♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

謎は深まる:実質的に誰しもが「5月に売った」とゴールドマンが見つけた(ゼロ・ヘッジ)

The Mystery Grows: Goldman Finds That Virtually Everyone "Sold In May"
謎は深まる:実質的に誰しもが「5月に売った」とゴールドマンが見つけた(ゼロ・ヘッジ)
http://www.zerohedge.com/news/2014-06-08/sell-may-they-said-and-so-they-did-goldman-finds


終わり無く上昇する市場の大いなる謎は、誰しもを困惑させ、それはゴールドマン・サックスさえもです。5月に売れのマントラとは裏腹に、5月の間(そして6月に入っても)上昇し続ける市場の、市場のカバーの下を覗くと、殆どの投資家グループは、1年のこの時期に定説通りにして:売り抜けた!事をゴールドマンは見つけました。

ゴールドマンのデーヴィッド・コスティンからです:

S&P500が史上最高値なのに利回りが2.6%まで下落したUS10年国債の謎が、多くの投資家達を困惑させる間、最近のデータはそれらが同じ方向へフロー(流れ)を動かした事を暗示しています。ミューチュアル(共通)ファンド、先物、そしてETFのデータは、先月(5月)の間の株式から債券(国債)へのシフト(動き)を現しています。年金ファンドもまた、第1四半期に株式を売り、債券を買いました。株式市場のパフォーマンス(上下移行)は、現在の高い評価(高値)から見ると、沈黙させられた返還(殆ど儲けの無い)概要によって差引勘定される親リスクの立ち位置をサポートしています。

USの株価の流れは、4月30日後以来の、合計100億ドルの、共通(ミューチュアル)ファンドのUS株式からの流出と共に弱められました。その流出は、株式収入ファンド以外の、広く基づいた全ての分類(分野)が影響されました。儲けのための好みは、課税可能な債券への強い継続的な流れと同時に、高い配当金の儲けを産む株式による、より優れたパフォーマンス(上昇)によって現れています。小規模のキャップ(上限)のファンドは、ラッセル2000がS&P500に625bp YTD(5.9%vs.-0.3%)劣るのと一致した最大の流出を経験しました。

フロー(流れ)はまた、債券と国際(外国)株式ファンドの両方が流入を受け続けるので、比較的に、より弱かったです。過去5週間に、120億ドルが、ICIの国内株式ファンドから引き出されました。その間、70億ドルが国際株式へと移され、110億ドルが課税可能な債券ファンドへと移されました。ハイブリッドと共通(ミューチュアル)のファンドの両方にまた、流入がありました。リッパ-・ファンドの流れのデータは、同様ですが、あまりはっきりとしていない傾向を示し、5月に国内ファンドからの80億ドルの流出があり、その内の70億ドルは小規模のキャップのファンドでした。

ファンドの流れのコンビネーションは、私達のローテーション指数を、去年の6月以来、最低のレベルへ押し下げました。
最近の流れは株式配置のまあまあの好みを暗示しますが、去年の間、または以前のブル市場に比べられると、リスクへの意欲はあまり見せていません。その指数は、マネー市場、債券、株式ファンドを渡った、彼等の共通ファンドの配置の基本線に比べられた、彼等のファンドの流れのミックスに基づいた、小売り投資家のリスクへの意欲を推測します。小売業者の口座のバランスのマージン(余白)はまた、とても高いレベルから緩み、小売りリスクへのより少ない寛容を示唆しています。

組織的投資家(企業/プロ)はまた、US株式への露出(保有)を減らしています。
組織的な、そしてリーヴァ―(テコ)されたファンドの総合(ネット)の株式先物の位置は、4月初めの920億ドルから、5月の終わりの680億ドルに減少しました。その移行は、テコされたファンドの総合的な短期の露出における大きな成長によって原因されました。総合的な先物への感情は、平均以下ですが、先月のとても低い数字からは跳ね上がりました。広くベースされた(基づけられた)短期のETFの露出(保有)はまた、主要な指数に渡り上昇し続けています。

年金ファンドもまた今年に入って、株式を売却し、債券(国債)を購買してきましたが、そのペースは私達の予測を超えました。昨日公表された連邦準備銀のファンドの流れ報告は、年金ファンドが第1四半期の間に、株式を420億ドル(年間にすると1680億ドル)売ったと表しました。その流出は既に、私達の元々の2014年の年度の予想、250億ドルの7倍です。一般では無く、個人的な年金ファンドが、株式売却において圧倒的です。資産は短期債券(国債)に移行しました。


私達が監視しているチャート:マネー(の流れ)に続け
1follow the money_0


そして、ですが:

位置(投資傾向)の変化は、出来事またはリスクの高まりによって推進されたものでは無く、代わりに、強い評価の広がり(楽観視)の後の疲労を反映したもののようです。VIXは先週12以下に成り(1990年以来5番目の百分位数で)、5月に実現化された揮発性(volatility/上下)はたった8,2%だった間、1か月の歪み(skew)は過去10年間、その平均レベルなので、オプション(選択肢)市場はより高い出来事のリスクを示唆していません。平均のVIX制度/体制が3年以上続くので、低い揮発性が続くかもしれません。

2014年終わりの目標を1900に定め、そしてその2015年6月のS&P500価格の目標に定めた1950が金曜日に達成された企業の結論は何でしょう?

株価レベルにおけるパフォーマンス(上下)は高いリスクの寛容性と一貫的ですが、現在の高い評価(株高)は制限された上限を示唆しています。資本(投機)へのより低い返還(儲け)の企業、高い現実化した揮発性(上下)、そしてより弱いバランス・シートは全て、今年に入って約200bp(ベース・ポインツ?)程、同僚達を上回っています。しかしながら、高い配当金の儲けの株式が上回っているのは、控えめな上限と低い金利が、総合的な返還(儲け)の知覚から配当金を支払う株式を魅力的にしているからです。

では、何が起こっているのでしょう?単純です:一つの巨大で、継続的な、容赦ないショート/短期の絞り出しです:
21_short_0.jpg

2EOD5_0



最後に、ゼロ・ヘッジが明かした様に、誰しもが売り(またはショート/短期)に出ているのに、コストまたは価値に関わり無く買っているのは以下の人です(政府/日銀)

3Stock Buybacks quarterly_0


勿論、中央的(中銀)に計画された市場において、事実も、ニュースも、出来事も、その他の事も関係なく、唯のBTFATHです。(Buy The Fu*king All Time High/最高値でF買え)
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 04 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -