• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

ロシアとエジプトが3億ドルの軍事協定を結ぶ:より(本当に高い)オクタン(発火性)の推理

RUSSIA AND EGYPT SIGN $3 BILLION ARMS DEAL: MORE (REALLY HIGH) OCTANE SPECULATION
ロシアとエジプトが3億ドルの軍事協定を結ぶ:より(本当に高い)オクタン(発火性)の推理

http://gizadeathstar.com/2014/05/russia-egypt-sign-3-billion-arms-deal-really-high-octane-speculation/

過去三日間、私達は、公表(disclosure)と宇宙の問題の徐々の戦略を伝えているかも知れないと私が信じる「ルネッサンス・モデル」の論理を検証してきました。リチャード・ドーラン氏が、多大で単一的に重要な一冊、UFOと国防国家の中で深遠な観測をした様に、UFO問題は戦後の歴史を理解する上で唯一の重要な鍵を構成し、そして戦後の歴史からのこの問題の熟考の欠落は、その題材における一種の材料的な省略です。加えて、元秘書次官、キャサリン・オースティン・フィッツと私、そしてその他の者達が、戦後の金融的な取り決めについて同様な明言をしている様に;戦後の権力のエリート達が直面し始めたUFO問題に、究極的に、これが関連していると理解する事無しで、そのシステムの中の詐欺の膨大な量と、その中でジャブついている莫大なお金の量を理解する事は不可能です。それを考える事に失敗する(それを考えない)のは、フィッツの考えによると、材料的省略です。

私は更に第三の形状の「材料的省略」を提案してきていて、信じるも信じないも、実際に故フィリップ・コーソによって最初に提案された事で、つまり、UFOはまた隠された重要な地政学的な要素でもあると言う事です。そしてこのコンテキスト(文脈)において私は最近の出来事とこの話を考えてみたいと思います:

エジプトがロシアと前例の無い軍事協定にサインした

http://www.jewishpress.com/news/breaking-news/egypt-signs-unprecedented-military-deal-with-russia/2014/04/22/

明らかに、この記事が示唆する様に、ロシア-エジプトの武器協定は、冷戦第一幕の絶頂期にギャメル・アブドル・ナサールと、アンワー・サダットの初期のエジプトで、ロシアが実施した重要な影響力を呼び戻します。勿論、エジプトをより親西洋的方向に向ける行程を始めたのはサダットでした。エジプトの軍隊が、再び昔の冷戦時代の武器供給者で、かつての同盟国であるロシアに接近している事実は、その地域(そして言ってしまえば世界の殆ど)を力づくで支配しようとするアメリカの試みが、巨大な地政学的反動と共に、逆噴射しているかの度合の物差しです。

ウクライナにおける、西洋の「補助」の大失敗もまた、私の意見では、逆噴射しました。

これ等の種の思考の全てはインターネット上の噂に油を注ぎ、マスゴミでさえも冷戦が復活していると言い、勿論、ロシアが悪役にされています。

ですがこれらの全てが起こっている間、私達は宇宙における静かな「戦争」を観測してきています:ロシアのGLONASS衛星は通信不能に成り、隕石が再びその国の上空をかすめ、中国の国家主席は公に、彼の国は宇宙を軍事化したいと発表しました(少なくとも彼は正直で、その他の国の権力はそれを白状しない、または、もし彼等が認めたとしても、それは隕石からの防衛の文脈においてで、解るでしょう?私達は私達の国の上を隕石がかすめ飛んで爆発しているので必要性を証明しています!何と好都合なんでしょう!)。これ全ての上に、私達は、ブリックス(ブラジル、ロシア、中国、インド、南アフリカ)国家の台頭と、彼等自身の独立した国際決済機関への呼びかけを有します。

世界は、私達は伝えられますが、再びもう一度2つの大きな経済-軍事ブロックを形成していて;一極的アメリカの覇権の新世界秩序(NWO)は私達の目の前で死んでいきます。

ですか此処でUFOをフィルターを通して入れると、地政学的得構図は劇的に変化します。世界が再びもう一度2つの主要なブロックへと別れていくのは十分に本当ですが、これは物事を運営するための一極的目標の無能さの通夜から来ています。独立した国際決済機関への呼びかけも同等に、「システムの余剰」を呼びかける良い方法である事も出来ます。真に世界規模の社会的-政治的-金融的秩序を投入する事への無能さの通夜において、一極性の次に最良なのは二極主義です。

これに加えて、宇宙を軍事化する事への中国の呼びかけ、ロシアの隕石防衛システムのためのメドヴェディェフの呼びかけ(それは、思い出してもらうと、彼は他国が協力するのを歓迎しますが、そうでなくてもロシアはそれ自身単独で結局行います)・・・そして再びもう一度、太古の宇宙飛行士の論説の大好きな溜まり場である、エジプトにおけるロシアの影響力を確かにする事は・・・

・・・まあ、貴方にもアイデアが浮かぶでしょう。

私は此処で、地政学を動かしている本当の、正真正銘の地上的思考が無いと言っているのでは全くありません。それはあります。私が提案しているのは、しかしながら、一度地政学における「材料的省略」がその構図の中で要素化されると、解釈の土台は劇的にシフトし、何らかの出来事の背後にあるより隠された動機を示唆し、その動機は地上的なものと矛盾しませんが、むしろとても異なった長期的な目的を証拠しています。

単純な二極主義はずっと整頓されていて、一極主義+混沌よりも、長期の社会開発の目標を操作しやすい構図です・・・どちらにしても、単純な地上的地政学でも、より深い目標であっても、プーチン氏はゲームをする意志があり、そして彼は何らかの強いカードを持っています。

では、また後日。

HIGH ORBITAL SPACE SPECULATIONS, PART ONE: THE VATICAN AND ET
高度軌道的宇宙の推理パート1:ヴァチカンと地球外知的生命体

http://gizadeathstar.com/2014/04/high-orbital-space-speculations-part-one-vatican-et/

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 08 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -