• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

マスゴミにおけるシオニストの影響力

マスゴミにおけるシオニストの影響力
(私達のより良い判断に反して:第15章)
http://www.dcdave.com/article5/140517.htm


歴史家、リチャード・スティーヴンスが記述する様に、シオニスト達は早くから、アメリカの政治的システムの原則的本質を利用(悪用)する事を学びました:世論とその圧力の力を通して政策は造られそして壊されます。有料であれ無料であれ、マスゴミにおける影響力を確かにする事は、彼等の成功の鍵の構成要素でした。

早くから、シオニストの話術は、その地域(中東)のニュース報道を大々的に圧倒しました。4大新聞の1917年の報道の研究は、社説の意見が殆ど統一的にシオニストの立場に好意的であった事を表しました。著者、キャサリン・クリスティソンはこう記述します、「社説とニュースの記事は同様に、ユダヤ的事業/冒険を賞賛し、ユダヤのパレスチナへの入植を「栄光的ニュース」と報道(プロパガンダ)しました。」その他の研究も1920年代の同じ状況を表しました。クリスティソンは書きます:

「比較的に重度な報道のカバーは、この早い時期でさえにもおけるシオニストの影響力の強さを示唆しています。ある学者は、1920年代中期、ニューヨーク・タイムズ紙の全ての記事の約半分は、報道のエージェント(媒体)によって載せられ、USのシオニスト組織はシオニズムのパレスチナでの事業/冒険についての記事の多くを載せた事を示すと、明言します。」

国務省が、パレスチナ人の難民達を戻らせるよう、イスラエルを説得しようと試みていたある時点で、国務長官、ジョージ・マーシャルはこう記述しました:

「もしイスラエルの指導者達が、この悲劇的問題の冷淡な扱いが、世界の世論によって気付かれずに通り過ぎると考えるなら、かれらは多大な計算ミスをした事に成るでしょう。」

マーシャルは、アメリカ人達に届く、パレスチナの難民達の情報を最小限化するシオニスト達の能力を過小評価しました。1949年3月の国務省の調査は、「パレスチナ難民問題が報道またはラジオで大々的に扱われなかったので、」アメリカの大衆は「その問題に気付いていなかった」と発見しました。

著者、アルフレッド・リリエンタルは1953年にこう説明しました:

「ユダヤの国家主義によるアメリカの報道の掌握は、実際に、驚かされるほど完全でした。雑誌は新聞と同様に、ニュースの記事から社説のコラムまで、(パレスチナ)分割の以前、最中、そしてその後まで、主にその出来事のシオニストの見解を与えました。

スタンダード・イーヴニング・ポスト紙がミルトン・メイヤーによる、ユダヤの国家主義を批評する記事(そしてその反対の見解を与えるその他2つの記事)を出版した時、シオニスト達は、恐らくポスト紙の長い歴史においても最悪の攻撃を組織しました。

シオニスト達はその雑誌を痛烈な手紙で氾濫させ、彼等の予約購買をキャンセルし、そして彼等の広告を止めました。ポスト紙はそのレッスンから学び、後に再びその様な攻撃に対してさらさせるであろう記事を、その編集長が、拒否された記事が「良くそして雄弁な記事」と認めていたにも拘らず、その記事を載せる事を拒みました(i.e.自主規制)。

これは被害者化されたユダヤ人達のための同情の、シオニスト達による悪用のキャンペーンの典型で、そしてこれが十分にパレスチナについての報告を歪めなければ、金融的圧力が使われました。リリエンタルはこう記述します:

「もし自主的な追従が十分に「理解的」でなければ、常にユダヤの広告と流通量の問題があります。ユダヤの広告代理からの経済的逆襲の脅しは、協力しない編集長達への致命的な「反セム主義」のレッテル貼りと融合させられ、最も完全なマスゴミの協力を確かにしました。

(パレスチナ)分割が国連評決された瞬間から、「何十年も残る考え方の枠組みを造るにおいて、マスゴミは不可欠な役割を果たした」と著者、クリスティソンは記録します。1948年5月の、予定されたユダヤ国家の始まりの直前に、US、英国、そしてオーストラリアの記者達が、パレスチナに集ったと彼女は記述します。

「実質的に、全ての報告はユダヤの見解のものでした、」とクリスティソンは報告します。ネーションリパブリックのジャーナルの両方が、ある学者がユダヤへの「大袈裟な感情的入れ込み」と呼ぶものを見せました。両者に載せられた記事にアラブ人達に同情的なものは一つも無く、そして幾人かの記者達はユダヤの入植者達と共に住み、そして時には共に戦ったけれど、アラブ地区に配置された記者は一人もいませんでした。

書店は、熱狂的なマスゴミの論評を寄せられたシオニストの見解を支持する本で溢れ返りました。対照的に、異なった見解を供給する事を思い切った極少数の本は、それらが論評された時は、批判的な論評が与えられました。

イエール神学校の著名な学者で考古学者のミラー・バローズ教授がパレスチナは私達に関係があるを書いた時、アメリカのシオニスト委員会は、彼の本は「反セム的著作」であるとレッテルを張る出版物を配りました。

実際に、バローズ教授の履歴は正反対を見せました。彼は反セム主義と闘う国家委員会の創始者であり副会長で、そして長きに渡ってニュー・ヘイヴンでの宗教間運動で活動的でした。

彼の本の中でバローズはこう書きました、「パレスチナの土着の人々に酷い過ちが成されました。何が起こったかの責任は、私達も含めて、全ての関係者達の中で分かち合われなければなりません。私達自身の関心が、アメリカ人とキリスト教徒の両方として、危険にさらされています。ユダヤの人々の関心もまた苦しめられました。そして私達は今でもそれについて何か出来るはずです。」

バローズはこう強調しました:「これは多くの何十万人の生きている人々にとって、最も実直で重要な関心です。それは、正しさと過ちに関心がある人が、位置を決め、そして何かしようと試みなければならない問題です。」

バローズは、彼が「親シオニスト」と定義した記述を批判し、もし1948年の戦いにおけるパレスチナ人とアラブ人を表現する時に、「レジスタンス(抵抗)」と言う言葉が使われれば、その状況の全く異なった見解が現れると指摘しました。「アラブ人達によって提案されたパレスチナのための計画は、この国においてと同様に、宗教の自由と、宗教と政府の完全な分離のある民主主義だった:と彼は記述しました。

バローズはまた、宗教的要素も論議し、こう明言しました:「一つの事は確かです。本質的に不公正、またはキリストの精神に反する事が神の意志であるはずがありません。預言の実現を語る者には、ジャーマイア22:13を思い出させましょう:「不公正の上に彼の家を建てる者には悲哀を・・・」

彼の結論において、バローズは明言しました:「彼等の家に戻りたい全てのアラブの避難民達は、そうする事が許されるべきで、手助けされるべきで、そして破壊とダメージのために、イスラエル政府からの十分な賠償と共に、彼等自身の村、家、そして農地またはビジネスのための場所に戻らせさせるべきです。」

彼はまた、こう明言しました:「イスラエル以外のその他の国の市民に成る事を熱望するユダヤ人達のための家は、この国、またはその他の国で見つけられなければならず、彼等の宗教的、市民的、社会的、そして経済的権利は、保障されなければなりません。」

彼に対する彼等の攻撃において、シオニスト達は、「慎重さの無い記述、支離滅裂な報告、そして極度に偏見的な観測」と、バローズを非難しました。

パレスチナ難民達の悲惨さ(と同時にイスラエルにおけるユダヤ人の苦しみ)について描写したもう一人の著者は、ウィリー・スノー・エスリッジで、親シオニストの評論家達によって同様に攻撃されました。彼女がマリーランドの教師連合で演説する様に招待され、彼女の本、エルサレムへの旅について語る事を選んだ時、彼女は、違う題材について話さなければならないと伝えられました。その連合の書記長はとても多くの圧力が彼にかけられ、もし彼女が他の題材に変えないなら、彼は職を失うと説明しました。

またもう一つの例はバーナード大学の著名な学長、ヴァージニア・ギルダースリーヴで、人道主義者として申し分のない資格のある高く評価された人です。パレスチナの難民達が彼等の家に帰る事を許されるべきだと彼女が書いた時、彼女を「反セム」のキリスト教徒とレッテルを貼ったキャンペーンが、彼女に対して始められました。

国連のチャーターの前文を書く事に従事し、国連の基本的人権委員会発足に指導者的な立場だったギルダースリーヴはその後、中東における基本的人権のための働きに彼女自身を献身しました。彼女は議会の委員会の前で証言し、トゥルーマン大統領に働きかけしましたが、成功しませんでした。彼女の自伝の中で、彼女はその様な失敗を「伝達のメディアのシオニストの操作」に帰属させました。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 05 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -