.7%で、日本は15.6%のシェアです。

国際金融ファンド(IMF)においては、中国の持ち分は4%で、それに比べ米国は18%で、故にその組織内に強い影響力を持ち、そして何処にローンが行くのかに、強い影響を与えます。

「中国は、世界銀行またはIMFでは何も達成できないと感じ、ですから中国自体が操作出来る、それ自体の世界銀行を設立する事を望みます、」と協議に近い者が語ると、ファイナンシャル・タイムズは引用します。

現時点で、中東の産油国の国々、米国、インド、ヨーロッパ、そして日本さえも含む22か国が、そのプロジェクトに興味を示していると、ファイナンシャル・タイムズは報告しました。

「アジアを渡って多くの関心がありますが、中国は、もし誰も参加しなかったとしても、それを行う、」とファイナンシャル・タイムズの情報源は述べました。

アジア・インフラ投資銀行への資金は、殆どが中国人民共和国の源泉から融資され、インフラ・プロジェクトのための支払いに使われます。

その銀行の最初のプロジェクトは、太古のシルクロードの再生で、中国とその地域的な各隣国との間の貿易ルートのネットワークです。もう一つの提案されているプロジェクトは、北京からバグダッドまでの鉄道です。

その銀行へのアイデアは、2013年10月に、中国が銀行を創造する計画を明かした時に、最初に浮かび上がりました。当時、元々の準備される資本は、500億ドルとされていました。

それとは別に、BRICS各国(ブラジル、ロシア、インド、中国、そして南アフリカ)は、2015年までに、1,000億ドル(の準備金)を持つ、開発銀行を準備する事を計画しています。

その資金は、IMFや世界銀行の様な組織/制度に、頻繁に素通りされる、発展途上国の市場のメンバーのために準備されています。

銀行への準備は、7月14日-16日に、ブラジルで5か国の指導者達が集会した時に最終化される模様です。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 08 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -