• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

シオニスト達対退役軍人達:アメリカの悲劇(プレスTV)

Zionists vs. veterans: American tragedy
シオニスト達対退役軍人達:アメリカの悲劇(プレスTV)
http://www.presstv.ir/detail/2014/06/06/365749/zionists-vs-veterans-american-tragedy/


1_Obama-Netanhayu


シオニスト達は何故、米国退役軍人達を嫌うのでしょう?これは、解放された戦争捕虜、ボウ・バーグダル軍曹の、イスラエル・ロビーのマスゴミによる大バッシングを目撃した後、多くのアメリカ人達が尋ねている問いです。

2001年以来、その主要に得をする者が、イスラエル政権である聖戦において、アメリカ人の兵士達は、彼等の生命を危険にさらしてきました。イラクにおいては、5,000人近くの米国兵達が殺され - その内の4,500人近くが、ブッシュが「作戦達成」を宣言した後に殺されました。更に、4,000人の米国兵士達と民間契約兵達が、アフガニスタンにおいて死にました。VA(退役軍人アソシエーション?)の精神健康科の主任、イラ・キャッツ博士によると、推定320,000人の退役軍人達が脳/精神障害を持ち、そして毎日、約18人が自殺しています。

ですがユダヤ・デイリー・フォワード紙が認める様に、アメリカの「対テロ戦争」の犠牲者の内、ユダヤ系アメリカ人はたったの0.64%です。それが意味するのは、イスラエルのためにシオニストによって推進されたイスラムに対する戦争において、血を流し、苦しみ、そしてって死んで行っている者達の中に、アメリカの人口において2.5%を表すシオニスト・ロビーのシオニスト達は、殆ど含まれていないと言う事です。

その間、過激なネオ・コンのユダヤ人のシオニスト達は、9.11の「新真珠湾攻撃」を設定し、世界のムスリム(イスラム教徒)の人口に、アメリカの終わりなき無駄な戦争を開始させたPNAC政策のエリート達の中で、膨大に大きな比率を占めています。そして彼等は、大メディアの所有者達と彼等の買い犬であるマスゴミの御用学者達の中で、同様に大きな比率を占めています。

人は、ネオ・コン・シオニストのメディアの声が、彼(本人)のではなく、彼等の目的のために苦しみ自己犠牲した、善い心のゴイ(家畜)である、バーグダル軍曹に、敬意と感謝を表すと考えるでしょう。代わりに、彼等(マスゴミ)は彼(軍曹)に虐待を浴びせています。

ネタニエフのネオ・コン気違い軍団の非公式な声であるフォックス・ニュースは、最近、叫ぶような見出し:「特報:バーグダルは、拘束されていた中でジハッド(聖戦)を宣言したと、秘密の書類が証明する」と公表しました。その記事の著者は、ユダヤ人シオニスト・ネオ・コンの扇動者、ジェームズ・ローゼンです。その源泉は証明された嘘つき:CIAの麻薬密輸人で、有罪判決を受けた偽証者のドゥエイン・「デューイー」・クラリッジで、ブッシュ犯罪一族の悪名高い飼い犬です。そして - バーグダルが「ジハッドを宣言した」という - そのテーゼは、馬鹿らしいです(ジハッドを宣言出来るのは、国家の合法的なイスラム教の指導者だけです)。

アメリカ人の精神をイスラエルのステルスなビーム兵器(電波)で標的にする - フォックスは - バーグダル軍曹の親族を非難し始めた時に、より不快な外道へと身を落としました。狂犬的なシオニストの「ニュース・チャンネル」は、バーグダル軍曹の両親をホワイト・ハウスにおいて抱擁したために、オバマを非難し、そしてバーグダル軍曹の父親は、髭を伸ばしていたために、「タリバンのメンバーの様に見える」と誹謗中傷されました。

コメディアンのジョン・ステュアート(ユダヤ系)はこう反論しました:「父親が、その息子を取り戻す助けに成ると考えてした事を見下すとは、お前は一体何処のFU*K(誰)なんだ?そして私はお前の髭に対する憎しみを複雑化させたくはないが、友人よ、私が推測するに、お前がボブ・バーグダルに、バンダナとアヒルを与えれば、お前は全くFU*KING問題なく彼を好きに成るだろう。」

フォックスのオーウェル的憎しみ劇場の背後にいるイスラム嫌い/怖がりの過激派達は、バーグダル軍曹が「軍役逃亡者」で「敵の協力者」であると泡を吹いて言っています。何故でしょう?何故ならバーグダル軍曹が、アメリカ人の大多数の様に、9.11戦争が嘘に基づいて開始され・・・そして最大の嘘つきはフォックス・ニュースと、ネオ・コンに感染させられたその他のマスゴミ・メディアだと、知っているからです。

軍役逃亡者で、敵の協力者で、そして国家反逆者なのは、フォックス・ニュースとシオニスト・ネオ・コンの「強力な扇動者」全体です。9.11の大嘘をホラ吹く事と、そして終わる事の無いイスラム嫌いの小さな嘘を吐き散らす事によって、彼等はUSAから逃亡し、イスラエルの最悪の要素と共謀しました。彼等はアメリカ憲法の破壊において敵と共謀しました。2006年7月10日の彼の番組において私がショーン・ハニティーに伝えた様に、フォックスは放映を止めさせられるべきです。彼とその他のフォックスの国家反逆者達は、(軍法)裁判にかけられ、有罪判決を出され、そして壁の前に並ばされるべきだと、私は加えるべきでした。

考え直してみると、人道的な処刑は、9.11の国家反逆罪のマスゴミのしゃべる口であるハニティーのためには紳士的過ぎる運命かも知れません。彼の最新の酷い仕打ち:6月3日にハニティーは、バーグダル軍曹の友人を彼の番組に招待し、バーグダルに国家反逆者のレッテルを貼ろうとするハニティーの汚い試みに抵抗したために、その人を残虐にいじめました。

ハニティーの、バーグダルの友人への不快な攻撃の前日、フォックスはオバマの捕虜交換へのその攻撃を強化させるために、議会における最も熱狂的なシオニストの一人であるジョン・マケイン上院議員を登場させました。マケインの父、ジョン S. マケイン海軍将は、1967年のUSSリバティーで失敗したフォルス・フラッグ(偽旗)攻撃における、イスラエルによるアメリカ人水兵達の虐殺の隠蔽を指揮しました。生き残ったUSSリバティーの水兵達は、非武装だったアメリカの偵察船の乗組員の、イスラエルによる意図的な惨殺について、もし彼等が語れば、彼等の家族が殺害されると、口止めされました。これらの脅迫の背後にいた男が、国家反逆的なマケイン海軍将でした。

ジョン・マケイン上院議員は、国家反逆的な父の足跡に続きました。ヴェトナムにおいて撃墜され、彼の拘束者である北ヴェトナム人達とのマケインの熱烈な協力は、「ハノイの唄鳥」と言うあだ名を彼に与えました。彼の開放の後、マケインは政治的キャリアを開始し、その際立つ特徴は、イスラエルの国旗と、その背後にいるシオニスト犯罪組織への奉仕です。マケインは、真実運動を攻撃するポピュラー・メカニクスの本を紹介し、後押しする事によって、9.11の内部工作を隠蔽し - その行動自体だけでも、彼は国家反逆罪で吊るされるべきです。マケイン上院議員の9.11後の大好きなサビは、ビーチ・ボーイズのカラオケの曲の「ボム(爆撃)-ボム-ボム、ボム-ボム、イラン」です。

反バーグダルな魔女狩り的フォックス・ニュースとの彼のインタヴューの中で、捕虜交換の後ろ盾をしたと報告される総合参謀本部主任、マーティン・デンプシー将軍を、マケインは支離滅裂に攻撃しました:「私はデンプシー将軍についてはコメントしません。その要点は - 何故なら私 - 彼は私にとって、そして国家安全について語る事のシナリオの全体にとって、関係なく成ったからです。」

此処で私達は正直に成りましょう。マケインがデンプシー将軍を嫌うのは、何故ならデンプシーが親アメリカで、その間マケインはイスラエルの手先だからです。マケインとAIPACのご主人様達は、アメリカを中東の火薬庫へとより深く沈めようと必死にロビーしていて、デンプシーは静かにも効果的にそれらの努力をブロックしてきました。マケインと彼のシオニストのゴッド・ファーザー、シェルドン・アデルソンは「ボム-ボム イラン」をしたいのですが、その間、デンプシーは、イスラエルのためにUSが戦争する時代は終わったと述べます。

関係なくなってきているのは - デンプシー将軍では無く - マケインとイスラエルのための空論的な戦士達であるネオ・コン一派です。

オバマとデンプシーは、バーグダル軍曹とマケインを交換するべきでした。そして彼等は、ハニティーとフォックス・ニュースからの数十人のチキンなタカ派もまとめて投げ入れるべきでした。アフガニスタン東部のタリバンの収容所での5年間は、これらの馬鹿達に、外国の権力に奉仕する事における、民族殺戮の扇動者としての彼等の役割を考え直す時間を与えるでしょう。

アメリカの退役軍人達は、9.11戦争のシオニストの計画者達に、彼等がどれだけ酷く悪用されたかに、徐々に気づき始めています。彼等は、フォックス・ニュースのプロパガンダの有害なスモッグを見透かし始めています。彼等の益々多くが、アメリカにおいて最も読まれている出版である退役軍人トゥデイ.comの様なオルタナティヴなメディアに目を向けていて、それはイスラエル・ロビーの、虚偽で、極めて有害な、ムスリム世界に対する聖戦の批判において、手を抜きません。

この増え続けている怒り心頭の退役軍人達にとって、ボウ・バーグダル軍曹は、アメリカの歴代最高の軍事指揮官である、スメドリー・バトラー将軍の様な英雄です。マイケルリヴィエロが言う様に「全ての戦争は銀行家達の戦争である」と言う事実を、バトラーの著書全ての戦争はラケットは、戦争が計画的な組織犯罪であると暴露しました。バーグダル軍曹は、バトラー将軍の様に、銀行家達とシオニスト達の、嘘つきの戦争と国家転覆を拒否しました。パット・ティルマンの様に、バーグダルは犯罪的戦争を拒否し、そしてその代償を払いました。今、ティルマンを暗殺した同じ勢力が、バーグダルの人格を暗殺しようと試みています。

マスゴミによるバーグダルのリンチは止まらなければなりません。そしてもし、ルーパード・マードックと彼の民族殺戮的な扇動者達がもうすぐ起訴されないなら、アメリカの愛国的な、真実を愛する退役軍人達が、フォックス・ニュースの本部に行進する事を決め、「メディア・リンチ」と言うフレーズに新たな文字通りの意味を与えるかも知れません。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 05 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -