• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

古代エジプト人は草食主義だった?

Were the ancient Egyptians VEGETARIAN?
古代エジプト人は草食主義だった?
Carbon analysis suggests they ate fruit, wheat and barley - but not much fish
炭素分析は彼等が果物、小麦、そして大麦を食べていた事を示すが - 魚はそれ程でも無い
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2627053/Were-ancient-Egyptians-VEGETARIAN-Carbon-analysis-suggests-ate-fruit-wheat-barley-not-fish.html


・リオン大学(フランス)の研究者達は、紀元前3,500年から紀元6世紀の間にエジプトで生きた人々のミイラからの炭素の原子を分析しました
・古代エジプト人は、長期間に渡って大麦と小麦を食していて、その地域に非常に良く順応していた事を示唆しているのを、彼等は発見しました
・種は彼等の食習慣の10%以下で、驚きだったのは、そのミイラ達が彼等の人生の間に魚をあまり食べていなかった事です
・古代のエジプト人は、現代の草食主義者の人達と似た様な食習慣だったようです


巨大なピラミッドの建設から、宗教的生活や埋葬の風習まで、古代エジプトにおける生活は、私達自身の者から大きく異なっていました。

ですが現代の草食主義者達は、彼等が考えているよりも、古代エジプト人達と、より多い共通点を持っているかも知れないのは、何故なら彼等もまた大部分が野菜、果物、小麦、そして大麦に構成された食物を食べていたと考えられるからです。

考古学者達は、しばらくの間、太古の人口の定住した殆どが、草食主義のダイエットで生き抜いていたと考えてきましたが、そして今、炭素アイソトープの分析は、古代エジプト人が何を食していたかの今まで以上により良いアイデアを専門家達に与えました。

リオン大学の研究チームは、紀元前3,500年から西暦600年の間にエジプトで生きた人々の45体のミイラの炭素の原子を分析しました。

古代エジプト人は、長期間に渡って大麦と小麦を食していて、その地域に非常に良く順応していた事を示唆しているのを、彼等は発見しました。

その発見はまた、死後の生命の神、オシリスに頻繁に捧げられたパンを造るために小麦を収穫しようと土地を耕す人々を描いた、エジプト人の墓の中の多くの絵にもエコーされています。

炭素の原子は、光合成の行程の中で植物によって取り入れられ、そして炭素は植物を食べる事、そして植物を食べた動物を食べる事によって、人体に取り入れられます、とライヴ・サイエンスは報告します。

化学者達は、少々異なる質量を持つ炭素-12と炭素-13のアイソトープを調べる事によって、人のダイエット(食習慣)を調査する事が出来ます。

植物は2種類のグループに分類されます:C3は、ニンニク、なすび、洋梨、レンズ豆、そして小麦を含み、そしてC4は、種の多い草であるキビ/アワ/ヒエとモロコシ(コーン)で構成されます。

C3の植物は、C4のグループ程、炭素-13を取り入れないので、研究者達はその2つのアイソトープの比率を研究する事で、人々が何を食していたのかを判別出来ます。

もし人が、C3の植物を多く食べていれば、主にC4のグループの食物を食べていた人より、体内の炭素-13のアイソトープの蓄積が低く成ります。

リオン大学の研究主任、アレクサンドラ・Touzeauは、頭髪、コラーゲン、そしてプロテインを使用したその他の研究とは異なり、彼等が人骨と歯のサンプルを使用した事を説明しました。

「私達はまた、多くの異なった時代を研究し、それぞれの時代の個々(サンプル)の数は多くはありませんが、そうする事で長い時間の範囲をカバーしました、」と彼女は述べました。

科学者達は、その炭素アイソトープの比率を、異なったC3とC4食物の割合の厳格な食習慣を与えられていた豚における測定と比較しました。

その動物は人間と似たメタボリズム(新陳代謝)を有するので、その炭素比率はミイラの者と比べられました。

その結果が、現代のヨーロッパの草食主義者達の頭髪のアイソトープ比率と比較された時、専門家達は古代のエジプト人の殆どは草食主義で、小麦と大麦を土台にした食習慣だった事を確認出来ました。

彼等は、C4の種は、彼等の食習慣の10%に満たない事を発見しましたが、驚きだったのは、そのミイラ達が彼等の人生の中で魚をあまり食べていなかった事です。

以前から、墓の中の絵に見られるように、古代エジプト人は彼等がナイルで捕まえた魚を食していたと推測されてきました。

炭素テストの結果は、その様な文化的証拠と矛盾するようです。ケンブリッジ大学(英国)の考古学者、ケイト・スペンスはこう述べました:「エジプト人が魚を捕まえている大量の証拠が、壁の浮彫細工とモデルに見られ、そして魚は捧げ物のリストに載っています。」

「これらを全てふまえると、そのアイソトープが、魚は広く食べられていなかったと示唆するのは、少々驚きです。」

~~~~~

さて、この記事には、何故、魚を食べていなかったと言えるのかの説明が全くありませんが、不思議に思いませんか?

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30