• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

多くの米国のユダヤ人達は、もうイスラエルを応援しない(プレスTV)

Many US Jews no longer back Israel
多くの米国のユダヤ人達は、もうイスラエルを応援しない(プレスTV)
http://www.presstv.ir/detail/2014/06/09/366204/many-us-jews-no-longer-back-israel/


1_jews

ユダヤ主義/文化はシオニズムと「イスラエル国家」を拒否する
トーラ(旧約聖書の最初の5冊)は要求する:全てのパレスチナは、パレスチナ人の主権に返還されるべき


多くのユダヤ系アメリカ人達は、占領されたパレスチナ領土における、イスラエルの政策を、もうサポートしないと、報告は述べます。

「イスラエルは今、米国のユダヤ・コミュニテイーを激しく引き裂いている」と、レイチェル・ゾールは共同通信のウェブサイトに記述しました。

「ユダヤ系アメリカ人の内輪もめは悪化し、米国において、多くのイスラエル支持者達は包囲されている様に感じ始めました。そのパレスチナ人の扱いのための、イスラエルに対するボイコット運動は、米国において幾らかの推進力を得て、そして批判者達は、イスラエルの政策と南アフリカのアパルトヘイト(人種差別政策)との間の類推を益々活用しています、」とゾールは記述しました。

そのニューヨークをベースにした記者は、米国のユダヤ人達の中の裂け目の根本は、1967年の6日間戦争後の、占領された領土における入植活動にあると信じます。

去年行われたピュー・リサーチ・センターによる統計に言及しながら、アメリカのユダヤ人の3分の2以上が「イスラエルに何らかの親近感を感じています」と彼女は記述しました。しかしながら、「イスラエル政権が、パレスチナ人達との和平を、心から望んでいる」と信じる人はたった38%で、44%は入植地における建造に反対で、その政策がイスラエルの安全を脅かしているの述べたと、彼女は加えました。

その記事によると、多くのユダヤ人の指導者達は、ユダヤ人達の中の亀裂は、イスラエルのための米国のサポートを害すると恐れています。彼等はまた、その違いが、「親イスラエルに成るのは何を意味するのかの、より広い定義を求めている、より若いユダヤ系アメリカ人達を離れさせている」と恐れます。

ゾールはまた、多くのユダヤ系アメリカ人達は、近年、「組織化された宗教的生活から離れた」と言う事実も記述しました。「ユダヤ人はより高い率で、信仰の外で結婚しており、そして彼等の家族は、一般的にユダヤ・コミュニティーに関わっておらず、そしてイスラエルとの絆もあまり持ちません。」

「私達は今、イスラエルについて深く心配/関心する人々と、イスラエルについてあまり気にしない人々を有します」と、アメリカのユダヤ・コミュニティーの調査を専門とする、ヘブライ・ユニオン大学の宗教のユダヤ・インスティチュートの教授、スティーヴン M. コーヘンは述べました。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30