• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

悪質なシオニズムが明かされた

Pernicious Zionism Revealed
悪質なシオニズムが明かされた
http://www.dcdave.com/article5/140517.htm


もしアリソン・ウィアー(Alison Weir)がシオニズムとして知られる現代のグロテスクなものの心臓に木の杭を突き刺していないとしても、彼女は、彼女の短く、整った、控えめで詳細にドキュメントされた新書、私達の善き判断と反対して、どうUSがイスラエル創造のために利用されたかの隠された歴史:http://www.amazon.com/Against-Our-Better-Judgment-history-ebook/dp/B00J0LXYLM/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1400096137&sr=1-1&keywords=alison+weir+against+our+better+judgment と共に、少なくともその顔に十字架を掲げました。私達はドキュメントされたと言いましたか?その本の文章本体は、力の込められたたった93ページで、その間、補佐する付属ノートはもう108ページ続きます。ユダヤ・コミュニティーの中でさえ、元々、唯の過激派の比較的に小さい集団だったものの関心を進めるために、アメリカの民主主義がどう侵入され悪用されたのかを知りたい人は、この本以上に善い出発点を見つける事は殆ど出来ないでしょう。

ウィアーは、シオニズムの始まりの彼女の端的な概要の中で、世界の中の何処かに、ユダヤ人達のための故郷、または国家を求めた運動である、19世紀後期の政治的シオニズムの創始者として、オーストリアのジャーナリスト、セオドア・ハーツェルhttp://www.dcdave.com/poet10/010813.htmlに慣習的に帰属させます。「シオニスト達は、アルゼンチン、ウガンダ、地中海のキプロスの島、そしてテキサスと言った場所を考慮しましたが、最終的に、パレスチナは既に93-96%の非ユダヤ人達に住まわれていたけれど、提案されたユダヤ人国家の場所としてパレスチナを選択しました。」

シオンの物議http://www.amazon.com/Controversy-Zion-Douglas-Reed/dp/0984473378/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1399986559&sr=1-1&keywords=douglas+reed+the+controversy+of+zion の中で敬意の念を起させる英国のジャーナリスト、ダグラス・リードは、ハーツェルが東欧のラビ達の集団の代理以上の者では無かった事を私達に伝えます。リードはより優れた源泉かも知れませんが、彼の本は600ページ近くあり、そしてそれが出版されたのは1978年です。ウィアーは、彼女の素晴らしい参考文献と共に、リードに言及する必要性さえも見つけず、それは今までで、この書評家が究極のシオニズムの批評であると考えるものです。ウィアーは、幾つもの重要な新たな明かしを有し、その簡潔さのために、私達の善い判断に反対しては、シオニズムについて「読まなければならない」本の並びの先頭に押し上げます。

パルシムとその秘密の誓い

この読者にとって、最高裁判事ルイス・ブランデイスとフェリックス・フランクファ―ターによって米国においてシオニストの目的を前進させるために果たされた強力な役割と、パルシム(Parushim:http://ifamericansknew.org/history/parushim.html)と呼ばれた秘密結社の存在以上に重要な新たな明かしはありませんでした。

パルシムに忠誠を誓ったメンバーは、秘密の軍事的同胞への責任のスピリットの様なものを感じました。入会の儀式において、その組織の代表は入会者に伝えます:

「貴方は、貴方の人生の全てにおいて、貴方を一つの目的に縛る一歩を取る処です。貴方は1年の間、絶対的な任務の対象と成り、それは何時であれ、何処あれ、そしてどんな代償があったとしても、貴方は心に留める事を駆り立てさせられます。そしてその後も、私達の目的が達成されるまで、貴方は同胞団の会員で、その絆を貴方は人生において何よりも、家族よりも、学校よりも、国家よりも大切と考えるでしょう。」(12ページ、強調追加)

その情報の源泉は、イスラエル人教授、サラ・シュミットです。判事ルイス・ブランデイスはパルシムの最も活発な会員の内の一人でした。その主要な目的はシオニストの目的の推進で、パレスチナのアラブの土地に、イスラエルの民族優越主義の国家を創造する事で、それを効果的過ぎる程、果たしました。その会員の全員が誰だったのかは知られていませんが、ウィアーはブランデイスは鍵のメンバーで、そしてフランクファ―ターも同様にそうであったであろうと伝えます。その組織はホレイス M. カレンhttp://en.wikipedia.org/wiki/Horace_Kallenと言う名のウィスコンシン大学の哲学教授によって、1913年に創設されました。カレンはまた、米国における文化的複数共存主義の父として考えられている事も興味深く、それについて私達は以下の観測をウィキペディアに見つけます:

「彼は文化的多様性と国家的誇りが、お互いに矛盾無く両立でき、そして民族的多様性はアメリカを強化すると言う思想を提案しました。彼への批評家達が彼の不正直さを指摘するのは、ユダヤ人インテリとして、そしてアメリカのシオニスト組織http://en.wikipedia.org/wiki/Zionist_Organization_of_Americaの会員として、多様文化的アメリカの彼のヴィジョンは、完全にユダヤ人国家としてのイスラエルのユダヤ人国家の彼のヴィジョンと全く正反対だからです。カレンは文化的に多元的共存と言う用語を造ったとされます。」

ウィアーはパルシムを完全に過去形で語り、それが最も効果的に機能したのは1920年代と30年代であると言う一般的な印象を与えます。けれど人が不思議がらなければならないのは、何故その様な効果的な組織が解体されなければならなかったのかです。もしそれが正に現在まで機能し続けていたとしたら、私達はどうすればそれを知る事が出来るでしょう?それは結局の処、秘密結社でした/です。そしてそれは、その誓いと共に、私達の最悪の疑いを証明しないでしょうか?私達は、米国の強力なユダヤ人の指導者達は、彼等が住む国に本当は忠誠的では無いと疑っています。私達が疑っていなかったのは、彼等の多くが、20世紀の最も影響力のあった最高裁判事の2人も含めて、忠誠に成らないために、実際に秘密の誓いをしていたと言う事です。

そしてもしその組織、またはそれにとても類似した何かが機能/活動し続けていたとしたら、会員である可能性のある人達のリストは結構長いのではないでしょうか?政治においては、ジョー・リーバーマンやエリック・カンターの様な人達が直ぐに思い浮かびます;学術界では、アラン・ダーショウィッツやダニエル・パイプス;メディアでは、チャールズ・クラウサマーやリチャード・コーヘン;そしてシンク・タンクと国家の世論を造り出すコミュニティーの中のネオ・コン全体の連中です。

その誓いはまた、普通の人には殆ど理解不可能な狂信主義の度合を示します。その精神性 - または心理学的コンプレックスとでも言いましょうか - は恐らく、真の信者の中のエリック・ホファーによるオリヴァ―・クロムウェルからの引用で最善に説明されます、「彼の行先を知らずに、その様な高い地位に上れる者はいない。」確かに、世界において最も強力な国として、米国はシオニスト達が彼等の望みを得るための鍵でありましたが、シオニストの目的のために狂信的に成る事は、ユダヤ人であれその他であれ、アメリカ人には全く意味の無いものでした。その運動の創始の原則は、結局の処、ユダヤ人は決してどの国にも受け入れられないので、彼等自身の国を持たなければならないでした。それは一般的に馬鹿げた考えですが、米国内において以上により馬鹿げているものはありません。米国はその始まり以来、その他の人々同等に、もしくはそれ以上にユダヤ人達のための好機の土地でした。米国によって与えられた好機から最も得をした正にその者達が、彼等のために可能なその様な好機を否定する目的を進めるために、その好機の実りを使うとは、それは正に究極の皮肉です。

双子の怪物

シオニズムと人々の特定の特権的集団のそれ(シオニズム)に向かう魅かれ合いと、もう一つの誤り導かれましたが、強力な思想である共産主義のの間の大きな類似性に、読者はこの時点で気付いているかも知れません。それに陥る者は重く落ち、正しいか間違いか、真実か嘘か、そして愛国心か非忠誠心かの全ての問いを、この唯一の「崇高な」目的を進めるために、従属させる(下位にする)傾向があります。最近はあまり知っている人はいませんが、1930年代と40年代の初め、ソヴィエト連邦自体は、今日イスラエルが全体的に得る様に、一種の好意的な報道がアメリカの代表的な新聞http://www.dcdave.com/article5/080309.htmで成され、数多くのアメリカ人達は、ジョセフ・スターリンの領地は本当に労働者の楽園と信じさせられ、彼等の命を賭けて引き寄せられましたhttp://gmailwww.dcdave.com/article5/130226.htm

シオニストの狂信の最大の被害者達は、その先祖達が其処に何千年も住んでいたパレスチナの非ユダヤ人の住人達ですが、その他の者達によって支払われた代価は、特に米国において小さな成り行きではありません。ウィアーは、アメリカの第一次大戦への参戦は、大統領ウッドロー・ウイルソンに近い強力なシオニスト達の見返りのためで、英国のバルフォー宣言が、英国とその連合が戦争に勝てば、パレスチナにユダヤ人のための(故郷では無いけれど)家を約束したためであると強く立件します。ウィアーは彼女の論説を、ユダヤ人の背教者、ベンジャミン・フリードマンhttp://www.sweetliberty.org/issues/israel/freedman.htmに一度も頼らず補佐するので、ですから一緒に取られると、ウィア―トフリードマンはお互いを補佐します。

ドイツ人達に対して第一次大戦へと米国をもたらさせたバルフォー宣言の重要性はこの国においては広く知られていないかも知れませんが、ウィアーによるとそれはドイツにおいて良く知られていて、そしてそれは、人が予測するかも知れない様に、彼等(ドイツ人達)の中に住むユダヤ人達に向かったある種の敵意を派生させました。ユダヤ人が出世する好機は、その他のヨーロッパの国々の何処よりも、ドイツにありました。

ナチスの下でユダヤ人達が苦しんだ迫害、パレスチナに入植するために丁度良かった何十万人ものユダヤ人の難民を創造した第二次大戦、または大統領フランクリン・ルーズベルトの死のどれがシオニストの目的のための最大の功労だったかを、断定する事は困難です。ルーズベルトは完全にシオニストの目的には反対でした(注:ルーズベルトに関しては反対意見もあります)ハリー・トゥルーマンは弱く不人気で、彼が1948年に再当選出来るために、強力なシオニスト達からの助け全てが必要でした。驚く事に、ウィアーは、1947年にウイルソンが受け取った脅迫であり、ホワイト・ハウスに手紙爆弾が送られた、スターン・ギャングによるウイルソンの暗殺未遂http://gmailwww.dcdave.com/article5/120510.htmに言及しません。彼女がまた言及し忘れるのは、カンサス・シティーのギャングスター、トム・ペンダ―ガストhttp://en.wikipedia.org/wiki/Tom_Pendergastの政治マシーンとの長年の関係の事実で、それは凄く彼を脅迫しやすくし、そしてある意味、私達が住むシオニストに支配された時代におけるUS大統領の典型ですhttp://www.dcdave.com/poet13/050617.htm

ウィアーの本の中には英雄達もいます。彼等はUS政府の外交政策部の中の愛国的なアメリカ人達で、彼等はパレスチナの上に本質的にヨーロッパの国を重ねる事に積極的に反対で、その実行はこれらの役人達がUSの国家的関心と思想に矛盾すると見ました。彼等のものが、トゥルーマンが反対して行ったより良い判断です。記述するに相応しい幾つかの名前は、国務省の役人、エドウィン・ライトhttp://www.ziomania.com/edwin%20m%20wright/edwin.htmロイ・ヘンダーソンhttp://en.wikipedia.org/wiki/Loy_W._Hendersonそして彼等の上司、国務次官ロバート A. ロヴェットと国務長官ジョージ C. マーシャルです。愛国者達の中で最も顕著なのは、トゥルーマンの防衛長官ジェームズ V. フォレスタルで、そしてウィア―は勇気あるフォレスタルに敬意を表します。彼は、米国がもつれさせられる事に成る中東の混乱と、それに伴う血と宝とモラルの資本としての代償を先見し、そしてそれを防ぐための彼の努力において高い代償を払いました。

ダグラス・リードの本では無くウィアーのより最近の本から始める事を薦めるもう一つの理由は、リードが、アメリカの報道に騙され、この書評家が後に発見した事を知らず、フォレスタルが自殺したと書いたからです。ウィアーは、しかしながら、私達の発見に気付いていて、彼女の読者達を私達の「ジェームズ・フォレスタルを殺したのは誰だhttp://gmailwww.dcdave.com/article4/021110.html」に紹介します。(私がリードの代わりに彼女の本を薦めたのと簡潔さのための同じ好みから、紹介的目的のために、この題材に初めての人は「新たなフォレスタル書類は隠蔽を暴露するhttp://dcdave.com/article4/040927.html」から始める事を私は提案します。)彼女はまた、有名な英国のジャーナリスト、アラン・ハートによるシオニズム:ユダヤ人達の本当の敵http://www.amazon.com/Zionism-Real-Enemy-Jews-1-ebook/dp/B004XJ4YD8/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1400256601&sr=1-1&keywords=alan+Hart+zionism+the+real+enemy+of+the+jews の第一巻:第12章、「フォレスタルの”自殺”を強く薦めます。第一巻は偽の救世主と題され、ハートはフォレスタルの死について、この筆者の働きを長く引用します。

米国におけるシオニストの成功のためには、世論を形成の操作は欠かせないものでした。1950年代と60年代の私の幼少期の北キャロライナ州で、ラジオをつけて福音伝道師オリヴァ― B. グリーンの声を聴かないのは殆ど不可能だったのを私は思い出します。PBSの様に、彼等が募金集めをする時、グリーンは募金を送ってくれる人達に景品を提供しました。彼のリストの上の最初の景品は、スコーフィールド・リファレンス聖書のコピーでした。私達はグリーン牧師からは学びませんでしたが、スコーフィールド聖書は、「以前はやや蚊帳の外だった、ユダヤ人にパレスチナに帰る事を呼びかける「分配主義的」神学」を推進します。サイラス・スコーフィールドは、私達はウィア―から学びますが、主にジョセフ M. キャンフィールドの信じがたいスコーフィールドと彼の本http://www.amazon.com/Incredible-Scofield-His-Book/dp/1879998440/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1400263378&sr=1-1&keywords=Canfield+incredible+scofieldを主に参考資料にすると、裕福な早期のシオニスト達に重度に昇進させられた、ある種の詐欺師で悪党でした。それはアメリカのキリスト教のシオニスト運動についての多くを説明し、そして誰がグリーンやジェリー・ファルウェルやジョン・ハギーと言った人たちを昇進させるのか、人を本当に不思議にさせます。それはまた、米国においてとても好意的な報道を受けている現在の親シオニストの教皇http://www.washingtonpost.com/national/religion/commentary-pope-francis-marc-chagall-and-the-jews/2014/03/03/a15c7efc-a312-11e3-b865-38b254d92063_story.htmlについても、人を不思議にさせます。

アメリカの世論形成へのシオニストの影響力の更なる特徴化の代わりに、私達は、筆者の許可と共に、彼女の最後から2番目の章「メディアにおけるシオニストの影響力」の短い全体を付属資料として供給します。彼女のまとめの章は、より簡潔ですが、同等に強力で、最も醜い方法で行われたその影響力の例です。それはナチス・ドイツの最も早期の批評者だった有名なジャーナリスト、ドロシー・トンプソンhttp://en.wikipedia.org/wiki/Dorothy_Thompsonのキャリアの破壊についてです。トンプソンはまた、彼女がパレスチナに行って、彼女が見たものを正直に報告するまで、シオニズムの早期のサポーターでした。それは彼女にとって終わりでした。

トンプソンの経験は、ユージーン・リオンズhttp://en.wikipedia.org/wiki/Eugene_Lyonsに起こった事にとても良く似ています。リオンズは若いユダヤ系アメリカ人のジャーナリストで共産主義の同情者で、1920年代後期と30年代初期に、ユナイテッド・プレスのためにソヴィエト連邦を取材しました。彼は彼が見た事を正直に書こうとした数少ない西洋のジャーナリストの一人で1934年に強制出国させられました。彼の痛烈な暴露、楽園でのアサインメントhttp://www.amazon.com/Assignment-Utopia-Eugene-Lyons/dp/0887388566/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1400272958&sr=1-1&keywords=Eugene+Lyons+assignment+in+utopiaは一般的に無視され、そして1941年の米国における共産党の力と影響力の明かし、赤の10年http://www.amazon.com/red-decade-classic-communism-thirties/dp/0870001140/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1400272910&sr=1-1&keywords=Eugene+Lyonsは主に敵意と共に迎えられました。リオンズは彼のキャリアの残りをアメリカのジャーナリズムの窓際で過ごしました。

読者達は沈黙させられたドロシー・トンプソンの計画されたドキュメンタリーについて:http://thesilencing.org/で学ぶ事が出来ます。

DO-NOT-EXPOSE-OUR-EVIL.png

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 05 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -