• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

イスラエル・ロビーはどう機能するのか(プレスTV)

How the Israel Lobby works
イスラエル・ロビーはどう機能するのか(プレスTV)
http://www.presstv.ir/detail/2014/06/08/366097/how-the-israel-lobby-works/


1_AIPAC


イスラエル・ロビーを構成する主要な組織は良く知られています:アメリカのイスラエル公共状況委員会(AIPAC/エイパック)、反中傷誹謗リーグ(ADL)、アメリカのユダヤ人委員会(AJC)、主要なユダヤ人組織の会長達とイスラエルのために統合されたキリスト教徒の集会(CUFI)です。全ては良く知られていて、大きな予算と従業員から利益しています。彼等は極度に効果的で、彼等の見解を推進するために、政治家達とマスゴミに素晴らしいアクセスを有していて、そして彼等は団体として、定期的にホワイト・ハウスを訪れます。エイパックは、疑う余地無しに、米国における最強のロビーで、外交政策問題に集中します。

その組織的なイスラエル応援者達は、順を追って、情け容赦なく(イスラエルの)親リクッド党の意見を生み出すシンク・タンクと組織の塊に後押しされています。それらに含まれるのは、民主主義の防衛(攻撃)のための土台、イスラエルのための緊急委員会、アメリカの実業インスティチュート、ハドソン・インスティチュート、ブルッキングス、そして中近東政策のためのワシントン・インスティチュートです。国家的関心(元ニクソン・センター)の最近の社説、「何故、イスラエルは原子力イランの幽閉を恐れるのか」は、政府に繋がりのある2人のイスラエル人によって書かれ、テル・アヴィヴのための代弁者が、彼等の見解を述べるために政治的なスペクトルを渡りマスゴミにアクセスする事が可能な間、反対的な見解は殆ど表面化しない事を描写しています。例えば、イスラエルについてのイラン人の見解の類似した記事が現れるのを想像するのは難しく、現在または元外国の役人に発言の土台(マスゴミ)を供給する事によって、誰の「国家的関心」が昇進させられているかを、人は問うべきかも知れません。

そしてシンク・タンクを後ろ盾しているのは、イスラエルに批判的な話を隠蔽し、常にテル・アヴィヴに好意的な政策をサポートする社説を掲載するマスゴミの手先です。イスラエル大使は、ユニークな事に、定期的にワシントン・ポスト紙やニューヨーク・タイムズ紙の様な出版物に社説を書きます。一貫的に親イスラエルのマスゴミの中で顕著なのは、ワシントン・ポスト紙、ウォール・ストリート・ジャーナル、ルーパード・マードック出版の全般、そしてモーティマー・ザッカーマンに所有されたUSニュースとワールド・レポートですが、殆ど全てのメインストリームのマスゴミの会社は、ある程度、イスラエルとその支持者達に侮辱的と取られる事を危惧していると言うのはフェアでしょう。

ですがジョン・ミアシェイマー教授とスティ―ヴン・ウァルトが彼等の前例の無いイスラエル・ロビーの暴露本に記述した様に、ロビーの努力は組織的なレベルを超えた領域に延長し、それらに含まれるのは、州や地方と同時に大学や職業別組織のレベルで、イスラエルについて肯定的な見解を保ち、その増え続ける批判者達については否定的なナレートを推進する、せっせと自主的に努力するイスラエルの友人達です。極最近に、彼等はBDS、「ボイコット、支援撤収、そして制裁運動」の成長を妨げようと集中し、特にそれがイスラエルを名指しする際に「ロウフェア」を使いその様な運動を違法化しようと試みます。

イスラエルの友人達は、米国をイスラエルに友好的に保つために、議会は彼等の主要な連合であるととても正しく理解し、その親密性はその昔、パット・ブキャナンが、アメリカの立法府はイスラエルに占領されたテリトリーだと比喩した程です。ですから、イスラエルに好意的な法案が、全員一致で可決されたり、もし多数決が実際に取られるなら、圧倒的大多数で可決されます。ホワイト・ハウスもまた、イスラエルが米国の主要な連合で、友人であるという上辺を保ち、それはテル・アヴィヴが一貫的にワシントンをスパイしていると積み重ね続ける証拠と、イスラエルにはパレスチナ人達との和平行程にはさらさら興味が無く、アメリカの関心に反していると言う事実にも拘わらずです。

私は最近、ヴァージニアの地方議会の選挙に関連した手渡しのメモを入手し、それが描写していたのは、政治参入段階においてそれがどう機能するかでした。ジム・モーラン議員は、ヴァージニア州のアレクサンドリアを囲む、過度に民主党ひいきの地区において再当選を求めないと公表しました。モーランは、2003年の反戦争集会において出席者達に、「もしイラクとのこの戦争に、ユダヤ人コミュニティーの強いサポートが無ければ、私達はこれを行ってはいないでしょう」と伝えた事によって、親イスラエルのエスタブリッシュメントの反感を買いました。彼はユダヤ人の指導者達は米国の政策を変更させるのに「十分に影響的だ」と加えました。モーランは必然的にこれらの発言について謝罪しましたが、ダメージは既に成されていて、それは大ワシントンのユダヤ・コミュニティー関係委員会のディレクター、デビー・リニックの引用を含む手渡しのメモにも反映されていて、その引用はモーランが「和平行程を理解するニュアンスに欠けていて、第8地区からの次の代表がイスラエルの強い支持者である事は重大だ」と強調しました。

その手渡しのメモは、5月18日にアレクサンドリアの役所の早期の幼児期の学習センターで行われる、第8地区のためのユダヤ人コミュニティ―関係委員会の政治的集会を表しました。第8地区の全ての立候補者達は、出席者達が興味を持つ様々な問題に関しての、彼等の意見を述べる様に参加するために招待されました。その集会への出席は、支払われたチケットを通してのみで、恐らくは観客の構成を操作するためのスクリーニングを許すためです。その手渡しメモは再びリニックを引用し「その地区の全てのシナゴーグ(寺院)は参加する様に求められる」と明言し、それはもしそれらが投票する地域から外れていてもでした。

そのメモは、誰かが、その集会において全ての候補者が、彼または彼女のイスラエルへの立ち位置の署名された書類を公表する事を提案し、役職のために全ての立候補者達が個人的に署名する事を、エイパックは「必要条件」とします。それはまた、書類とノートが公表される事を要求するサインを、外の路上に置く事を提案し、もし抗議者がいるなら、個人的な所有地の裏にある入り口をブロックする事を許させないと提案します。

北ヴァージニアの委員会は通常以上に政治的に活発で、殆どの地方議会的地域において類を見ないかもしれませんが、その手渡しのメモは、候補者達がノミネートされる以前から、エイパックがどれ程候補者達に影響的なのかを表しています。一度ノミネートされると、候補者達は審査行程に入り、もし彼等が既にそうしていないなら、エイパックの代表と面会し、イスラエルへの立ち位置の書類に署名する事を求められます。その書類の多くは、その後エイパックのウェブサイトでハイライトされます。

協力を拒む候補者が殆どいないのは、拒む事が意味するのは、エイパックとその友人達が、対立候補者を見つけ、資金援助し、その(拒んだ)政治家の履歴をゆがめるために、彼等のマスゴミへのアクセスをフル活用する事だからです。この種の脅迫は、ノース・キャロライナの議員、ウォルター・ジョーンズの件で極最近起こり、彼が、悪意ある、そして良く資金援助されたキャンペーンの対象だったのは、彼が反戦争の候補者で、親イスラエルのエスタブリッシュメントに強く反対されたからです。

確かにアメリカ人達には、役職へ立候補している人達の見解を知る事を要求し、挑戦する、憲法的な権利はありますが、注意する事が重要なのは、その論議が健康保障、移民、または政府の政策についてでは無く - それが外国の国の政策のための無条件のサポートであると言う事です。米国にとって利益的では無いと証明出来る立ち位置を推進する事において、イスラエル・ロビーと比べられる指示グループを米国内において、私は思いつく事は出来ませんが、例外があるとすれば、ハバナの政権を罰する事を続ける事への、候補者の意欲を審査する議会の主要なキューバ人達でしょう。キューバ人達は、しかしながら、イスラエル第一主義者達とは異なり、そのインパクトは地方的に限り、主にフロリダ州に集中していますが、興味深い事に彼等 - テッド・クルツ、マルコ・ルービオ、イリーナ・ロス・Lehtinen、マリオ・ディアズ・バラート、ジョー・ガルシア、そしてロバート・メネンデスはまた - 全て情熱的なイスラエル支持者達です。

エイパックに協力する事を拒んで立候補している人は殆どいないので、議会とイスラエルに関して、アメリカ人達には本当の選択肢は殆どありませんが、ロビーの見解に同意する事を確かにするために、立候補者達にルーティ―ン的に何が起こるのかを、少なくとも幾らかは気付いておくべきです。もし外国への無条件の忠誠が、議会への当選のための必要条件なら、それが何を意味するかの何らかの議論があるべきで、その様な政策の推進者達は、イラクで起こり、イランでも起こると約束する様な、悪い結果が起こった時に責任を取るべきです。文化的または親近感的類似性のため、もしくは抽象的にさえ、イスラエル支持になるのは一つの事で、それが米国に害する時にその見解を保つのは全く異なる事で、それに関しては立件が、確かに、そして既になされました。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 11 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -