♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

驚き:ゴールドマンがハイ・フリクエンシー・トレーディングを断念する!?(ファレル博士/ゼロヘッジ)(追記=Read more)

A STUNNER: GOLDMAN TO ABANDON HFT!?
驚き:ゴールドマンがハイ・フリクエンシー・トレーディングを断念する!?(ファレル博士/ゼロヘッジ)

http://gizadeathstar.com/2014/04/stunner-goldman-abandon-hft/

これは驚きです;それ以外に言いようがありません、皆さん、そしてそれがその様な驚きなので、私はそれに関しての幾らかのハイオクタンな推理を避ける事が出来ず、そして私が推測するに、それを超えて窒息的推理までしてしまうかもしれません。ゼロヘッジは、ゴールドマン・サックスが、過去にとても役に立ったHFT(ハイ・フリクエンシー・トレーディング/コンピューター・プログラムによる自動売買)を断念するかも知れないと報告しました。

3度びっくりのショック:ゴールドマンがシグマXのスイッチを切る

http://www.zerohedge.com/news/2014-04-08/triple-whammy-shocker-goldman-shutting-down-sigma-x

ゴールドマンに関する限り、そしてゼロヘッジが報告する限り、その問題の中心は、アメリカのセキュリティー市場のパンとバターと成ったハイ・フリクエンシー・トレーディングが、「フラッシュ・クラッシュの10倍」の危険にあると言う事です。

「そしてもしゴールドマンがHFTから撤退する意思があるだけでなく、レガシー(過去のデータ)に照らされた市場全体からだけでなく、その薄暗いプール(資金?)からもまた撤退するなら、何か真に大きく変格的なものが存在している市場構造に来るだけでなく、その何かはとても破壊的なもので、今回限りは、私達も、ゴールドマンがその袖に隠しているものが何かを知るのが待ちきれず、その袖はまた、ベルトウェイの立法者達も抱えています。

ゴールドマンは何故、今、これをしているのでしょう?私達は知りません。しかしながら、記述するに値するのは、フラッシュ・ボーイズの234ページにマイケル・ルイスがゴールドマンのパートナーで、ゴールドマンの世界株式証券市場の副社長である、ロン・モーガンとブライアン・レヴァインを引用し、(彼等は)こう言った事です:「もし何らかの変更が成されないなら、巨大なクラッシュが、フラッシュ・クラッシュを10倍にしたものが起こるでしょう。」」

その話を知らない人のために、言及されたフラッシュ・クラッシュとは、2010年の「フラッシュ・クラッシュ(一瞬の崩壊)」の事で、プロクター・アンド・ギャンブルの株価が突然 - そして私はとても突然を意味しますが - コンピューターに制御されたハイ・フリクエンシー・トレーディングにおいて数秒の内に暴落し始め、同様に突然、立て直し始めた事です。幾つもの売買注文を1000分の1秒単位で実行し、膨大な株式を取引するのは今、一般的に成り、そしてゴールドマンのこの実効からの撤退は巨大なニュースであるだけでなく、ゼロ・ヘッジが断言する様に、「3度びっくり」で、または私の友人であるジョージ・アン・ヒューズが言うであろうに「びっくり仰天」です。ゼロ・ヘッジが示唆する様に、それはゴールドマンが、何かが来る事(10倍のフラッシュ・クラッシュ?またはその他の何かが来るのを知っているサインです。

問題は、それが何か?です。

此処で私は幾らかのハイオクタンな推理をしますが、恐らく2010年の「フラッシュ・クラッシュ」の全ての要素を慎重に熟考する事によってゴールドマンが知っているかも知れず、疑っているかも知れないのは、HFTネットワークは - セキュリティー市場の中と周りに今、現れ始めた「薄暗いプール」は - 人間の発明と知性がそう出来る限り安全ですが、ハイ・フリクエンシー・トレーディングを通した市場価格の突然の消失に対して内築されたセーフ・ガードがあるにも拘らず、そのシステムが未だに「ハック可能」なのかも知れません。ゴールドマンが言っているのは、結果的に、この特定のカジノは、「応諾していない」と言う事で、テーブルから歩み去ったと言う事です。サイコロはイカサマで、ルーレットは仕掛けされ、トランプは印がつけられ削られています。

もう一つの考えを此処に加えてみましょう: - キャサリン・オースティン・フィッツとその他数名と共に - 私が主張し続けてきたのは、NSAの電子的覗き見はテロリズムについてと同じほどに金融的な覗き見だと言う事です。それは究極のインサイダー取引のメカニズムで、それがゴールドマンの行動の賭けをより高く上げるのは、それが意味するのは銀行と株式証券取引会社には何らかの強力な競争相手がいて、そして実にカジノにおける彼等の操作と影響力を失たかも知れない事で、国家安全組織の形状をしたもう一つの派閥がそのゲームに強引に参入してるのかも知れず、そして誰の電子的お金は安全では無く、銀行家達のお金さえもです。

恐らく - 推理の小枝よりも先に冒険し、そしてその小枝が耐えられる重さを超えて言うと - 多分ゴールドマンは、その2010年のフラッシュ・クラッシュの調査において何かを発見し、何か不可思議で奇妙な事実、またはその日の出来事の周りに浮かぶ出来事を見つけ、それはそれ(ゴールドマン)に、安全とされるシステムに入り込み、そして意のままに遠隔操作で取引目標のアルゴリズムを変える能力のあるプレーヤーは、一人だけでは無く2人いると考えさせたのかも知れません。もし彼等がそうしたとしても、今の処、彼等は語っていません。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:1
  4. [ edit ]

ゼロ・ヘッジの記事より:

もし本当であれば、これが物凄い発展なのは説明を必要としません。何故ならシグマXが業界最大のダーク・プール(匿名的資金)であるないは不明の間 - その主張はクレディット・スイスがゴールドマン-シグマXの横で主張出来るかもしれませんが、私達が過去五年間、詳細に記述してきた様に、それはゴールドマンに日常的な広範囲の収入を供給するだけでなく、ヘッジ・ファンドの大きな塊とミューチュアル・ファンドの殆どが、最近話題に上がっていた寄生虫的なHFTのアルゴリズムを避けるまさにそのために、今、殆ど限定的にダーク・プールで取引/処理されるので、組織/ファンド的市場で何が起こるかの内側からの一見もまた、その会社(ゴールドマン)に与えます。

ゴールドマンはニューヨークのセキュリティー・エクスチェンジ(NYSE)自体から撤退するようです。

レガシーとは2000年のスピアー・Ledds&ケロッグ買収の際の65億ドルの残り。

  1. 2017/02/23(木) 09:04:49 |
  2. URL |
  3. bridal dress
  4. [ Edit ]
Fastidious answers in return of this difficulty with genuine arguments and explaining all
concerning that.

Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 04 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -