• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

豆知識

「・・・活動するコードのイメージの、一種の視覚的補助を私自身に与えるために、私はその行程に含まれた生物化学的な構成要素の鍵となる数字を含む図表を描きました。これら(の数字)は4、3、64、そして22です。つまり、4種類の化学的土台(土、水、空気、火)があると言う事です。アミノ酸の型板であるトリプレット(3重の)コードン(遺伝暗号)として知られるものを創るためにはその内の3つが必要で、その中には正確に64の種類があります。これらのコードンのそれぞれが、22の更に複雑な構成要素のどれかと一致し、つまり、22のアミノ酸と、合成の行程を始めて止める2つのコード(暗号化)された指示です。私の図表の中で、その64という数字は、3重コードンのコンビネーションの数字(4x4x4)で、四角いグリッド(格子)によって代理され、チェスの板の様に、横に8つ、そして縦に8つの分離(ますの目)があります。」

彼がこれを終えると、しかしながら、ヘイズは、秘儀的な占いの最も古いシステムの内の一つ - 中国のアイ・チング(易経) - とのとても奇妙で驚くべき関連に気づきました:「私が気づいたのはその図表全体が、アイ・チング(イー・キング)として知られる有名な中国の仕事(偉業・達成物)の形状をエコーしていた事で、その64の基本的な文章はそれぞれがへクサグラム(六角形)と呼ばれる6つの行の象徴と一致した事です。」

ですがヘイズのテーブル(図表)とその数字、4、3、64、そして22はどうアイ・チングに特定的に似ていて、そしてどう神聖な幾何学のヘルメス的なコードに一般的に似ているのでしょう?ヘイズはこう説明します:

「アイ・チングは・・・神託としての使用を意図されていました。貴方は問いを尋ね、3つのコインを投げ、そしてそれらの落ち方を検証します。表の優位性は止切られない行を与え - 「陽」は吉で、止切られた行は、「陰」で凶です・・・。」

その結果は、実線またはダッシュ線で記述されます。

「その行程を6度繰り返し、そして貴方はへクサグラムの一つを呼び上げます。その同行する文章が貴方に答えを供給します。」

言い換えると・・・」
バビロンのバンクスター(金融マフィア)達

「しかしながら、ドイツの降服の場合、ドイツのライク(帝国)政府は何処にも記述されておらず、それはその時点までに、アドルフ・ヒトラーの個人的な命令の下、総統と総理の地位が、カール・ドニッツ海軍大将に渡されており、その戦争の最後の週には、彼(ヒトラー)から総理として引き継いでいました。・・・連合側はドイツ軍が降服していない様に見える事を避けるために極力な努力をしましたが、その行程において、サード・ライク(第三帝国)と、そして更に重要な事に、ナチス党を記述する事を怠りました。・・・

「ですが、更なる問題があります。

「ドイツ政府の機関への、官僚的な平行線として、それ自体を構築したナチス党は、そして実にそれはルドルフ・ヘスを、そして後にマーティン・ボーマンを党の全国指導者とし、別々の存在でありながら、その政府の全ての機関に入り込みましたが、降服において、それ自体は全く表されていません!

「テクニカルな議論ではありますが・・・国家社会主義ドイツ労働党(ナチス党)の平行的な官僚組織が降服したか否かは未解決で、何故ならその様な党の代表は、降服の調印には誰もいなかったためです。簡潔に言うと、連合側は、ナチス党の代表が降服条件に署名し、その党を解体する事を強く主張する、黄金の機会を見逃しました!」
ジョセフ P. ファレル、「ナチス・インターナショナル」、26-27ページ
http://anonfiles.com/file/a8bb694529d3a36b8cf205939044a5ae


I am who I am
旧約聖書の出エジプト記3:14の中で、「神」は「私は私である」と言いますが、元のヘブライ語だと、「エア・アシェ・エア」だそうで、「エアはエア」または「私はエアである」という古代の時代において一般的だった言葉遊びかも知れず、バビロニアにおけるエアは、シュメールの知神、エンキと同義です。つまり、ユダヤ教、キリスト教、そしてイスラム教と言った、アブラハムに起因するヤーウェイ・イズム(主義)は、エンキ主義の洗脳かも知れません。正に分断統治のお手本です。

古代シュメールのパンテオン(万神殿)
anunnaki7024.png


トーション・フィールド
運動しているものは全て音(周波数)を発しています。旋回している太陽系の惑星もそうですし、地球も勿論、シューマン・レゾナンスを発していて、地球上の全ての生き物の脳波は、それに同調しているそうです。原子レベルでもプロトンやニュートロンが超高速でグルグル旋回しています。銀河系も旋回しています。旋回の中の旋回の中の旋回の中の旋回の・・・トーション物理学は、ファレル博士の言葉を借りて解りやすく言うと、空っぽのアルミ缶の上と下を持って、雑巾を絞る様に上下真逆の回転の力を与えると、上下の中間が捻じれ、上下の距離が短く成る事で体現されるそうです。

さて、話しは変わって
米ソが核実験を何度も繰り返したのは、「物理学」で計算された破壊力と、実際の実験で起こった破壊力の現象が、「物理学」的な計算を遥かに超えたものだったためで、「物理学」以外の要素の効果があったためだそうです。ビキニ諸島沖で、日本の第五福竜丸が水爆実験の被害にあったのも、その爆発の威力が「物理学」の計算を遥かに超えるものだったからの様です。

TIDBIT: WHY JOHN LENNON MATTERS
豆知識:何故、ジョン・レノンが重要なのか(ファレル博士)
http://gizadeathstar.com/2014/10/tidbit-john-lennon-matters/


「これは思考を刺激する記事で、その著者によって私と分かち合われ、そしてそれは、今日の主なブログの題材(お馬鹿教育)に関連するために、私は此処にシェアします:

何故、ジョン・レノンが、現在進行中の意識に対する戦争において、重要なのか

「私は、自説的な意見を少々の言葉で言う、私の豆知識における、通常の行いからは離れます。レノンが - そしてそれに関して、ビートルズが、そして1990年代のある時期に、ポピュラーな音楽自体が、企業に推進された醜悪化に屈服するまでの、近代ロックの伝統の全体が - 重要なのがまた何故なら、ルネッサンスの絶頂期に始まり、バロッククラシカルの期間を通して続き、そして多くのケースにおいて、ロマンティックの時代を通して20世紀へと続いた、広い西洋のクラシカルな音楽の伝統(そうです、私はクラシカル/古典的と言いました)において、彼(レノン)が代表的だからです。彼は、例えば、ショーエンバーグやバーグの様な、シュール主義者達の計算された人工性や、意図的な反-音楽的な醜悪さ(そうです、私は醜悪さと言いました)や、ストラヴィンスキーの幾つか等々の、ポリトーン(複数音)的でスクリーチ(黒板を爪で引っ掻く音)的な不協和音よりも、遥かに芸術と美の伝統の中にいます。ポリトーン性、またはポリリズムには、何ら問題はありません(CPE. バッハは、両方において、成功的に試みました(もし貴方が私を信じないなら、Wq. 27 の最初の運動を調べてみて下さい[そして其処にいる音楽研究家達に向けて、そうです、ベースの和音の中で、人は、「ポリトーン的」に成らずに、後の理論家達がポリトーン性と呼ぶものを有する事を、私は知っていますが、私の意見において、その効果は同じです]、そしてバロックの時代において更に重要なシュール主義への試みがありました。)レノン、そしてその他のビートルズは、「彼等のオリジナル性を証明する」ために、「新たな形状」を開発する事などせず、音的、メロディー的な美しさ、そして創造性の伝統を活き活きと保たせました。その音楽的な醜悪性の運動に関しては、それもまた、恐らく、意識への攻撃として、最も上手く特徴化されるでしょう。」

Secret Project Created Weaponized Ebola in South Africa in the 1980s
1980年代に、南アフリカにおける秘密のプロジェクトが、兵器化されたエボラを創造しました
http://www.oldthinkernews.com/2014/10/19/secret-project-created-weaponized-ebola-in-south-africa-in-the-1980s/


「1980年代初頭、アパルトヘイト(人種差別政策)時代に活動した、ウォウター・バッソンは、プロジェクト・コーストと呼ばれた、秘密の生物化学兵器のプロジェクトを開始しました。そのプロジェクトの目的は、黒人(を特定的に)殺す、または断種し、そして政治的な敵を暗殺するための、生物学的、そして化学的な媒体を開発することでした。開発された媒体の内にあったのは、マーバーグとエボラ・ウイルスです。

「・・・2001年のニューヨーカー・マガジンの記事によると、プレトリアのアメリカ大使館は、バッソンがプロジェクト・コーストと米国の間の深い関連を明かすのではないかと「酷く心配していました。」

「・・・バッソンの生物化学兵器のプログラムは、1994年に公式に終了されましたが、その創造された病原体がその後、処理/破壊されたのかの、独立的な確認はありません。

「・・・エボラ(の発生)はザンベジ[川]の線に沿ってであり、そしてこれは、新たなウイルスが、人々に直接感染させる事に使えるかを試す実験ではなかったのかを、私は疑います。」 - ティモシー・スタンプス博士、ジンバブエの保険大臣、1998年・・・

Scandal-Ridden Japan Descends Into Pit Of Moral Degeneracy & Radioactive Hell
スキャンダルだらけの日本は、道徳的な退化と放射能地獄に陥る(リチャード・ウィルコックス博士)
http://www.rense.com/general96/scandaljapan.html


「・・・先日、私が日本人の大学の生徒達に、ユーチューブで視聴可能な、クラシックなドキュメンタリー映画:「911ミステリー」を観せた時、彼等はショックを受けました。その映画を観る前に、彼等は政治が「つまらない」と言いましたが、一度それを観て、どう、911があからさまなフォルス・フラッグ(偽旗作戦/自作自演)であるかを学ぶと、彼等は興味津々で活性化され、彼等の席から落ちそうに成る程でした。1930年代に日本が、満州に侵略し、それ自体にそれを主張するために、フォルス・フラッグのテロを使用したと、彼等は述べました。これらの学生達は、私が彼等に観せた、実質的に偏見の無い証拠に基づいて、関連性を造り、メンタル的なパターンを創造し始め - 彼等は学んでいました。

「多くは未だに、9.11の公式な(政府の)見解を受け入れているので、9.11が国内と国際的な圧政の新世界秩序を速めたと言う理解を広めるのは、私達に取って重大です。それはまた、大衆のマインドにおける認識的な不調和を体現し、それは同じ方法で、原子力が、人類にとって有益であるとして受け入れます。

「メディアのブラック・アウトと政府のプロパガンダのせいで、日本人の殆どは、福島の原子力の大災害とその放射線的な結果に関して、記憶喪失の状態です。私のクラスを取っている、一人の年長の学生は、農家の人達をサポートするために、福島からの放射性の食物を、買うのは良い事と主張しました(私のアイデアなら、そう、募金を送る事ですが、貴方自身をガンに与えないでください)。彼女はまた、その原子力の大災害は、避ける事が出来なかったと強く主張しました。私がそうする事が出来た事を証明する十分な証拠を上げると、彼女は立腹し、「私はそれを信じません、」と言いました。

「心配している科学者達の組合の、デーヴィッド・ロックバウムは、東電が幾つかの単純なステップを取ってさえいれば、津波による福島第一原発事故のダメージ的な効果が大々的に避けられた、幾つもの方法をリストしました。

「私が出会う多くの人達は、少量の放射線は、全く心配するべき事では無いと信じています。極少量の偶発的な放射線・・・」

THE DUTCH GET SOME GOLD, BUT WHAT ABOUT THE DEUTSCH? GOLD BAR MONTE, PART ONE
オランダは、幾らかのゴールドを取り戻しましたが、ドイツについてはどうなのでしょう?金の延べ棒のゲーム、パート1(ギザの死の星)
http://gizadeathstar.com/2014/11/dutch-get-gold-deutsch-gold-bar-monte-part-one/


「・・・ブラックヒース男爵は、最近の記憶において私が思い出せる限り、存在していると推定される金の延べ棒の量の奇怪な数字に注目を引いた、主要な権力における最初の政治家です・・・

「・・・ですがNY連銀が、ドイツに対して、「これについては口を閉ざし、あっちへ行け、そして、ノー、お前はお前のゴールドを取り戻す事は出来ない」と伝えるのに忙しかった間、オランダは明らかに、彼等のゴールドの幾らかを取り戻せたようです・・・

「・・・さて、歴史上で今まで採掘されたゴールドの総量は、公式な推量において、158,000トンと174,000トンの間とされます・・・ですが、その様なトン(量)があるなら、NY連銀は間違いなく、ドイツによる、ゴールドを取り戻す要求を満たす事に難しさは無いでしょう・・・

「・・・ですが(2012年2月16日の)ブラックヒース男爵(英国)の議会での演説の中で発言されたのは:

「これが明るみに出た時、私は、私の高貴な友人、ストラスクライド卿の元を訪ね、そしてそれについてどうしたら良いのかを尋ねました。彼は、「それをサス―ン卿に渡しなさい。彼が財務長官だから。」と言いました。ですから私はその通りにして、そして私の高貴な友人、サス―ン卿はそれを見て、すぐさまこう言いました、「これはゴミです。それは大金過ぎます。それは出る杭の如く目立ち、そして貴方は、スコットランド王立銀行の口座の中にそれを見る事は出来ないでしょう。」そして彼はこう続けて言いました、「そのゴールドの後ろ盾は馬鹿馬鹿しいです。世界の歴史において、今まで採掘されたゴールドの量はたった1,507トンですので、ですから貴方が750,000トン(の数字)を有する事は出来ません。

「・・・さて、(英国)上院議会において誰かが、ゴールドの総量について話し出す時、そしてその他の「推量」より遥かに少ない数字を引用する時、特にその同じ日に使われたもう一つの数字が、世界における延べ棒の(公式な)推量の大きい方の4.3である時、私は座り直して注目を払う傾向があります!・・・

「・・・ですが、米国のインターネットの大規模なサイト上で最近、公表された、明らかに間違った情報とは対照的に、私達のゴールドを、私達の国内に取り戻すための、ドイツ国内の圧力は、ブンデシュ銀行に取って蓄積しています。その様なミスの情報は、その目的にとってダメージ的に成る可能性があるので、私達は全面的にそれに対して戦います・・・

「・・・ですから何が一体起こっているのでしょう?

「そのためには、貴方はパート2まで、待たなければなりません。

「ではまた後日・・・」

THE DUTCH GET SOME GOLD, BUT WHAT ABOUT THE DEUTSCH? GOLD BAR MONTE, PART TWO
オランダは幾らかのゴールドを取り戻したけれど、ドイツはどうなの?金の延べ棒のゲーム、パート2(ギザの死の星)
http://gizadeathstar.com/2014/11/dutch-get-gold-deutsch-gold-bar-monte-part-two/


・ゴールドの総量は、たった1,500トンなのか、それとも、通常知られているよりもずっと多く、75万トンなのか、もしかすると、それよりも桁違いに多いのか?

・ヴェネズエラ、オランダ、そしてエクアドルさえ取り戻せたのに、何故、ドイツだけ、取り戻せないのか?

・ゴールドの総量が、その様に乱暴に不明瞭にされている時、金本位制に何のメリットがあるのか?

ドイツ(ブンデシュ銀行)は、米国(米連銀)に、ドイツによるゴールドの取戻しが、「価格の安定性」について何を意味するかに関して、外交的な圧力をかけられた・・・もし、ドイツが674トンを取り戻せないなら、スイスが1,500トン得る事の可能性は無いに等しい。(ゼロ・ヘッジ)

・推理:ゴールドの総量が不明瞭にされているのは、旧日本軍が集めた「黄金の百合」を利用した、隠された金融システムが存在しているから。実際の総量は通説の数倍、もしくは一桁大きいかも知れません・・・ですが、もし、それがそうなら、ドイツは何故、ゴールドを取り戻せないのでしょう?ファレル博士は彼等(米連銀)がそれを持っていないためだと推測しますが、その理由につては、他の識者達とは異なります。

ニクソン政権時代から続く、そのシステム内の全ての流動性と共に、あらゆる一般的な金融的な分析において、今よりも遥か以前に、私達はハイパー・インフレと崩壊を目撃していたでしょう。ですが一般的なモデルは、一貫的に予想する事に失敗してきました。

・通貨、または流動性を、回路における電流に例えると、蓄電の側で、多くの電流が現れていないのと同じで、ゴールドについても同じ類推が出来ます。ですから、その回路に現れていない蓄電の側から電流(流動性)が漏れている、または抜き取られています。

・ファレル博士の自論:それらは闇の予算に行くだけで無く、貿易、または献金の形で、地球外に行っています(ゴールドも同じ様に)。

・もし、金融と物理学の間に関連性があるのなら、数学的なモデルのために、想像的な数字の様な、「超次元的」な数字(i.e.マックスウェルの元々の方程式/ドラードのヴァーサー数値)が電場と磁場のために必要。

・モノアトミック・ゴールド/反重力/「誰か」

・ドイツからメッセージが配信されているのは、重要かも知れません。(NATOからBRICSへ・・・i.e.ゴールドを取り戻す事は、世界の舞台における、より独立した、地政学的な方向性に向かった一歩。)

ADMITTING CLASS ONE CIVILIZATION STATUS…?
クラス・ワン文明の地位を認める…?(ギザの死の星)
http://gizadeathstar.com/2014/12/admitting-class-one-civilization-status/


・タイプ1は、惑星全体のエネルギーの産出を必要とする。
・タイプ2:恒星全体、タイプ3:銀河全体。

「・・・読者達の多くが、先週、私に知らせてくれたニュースのこの興味深い一部を考えてみて下さい:

PHYSICS, EVOLUTION, AND LIFE
物理学、進化、そして生命(ギザの死の星)
http://gizadeathstar.com/2014/12/physics-evolution-life/


「・・・これ(記事)が重要なのは、どれだけ劇的に、宇宙的な物理学(電気的宇宙論)と、生命科学が融合しているのかを示唆するためで、そしてどう最終的に、両方がある重要な形而上学(哲学)的な問いに対して打席に立っているのかで、それは本日の「高度にハイオクな推理」の題材に成るでしょう。以下はその記事です:

・宇宙は、エネルギーの源泉が外的に存在する、オープン・システム
・科学者達にとっての挑戦は、その様な存在の状態が、まず最初に何故起こるのかを説明する「一つの方程式」を見つける事で、その挑戦は、言い換えると、原理的に形而上学的な関心を表現する、正式な方法を見つける事です。→i.e.ドラードのヴァーサー方程式

「電球の中の銀河的な生命?ガラスのバルブの中のプラズマ放電に宇宙的形状が現れる。
1988年、カリフォルニア、サンタ・バーバラの古きBSRF研究所で、エリック・ドラードによって創造された。」


  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 08 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -