• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

デリンクユの地下都市

Derinkuyu, Underground City
デリンクユの地下都市

http://www.rense.com/general96/UndergroundcityofDERINKUYU.pdf

(上記のPdfファイルをタブに開き写真を参照してください。)

2p.
1963年、(トルコの中央アナトリアのカパドシア地方の)デリンクユの住人が、彼の洞窟の家の壁を壊していた時に、その壁の裏には見た事の無い神秘的な部屋があった事を発見し驚かされ;この部屋はもう一つの部屋に繋がり、それはまたもう一つの部屋に繋がり、そしてそれは次の部屋に・・・

デリンクユの地下都市は偶然発見され、その1階レベルは紀元1400年頃にhititasによって掘られました。

4p.
・考古学者達はこの興味深い地下都市を研究し始めました。彼等は40メートルの深さに辿り着く事が出来ましたが、一番底は85メートルに及ぶと推測されます!

・今現在、地下20階のレベルまで発見されています。しかしながら、訪れる事が出来るのは地下8階のレベルまでで、それ以外は部分的に立ち入り禁止、またはデリンクユを研究する考古学者や人類学者達のために規制されています。

8p.
・その街は、カパドシアが経験した頻繁な侵略から身を守るために何千人もの人々に、異なった時代に居住され、早期のキリスト教徒達によっても居住されました。

・その街の中に潜んだ危険に意識的な敵は、通常、井戸に毒を入れる事によって、人々を地上におびき出そうとしました。

11p.
・その内側は驚きです:(少なくとも1万人の人々を収容出来る空間のある)デリンクユの地下通路は、3つの戦略的に重要な地点で、移動式の円盤型の石のドアでブロックされる事が出来ます。

・通路を閉じたこれらの重い岩は、敵の侵入を防ぎました。それらは1メートルから1.5メートルの高さで、約50センチの厚さで、最大500キロの重さでした。

13p.
写真の中で、円形の石のドアがどう閉まり、住人達をしっかりと孤立化させたのかがうかがえます。

13p.
・加えて、デリンクユには、もう一つの地下都市、カパドシアのKaymakliへと繋がる8キロメートル近いトンネルがあります。

15p.
・この地域の地下都市についてギリシャの歴史家ジェノフォンテは記述しました。彼の文献アナバシスの中で、アナトリアに住む人々は地面の下に彼等の家を掘り、家族全体と、彼の家畜と、食糧貯蔵に十分な大きな家に住んでいると彼は記述しました。

17p.
・再発掘された階において、馬屋が確認され、食堂(複数)、一つの教会(20x9メートル、天井の高さ3メートル以上)、調理場(複数/調理に火をつけたたき火/かまどのすすによって未だに黒く変色されている)、ワインとオイルのための圧縮機、貯蔵庫(複数)、飼い葉のための場所(複数)、一つの学校、数々の部屋、そしてバー(酒場)さえも確認されました。

18p.
・その街は地下の川の存在を利用し、井戸が幾つもあり、素晴らしい排気孔があり(52か所の通気口が発見されました)現代の技術開発者でさえ驚かされます。

<おしまい>
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -