• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

フィアット・マネー/不換紙幣(ふかんしへい)

お金のしくみ (皆の知らない真実)


フィアット・マネー/不換紙幣(ふかんしへい

不換紙幣(ふかんしへい)とは本位貨幣(正貨たる金貨や銀貨)との兌換が保障されていない法定紙幣(英: Fiat Money)のことをいう。政府の信用で流通するお金であることから、信用紙幣(英: Faith Money)とも呼ばれる。

特質

・政府の信用を基礎としており、これがない限り本質的には役には立たない(政府が税金として受け入れる事で信用を創造する。そうしないと、唯の紙切れ。)
・兌換紙幣とは異なり一定量の貴金属と兌換できるわけではなく何ら裏付けを持たない
・紙幣を生産するのに費用がかからない

歴史

19世紀から20世紀中盤における紙幣は金貨や銀貨との交換が前提とされていた兌換紙幣であったので、それに対して不換紙幣という名称がつけられた。ところが1929年の世界恐慌を機に金本位制の廃止が相次ぎ、特に日本では(関東大震災により遅れたものの)1931年に犬養毅内閣が金輸出を再禁止したことにより金本位制ではなくなったため、事実上日本銀行券は兌換紙幣ではなくなり、1942年の日本銀行法制定で兌換義務のない不換紙幣を発行できるようになった(いわゆる管理通貨制度)。

1945年にブレトン・ウッズ体制で1米国ドル=35オンスの金本位制が取る兌換紙幣であった。しかし、1971年8月のいわゆるニクソン・ショック以降は金と米ドルの兌換が停止される(石油=ドル体制に成る)。同年12月にスミソニアン協定で1米国ドル=38オンスとドルの価値を下げつつも兌換紙幣の性格を維持しようとしていたが、1973年までに変動相場制に移行する形で1米国ドルの先進国の兌換紙幣としての性格は有名無実化することになった。1976年1月にIMFで変動相場制と米国ドルの金本位制廃止が正式に確認され、1978年4月に協定発効に伴って先進国の流通通貨における兌換紙幣は無くなった。

21世紀現在の先進国が発行する紙幣は、まず間違いなく不換紙幣である。政府がインフレーションなどが発生しないように通貨供給量(マネーサプライ)の調整や経済政策によって通貨価値に対する信用を維持しているため(管理通貨制度)、金による価値の裏づけがなくとも不換紙幣は安定して流通している。

管理通貨制度

管理通貨制度(かんりつうかせいど)とは、通貨の発行量を通貨当局が調節することで、物価の安定、経済成長、雇用の改善、国際収支の安定などを図る制度。本位制度に対していう。

概要
金を貨幣価値の裏付けとする金本位制においては、銀行券発行量は正貨準備高に拘束されるのに対し、管理通貨制度では行政府の通貨政策次第であり、貨幣の価値は政府または中央銀行の政策によって裏付けされるためその価値は不安定となりやすい。よって通貨当局は金融政策により貨幣価値の安定化を図ることを重視する。銀行学派の考え方によれば、中央銀行はプライマリバンク(中央銀行と直接取引の口座を開設している市中銀行)の担保の差出の対等物として通貨を発行するのが原則であり、この場合通貨の価値は市中の信用力に依存している。一方で議会や行政府が国債を発行して中央銀行に引き受けさせている場合、その通貨の価値は行政府の信用(徴税権や国庫財産など)を担保としている。よくある誤解は「紙幣は政府が刷っており、紙幣の価値は政府次第である」との解釈であるが正確ではない。歴史上で紙幣が初めて登場した元や宋の時代から、紙幣は年貢や塩など現物資産の対等物、あるいは銅銭の預かり証など実際の資産物の手形として使用されてきたものであり、管理通貨制度においても通貨は市中あるいは政府の信用の対等物として取り扱われるのが原則である。この原則に政策上の事情あるいは恣意性が加わるとインフレやデフレの原因となる。

管理通貨制度では、発行量が本位の備蓄量に拘束されることがないので、景気や物価調整のために柔軟な通貨量調整をすることができるメリットがある。一方で通貨当局と行政府の関係(独立性と協調性)がつねに問われ、通貨当局が行政府の影響下にある場合、景気対策のための恒常的な金融緩和がインフレを招く場合がある。また独立性が極端に保護されている場合、通貨当局の失策が国家に破滅的な混乱をもたらす場合がある(ライヒスバンクの事例)。

歴史
管理通貨制度が採用される以前、欧米諸国を中心とした国際決済市場では金本位を利用することが一般的であった。これは銀行に金貨・金地金を預託しその預かり券(紙幣)を用いて取引を行い、最終的な決済は売り手・買い手の指定する銀行間で金現送することによって精算する制度である。

金本位による国際決済は戦争によりしばしば中断されることがあり、とりわけ19世紀にはロンドンが主要国にとって国際決済の中心であった事から、第一次世界大戦の発生により金本位の中断を余儀なくされた。例えば日本は1913年12月末の時点で日銀正貨準備は1億3千万円、在外正貨2億4,600万円であり、在外正貨はすべてロンドンにあった。また外貨決済の8〜9割をロンドンで行っていたが、第一次大戦が始まる1914年の8月には手形輸送が途絶し(当時はシベリア鉄道で輸送していた)、ロンドンの金融機関が活動を停止するなど混乱した。大戦終結にともない1919年にアメリカが、1925年にはイギリスが金本位制に復帰した。

金本位制の問題は資本となる金塊を国際市場である都市に集中させざるをえない点にもあった。とくに19世紀における国際金融の中心地であったイギリス・ロンドンや20世紀にかけてその地位を継承したアメリカ・ニューヨークには世界各国の中央銀行の支店や、各国政府の出先機関が集中しており、各国の国際収支の調整はその都市に設置された支店間での金塊の現送により調整されるシステムであった。

第一次世界大戦の前後から金(本位金)は経済力の格差からアメリカに集まり、アメリカでは国内で正貨が過剰となってインフレが昂進したことから、通貨準備から金の一部をはずす不胎化政策をとった結果、金本位制の持つ国際収支調整のメカニズムは失われ金の偏在が進行した。フランスでは第一次世界大戦の賠償金としてドイツから1320億マルクを獲得する請求権を得たが現物給付などにより十分な支払いがなされなかったこともありインフレ(リーブル相場の下落)が発生し、極端な金塊主義政策を採用し本位金の備蓄をおこなった。これらの背景のもとに1929年からの世界恐慌が拡大し、イギリスは1931年に金本位制を離脱、アメリカを除く各国もこれに追随し、以後金本位制に代わる管理通貨制度の時代になった。イギリスの経済学者ケインズは1920年代の半ばから、為替の安定に主眼を置く金本位制に替わって、国内経済の諸目的(物価・景気・雇用)を優先させる管理通貨制度の採用を主張していた。

第二次大戦後はIMF体制のもと、金と1オンス=35ドルの平価で交換可能な米ドルを基軸通貨とし、各国通貨は米ドルとの固定相場制を採用した(ブレトン・ウッズ体制)。この体制下でも加盟各国は国内においては管理通貨制度を取っており、通貨当局は為替介入と金融政策により対ドル固定相場を上下幅1%以内に維持しつづけた。この制度は「金ドル本位制」「金為替本位制」などといわれる。1971年、アメリカの財政赤字、経常赤字が増大してインフレが進行、アメリカはドルと金の兌換停止に踏み切り(ニクソン・ショック)、これをもって金と通貨の関係は完全に切り離され、国際的にも管理通貨制度(石油=ドル制度)へ移行した。

フラクショナル(わずかな)リザーヴ(準備金)バンキング(銀行業)システム(制度)
[通帳マネー]の正体を知れば[見事にダマされている]ことに驚愕するだろう!杉並からの情報発信です12/20


「・・・この世の中に[現金]という[お金]の他に、[通帳マネー]という[幻のお金]が存在することは知られていません。

[通帳マネー]は我々が持っている銀行の預金通帳に印字されている[お金]ですが,[現金]ではない[幻のお金]です。

その正体を正確に知っているのは民間銀行と中央銀行の一部支配エリートだけです。

銀行だけが[通帳マネー]を生み出せるのは、銀行にだけ[信用創造特権]が与えられ個人や企業には与えられていないからです。(注:信用創造しているのは、銀行では無く、紙切れを税金として受け入れる政府。)

銀行が[通帳マネー]を生み出すカラクリは[資本主義]の最大タブーであり、決して公表されたり知られたりしてはいけない・・・

・・・試しに銀行に[預金口座振込ではなく90万円を現金で貸してください]と頼んでも必ず断られます。銀行が預金口座に90万円振り込むのと、一見[現金]が移動するように見えますが実は[現金]が移動するわけではなく[通帳マネー]が通帳に印字されるだけなのです

7)ここが[銀行の錬金術]のカラクリの[肝]で・・・

・・・銀行がB氏の通帳に印字した90万円は金利と共に「現金」として銀行に全額返済されるのは5年後です。本来であればこの90万円は5年後にしか新 たな貸付はできないはずですが、「通帳マ ネー」のカラクリでは貸した90万円は直ぐに返済されたという前提で[現金化=信用創造]されすぐに貸し出すことができるのです。すなわち90万円の法定 準備率10%の9万円を日銀に積み立てれば残りの81万円を新たにC氏に貸し出すことができるので・・・

・・・8)銀行がC氏に貸しだした81万円は同じようにすぐに現金で全額返済されたとの前提で[現金化=信用創造]され、81万から日銀への積立金10%=8.1万を差し引いた72.9万円が新たにD氏に貸し出すことが出来るの・・・

・・・10)現在の日銀の法定準備率を1.0%としますと、銀行はA氏が預けた「現金」100万円を基に企業や個人への貸出を1320回繰り返して 約9900万円の「現金」でない「通帳マネー」を生み出すの・・・

・・・12)世界中のメガバンクが毎日生み出す[通帳マネー]は[実体経済]が必要とする金額をはるかに超えて巨大な[投機マネー](投資ではなく投機=賭博)となり、利益と支配 を求めて世界中で暴走し[実体経済]を破壊しているのが今の現状なの・・・

・・・世界中の民衆が、銀行が無から生み出す[通帳マネー]のカラクリを理解し、現在我々が直面している様々な問題(戦争、財政危機、金融危機、不景気、失業、貧困、食糧危機など)の根本原因が実は銀行が毎日生み出している[通帳マネー]と[投機マネー]にあることを理解すべきです。

そして[通帳マネー廃絶]の闘いに決起すべき・・・」

マネー ~地球を滅ぼす、人類最後の宗教~?
http://www.asyura2.com/13/cult11/msg/275.html


お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム(2/5) Money As Debt


とても分かりやすいお金のお話し
  1. バビロンの金融マフィア達: 番外編 I
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 11 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -