♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

引用

02. 2014年5月25日 23:34:57 : dp4XTYfT2A
上海協力機構 侮れないねえ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E5%8D%94%E5%8A%9B%E6%A9%9F%E6%A7%8B


日本は相変わらず欧米一辺倒か。


03. 2014年5月26日 11:14:42 : xshhSg8UjU
ロシアの声から。

ペテルブルグ国際経済フォーラム2014:投資誘致とリスク軽減

サンクトペテルブルグで行われていた第18回国際経済フォーラムが、その幕を閉じた。今年のフォーラムは「変革の時代の信頼強化」をモットーに行われた。特に「信頼」というテーマは、米国と欧州諸国が、ロシアに対し導入した制裁を背景に、アクチュアルなものとなった。まさにそれゆえに、経済成長刺激策及びロシアへの投資誘致といった問題は、参加者達の最も大きな関心を集めた。

サンクトペテルブルグでのフォーラムが、まず何よりも経済をテーマにしたものであるにも関わらず、今年は政治を避けて通る事は出来なかった。ウクライナ情勢に関連したロシアと西側との間の関係悪化が、ビジネスの発展に直接影響を与え、ロシア及び欧米を問わず企業活動に芳しくない影響を与えている。制裁によって最も大きな損失を受けているのは、まさに外国のパートナー達だ。彼らにとって、この問題は極めて重要である。

フォーラム2日目、ウラジーミル・プーチン大統領は、参加者を前に演説し、次のように述べた―

「ロシアに多額の投資をし、素晴らしい評判を獲得し、わが国で成功裏に活動している外国のビジネスマン諸氏の懸念を、私はよく理解している。それは、機械製作及びエンジニアリング企業の代表達で、彼らにとってロシアの注文が、基本的な成長源だった。あるいは、例えば、多くの点でロシア人向けの欧州の旅行会社もそうだ。今や根拠薄弱な政策のせいで、こうした成長ビジネスは、損失を被り、ライバルにせっかく獲得した良いポジションと巨大な市場を渡さなくてはならないのだろうか?」

ロシアの企業家も、貿易経済関係の確立に関心を抱いている。フォーラムでの主要なテーマの一つは、ロシアにおけるビジネス環境の改善と投資への刺激である。今年から、外国のパートナーは、ロシアにおいて収益性の高いプロジェクトを見つけるのが容易になるだろう。それが可能となるのは、投資環境状況のナショナル・ランキングのおかげだ。外国の投資家達は、自分達の考えによって分配を行い、どこで最も快適にビジネスを行うべきか言う事ができる。

プーチン大統領は次のようの述べた―

「実際上、これは、国の企業家のイニシアチブやロシアの各主体(共和国や地方、州など)における地域のスタンダードを評価するメカニズムだ。それは、地域で実際に活動する企業家達の意見に基づいている。そしてナショナル・ランキングは、単に評価のシステムであるだけではない。それは、連邦レベルでもまた地方レベルでも、システム変更のため実際働く道具となるはずである。」

大統領は、ランキングの主な課題は、投資の「地理学的可能性」を拡大し、外国企業の地方への誘致を促す事にあると指摘している。

イーゴリ・スリュナーエフ地域開発相は「外国のパートナーが、これに注意を向けない事など明らかにあり得ない」と確信し、次のように続けた―

「その例が、サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムだ。75カ国から6千5百人もの参加者があり、その三分の二は、欧州の代表である。まして我々は、外国投資誘致の面でリードしており、このダイナミズムは保たれている。プーチン大統領は、制裁について大変正しい定義をした。経済制裁は『ブーメランの原則に基づいて作用する』と述べたのだ。それは戻ってきて、そうした制裁措置を取っている国々の経済を直撃する。」

なおプーチン大統領は、自らの発言の中で「ロシアは、欧米の国々と協力する意向であり、欧州の指導者達の『円熟したプラグマチックナ立場』を評価している。ロシアの側から、ビジネスの成功を邪魔するバリアを設けることはしていないし、これからもしない。選択するのは、そちら側だ」と述べている。
アレクサンドラ ヂビジェワ, 経済
http://japanese.ruvr.ru/2014_05_25/272769477/

フランス ロシア最大のシェールオイル鉱床を開発

ロシアの民間石油大手ルコイルは、フランスの石油ガス企業トタルと、西シベリアにあるバジェノフ層シェールオイル鉱床を開発するために、合弁企業を設立する。鉱床の開発には、約1億5000万ドルが投資される予定。ペテルブルグ国際経済フォーラムで、ルコイルのアレクペロフ社長が明らかにした。イタル・タス通信が伝えた。

アレクペロフ社長は、合弁会社の出資比率はルコイルが51パーセント、トタルが49パーセントだが、決定は対等の原則で行われると述べた。

バジェノフ層シェールオイルは、ロシア最大のシェールオイル鉱床。米エネルギー情報局の2013年の情報によると、バジェノフ層のシェールオイル埋蔵量は、1兆2400億バレルとみられている。 

Lenta.Ruより
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_05_23/she-ruoiru/


VisaとMasterCard ロシアでの事業を継続

国際的なクレジットカード会社VisaとMasterCardは、外国政府の政治的判断に関係なく、ロシアでの事業を継続する計画。ペテルブルグ国際経済フォーラム2014で、ロシアのシュワロフ第一副首相が、VisaとMasterCardの代表者と協議した結果について明らかにした。

シュワロフ第一副首相によると、両社はロシアで事業を積極的に展開することを望んでいるという。

ロシア政府、国民支払いシステム法案を承認

シュワロフ氏は、「両社は、ロシアの複数の銀行でクレジットカード取引が停止したことに対する責任について理解している」と語った。

インターファクス、リア・ノーヴォスチ
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_05_25/272781561/

ガーディアン紙:IMFはウクライナ国民を破滅させる

国際通貨基金(IMF)は、ウクライナに対して融資と引き換えに緊縮財政を求めているが、ウクライナ国民への支援ではなく、ウクライナの西側債権者や、ウクライナ国債の保有者たちを支援しようとしている。ガーディアン紙の評論員マイケル·バーク氏は、このような確信を示している。

バーク氏によると、ウクライナ政府がIMFの要求を実行することで、ウクライナ国民は「貧困」に陥るという。

特に、ウクライナ政府は通貨グリブナの切り下げを行わざるを得ず、「その結果、全ての輸入品の価格が上昇」し、銀行の「救済」は国が行い、政府の支出は増加し、エネルギー価格が高騰するという。

バーク氏は、このようにIMFは政府ではなく、民間の金融機関を支援しようとしており、ウクライナ政府は国の資金を使って破綻した銀行を救済する羽目に陥ると指摘している。

外国の各マスコミより
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_05_22/272655780/
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 04 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -