• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

132の国家が、カバール(組織)の銀行業システムから抜け出したい

132 Nations Want Out of the Cabal Banking System
132の国家が、カバール(組織)の銀行業システムから抜け出したい
http://nexusilluminati.blogspot.co.uk/2014/06/132-nations-want-out-of-cabal-banking.html


国際市場を操作している秘密のカバールは、増える数の市場が明らかに操作されていると、それら自体を明かすので、益々、謎では無く成ってきています。

陰謀暴露論の「アルミホイルの」帽子と共に調べる事に追いついていない人達のために言うと、ニューヨークの連邦準備銀行はアメリカン・インターナショナル・グループInc.、AIG、ゴールドマン・サックス・グループInc.、メリル・リンチ&Co.、JPモーガン、の様な巨大な保険会社と、ソサエテ・ジェネラルドイツ銀行AG、そしてその他を含む、秘密の世界的経済の中心である事が真実であると、益々、証明されています。

国際市場を操作している秘密のカバールは、増える数の市場が明らかに操作されていると、それら自体を明かすので、益々、謎では無く成ってきています。そのカバールは、Libor金利率、外国為替、そして金銀とプラチナの価格を人工操作する事によって、99%人々を詐欺にかけ、略奪しています。ウォール街の銀行家達は、ハイ・フリクエンシー・トレーディング(HFT/高い頻度の取引)と呼ばれるソフトのプログラムを使い、スーパーコンピューターに株式市場の入って来る注文をモニターさせ、それらの価格への影響の可能性を分析させ、価格への影響の少しの差異を捕えるために、これ等の注文の取引の事前に注文を入れ、それがもし正しい名前で呼ばれるなら「窃盗」です。

HFTのデータは今日の市場の熱狂を説明する助けをします:最も積極的/攻撃的な企業は最大の利益を稼ぎますから、より素早く、より頻繁に取引する動機があります。更に加えて、これらのトレーダー(売買人)達は、あまり積極的/攻撃的では無いハイ・フリクエンシー・トレーダーも含めて、その他の者達の損において、彼等のお金を稼ぎます。それは、投資家等が大物達と競争出来ると考え、企業の本物の価値を見定めようとしている株主達への、最も新しい、最大の詐欺です。

たった数週間前に、132の国家が、私達全員が踊らされて来た、「秘密」のお金のジグ(テンポ)はもうこりごりだと決定しました。歴史上における発展途上国の連合の最大の一つが、可能な限り早く、銀行業サービスの別の選択肢を供給する様に、国連議長のバン・キー・ムーンに強く訴えました。中国を含む132か国は、怪しいお金の策略にもううんざりです。

これは、これらのUS外交官達の国連使命における銀行口座の大量閉鎖のすぐ後ろに来ます。「国連書記局(執行部)は、JPモーガン・チェース銀行との金融的な関係を見直し、その様な金融企業への別の選択肢を考慮し、リクエストされた情報と共に沿って、その上で報告して欲しい」と、G77の国々は国連議長に強く要請しました。

JPモーガンは、その他の「大銀行達」と共に、何百何十億ドルの私達の税金のお金から利益する、カバールの左腕です。彼等はシティ銀行と共に、彼等の銀現物の価値を500%釣り上げるために、銀の空売りを仕掛けました。それらはまた、チェースと共に、バーニー・マードフのネズミ講詐欺を防げなかった「大銀行達」です。何故防ぐでしょう?彼(マードフ)は、彼等(大銀行達)の執行部と、同じ穴の狢だからです。


JPモーガン・チェース&C
oの代表取締役ジェイミー・ダイモンは、数年前にUS司法省にお願いし泣き言を言いましたが、検察官達が、どれだけ本当にこの銀行業システムが腐敗しているか理解できなかったので、政府による、彼の銀行への犯罪捜査を止めさせるように政府を説得出来ませんでした。

これ等の様な銀行達は、私達の経済をクラッシュさせる手助けをし、そしてそうする事でそれらが利益出来るので、それらは今、同じ事をしようとしています。

世界中の国々にとっての問題は単純です:チェイス銀行は現在、国連とその下部組織によって保たれている口座の何十億ドルもを扱っていて、何処でか想像してみて下さい - ニューヨーク市です。

JPモーガン・チェイスを含む、カバールの操り人形として知られる、幾つかのその他の銀行業企業によって決められた、発展途上国の銀行口座を閉鎖すると言う決定に、各国は「深い心配」を表現しています。提案された解決策は、まだ変更の対象ですが、1947年のUSと国連の間の同意を引用し、それは:

「国連条約と国際法の下、国連におけるメンバー国家の、権利、義務、そして責任の達成を保障し・・・」

それはまた、国家と国際組織の規定的な枠組みとして、特に国連とニューヨーク市の間の協力関係として外交行関係における1961年のウイーン協定を指摘します。

各国は、「国連とそのスタッフに与えられた永続的な使命を確かにする全ての必要な対策が、その銀行業システムによって、平等で、公正で、非差別的に扱われる様に」利用する方法としてG77を設立しました。

先月秘密裡に行われたG77の会議において、これ等の国々の代表者達は次々と、外交官コミュニティーから、銀行業サービスを打ち切ったアメリカの銀行業システム、特にJPモーガン・チェイス(前ケミカル銀行)を非難しました。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 11 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -