• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

私はフィアットの奴隷で、そして貴方もそうです

I'm A Fiat Slave, And So Are You
私はフィアットの奴隷で、そして貴方もそうです
http://www.zerohedge.com/news/2014-05-21/im-fiat-slave-and-so-are-you


フィアット・マネー(通貨/不換紙幣:http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-181.html)はその根本において、その通貨を使う様に強要された者達(一般庶民)から、その通貨を発行している者達(政府/中央銀行)への間接的な富の移動です。

私は、借金によって創造された有害な隷属(れいぞく)を、農奴制が、隷属のこの金融的首かせの、農奴による受け入れを必要とする、新封建制的配置を示唆するので、借金農奴制と表現します。言葉を変えると、債務者(借金をする人)では無く、借金の債権者(貸し出す人/所有者)であり発行者である者達を利するために機能させられているステータス・クオ(現状)から、借金を誘因(刺激/動機)させ、借金の無い独立に高い障害を置くシステムにおける最も抵抗の少ない線として、借金は自由に受け入れられています。

通信員ジェフ W.、は金融的隷属の、より更に陰険な形状を確認し、その隷属がフィアット(後ろ盾されていない政府発行)マネー(通貨)に強要させられるので、フィアット奴隷制と呼びます。

言い換えると、国家(中銀)発行のフィアット通貨を使う事を強要させられるのは、フィアット・マネー(通貨)はその根本において、その通貨を使う事を強要された者達から、その通貨を発行している者達への、間接的な富の移動なので、隷属の一つの形状です。

この国家に強要された市民達から国家への富の移動を超えて、どんなフィアット・マネー・システムにも二次的な富の移動があります:マネーの蛇口に最も近い新封建制の金融的貴族(マフィア)は、マネーが金利と税金を支払っている借金奴隷達に滴り落ちる前に、現実世界の資産を買いあさり、そして収入の流れは最善のリターン(儲け)を提供します。

例えば、金融的貴族は、米連銀から殆どゼロ金利で何十億ドルも借りて、そしてこの殆どただのフィアット・マネーを使い、年利7%を支払う学生ローン(借金)を買います。彼等はまた、現金で不動産を買い、連銀の殆どただのフィアット・マネーへの無制限の利用の物凄い優越性を持つ者達(金融マフィア)によって、より高値をつけられたので、借りるしか無い借金奴隷達に、その貴族は(物件を)貸し出します。

以下はジェフのコメントです:




全ての国々がフィアット・マネーを印刷するこの世界において、今日、人類全体が、マネー(通貨)の主人達を除いて、フィアット奴隷制の対象です。

殆どの誰しもが、税金奴隷に成るとは何を意味するかを理解します。それが意味するのは、人々が、徴税している権威のために、一年の数か月労働しなければならないと言う事です。今日のUSにおける税金は、100年前より数倍高く、そして現在の税金のレベルにおいて、今日のアメリカ人達は、正当に税金奴隷と呼ばれます。

借金奴隷と呼ばれる事が何を意味するかを理解するのもまた簡単です。それが意味するのは、人が時間の大部分を、債権者(貸出人)に支払うために通貨を稼がなければならない事です。何百万ものアメリカ人達が、今日、借金の中に縛り付けられていますが、今日のアメリカは、もし貴方が個人的に借金をしていなくても、政府が貴方のために借金をする国です。

アメリカの納税者のそれぞれが、本当の借金合計はもっと多いのですが、政府が認める17兆ドル以上の借金の、彼または彼女のフックに掛けられてています。

政府の指導者達は、年を追うごとに私達を借金の更なる深みへと熱心に埋もれさせます。

殆どのアメリカ人達はまた、賃金奴隷に成った個人的経験があります。それが意味するのは、人が、その人の労働を供給過剰の市場に売らなければ生計を立てられないと言う事です。トマス・ジェファーソンは、殆どのアメリカ人達が、彼等自身の農場を所有でき、それによって彼等自身の努力を通して、彼等が造った資産の改善から利する事を望みました。その様なアメリカ人達は、彼等自身の主人に成る事ができ、そして賃金奴隷から逃れる事が出来ました。ですが今日私達は、巨大な工場農場の時代に生きていて、小さなビジネスを確立し運営するのは、今まで以上に難しいです。故に賃金奴隷は、今日のアメリカ人達にとって普通です。

ですがフィアット奴隷が何を意味するかを理解している人達はあまりいません。フィアット奴隷である事が意味するのは、市民からの富の絞り出し(略奪)を最大限にするために、通貨印刷の機械が使われる国に、その人が住んでいると言う事です。

通貨印刷を通して、彼等が抜き取る富を、どうやって彼等は最大限にしているのでしょう?

最初に、与えられたフィアット通貨において行われる取引の量を増やす事によってです。それぞれの新たに印刷されたフィアットの単位は、それが創造するインフレに関してバケツの中の一滴で、もし国がより大きなバケツを持つなら、危険なインフレを原因する事無くより多くのフィアットが印刷される事が出来ます。

例えば、カナダのGDPはアメリカのそれの規模の約11%です。一見これは、アメリカ人がカナダ人の9倍ドルを印刷出来ると取られるかも知れません。ですが私達が思い出さなければならないのは、USドルが世界中で流通している事で、そしてユーロドルと石油ドルもまたUSドル取引/交換の合計に加えられなければならない事です。

国外のドルの流通のために、USは実際に危険なインフレ(通貨印刷者にとっての政治的問題の原因として)の原因にならず、カナダの20倍印刷出来るかも知れません。この事から私達は何故、通貨の印刷者達は、中東や、アヘン貿易がドルで行われるアフガニスタンなどの地域で、アメリカのドルの流通を守るために戦争を戦う事を欲するのかを理解します。

ですが国のフィアット交換/取引の量は方程式の一部でしかありません。その方程式のもっと重要な部分は、インフレのレベルです。2つの国を想像して下さい:A国は100兆単位の年間のフィアット交換/取引量があり、B国は50兆の量があります。その他全てが同等として、B国はその政府と銀行業のエリート達に毎年与えるために半分の量のフィアットしか印刷出来ません。

ですが更に仮定して、A国のインフレ率が5%で通貨の印刷が無く、B国のインフレ率は、世界的な賃金の鞘取り、中小企業の規制的抑制、そして高い失業率のために、マイナス2%だとします。更に仮定して、実質のインフレ率5%が通貨印刷者の上限で、何故ならそれが裕福な国債所有者が我慢する最大資産風化だからです。此処で私達はA国における通貨印刷の効能はゼロに減少させられ、その間B国における通貨印刷の効能/能力は、3兆5千億単位(50兆x差異7%)に成る事を理解します。

アメリカの通貨印刷者達は故に、デフレ政策をサポートする何兆ドルもの動機があり、それに含まれるかも知れないのは、世界的な賃金の鞘どり(労働が一番安い国に仕事を送る)、小さいビジネスによる雇用創造の抑制、個人セクターの労働組合の抑制、移民へのサポート、市場介入を通した商品価格抑制、農業生産品価格の押し下げのための遺伝子改悪の種へのサポート、労働者の分け前を減らすための企業歳入からの所有者/株主へのより大きな分け前へのサポート、そして期待/情熱を消失させられた借金奴隷達の国におけるインフレ的圧力をそぐためのより高いレベルの消費者借金のためのサポートです。これらの圧政的政策の全ては、市民達を代償に通貨印刷者達を儲けさせます。

税金奴隷制、借金奴隷制、賃金奴隷制、そしてフィアット奴隷制は、エリート達が人々から富を抜き取るために使用する4つの方法です。このリストに、私達はまた、ネズミ講の賭博への彼等の応援を加えましょう。ネズミ講の資産バブルは一貫的に創造されていて、市民はバブルの利益を「現金化」するために借金する様に応援されます(またはバブル崩壊でスッテンテンにされる)。これらの5つの方法は、彼等が使う主要な富の抜き取りの方法です。

人間の自由をサポートする人は、政府にその歳出を最低限に保たせる事を強調する事によって、税金奴隷制に抵抗しなければなりません。自由な人々はまた、人々が借金する事を思い止まらせ、借金から抜け出し借金をもうしない事を応援する文化をサポートしなければなりません。彼等は、政府の借金がゼロに巻き戻される事を要求しなければなりません。

一家の中に資本が蓄積(貯蓄)し、小さいビジネスのためにサポート的な法的環境を推進する政策は、賃金奴隷制への解毒剤で、そして自由な人々は通貨印刷を通した、市民からの富の抜き取りがゼロであるべきと強く要求しなければなりません。それが出来る最善の方法は、100%ゴールドに後ろ盾された通貨(金本位制)とフラクショナル・リザーヴ銀行業(http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-181.html)の廃止です。

通貨印刷から来るインフレの排除もまた、資産(株価/不動産、etc.)バブルと、資産バブルへのネズミ講賭博の排除に向かう長い道のりを行きます。

老いたアメリカ人達は、その昔自由だった人々が、奴隷の様な状態に減少させられたのを見ました。富が非情にも人々から抜き取られただけで無く、今日の監視国家は今まで以上により侵入的で、そして警察は益々横柄で傲慢です。

私達はどうすれば良いのでしょう?必要な最初の一歩は、目隠しを取り、どうエリート達が貴方を被害者化しているかをはっきりと見る事です。第二歩目は、貴方自身と貴方の繁栄のために、解放/自由の祝福を確かにするために、アメリカ人として貴方が取る事の出来る実質的な対策を考える事です。ことわざが言う様に、自由はただでは無く、そして自由への代価は永続的な警戒だけでは無く、知的な活動もです。私達はこの働きを今日始めるべきです。




私達のフィアットの縛りを説明してくれてありがとう、ジェフ。富の移動(略奪)と金融的隷属の源泉に気付く事は、前進への第一歩です。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -