• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

FBIの記録:保管室(アドルフ・ヒトラー)

FBI Records:The Vault
FBIの記録:保管室(アドルフ・ヒトラー)

http://vault.fbi.gov/adolf-hitler/adolf-hitler-part-01-of-04/view

連保調査局
ロサンジェルス  書類番号:105-410
1945年9月21日
事実の一覧:
***は***との接触を***、
潜水艦によってアドルフ・ヒトラーがアルゼンチンに到着した際に、***は6人のアルゼンチンのトップの役人を手助けし***。ヒトラーはアンデス南部の山麓地帯に隠れていると報告されています。***から得られた情報は確認出来ておらず、何故なら***が蒸発したためです。***を探し出す試みは否定的です。

警察の書類にもINSの書類にも彼の記録はありません。

返答:調査局へのロサンジェルスの手紙、8月14日 - 45年(?)

詳細:
***カリフォルニア州、ハリウッド、***
***がロサンジェルスのイグザミナー紙のシティー・デスクの***にした報告によると、1945年7月25日頃に、彼がハリウッド・アンド・ヴァイン通りのメロディー・レーン・レストランを出る際に、彼はある友人に出会い、その友人は当時、後に***と彼の身分証明をしたある個人と対話中であり、***のちに説明される理由のために彼は***の正体を明かす事を望まず、彼の考えでは***は明らかに大問題なので、彼に***に合って欲しいと述べました。***は引き続き述べ、***に紹介された後にその友人は離れ、彼は数時間***と過ごし、以下の情報を得ました。

***は、もし彼が以下の情報を伝えたら、彼がアルゼンチンに送り返される事から彼を防ぐ事が出来る、ある政府高官を見つけて欲しいと***は***に明かしました。***によると、***は、ベルリンが陥落してから約2週間半後に、アルゼンチンで2隻の潜水艦から、彼等が上陸した時に、ヒトラーとその一行を出迎えた4人の男達の内の一人でした。***は続けて述べ、午後11時頃に最初の潜水艦が岸に近づいた時、上陸しても安全とシグナルされた後、一人の医師と数人の男達が上陸しました。その約2時間後、2隻目の潜水艦が岸に付き、ヒトラーと、2人の女性、もう一人に医師、そして更に数名の男達の階級が現れ、潜水艦によって到着したそのグループの数は約50名が乗船していました。アルゼンチンの役人のトップの6人と事前に計画された通り、馬の一団がそのグループのために準備されており、日中に全ての生活必需品が馬に積まれ、1日をかけた内陸のアンデス南部の山麓の麓に向かう旅が始められました。夜明け頃に、ヒトラーと彼の一向は、***によると、彼等が今隠れている牧場に到着しました。その潜水艦は、サン・カティアス湾の中でアルゼンチンの南端に沿って、ヴァルデス半島に沿って着岸したと***は最も特定的に説明しました。ドイツ人の家族達と、ヒトラーの一向のメンバー達が最終的に留まる地域には、幾つものとても小さな村々があると、***は***に伝えました。彼はそれらの町の名前は、サン・アントニオ、ヴィデマ、ノウクエン、ムスター、カルメナ、そしてラーソンだとしました。

***は彼が、その6人のアルゼンチンの役人を名指し出来ると主張し、そしてまた、彼の隠れ場所において人ラーを内陸で助けたとされる3人の男達の名前も知っていると主張します。***はこの取引において助ける事で$15,000与えられたと説明します。彼が今、米国に隠れているのは、彼が後に彼がどうやってアルゼンチンを抜け出したのかを伝える事が出来るためだと、***は***に説明しました。米国の役人達は彼をアルゼンチンに送り戻す事から彼を救えるかも知れないので、ヒトラーが捕えられた後に、彼はこの話を米国の役人達に話すと彼は***に明言しました。この問題は彼の頭に重く圧し掛かり、彼はこれ以上このビジネスに関わりたくないと彼は更に***に説明しました。

***によると、ヒトラーはアスマと潰瘍にくるしんでおり、彼の髭を剃り落し、彼の上唇には長い「but(?)」があると言います。

***は以下の指示を***に与えました。「もし貴方がアルゼンチンのサン・アントニオのホテルに行くなら、私はある人が貴方に会い、ヒトラーがいる牧場の場所を特定させましょう。それは勿論、厳重に警備されているので、其処に行くために貴方は貴方の命を危険にさらす事に成ります。もし貴方がアルゼンチンに行くのなら、イグザミナー紙に広告を出し、***ハンプステッド8458に連絡を、と明言してくれれば、私は貴方がサン・アントニオに向かう途中だと知る事が出来ます。」

上の情報は1945年7月29日にロサンジェルス・イグザミナー紙の記者***に与えられました。

その記述者は、上記の話しに関する詳細を精力的に聞き出すために、***の居場所を特定する事を試みるために、***に接触しました。***は上記された情報を繰り返し確認し、***がメロディー・レーン・レストランの前で話していた友人は、「ジャック」と言う名で彼に知られる彼の友人ですが名字は不明で、紹介されてから更に「ジャック」と対話し、そして彼がメロディ-・レーン・レストランで昼食を食べている際に、***は彼のテーブルに座り、そして食事の後に彼に続いて出て、レストランの前で彼と対話しました。「ジャック」によると***は、彼が重要な情報を持っている事を口にし、この情報を伝えるための正しい役人達を見つける事への協力を頼まれました。***が現れたのはこの時点で、彼は***に彼の話を出来るだけ***、彼、「ジャック」は急いでいるので***と「ジャック」は***に伝えました。

<以下省略>
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 08 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -