• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

科学とスピリチュアリティーの接点

ラッセルの宇宙論 ― 科学とスピリチュアリティーの接点
http://ameblo.jp/hnakajima/entry-10344221122.html


「・・・と言われている元素(原子)も、人間の肉体と同じような“波”の周期を繰り返す。水素や酸素、鉄や金など様々な元素が存在する、と我々は考えているが、ラッセルによると、すべての元素のもとは1種類の“波”で、この1つが4段階の凝縮と拡散の周期を繰り返して年をとっていく過程の、一つひとつの段階がそれぞれの元素に相当する。“元素”の一生は、凝縮の4段階と拡散の4段階が交互に、それぞれ10回繰り返す(これは後で9回に改定された)。


「この“元素”の肉体のピークは炭素のときで、これはちょうど5周期目の一番凝縮した段階に当たる。だから炭素が、最も硬い。メンデレーエフが作成して、今でも化学の根本となっている“元素の周期律表”は水素がスタートだが、ラッセルによると、水素は4周期目のかなり成長した“元素”だ。あるべき“元素”がたくさん抜けている“不完全な”メンデレーエフの元素表を改良した“ラッセルの元素表”が「ユニバーサルワン」に載っている。

「この“ラッセル表”によって推定された元素のうちのウラニウムや水素のアイソトープ(同位体)など4つが、この本の出版された後にそれぞれ発見され、4人の“発見者”のうち、水素のアイソトープ以外の3人にノーベル賞が授与された。この4人にこの本を送ったかは、資料が残っていないので・・・」

[エーテル・・・]
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 11 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -