• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

シェル・ゲーム



「・・・私達は、北朝鮮とイスラエルが、お互いに対して極度に敵対的である事を知っています。北朝鮮は、(偽)ユダヤ的な国家(イスラエル)を一度も認識しておらず、そして1988年において、イスラエルの全て(の国土)を含んでいる、パレスチナを国家として公認しています。イスラエルは頻繁に、北朝鮮が、ハマスとシリアと、武器弾薬をやり取りしていると非難します・・・」
- ギラード・アツモン


「・・・そして更に、そのミックス(BRICS + ドイツ/i.e. ヨーロッパ)に日本が加えられると、アメリカの現在の外交政策は、地政学的な空想(戯言)として定義される事の出来る、ブレジンスキー的な世界観の愚かさにおいて行われていると人は認識するでしょう・・・」
- ジョセフ P. ファレル


「・・・加えて、イスラエルの長期的な計画は - 『大イスラエルのための計画である – Oden Yinon 』の中で描写された様に、中東を分断(統治)し、そして小国化する事なので、リビアとシリアを犯し、略奪し、そして破壊している、ISIS の過激主義者(テロリスト)達のためのサウジ-イスラエルの援助を説明する、サウジ-イスラエルの部族的な繋がりがあります・・・」
- スコット・ベネット


アップデート中:
・トランスヒューマニズム
錬金術的な目的の魔導書

・統一されたフィールドの秘密
フィラデルフィアの実験、ナチスのベル、そして見捨てられた(隠蔽された)理論

_____

ブーズ・アレン・ハミルトン社と米国中央コマンドとの、スイス・ユニオン銀行を介したテロ組織との金融的な繋がりの、米国政府による裏切りと隠蔽

米国議会への、内部告発者の報告


米国陸軍(予備隊)、第11心理作戦部隊、スコット・ベネット少尉著
1 Bennett

国防省監査官宛て

2013年5月27日付
http://www.jimstonefreelance.com/shell_game.pdf

Shell Game: A Whistleblowing Report
シェル・ゲーム: 内部告発者の報告

https://www.amazon.com/Shell-Game-Whistleblowing-Scott-Bennett/dp/1312002603

目次

内部告発の報告の公開
これは、アメリカの人々に対する、「内部告発者」の報告です。それは既に、軍部、議会、司法局、そしてメディアに対して送られ(報告され)ました。その目的は -- 私達の兵士達、私達の同盟国の仲間達、そして私達の市民達 -- そして私達の国の未来のために、情報を与え、心を鼓舞し、そして命を救う事です。

私はアメリカ人の兵士で、そして陸軍の士官で、更に私は「国外と国内の全ての敵に対して、合衆国の憲法を守る」ための、私の誓いに従ってこれを書いています。

この場合において私は、テロリストの金融ネットワーク(人脈)と作戦に対して関係している、鍵の金融的な情報を利用しない事によって、国外のテロリストの敵に対して「資金援助と安全」を与え;そしてそれによってアメリカ合衆国の人々に対して(米国憲法の第三条、第三項によって定義される処)、国家反逆罪を犯している、国内の敵に対して防衛しています。

アメリカの市民達、そして私達の国際的な連合国の市民達は、その問題を調査し、説明を供給し、そして拘わっている全ての関係者達に責任を取らせるための国会的な証人喚問を要求するために、米国下院議会議員達、米国上院議会、そしてメディアに、電話をかけ、手紙を書く事を薦めます。

以下に続くのは真実の話しです。

2013年5月27日、(米国)戦没将兵記念日 署名:スコット・ベネット
米国陸軍(予備隊)少尉
第11心理作戦部隊
FPC Schuylkill, camp 2, A-14
マイナーズヴィル、ペンシルヴァニア 17954-0670
(570) 544-7100 fax: (570) 544-7296
Fed. No.: 29418-016

報道公表:一覧(緊急の公表のために):

RE: (2013年2月28日のローリング・ストーン誌の記事「大きすぎて刑務所に送れない」に引き続いて)心理的な戦争とテロリストの金融(資金援助)問題についての(米国)議会に対する軍部の内部告発者の報告。

軍部の士官達、国会議員達、そしてメディアは注目して下さい:

もしあなたに関心があるなら、私は、あなたがそれを暴露するために、プリッツアー賞と、そしてそれに面と向かうための勇気を持っていたために、米国の自由勲章の両方を受賞出来るであろう、ある逸話を、あなたに分かち合いたいと思います。

その逸話は、議会に対する2つの軍事的な内部告発者の報告が拘わっています。一つの報告書は、アメリカ人達に対して行われる「心理的な戦争の問題」を検証し;もう一つの報告書は、国際的な銀行による、テロリストに対する資金援助と、米国政府の役人達による、意図的な隠蔽(いんぺい)を検証します。一方の報告書は、ベンガジ、リビアへの攻撃を預言的に警告し;もう一方の報告書は、マット・タビイのローリング・ストーン誌の記事「大き過ぎて刑務所に送れない」の中で挙げられた問題の、より深く、更に油断ならない要素を指摘します。

とても単純に、そのローリング・ストーン誌の記事は、テロリストへの資金援助、世界規模の銀行、防衛コントラクター(下請け会社)、そして意図的な軍事諜報の失敗に関する政府の腐敗の、石油で真っ黒な氷山の一角だけを暴露します。

本当の逸話(情報)は、2012年9月25日の、米国民間状況-心理的な作戦コマンド;秘密裡の上院議会の質疑会;内部告発者に対する司法局による暗殺の試み;そして、政府の最も上層部における、金融的な情報を分かち合う事の失敗(隠蔽)として唯一説明可能な:1)軍部に対する、司法局と諜報工作コミュニテー(CIA)による、情報の、国家反逆罪的で陰謀的な操作;または、2)兵士達に不必要な血を流させ、そして何千万ドルをも無駄遣いさせた、痛ましくもスキャンダル的な官僚制度的な大失態のどちらかです。私は、私の手にある銀行明細、ウィキリークスの通信、手紙(e-メール)、報告書、インタヴューそしてその他の資料をあなたが吟味し、そしてあなた自身の結論に辿り着くために、あなたを招待します。

私が何者なのか:
私は、米国特殊作戦コマンド、米国中央コマンド、そして対-テロリズム部門(そしてその他の機関)のための国務省の調整者において豊富な経験を共にした、陸軍士官です。これ以前に私は、2003年から2008年まで、G.W. ブッシュ政権のために働き、トップ機密/SCI 安全対策クリアレンスを持ち、そして心理的な戦争と、イスラム的なテロリストの金融的な作戦(資金援助)の専門家でした。履歴書は付属されています。

あなたと、あなたの組織は、アメリカ政府における説明責任のスピリットを体現すると主張し、民主主義的な自由の守護者として認識されるので、私は更なる説明のために、私に連絡する事によって、その称号と誓いを敬うために、あなたを招待します。

もしあなたが、「ダ・ヴィンチ・コード」のシナリオとミックスされた(小説家)トム・クランシーの様に読める、次の「ウォーターゲート」/「イラン・コントラ」事件において興味があるなら、詳細のために私に連絡して下さい。

あなたに対する敬意と共に、
スコット・ベネット

概要

以下に内封されたのは、米国議会を迂回し、アメリカの人々に対して直接彼の情報を公開する判断をさせるために、エドワード・スノーデンに影響した、83ページの軍事的な内部告発者の報告からの引用です。

その報告書は、スノーデンを雇用していた同じ防衛コントラクターである -- ブーズ・アレン・ハミルトン社における、陸軍士官で、心理学的な戦争の分析者(スコット・ベネット少尉)によって記述されました。この分析者は、トップ機密/繊細なコンパートメント(機密)化された情報(TS/SCI)のクリアレンス(介入許可)を有し、国務省における対-テロリズム、米国特殊作戦コマンド、そしてワシントン DC とフロリダにおける米国中央コマンドにおいて働きました。その報告書は以下を答えます:

1.何故、エドワード・スノーデンは、彼が直ぐに(直接に)公表しなければならないと感じたのか?

2.ブーズ・アレン・ハミルトン社、NSA (国家安全保障局)、CIA (中央諜報工作機関)、スイス・ユニオン銀行(UBS)、そしてテロリストの危険への資金援助の陰謀と隠蔽を繋げるのは何か?

3.CIA によるおとり捜査によって逮捕され、その正体が、スイスのジュネーヴにおける CIA との彼の時間の間に、スノーデンによって発見されたスイスの銀行家は誰なのか?

4.ブーズ・アレン・ハミルトン社の関係者達、エドワード・スノーデン、スコット・ベネット、マイク・マコーネル、そしてジェームズ・クラッパーとは何者なのか?

5.国家安全保障局(NSA)の内部告発者達、トマス・ドレイク、ウイリアム・ビンニー、そしてカーク・ウィーブとは誰なのか?

答え:

1.スノーデンが公表を行ったのは、彼には選択肢が無かったためです。彼は、公式な命令系統を通して、彼の報告書を提出した際に、スコット・ベネット少尉に何が起こったのかを発見し、そして唯一のチャンスは、彼等に伝える事によってアメリカ人達に警告する事だと知っていました。

2.ブーズ・アレン・ハミルトン社は、軍部と諜報工作コミュニティーのために、テロリストの危険への金融における人材と作戦を管理していましたが、一人の分析者がスイスの銀行の問題を報告した後、彼は解雇され、その報告書は隠蔽されました。

3.そのスイスの銀行家、ブラッド・バーケンフェルドは、司法局と諜報工作の各機関に対してスイス・ユニオン銀行(UBS) - テロリストの危険への金融の関係を彼が暴露した後、起訴され、有罪判決にされ、そして刑務所に送られました。

4.スコット・ベネットは、ブーズ・アレン・ハミルトン社の関係者で、米国 CENTCOM (中央コマンド)におけるテロリストの危険への金融の分析者として働いた陸軍士官で、そして彼が:ベンガジの攻撃を予測し;UBS-バーケンフェルド-CIAの陰謀と隠蔽を暴露した、2つの報告書を、命令系統に上告した後、でっち上げの冤罪(えんざい)で起訴され、裁判にかけられ、そして有罪にされました。皮肉にも、バーケンフェルドとベネットは、同じ刑務所の同じ区画に辿り着き、そして資料を比較し -- お互いが、互いの点と点を線に結び付け、恐ろしい結論に至りました。

マイク・マコーネルは、2007-2009年の間、国家諜報局(DNI)の長官で、UBS-バーケンフェルドについての CIA からの諜報報告書を読みました。マコーネルは現在(2013年)、ブーズ・アレン・ハミルトン社の副社長で、サイバー戦争を担当しています。

ジェームズ・クラッパーもまた、元ブーズ・アレンの役員で、現在は国家諜報局(DNI)の長官です。彼はスノーデンとベネットの情報報告書を読みました。米国政府、またはブーズ・アレン・ハミルトン社において一人として、テロリストの危険への金融-UBS-バーケンフェルド-CIA-ブーズ・アレン・ハミルトン社の関係について聴取された者は -- 未だに誰もいません。クラッパーは、アメリカ人達に対する NSA の監視のスノーデンの報告書について彼が嘘をつき、そしてスノーデンが公表した、UBS-バーケンフェルド-CIA の関係を確認した、ベネットの報告書を報告しないと同時に、スノーデンとベネットの両方が報告した、ブーズ・アレン・ハミルトン社に対する関連性を報告しなかった時に、米国議会の前で「最も真実味の無い明言」を行いました。

5.NSA の内部告発者達、トマス・ドレイク、ウイリアム・ビンニー、そして J. カーク・ウィーブは、NSA の違法行為を合法的に暴露した後に、起訴され、有罪にされ、そして人生を無茶苦茶にされた、愛国者達です。全てにおいて最も不穏にさせられるのは、防衛長官、リオン・ペネッタが、ブーズ・アレンの人脈である事です。

これは単なる引用です。83ページの報告書の全体は:スコット・ベネット少尉、29418-016、郵便局 Box 670、マイナーズヴィル、ペンシルヴァニア州17954-0670(メディアの連絡のためには、570-544-7100)において、その陸軍士官に直接連絡する事によって入手されるでしょう。

ベネットの弁護士:ジェフ・オトゥール(202-775-1550)otoole@otrons.com
ベネットの軍事弁護士:アヴィ・ストーン大尉(avraham.r.stone@us.army.mil)

「あなたは真理を知るであろう。そして真理は、あなたがたに自由を得させるであろう。」 - ヨハネ8:32

1 696b49f02a5db7acf44235a1b448d346a8bab2
SHELLGAME

序文(i)

メル・ギブソン(俳優/映画監督)の最高傑作の映画「ブレーヴハート」の中で、戦場でウィリアム・ウォレスを裏切り -- 賄賂(ワイロ)のお金と政治的な称号(地位)のために、その戦いの間に彼(ウォレス)を見捨てる -- 「貴族」が、保証されたベッドの上で眠る間、顔を青く塗り、剣を振るいながら、炎を背景にし、馬にまたがり駆け抜けて、彼(貴族)の後を追うウォレスの悪夢によってうなされて、右へ、左へ、寝返り;彼(ウォレス)の恐怖におののいて目覚める場面があります。彼(貴族)が、それが唯の夢だったと安堵のため息を吐いた時、その寝室のドアが突然、馬の上に乗ったウォレスによって開かれ、彼(ウォレス)が進み、そのベッドの上に乗り、鎖に繋がった大きな鉄球を振りかざし、その裏切り者の顔の上に振り下ろします。

私はこの手紙が、間違いなく、特定の人達の上に、同じ効果を持つと予想します。現時点の何処かで、米国政府の、薄暗く、ひんやりとした個室の中で、この報告書がアメリカの一般大衆に届く事を恐れ、必死に隠蔽し、妨げようと試む、ホワイト・ハウス、諜報工作コミュニティー、米国議会、メディア、そして軍部からの、寄生虫的な法律家達と官僚達の神経質に脅えているカバール(陰謀組織)がいるためです。その偽善がたった今、この手紙の背後の重みと推進力と共に、キャリアとメンツを潰す終わりへと至る妨害者達(法律家/官僚達);そして彼等の悪行は、それらがそうである様に、国家反逆罪の行いとして暴露(ばくろ)されます。

紹介(ii)

40年近く以前に、ある男達の集団は、不法侵入/窃盗の事件を解決し、裁判されるために、判事の前に物静かに立ちました。その(ウォーターゲート)事件の奇妙さと -- その男達の軍事諜報工作(CIA)の背景、その標的としての民主党国家委員会(DNC)は – 少数の勇猛で「調査的な」ジャーナリスト達が、当時の、彼ら以外のニュース・メディアが全く口を出さない事に触れる事によって、報道機関(大マスゴミ)を辱め:彼等(i.e. 本物のジャーナリスト達)は、問いを尋ね始め、より深く調査し始めました。彼等は、議会的な調査の引き金を引いた、政治的な策略を発見し、そして更に多くの人達が、証人喚問されるために引きずり出され、最終的に無敵の王制の幻想を共にした(ニクソン)大統領を失脚させた、政府に指揮された共謀を明かしました。それは、私達の(米国)共和国の法的な土台を震撼させた、十年に一度規模の逸話(大事件)でした。

その数十年後に、ある海兵隊士官(オリヴァー・ノース)が、母国愛から -- どうにかして、彼の(レーガン/ブッシュ)大統領の知識無しで -- 彼の大統領のために、彼が行った任務(イラン・コントラ事件)について、議会の質問に答えました。

その後、もう一人のアメリカの諜報工作のオペレーティヴ(CIA のエージェント/部下/ヴァレリー・プレイム)が、保守的な501.c.4 の「ティ-・パーティー(お茶会)」のグループの、最近の IRS (国税庁/違法民間企業)の弾圧によって、特定の声の大きなアメリカの政治的な団体を含んだ・・・過激派の思想を一掃した「勇敢なニュー・ワールド」を造るための戦争正当化するために使用された嘘を暴露していた、彼女の夫を妨害するために、彼女がどの様に標的にされ、迫害されたのかについて、議会の前で証言しました。

ニクソンの「ウォーターゲート」の陰謀;オリヴァー・ノース中佐の「イラン・コントラ」の妨害の議会的なスキャンダル;そしてヴァレリー・プレイムの復讐心の強い暴露と迫害の平行線は、全て -- 実質と暗示によって -- この現在の「スイス・ユニオン銀行(UBS)- 対テロリストの危険に対する資金援助」そしてローリング・ストーン誌の「大き過ぎて刑務所に送れない」逸話に相互関係しています。唯一これは更に悪状況なだけです。

ローリング・ストーン誌の、2013年2月28日号の中の、マット・タイビの記事「大き過ぎて刑務所に送れない」の記事は、テロリストの危険への資金援助と、HSBC (香港上海麻薬銀行)の様な、国際的な銀行との間の関係を暴露します。不幸にも – または、幸運にも -- それはその逸話のたった半分です。そのローリング・ストーン誌の記事は、テロリストに対する資金援助、国際的な銀行、防衛コントラクター(下請け会社)、そして国際的で軍事的な諜報工作(CIA/NATO 等々)の失態(陰謀)に関する、政府の腐敗(汚職)の石油(利権)で真っ黒な氷山の一角を唯一明かすだけです。

その事実は、2012年9月25日に、米国民間状況-心理的な作戦コマンドに対して、米国陸軍士官であり、テロリストの金融の分析者によって記述された内部告発の報告;秘密裡の上院議会の聴聞会;その内部告発者に対する司法局による暗殺の試み;そして唯一、1)軍部に対する、司法局と諜報工作機関(CIA 等々)による、国家反逆罪的な情報操作;または 2)不必要に兵士達の血を流させ、何千万ドルをも無駄遣いし、そして戦争による疲弊と共に私達の国家を弱体化した同情する余地も無いスキャンダル的で、官僚制度的な大失態のどちらかとしてしか説明される事が出来ない、政府の最上層部における、金融的な情報の隠蔽の周りにあります。

その陸軍士官は、米国特殊作戦コマンド、米国中央コマンド、そして対テロリズム部門のための国防省の調整者として、豊富な経験があり、其処で彼は、心理的な戦争の分析者、そして防衛コントラクターとして働き、そして – その国家において最上層部の一つである - トップ機密/SCI 安全保障クリアレンス(介入許可)を有していました。この士官(ベネット少尉)は米国議会に対して、2つの内部告発の報告書を記述しました。1つは、アメリカの人々(そして軍隊)に対する、差し迫る心理的な戦争の攻撃を検証し;もう1つは、国際的な銀行と、民間の米国の政府の役人(官僚)達による、国際的な隠蔽による、テロリストの危険への資金援助を暴露し、分析しました。

一方の報告書は、リビアのベンガジにおける攻撃を預言的に警告し;もう一方は、HSBC (香港上海『アヘン戦争』銀行)、テロリストの銀行口座、そして国家を防衛するためにその様な情報を利用する事がその仕事である政府に対して、情報を発見し、そして報告した内部告発者達を罰し、沈黙させるための指揮された努力についての、マット・タイビの最近のローリング・ストーン誌の記事において挙げられた問題の、更に悪質な要素でした。

時間の無さのために、後者の内部告発の報告書が、この記事においての焦点と成ります。

銀行明細、ウィキリークスの電報(情報)、報告書、手紙/e-メール、インタヴュー、そしてその他の素材(書類/情報)の山を検証した後、その陸軍士官は、幾つもの驚くべき発見をしました。

第一部: シェル・ゲーム

陰謀と隠蔽(2)

秘密裡の国外の銀行口座と共にテロリスト達を資金援助し、そしてその後、それを隠蔽し、更にその後、それを報告した内部告発者を沈黙させる(口封じする)事において、米国政府 -- 更に特定的に、米国司法局上院議会以上に上手(強引)にそれを行うものは誰もいません。

もしあなたが、この記事を、アメリカの出版において読んでいるなら、するとそれが意味するのは、米国のメディア(マスゴミ)が、民主主義の自由を守る者として、そして前衛者としての、その神聖な役割を放棄していない、またはインターネットが、米国憲法の生命維持サポートの、ピッ、ピッ、ピッと音をたてている、E.K.G. (生命維持装置の)モニターとして、プラグ(コンセント)が未だ抜かれていないと言う事です。

もしあなたが、アメリカの出版物においてこれを読んでいないなら、すると彼等(マスゴミ)は。この報告書を読んだ上院議員達と下院議員達と共に、彼等の役割 – そして誓いを -- 放棄し、真実を語る事を拒否する事によって、彼等の頭を砂の中に埋め、そして恥じらいも無く、ドローン(無人爆撃飛行機)に後ろ楯された大統領令の、妄想病的なニュー・ワールドに対するオバマのオーウェル(1984)的な愛国主義(偽善)の酸っぱい(腐った)ポタージュ(スープ)のために、彼等の生まれながらの権利(主権)を、売り渡しました。もし、アメリカのメディア(マスゴミ)が、これを公表していないなら、するとあなたは、この不都合な真実を公表するための勇気を持っていて、公正で、そして真実で、更に善良であるもののために立ち上がった、米国外のメディアに感謝しなければなりません。

この真実は、米国中央コマンド、米国特殊作戦コマンド、そして2008年から2010年まで、対テロリズムのための国務省の調整者として、(トップ機密/SCI の安全保障クリアレンスを共にした)、心理戦争とテロリストの危険への金融(資金援助)の分析者だった、防衛コントラクター(i.e. ブーズ・アレン・ハミルトン社の社員)で、陸軍士官(であるスコット・ベネット少尉)によって記述された報告書です。

この報告書は、司法局、カール・レヴィン上院議員(民主-ミシガン州)と、当時のバラク・オバマ上院議員(民主-イリノイ州)の下の調査についての上院議会永続準委員会、(同様に、カール・レヴィン上院議員の下の)上院議会軍部委員会、連邦司法省、国務省、そして「諜報工作」のコミュニティーにおける特定の機関(CIA, NSA, FBI 等々)がどの様に、UBS-テロリストの危険への金融(資金援助)の関係を暴露し、報告したために、スイス・ユニオン銀行の内部告発者、ブラッド・バーケンフェルドを騙し、起訴し、そして隠蔽するために共謀したのかを、多大な詳細において暴露し、分析します。

この報告書は、2012年9月25日に、米国民間状況-心理的な作戦コマンドの司令官、ジェフリー・ジェイコブス大佐へと送られました。全く返事が返ってこなかった後、その陸軍士官(ベネット少尉)は、この違法的なテロリストの危険への金融-国外の銀行の関係が示唆したものを、彼の「米国憲法を守り、防衛する誓い」と義務の感覚から、一カ月後に、議会とペンタゴン(米国国防総省)の監査官に対してそれ(報告書)を送る事を余儀なくされました。その報告書は、公式な「内部告発者の報告」として、(軍部、国家安全保障、テロリズム、金融、そして諜報工作についての委員会を含む)リン・ハルブルックス監査官と同時に、30名を超える下院議員達と上院議員達に対して送られました。付属された個人名のリストを検証して下さい。

しかしながら再び、反応(返事)は全く与えられず、そして(対応は)何も行われませんでした。この反応(対処)の欠落のための理由は勿論、私達の現代の政治的-軍事的な指導者達と同時に、(米国の)国家的な本性の私達の感覚を苦しめている精神病(アメリカ-イスラエル精神分裂)を象徴する様に見える4文字で -- FEAR (恐怖)です。

UBS と(そしてその他の国外の銀行と)、イスラム教的なテロリスト達、軍部と諜報工作コミュニティーの間のこの関係の存在を明かす事は、再びもう一度、制服(軍服)を着た官僚達が、コンセントを抜かれた電話を治せない、メイタグ(家電メーカー)社の修理工と同等に無能である事を証明するでしょう。彼等は、UBS-バーケンフェルドの内部告発のドラマの、このテロリストの危険への金融の次元を認識出来無いのか;または意図的に、彼等が知っているにも拘らず対応せず、(イラクにおける以前の侵略において見つけられた爪痕と同じ様に)UBS に用意されたドルと共にもたらされた爆弾と弾丸で流された兵士達の血で、彼等の手を赤く染めました。ですから恐怖(FEAR)が、軍事-防衛コントラクターと諜報工作コミュニティーの反応を支配しました。彼等の愚かさに対して激怒した親族達と沈黙した墓場の国家による、暴露、説明責任、そして反響への恐怖でした。

恐怖はまた、政治家達を鼓舞(動機)しました。再当選のための彼等の欲望の中毒に成り、そして政治的正当性(おべっか使い)によって去勢され、彼等は必死に邪悪(またはこの場合において真実)を、見猿、言わ猿、聞か猿の否定の赤子のような姿勢で、耳、眼、そして口を覆い、その報告書は「何処かに行ってしまえ」と、または、恐らく、その筆者(ベネット少尉)が、弾丸のエコー(響き)と共に、神秘的に消え失せる事を望んでいました。その報告書は、司法局に対してバーケンフェルドが「占有的な銀行の情報」(別名、テロリストの銀行口座)を明かしている(報告している)と、バーケンフェルドを裏切っている友人と主張している(偽りの)何者かからの、UBS に対して送られた、偽造された手紙の形状において、ブラッド・バーケンフェルドに対して(米国)司法局によって、どの様に暗殺の試みが成されるかも知れないと説明したので、これは、既にアメリカの人々の上に強要された婚姻(合法化)である -- 愛国法の疑いのパンドラの箱を開けるのではないかと、彼等(政治家達)は恐怖しました。結局の処、その暗殺の試みを命令した罪のある、最も合理的な責任者は米国司法局自体で、特に興味深い事に、ニュー・ヨークの元知事、ルーディー・ジュリアーニ、(マット・タイビの最近の記事、「大きすぎて刑務所に送れない」の中で、アル・カイダの資金援助者として名指しされた)アブドラ・アジス(サウジ国王)、そして(米)国外の銀行に対して結びつきのある、ケヴィン・オコナー弁護士、そして/またはケヴィン・ドウニング弁護士でした。その報告書は、どの様に、米国司法局の役人達と面会し(彼の携帯電話の電話番号を彼等(米司法局)に与え)た一カ月後に、ロンドン(ザ・シティー)からのバーケンフェルドの国際的な銀行業の友人が、米国司法局の役人達とのバーケンフェルドの面会を暴露している手紙を何故、彼等(UBS)に送ったのかを尋ねているUBS (スイス・ユニオン銀行)からの連絡を受けた事を説明しました。彼は、その様な手紙を全く書いてはいないと否定し、そのコピーを入手し、バーケンフェルドに見せ、そして侵害(スパイ)された事における衝撃と怒りにおいて、何が行われているのかを知る事を要求しました。

バーケンフェルドはその後、彼が DOJ (米国司法局)の役人(官僚)達と話し合うのだと説明しましたが、その理由を明かす事は出来ませんでした。この手紙について米国司法局からの説明を要求し、立ち向かったにも拘らず、返答は全く与えられませんでした。その説明は、(公の/誰にでも解る)壁に書かれており: UBS (スイス・ユニオン銀行)による、テロリストに対する資金援助の、バーケンフェルドによる暴露(公開)は、精神的に無能化された(薬/金/女/麻薬/欲望を与えられた/弱みを握られた)政治家達が単純に、彼等の頭脳を鋭くせず(聞く耳を持たず)、答えを返さなかった(説明責任を果たさなかった)、(疑う余地無く、犯罪を犯している詐欺師達、別名、CIAの)米国政府の機関(CIA, FBI, NATO, NSA, 等々)による銀行口座と活動(工作)を暴露したためです。ですから、軍服を着たアメリカ人の息子達と娘達に対する、テロリストの危険性資金援助するために使用された、UBS の口座について、アメリカの人々に対して答えを与え、正直に成る重みに苦しまないために、計画(または、幾らかの人達はそれを、国家反逆罪的なスキャンダルと呼ぶでしょう)が、成されました。

その計画は、(カール・レヴィン上院議員によって議長された)上院議会準委員会の調査の前で、バーケンフェルドが証言する様に引き出す事で、そしてその後、その論点を、「アメリカの脱税とマネー・ロンダリング(洗濯)」の問題へとすり替える事で、ですから、つまり、米国司法局が、(バーケンフェルドが免罪と信頼を約束されたにも拘らず)彼に対してボロボロで法的な立件を一つにまとめ、彼(バーケンフェルド)自身の内部告発(暴露)と共に、彼をはめた(i.e. 正直に内部告発したのに、有罪にされ、刑務所に送られる)事が可能で、;その後、可能な限り素早く、彼(バーケンフェルド)を、公の眼から排除する、裁判事前の話し合い(plea deal/刑を軽くする条件)と共に、彼(バーケンフェルド)を脅し、起訴し、そして沈黙させました。(これが -- 彼の退職金を救うために -- カール・レヴィンが、役職から大急ぎで引退しようとしている本当の理由です。)

都合の良い事にこれは、(南北)アメリカ大陸管轄の UBS の社長、ロバート・ウルフからの忠誠を確かなものにし、そしてまた、その委員会の一員で、2008年において、ジョン・マケインに対して、米国の大統領選に出馬していた、当時のバラク・オバマ上院議員の選挙運動の金融的な資金援助者、そして支持者に成る事に、彼を縛りました(選択肢を無くしました)(興味深い事に、司法長官のエリック・ホールダーと、副司法長官のラニー・ブリューアーは、私生活において、コヴィントン・アンド・バーリング法律事務所のために働き、そしてまた彼等は、米国司法局に勤務する以前に、UBS の顧問弁護士でした。これは、何故、ラニー・ブリューアー -- そしてエリック・ホールダーが -- UBS を含んでいる 大きな銀行に対して延期された起訴(時間稼ぎ)を与えたのかの、マット・タイビの記事には記述されいなかった事でした。それが何故なら、彼等が過去において、それらの銀行のために働いていて、そして疑う余地無く、未来において再び雇用される(天下りする)事が予測(前提)されていたためで、その起訴の延期(時間稼ぎ)が与えられたのは、雇用、または金融的な市場の不安定化を回避し、もしくは世界規模の銀行業界を救うためだとする「偽情報(官僚/政治家の屁理屈)」とは全く関係の無いものでした。)

しかしながら、上院議会の軍部委員会の議長でもまたあるにも拘らず、カール・レヴィン上院議員は、その中心的な任務が、テロリストの危険への金融(資金援助)の作戦とネットワーク(人脈)と戦い、破壊し、そして妨げる事だった軍部の組織を共にした、「Optimus 財団」の様な、秘密裡のスイスの(銀行)口座と、内部的な道具を通して、UBS がテロリスト達を資金援助している事について、バーケンフェルドによって報告されたあらゆる情報を公開する事であったにも拘らず、それを拒否しました。この組織は、フロリダ州のタンパにおける、マクディル空軍基地における、防衛コントラクター(下請け会社)であるブーズ・アレン・ハミルトン社によって管理された、米国中央コマンドの、テロリストの危険への金融の対策チームでした。私がこれを熟知しているのが何故なら、私がこのチームの一員で、そしてカール・レヴィン上院議員、またはバラク・オバマ大統領、もしくは、あらゆる議会的な委員会のどの一員達(政治家達)が、ブラッド・バーケンフェルドの証言(内部告発)、または金融的な情報(CIA による、テロリストに対する資金援助)を、私達(一般大衆)と共に分かち合わなかったためです。バーケンフェルドの金融的な情報が、どれだけ凄まじく重要で、政治的な都合のために、テロリスト-UBS の金融的なネットワークが公開されず、標的にされない(問題解決され無い)事を許す事によって、私達の(国民の)軍部に対して行われた腐敗と国家反逆が、どれだけ醜い偽善なのかを私が発見したのは、彼(バーケンフェルド)が刑務所に送られた後に、私が(刑務所の中で)彼に出会った、唯一後にでした。

私が、極悪な皮肉と - もし奇跡的では無いにしても - 驚かされるべき偶然の上に唯一、歩み寄ったのは、バーケンフェルド自身が、無実を証明するための努力において、彼が集めた情報的な資料(i.e. ウィキリークスの電報、銀行明細、報告書、手紙/メール、インタヴュー)の全てを一つにまとめるために、私(ベネット少尉)が、バーケンフェルドと共に(刑務所の中で)数か月過ごした後にでした。私の任務は、テロリストの金融的なネットワーク(人脈)と作戦を発見し、分析し、追跡し、そして破壊するために、軍事的な諜報工作のマトリックス(母体)の中で働く事でした。ですがそれらのテロリスト達と戦うために最も必要な情報は、諜報工作のコミュニティーから由来するのでは無く、刑務所の独房から由来し;プロフェッショナル(専門的)で軍事的な分析者では無く、刑務所に放り込まれた民間人の銀行家(バーケンフェルド)から由来しました。そして、スイスの銀行がテロリズムを資金援助している事について内部告発したために、彼(バーケンフェルド)を刑務所に送り、同様に、その同じ危険性を発見し、暴露しようとしたために、その同じ(米国)政府が、私を刑務所に送らなければ、私達は決して出会わなかったでしょう。全くの偶然、または神様に指揮された出会いかどうかは解りませんが、ブラッド・バーケンフェルドと私は、同じ刑務所に送られただけでなく、お互いからホールを挟んですぐ隣の同じ一画に送られ;そして出会った後に私達の個人的な経験を見つけ合い、真実が実際に小説よりも奇なりであると言う、驚かざる認識を形成しました。此処で、その逸話は、もし超越次元的では無いにしても、奇怪な(信じがたい)ものに向かう角を曲がり、どの様に偶然(に見えるもの)が実際には、計画されたもの(陰謀/共謀)によるものだと証明する事によって、賢者を愚か者の様にします。

私は、ブッシュ政権における私の経験と、先進的な学位(知識)、そして対テロリズム(国防省/CT)部門のための、心理的な作戦と、諜報工作の分析者と調整者としての以前の任務、そして米国特殊作戦コマンド-共同軍事情報供給センターにおける経験を基に、米国陸軍(予備隊)の士官として直接、命令(任務)が与えられました。

士官訓練を終えた後に私は、一カ月以内に、米国中央コマンドにおけるテロリストの危険への金融の分析者の一人と成り、フロリダ州のタンパへと配置される事を受け入れないかと尋ねられました。それは、朝9時から夕方5時までの仕事では無く、敵の資金を蒸発させる事によって、敵の戦争を行う能力を破壊する事による、対テロ戦争を終わらせる任務でした。私は、彼等(米国政府)が、私の心理作戦と対テロリズムの背景(知識)を必死に必要とし、そして私が同じ場所(任務先)において、軍事的なドリル(演習)を行い任務を果たす事が出来る様に、私の防衛コントラクター(下請け/ブーズ・アレン・ハミルトン社)の仕事を、私の陸軍の任務へと融合すると伝えられました。それは、ワシントン DC からフロリダ州へと、私の生活の全体を転地する事を意味しましたが、私の母国に対する愛と任務が第一であり、そして私はその地位(任務)を受け入れました。私は、ワシントン DC 地区における、私の陸軍部隊(第11心理作戦部隊)に報告し、そして米国中央コマンドへと、転任の行程を始めました。

私は、米国特殊作戦の司令官である、エリック・オルセン提督(海軍大将)の特別ジェット機の上で、特別の VIP (重要人物)の飛行を与えられ、そして、米国中央コマンドまで、彼と共に個人的に飛行し、そして私はマクディル空軍基地において一時的な住居を与えられました。私は、私の陸軍の部隊からの転任を実施するため、そして同時に(より)安全を確保するために、基地内に住む事が調整されました。私はトップ機密/敏感で機密化され情報の、安全保障クリアレンス(介入許可)を有しており、それが意味したのは、私が、斬首、または家族の誘拐を通した脅し等々の、テロリストの願望リストの天辺に名前を挙げられていた事です。軍事教育の訓練において、私は「お前は今、標的で、危険は何処にでもあり、誰も信用してはいけない。」と教えられました。私はそれを、賢明な助言として理解しました。

その後に続いた4か月の間、私は、テロリストの金融的なネットワーク(人脈)と作戦の技術と科学と共に密接した全ての次元(可能性)、産物(現実)、そしてエージェンシー(手先/ISIS/アル・カイダ等々)において訓練され、努力しました。私はまた、平凡の崇拝者達官僚制度、そしてステータス・クオ(現状維持[別名、政府の雇用者達(役人達)]に対して、私自身が(無駄に)頭突きしているのを見つけました。

私の性格はアルファ(リーダー)的で、外向性で、そして恐れ知らずに積極的なものです。11歳の頃から、(男性達が男らしかった時代に)私はボーイ・スカウト、民間空事パトロール(空軍士官候補生)、デモーレイ(ジュニア・メイソン)、高校の運動部、大学の同胞団体(アルファ・タウ・オメガ)、そして現在は陸軍特殊作戦(部隊の一員)において活発でした。一人の戦士-兵士として、特に士官達の中の、単細胞(馬鹿)、弱虫、そして臆病(卑怯)者を嫌ったのは、彼等が、より優れた男達を死に至らしめるためでした。私は、殆どの将軍達よりも、実証されたリーダーシップの技術の、より上品な血筋と歴史を有し・・・そして彼等はそれを実感していました。私は、官僚制度的な非効率を、常識的な考え方における血餅(ボトルネック/弊害)であり、成功の推進力における砂(摩擦源/邪魔)として嫌いました。私は、問題が到来する事を待たず、無慈悲な自信と大胆な創造性と共にそれらを攻撃するために出向き、それは間違い無く、その仕事が、組織的な問題を延長化する事によって正当化される者達(官僚/政治家)をろうばい(心配)させたでしょう。ですが、水と油の様に、怠惰(なまけ)と私はミックスしませんでした。

最終的に、私の長い冒険(任務)を針路から頓挫(とんざ)させ、軍事-諜報工作-金融的な秘密の、オバマの迷路へと私を迷い込ませ、バーケンフェルドの「不都合な玩具(情報)のアルカトラス(有名な刑務所)」の上で私が座礁(ざしょう)し、そして究極的に、私の疑い -- そして報告書が -- 始めから正しかったと証明した、バーケンフェルドの書類を通した「聖杯(決定的な証拠)」の私の贖罪(罪のあがない)的な発見に繋がり:つまり、UBS (スイス・ユニオン銀行、そしてHSBC [香港上海銀行])の様なスイスの銀行が、実際に、テロリスト達を資金援助していて、そして諜報工作のコミュニティーが、政治的な理由のためにそれを隠蔽していると言う事でした。

さて -- 国家安全保障は言うまでも無く -- コラム(記述)の空間(量)とコピーライト(著作権)の関心のために、私が米国の軍事-諜報工作-政治的な組織の中において活動している間に、私が吸収した知識と経験の膨大な迷路を、此処で表現する事は出来ませんが、唯一、私が言える事はそれがとても「ファンタスティックな旅路」であったと言う事だけです。マネージメント(対応)と戦略(実行)において、創造的、順応的、そして恐れ知らず(大胆)に成る能力と本能において、肥満、腐敗、そして退化は、残念ながら知性と科学技術的な才質の、私達の伝統的なアメリカの強みを揺るがせたようです。戦闘機、クルーズ・ミサイル、第六特殊部隊(SEAL)、そしてドローン(無人遠隔操作爆撃機)の暗殺は全ては、テロリズムに対する私達の国家的なエゴのために、健全で、モチベーション(動機)を強調するワクチンですが、私は、自画自賛し、私達の軍事力のうぬぼれを過大評価するよりも、それら(世界)を治癒し、社会貢献するために、私達(米国)の弱さ(弱点)と身体障碍の上に、更に関心があります。その理由は:敵であるテロリストは、私達(米国)の最強、または最も防御された場所を攻撃せず、私達が最弱で、最も無防備な場所(i.e. マインド/頭脳)を攻撃するためです。ですから、この認識と共に、私は、私がその問題を指摘し、解決策を処方出来る様に、その任務において、関わっていた全ての要素と、個人関係、そして作戦を、検証し、調査し、そして分析するための、テロリストの危険への金融(資金援助)の分析者として、私の任務へと就きました。

私は、米国政府の機関、軍事的な戦闘員コマンド、そして特殊戦闘部隊、加えて世界中で対テロリズムにおいて、危険へ金融、そして非一般的な戦闘を行っている、(米国内と国外の)防衛コントラクター(下請け会社)の全てを、私自身に熟知させました。私は -- 時にはまた共同-間機関-グループー(JIAG)として知られる -- 共同-間機関-作戦センター(JIOC)において実務室が与えられ、そして国務省、財務省、司法局、国家安全保障局、中央諜報工作機関(CIA)、出入国管理と関税施行管理局、そして(機密化された)その他を含んでいる、政府機関の複合体と共に任務しました。

私は、テロリストの危険への金融における彼等の特有の専門知識を発見するため、そして彼等の機能性を改善するための助言を形成するために、異なった機関の(個別)チームの全てをインタヴューする任務を与えられました。これが意味したのは、その各機関の中の重複的で、非効率な作戦を特定し、それらを排除するための計画とスケジュールを発展させる事で、そして様々な政府と軍部の機関の最善の実行と専門知識を、私のブーズ・アレン・ハミルトン社のチームへと融合する事でした。勿論、これは、2001年9月11日の直後に、彼等(役人達)が、CENTCOM (中央コマンド)において「巣窟(飯の種)」を形成し、官僚的な文化を築いたので、JIOC の中の特定の機関には、ある意味不人気で、精力的に抵抗され;そして官僚制度の典型ですが、彼等(役人達)は、もしそれが、4つの異なった政府の機関、軍部、または彼等のサブコントラクター(孫会社)によって重複されているにも拘らず、彼等(役人達)の特定の機関の全ての労働者達(公務員)と作業が不可欠であると見解しました。

軍部の人達(そして官僚達)が嫌う一つの事は、民間部門に対する影響力を失う事なので、その悲劇的な結果は、テロリストの危険の金融に関する、軍部-政府-諜報工作コミュニティーの不機全で;そして米国 SOCOM (特殊機能コマンド)とその他の機関による(個別)チームにおいて、話し合う、または情報を分かち合う事を拒否する事でした。それは、権力のために争っている軍部コマンドの間の縄張り争いで;政府の機関は実質的なものを何も産出せずその空間を支配し;そして民間部門のコントラクター(下請け会社)は、そのステータス・クオ(現状維持/官僚制度)を変化させる事を試みていて、そのためにののしられました。それは、私が今までに出くわした、最も醜い政治的で、奇怪なサーカスでした

軍事的な士官として、私にとって最も不本意だったのは、この CENTCOM, SOCOM, 民間の政府機関、そしてブーズ・アレン・ハミルトン社の様な防衛コントラクターの間の「権力争い」が、不必要に戦争を長引かせる事によって、軍部のパーソネル(兵士達)を殺し、傷付け、そして苦しませる事を延長させる事でした。時間と資源(能力)を無駄にする事によって、そして彼等の人員達と作戦を資金援助するために、テロリスト達が利用した、USB (そして HSBC )の様なスイスの銀行についての情報を使用する事を拒否する事によって、悲しくも(そして恐らく国家反逆罪的な)結果は、アメリカの安全保障が妨害され、アメリカの軍部-諜報工作のコミュニティー(CIA, NSA 等々)の指導者達が、大好きなおもちゃの上でよだれを垂らしている、嫉妬した(自己中心的な)赤ん坊の様に振る舞ったためで、軍服を着た私達の息子達と娘達が生贄にされた事でした。

イラン、ハッカニ(アフガンのゲリラ)、そしてヨーロッパのテロリストのネットワークのハブ(中心部)としての、UBSの様なスイスの銀行を限定すると同時に、心理的な作戦を計画するために、間-機関的な情報を融合(調整)する – ある人は猛烈と言うかも知れませんが -- 私の精力的な試みにも拘らず、私は繰り返し深く探り過ぎる、または積極的に結果を出し過ぎる事を妨害され、苦言が打たれました。加えて、若い兵士達の精神を、曖昧で、矛盾的で、そして全般的に両手きき(右も左も分からない)プロパガンダ(洗脳)で、汚染する事を避けるために、もっと賢くイスラム教(的な考え)を教える、私の助言は、「厳し過ぎる」として軽蔑(却下)されました。戦場におけるモラル的な困惑の麻痺(矛盾)を共にして兵士達を傷付ける事によって作戦を危険にさらす事は、その兵器が米国の憲法を捻じ曲げる事である、テロリストの弁解者(擁護者/ネオコン/シオニスト)達に対して、法的に争うよりも、より受け入れ可能な危険(代価/生贄)の様でした。

軍部の執行部の「動機」は、非公式的に「決断を必要とする全ての問題に対して、政治的な正しさ(政権に都合の良い『正しさ』)を非-批判的(無節操)に応用する」事でした。クレヴァーでしょうか?・・・そうですね。安全でしょうか?・・・恐らく・・・少しの間なら。しかしながら、戦略的な情報の素材、作戦、またはリーダーシップにおける流れ、または矛盾についての、私の直感的な心配にも拘らず、私は、私の任務は CENTCOM (中央コマンド)を改善する事では無く、世界規模のテロリズムを資金援助している事から、過激派達を止める事だと命令されました。そして故に、常に善き兵士である私は、命令に従い、キビキビと敬礼し、そして私の仕事と任務を遂行しました。

私は正直に -- そして未だにそうですが -- 対テロリズムの分析の枠組み(CTAF)に対する創造的(効果的)な私の想像力(考え)が、より良い戦略と作戦を形成するためと同時に、諜報工作(情報公開)を分ち合う、軍部の指導者達を手助けしていると思いましたが、私は直ぐに、それ(私の助言)を、どれだけそれ(官僚/軍部)が恐れているのかを知りました。私の(政府/官僚制度を揺るがす)行いは、マスゴミに注意を払う事を嫌う人達の注目を捕らえました。私が転任した一週間後に、その基地において(私の雇用者である企業、ブーズ・アレン・ハミルトン社によって、調整され支払われた(衣服、家具、軍事的な道具、武器と弾薬などの)私の個人的な所有物のために、私は、(基地の)入り口の門において、軍事警察(MP)によって銃を向けられ、私の意志に反して逮捕され、殆どの議会の(国会)議員達と(ACLU)が、手錠をかけられた拷問と考える状況の下で、(12)時間聴取されました。

当初、私はそれ(逮捕)が、特別な潜入(おとり)捜査のための個人の適合性を試験し、事情聴取に対する抵抗(黙秘)、感情的な不屈の精神、または知性的な柔軟性を試す、訓練的な実行なのかと考えました。

その理由は、(私が必要としていなかった授業を与えるために給料が支払われた、ブーズ・アレン・ハミルトン社の特定の官僚達の悔しさに対して、事前に必要条件とされた「初心者」と「中級者」の「試験」に対して、CENTCOM の歴史において(合格した)最初の人物に成った後)私が「先進的で批評的な考え方」における訓練の一週間に及ぶ授業を受けたばかりだったためです。ですから私は、ゲーム(訓練)の一部だろうと私が考えたもの(逮捕)と共に、冷静かつ意図的に、従いました。

しかしながら、エドワード・ガルシア刑事と、彼の上司、マーティン・ミッチェル LTC. (隊長補佐?)によってサディスト的に応用された暴力のトラウマにおいて、欠如していた微妙な繊細さ(知性)と心理的な複雑性(話し合い)は直ぐに、この概念(考え方)から私の迷いを解きました。マクディル空軍基地の治安部隊(MP/軍部内警察)とその指揮官は、此処で彼等の身内の一人(ベネット少尉)の血を流し、前代未聞に、アメリカを辱(はずかし)めました

米国の陸軍士官であり、トップ機密/重要で機密化された情報のセキュリティー・クリアレンス(介入許可)を共にした、対テロリズムの防衛コントラクターであるにも拘わらず、私が、国務省の対テロリズム(S/CT)、米国特殊作戦コマンド、ペンタゴン(国防総省)、そして当時、米国中央コマンドにおける任務に就いていたにも拘らず、私がアメリカの敵について記述した書類、報告書、諜報工作の素材の山にも拘らず、私は其処で、敵の様に扱われました。私はその後、(その4か月前に)、私の基地内の住居の申込用紙を間違って記入し、そして私の武器が一週間前に届いたばかりで(銃の安全保管にしまわれていて)更に、入り口の門の監査官によって既に認識さえされていたのに、私の武器を正しく登録していなかったと、異様な程に失礼な空軍の憲兵によって愚弄され、非難されました。

此処が、その逸話が、陰謀的なものに向かって角を曲がる処です。私はその後、その表紙上に私の写真と人相書きを共にした「指名手配書(B.O.L.O.)」のチラシを手渡されました(私は後に、このチラシが、世界中の全ての米軍基地に対して送られていた事を、アフガニスタンからの士官の友人が、私に電話をかけた後に知りました)。これと共に、私の正体とクリアレンスが、分析者を殺害する、または強要する(拷問する)ために探している、全てのテロリストに知られてしまったので、私は公式に抹殺の通知書」が与えられました。彼等は、私がその後、地下に潜らなければならなかった(身を隠さなければならなかった)事を知っていました。私が何故か「ルービコンを渡り(一線を超え)」昔の西部のウォンテッド(無法者)の張り紙からの「ジェシー・ジェームズ」、「ビリー・ザ・キッド」、そして「トゥコ」と同類と成ったと気付いた時、私は、私の頭を横に振り、半笑いする以外なく;セルジオ・レオーン(監督)の(西部劇映画)「グッド、バッド、そしてアグリー」からの口笛のテーマ・ソングが私の頭の中で流れ始めると、苦笑するしかありませんでした。

私を描写するために使用された誹謗中傷的な言語から判断すると、私の名前に対する汚名化は、その状況の私の説明が聞かれる前に始まった様でした。軍事的な-愛国主義の薔薇の香りの良い匂い(保守)が、冒涜的な噂とずる賢い策略の腐った馬糞の異臭へと腐敗した(売国の)ために、私の鼻がしわを寄せる原因に成った、犯罪がどうにかして一つにまとめられました(冤罪/でっちあげでした)。

それはまた、その匿名捜査官の地位とセキュリティーのクリアレンス(安全保障の介入許可)が、(ヴェトナム戦争の[アメリカ人の]戦争捕虜達が生存している事を隠蔽[見殺しに]した事で悪名高いリチャード・アーミテージと、副大統領ディック・チェイニーの主席補佐官、「スクーター」リビーが、情報を公表したために、子供じみた意地悪と復讐心から、ワシントン・ポスト[マスゴミ]紙のジャーナリスト、ボブ・ノヴァクによって暴露させた、CIA のエージェント、ヴァレリー・プレイム・ウィルソンを私に思いださせました。彼等の言い訳は、ヴァレリーの夫、ジョー・ウィルソン大使が、(真実への愛と、国家に対する任務から)、一般教書演説(State of the Union speech)において、イラクに対する迫りくる侵略のための正当化として、(ブッシュ)大統領によって成された、アフリカにおいて(核兵器の製造において)使用された「イエロー・ケーキ(濃縮化ウラン)」についての、ジョージ W. ブッシュ政権による不正確で、出鱈目な主張を正確に暴露し、信念を持って抵抗したためでした。

ヴァレリー(そしてジョー)は、国家に対する愛国的な任務から、彼女の命と彼女の家族を犠牲にする危険を冒し、そして脳味噌を切除されたゴリラが、マッチの火を消す様に、彼女の繊細であり詳細である機密的な(CIAの)任務は、その無責任な手のひらの、席を温めるだけの政治的な単細胞によって、報復されました(生贄にされました)。

政治的な季節(風向き)が変わる時に、どの様に物事が変化するのかは、興味深い事です。

実行の良く訓練された一連において、私はその後、基地と私の地位から私を解雇する、異例的に長く、そして複雑な逮捕状と手紙である、ピンク色の違反チケットを手渡され、そしてその後に、ブーズ・アレン・ハミルトン社から、解雇の知らせが与えられました。

表面的な段階の上で、私はこの状況全体が、馬鹿馬鹿しい程に間違っていて、酷く非道で、そして悲劇的であると知っていましたが、私はまた、これがより大きな旅路(経験)の本質(不可欠)な部分であると、私のスピリット(霊/精神)のアビス(奥底)の何処かにおいて、平和(平静)の奇妙な感じを持っていました。私はその後、荷物をまとめ、ワシントン DC と私の陸軍の部隊へと戻り、そして私の転任をキャンセルしました。

私の部隊へ戻ると、その部隊長が驚きの訪問を行い、そしてマイク・ファーロングと言う名前のもう一人の防衛コントラクターによって、心理的な作戦に対して与えられた大々的なマイナスの悪名のために、陸軍においていずれ来る政策的な変更を私達に伝えました。これがある意味、「デジャ・ヴー的(前に経験した事がある様な)」方法において、私の口がふさがらない様にさせたのは、何故なら私が以前に、国務省の対テロリズムにおいて、マイクと共に緊密に任務したためで、そして(彼がとても効果的で(実力があり)、そして「特殊作戦」型の人材であり過ぎたために)CIA の不満のために、解雇され、彼のオフィスから締め出された事を私が知っていたためでした。興味深い事に、その年の後期に、ローリング・ストーン誌は、振る舞いを変化させる対話(通信/盗聴)と共に、米国の上院議員達を分析し、標的にする事を拒否したために、陸軍が、その他の心理的な作戦の士官達を迫害した逸話を報告しました。(陸軍は、彼等[上院議員達]に、心理的な作戦のために、もっと予算を与える熱意を植え付ける[脅迫する]事を望んでいました)。

これを聴いた後、私は、それらの政策変更が、軍隊、私達のテロリストの敵、そして私達の対テロ戦争の使命全体の上の、心理作戦的な衝撃を指摘している長文の報告書を書き、そしてその命令系統(大隊指揮官、ジョエル・ドローバ中佐、2POG の旅団指揮官、バーリー大佐、ペンタゴン(国防総省)、そして国軍支部部隊の議会的な委員会とその他)に上告しました。2年後の、リビアにおける米国大使館に対する攻撃を予測したのは、この報告書でした。正しく対応されていれば、命を救う事が出来たかも知れなかったのは、この報告書でした。

謎めいた事に、この公式な陸軍の報告書を提出した1カ月後、そして私が居住への申込用紙を正しく記載しなかったとされ、そして制限時間内に私の武器を登録しなかったとされたための、マクディル空軍基地での出来事の9カ月後に、私は起訴状の手紙を受け取りました。この場合における復讐は、「冷や飯で出された」のでは無く、カーンが指摘した様にむしろ、ゴミ箱から取り出され、再加熱され、そして新鮮なものとして美味しく食されると意図されました。元々、提出される事が求められた私の報告書が、敏感な神経に触れ、そして誰かの目的に対する障害だった様でした。それは、「ラクダの背中を折った最後のわら(重荷)」、またはむしろ、大統領に鼻血を流させたパンチとして見解され・・・そして彼等は反撃のために必死でした。私は、彼等の一人よがりに針を刺し、そして不快にも決して飛び去らない、ブンブンと苛立たしい蜂として見解され、故に彼等の感情的な反応は「叩きのめす」事でした。そして彼等はそうしました。

その問題を調査するため、そして(それが演習の位置への私の転任に拘わっていた、軍事的な状況だったので)私を弁護するために任命された、軍事的な弁護士のための、私の要請にも拘らず、私は法律顧問(弁護士)を否定され、そして無視されました。驚くべき事に -- そして私が信じるに違憲的に -- 軍部は、初めて、司法局に対してその(軍部の)管轄区を放棄し、そして軍事司法(裁判)のコード(ルール)を避けるために、軍事的な問題を、民間的な組織(司法局)が起訴する事を許しました。

私がその後雇った民間人の弁護士は、憲兵隊(military police)が、米軍基地外、そして軍部の管轄区を超えて、民間人達に対して憲兵的な権力を行使する事から、軍部を厳しく禁止する、1870年のポッシー・コミタタス法(Posse Comitatus Act)を含む、様々な憲法的な保護を、憲兵隊が違反していると明言し、不起訴のための訴えを提出しました。軍部が私に銃口を向け、私の車から私を降りさせ、基地へと私を移送し(効果的に私を誘拐し)、そして相応しい捜査令状無しで、または管轄区外で、私を逮捕し、尋問し、そして取り調べした時に、私は厳密には、軍服を脱いだ、民間人のコントラクター(下請け)の、基地の外にいた人物でした。そして、アメリカを、独裁(ファシスト)的な国々からは異なるものにするのは、この憲法的な保護(ルール)で、そしてそれらの権利(i.e. 基本的人権)が軍部的な傲慢(ごうまん)によって侵害され、虐待され、そして無視された時に、全てのアメリカ人達が、多大に懸念しなければならないものでした

しかしながら、Magistrate (Magi=魔導士/裁判官)は、軍部、または(民間の)司法局は(憲法的な無知、もしくは民間と軍部を分離するための管轄区を理解出来無い能力の無さのどちらかのために)判決する事を拒否し、不起訴にする事を拒絶し、そしてその案件を次の裁判官にたらい回しにしました。

裁判を待つ間に、その検察官(サラ・スィーニー女史、AUSA)は、膨張表現のあらゆる種類をでっち上げて、シークレット・サーヴィス(S.S.)に私を尾行させ、そして司法局がテッド・スティーヴンズ上院議員(共和党-アラスカ州)に対して使用し、そして後に -- 一人の検事を自殺に追いやったために懲罰された、同じ違法なハラスメントを行わせさせました。

裁判、そしてそれが結果的に引き起こさせた政府の腐敗の醜い詳細へと深入りしなくとも(その逸話の全貌は、後に出版される本「米国の中央コマンドにおける陰謀、拷問、& 裏切り:どの様に、イスラム的なパラノイア(被害妄想)、ポリティカル-コレクトネス(偽善)、そして防衛コントラクター(下請け民間企業)が、アメリカの軍部の司令官達を機能不全にし、政治的な指導者達を去勢し(骨抜きにし)、そして対テロリズムと諜報工作の機関を無能化しているのか」の中で読む事が出来るでしょう)軍部を守るための私の誓いと(私の母国に対する敬意からの)私のナイーヴ(未熟)な期待のために、私は、私の任務、または過去の経験について、何も明かさない事(黙秘権)を選択しましたと言うだけで十分でしょう。その検察官はそこまで律儀ではありませんでした。

彼女(検察官)は、(裁判所の)演壇へとヨタヨタ歩き、マイクの方向を調整し、そして黒板を爪でひっかく様な耳障りな、人を見下した声で、(彼女が論議する資格さえなかった)軍事的な協定(ルール)についての不透明なロジック(屁理屈)と半透明な真実()の一連を、軍事的な経験が全く無かった陪審員達に対して述べました。驚くべき事に、彼女はまた、軍部が私に対して共同-起訴を行っていると、陪審員達をはぐらかし、信じさせるために、空軍の軍服を着た米国弁護士(検察官)の特別補佐に化ける厚かましさ(無作法)がありました。(私は後に、陸軍の調査委員会の聴講会において、軍部は私の裁判において全く関わってはおらず -- 正しく、これが、軍部の防衛弁護士、そして軍部の裁判所の(軍法)裁判を要求する事を私に許したので -- 私に対して軍部の法的な資料を使用する事を、(民間の)サラ・スウィーニー女史 AUSA (米国法律家)のために許可を与えたのでも無く、気付いてもいなかった事を知りました)。

その検察官の論議は同等に妄想的でした。彼女が基本的に主張したのは、どの様に、凄まじく大胆で、そして頭脳的な戦略の一連において、たった一人の心理的な戦略の分析者(ベネット少尉)が簡単に、米国の軍事的な諜報工作のコミュニティーの全体を出し抜き、チェックメイトした(王手をかけた)と言う事でした。そして彼の神秘的なカリスマ、大辞典的な図脳、そして催眠術的な話術の技術を使う事によって、米国の特殊作戦の司令官、エリック・オルソン海軍提督の個人的な執行部のジェット機を勝手に使う事が可能で;米国の中央コマンドにおける、米軍基地のアパートを彼に与える様に、愛に飢えた女性の不動産のコントラクターを魅了し;そしてその後、世界において最も厳しく警護され、トップ機密で、侵入不可能な、軍事的な諜報工作の要塞へと、彼の武器の保管庫の中身(銃、弾薬、そして軍事的な道具が満載)を、配達しろと、頭脳的に不活発な軍部の警護兵達を脅したと主張されました。

彼女はその後、申し訳なさそうに、ベネットが、彼の活動(任務)を明かした時の、米国軍部の反応は、驚き、不信、そして困惑で -- それはその後、逆恨みと(彼等の無能さの結果として、彼等の契約と雇用が失われる事についての)パラノイア(被害妄想)へと変わり、そして自由奔放な勇気のこの行いに対する復讐心に成ったと述べました。故に、法的な処置(起訴)でした。

彼女が意図的に述べなかったのは、私が陸軍士官であったために、私が行った事は全く、あらゆる軍部の規則、または政策に違反しておらず、そしてこのために、軍部は私を起訴していなかった事でした。司法局は単純に、何らかの長期的な目的の一部として、権力の掌握を行っていただけで、そして軍部は無知な事に、民間の政治的に動機された法律強制組織(司法局)に対して、それ(軍部)自体の兵士達、システム(制度)、そしてプロトコル(決まり事)の上の管轄区を放棄していました。それは高速道路パトロール警察をイラクへと行かせ、そしてスピード違反のために、戦車に対して違反切符を渡す事を許す様なものでした。それは憲法違反であっただけでなく -- もし臨床的に狂気の沙汰では無いとしても、愚かでした。それは正に、連邦主義者の書類(the Federalist Papers)、独立宣言(the Articles of Confederation)、そして米国の連邦憲法(the Federal Constitution of the United States)が絶対的に禁止する事を求めるもので:(必要で、そして知性的な議会的監視を除く)軍内部の管理との、民間の干渉で、そして戦争の外的な策略でした

私は、これに関して、幾らかの度合の苦笑を告白しなければなりません。悲劇的であると同時に喜劇的で、皮肉的だったのは、私がこの作戦を、ある秘密裡のトップ機密計画、または米国政府、諜報工作コミュニティー、そして(「糞して笑う」の実戦のために、陸軍の特殊部隊の兵士達が過去に行った様に)軍部の弱点と欠点を暴露するためのコントラクト(下請け)の一部として、私がこの作戦を遂行した事実のためで、私は疑う余地無く、推奨のメダル、気前の良いボーナス、そして秘密裡の作戦、心理戦的な操作、そして官僚制度的な錯乱の、教授職を与えられるはずだったためです。ですが、創造力とリーダーシップを行ったために、褒美と共に讃えられる代わりに、私は屈服する事を拒否したために、起訴と言う鞭で打たれました。

軍部のプロトコル(ルール)の専門家の証言者(マーク・ブリューアー少佐)が、私の行った事(任務)は、軍事的な法律を一切違反しないと証言したにも拘らず、その陪審員達は、空軍の制服をまとった米国司法局の特務次官(ティモシー・ゴイネス)によって偏見を促され、そしてたぶらかされ(騙され)、軍部が私を起訴しているのには、「何かもっと理由がある」と考える様に騙され(誘導され)ました。この政府の悪徳弁護士は、書類上の記入ミスを、フッド陸軍基地における乱射事件の様に扱い、陪審員達がそれら(書類の記入ミス)を、アメリカに対する反逆とみなさなければ、彼等もまた同罪であると、辱めるために、「キャプテン・アメリカ(漫画/映画)」の神話をまといました(利用しました)。奇妙にも、私は裁判において、私の陸軍の軍服を着る事を禁止され – 恐らく最も可能性が高いのは、それ(陸軍の軍服)が、政府側の偏見(横暴)を中性化したためでしょう。

長い話しを(短く)終わらせると、その陪審員達は、「有罪」の選択肢に印しを付け、私が冷静さを保った間、サラ・スイーニー AUSA (米国法律家)が、悪魔に憑依された操り人形の如く、節操も無く踊る(喜ぶ)原因に成りました。私はアメリカ人の兵士であり、陸軍の士官で、そして常に、その一員として、私自身の作法を保ちました。

私は、その裁判官が、彼女の意見(判決)を宣言し、そして正義のひねくれた刃(やいば)を突き刺した時に -- 一時的なものであったとしても -- 彼等の邪悪な勝訴の見苦しい祝いにおいて、鬼婆、鬼、そして邪鬼達の検察側の法的なチームが嘲笑い、喜びの声を上げた際に、「石のテーブル」の前に囚われた(作家、C.S. ルイスの)「アスラン」の様に感じました。ですが、アスランの様に、私は疑う余地無く、私の法的な復活の日が来る(文字通りに死ぬ前が望ましいですが)と信じていて、そしてその日が来れば、私に対する偽りの非難(冤罪)の首を切れる事を知っていました。

その裁判官はその後、私の武器と弾薬は(100%、合法的で、そしてあらゆる犯罪の一部として全く使用されていないにも拘らず)国によって没収されると宣言し、そして「ヤフーな(疑わしい)」検察官によって更に両手いっぱいの嘘の幾つかが私に対して投げつけられた後、私は「刑務所へと拘留され」刑に処されなければならないと述べました。5か月後に(悟りの幾らかのもがき苦しむ経験の後)、私は刑の執行判決へと戻り、そしてガイドライン(通例指標)で予測された1カ月から7カ月の代わりに、(全てのアメリカ人達、そして自由を愛している人達は、それが全ての自由、所有権、そして基本的人権を没収するための前例を設定したので、気付くべきですが -- その検察官による銃器所持法の強制の意図的な湾曲によって増大され)、36カ月(の禁固刑)を与えられました。

その後の不鮮明な数か月間私は、(古代)ローマの牢獄(奴隷)のガレー船において反抗的にオールを漕ぎ、そして私がローマの競技場(裁判所)に戻り、討論の「二輪馬車のレース」において、私自身の嫌疑を晴らす日のために寡黙に耐え忍ぶ、(俳優)チャールトン・ヘストンが演じる「ジュダ・ベン・ハー」でした。ベン・ハーの如く、私はその再試合(再裁判)を、そして私が真実の私の馬を解き放ち、そのレース場(法廷)を圧倒し、そしてその検察官の嘘の化け物染みた塊を、鞭を撃ち、(車輪で)踏みつけ、そして足の下で潰す瞬間を -- もし、夢見たとは言わないまでも -- 長く待ち望みました。

その日が来るまではしかしながら、(ギリシャ神話の)月桂冠の花輪が、私を勝者として飾る前に、私は犯罪者のオレンジの囚人服をまとわなければなりませんでした。

数か月間の間、私は、様々な刑務所において、私がたらい回しにされる間、手錠と足かせをはめられ、ボソボソのパンの上に塗られたピーナッツ・バターのサンドウィッチを食べながら、濁った(フッ素が加えられた)水の紙コップから飲みながら、乗り心地の悪いバスと飛行機で、国中を移動させられました。実際に、アメリカの刑務所の刑務所ビジネスの、虐待的な扱いと不衛生な状態に耐える事は、人格の発展における教育の何もの以外でも無く、それは一般的な市民達が存在する事を全く知らない、中世の世界を冒険する様なタイム・トラヴェル(時代錯誤)で、スターリンのシベリアのグーラグ(強制労働収容所)を、幼稚園の如くにさせるものでした。私の経験は、(スタローンの映画)ランボーのヴェトナム(戦争)の捕虜の収容所の発見を痛切に思い出させるもので、(プロパガンダ/宣伝[テレビ]には拘わらず、連邦の刑務所には実際の歯医者が全くいないので)、歯を失いひげを蓄えた男達、または幾らかは熱にうなされ、幾らかは怪我/病気を無視されたために手足を失い、松葉づえをついてオロオロし、幾らかはトイレに行くために彼等の車いすから這いつくばり、そして幾らかは、自閉症か、またはその他の精神的な疾患(障碍)であるのに -- 全ては入れ墨をした乱暴者達の監視へと委ねられ、彼等自身、幼い頃にイジメの首謀者で、小さな動物を虐待したであろう、非常に虐待的な管理のガード(監視者)達によって、管理されました。同情心の無い、医療的な無視は、ナチスのホロコーストの実験に等しいものでした。

最終的に、米国保安官制度の(古代)ローマの奴隷のガレー船は、私の港に辿り着き、そして私は FCI Schuylkill (キャンプ)の最小限の監視の施設(刑務所)に上陸しました。其処は、医師達、株式債券の売買人達、技術開発者達、飛行士達、弁護士達、そしてその他の「ホワイト-カラー/サラリーマン」の(支配者達に都合の悪い)種類が隔離された、ペンシルヴァニア州の険しい山の中の孤島でした。それは恐らく、その国(米国)における情報(intelligence)と才能(talent)を凝縮した、最も興味深い宝庫でした。それは、ワシントン DC(政府) のあらゆる屁理屈と政策を戒(いまし)めへと送り去るシンク-タンク(頭脳)でした。

私が軍部によって調査せよと任務を与えられたものを発見したのは、其処においてでした。知識(情報)の神秘的なつるぎが、霧がかかった不明瞭な泉から現れ、掌握する(理解する)事を手招いた(導いた)のは其処においてでした。私の「聖杯(ワーグナーの『シーグフリード』の葬式の行列からの音楽的なサビから唯一欠けている/決定的な情報)」が私に与えられたのは、其処においてでした。

私が偶然にも – もしくは奇跡的に -- ブラッド・バーケンフェルドに出会ったのは、イタリア風のボウリング(バッチ)の広場で、ベンチに座り何人かのマフィアの男達がそのゲームの彼等の技術を披露しているのを観ていた、ある穏やかな夏の日でした。軽いうわべだけの挨拶は直ぐに、深い対話へと凝縮され、それは分析へと発展し、それは私達(ベネット少尉とバーケンフェルド氏)の両方が行わなければならないと感じさせられた、行動(反論)の道への納得と理解を結晶化(かたくなに)させました。

犯罪の共謀者を捜査している刑事の様に、私が発展させた、テロリストの資金援助者(CIA/サウジ)の人物像の面影の上の、「知られざる顔」(銀行家/UBS)が、ブラッド・バーケンフェルドである事を、私達は発見しました。その瞬間において、偶然のシンフォニー(交響曲)が突然と、超越自然的な音楽の一つの雪崩において生命へと流れ出し、人の頭脳が想像出来るよりも、時間、英知の相互関係、そして希望の実現を完璧化(操作)するにおいて、誰よりも上手なグランド・マエストロ(大指揮者)の目には見えない手を確認しました。終に私は、地獄の炎に落ちる寸前に、私の「白クジラ(モービー・ディック)」を発見しました。私は、全ての答えを知っている人(バーケンフェルド)に出会う事によって、私の運命の結びつきに到着し、そして私の任務の完了へと辿り着きました。

バーケンフェルドは、(米国)軍部がこじ開けたかった、テロリストの金融のドアに対する「鍵」でした。

それはあたかも、諜報工作の砂漠(修羅場/現場)、官僚制度的な恐れ、そしてコントラクター(下請け会社)の無能さ(そして「私の太腿の窪みの上」(?)の噛み合わない行程)において、私が「一晩中もみ合った」、謎めいた敵が、予想外に追い詰められ -- 私の勝利と祝福を知らせているかの如くでした。

その後に続いた6カ月の間に、ブラッド(バーケンフェルド)は、スイスとその他の(米)国外の金融業を通したテロリストの金融の大規模なパズル(人脈/口座)をはっきりとさせた、書類、出来事の時系列、鍵の(関わった)政府機関と人々、そしてその他の情報の全てを、私に分かち合い(教え)ました。私は米国中央コマンドにおいて秘密裡のこの情報収集を始めましたが、其処で事前に(バーケンフェルドによって)整理されたデータ(情報)が、たやすく(正しい)場所へと納まり;そして推理的、そして実際の構成要素の間の架け橋が、それら自体を完成させました。

私は、金融的な世界の相互関係したメカニズム、行程、システム、そして制度を詳しく知る様に成り;富の様々な形状(現金、宝石類、不動産等々)へと、素材(情報)の変形を許す(調べる)事によって、「テロリストの金融的な三角関係」(国連、EU、米国)を形成した(意図的に)不透明な法律、システム(制度)、政策、そして伝統(昔からの手口)を知る様に成りました。

突然として、私がテロリストの-金融のネットワーク(人脈)の骨格として描いていた、白-と-黒の枠組みの隙間が、鮮やかな色と共に満たされ、動いている部分と音の万華鏡に成りました。私がブラッドの書類/情報源から、私のより大きなパズル(構図)へと、情報のそれぞれの欠片を検証し、当てはめた際に、驚くべき事が起こりました。

数字、点と点、そしてこんがらかった意味の幻影の中に隠された逸話が、それ自体を明かしたのは、あたかも私が、グニャグニャな線とパターンの理解不能な、三次元的なコンピューターに造られた芸術作品の一つを理解するのに苦しんでいて、私の集中力を変化させた時でした。それは神風の様な速度で地上へと急下降する寸前のローラー・コースターが頂上に届いた様な感じで、そのイメージ(構図)が鮮明に成った際に、目まいのする衝撃と共に、私の胃袋をのど元へと押し上げる(吐き気のする)感覚でした。

それは、地球を破壊している戦争の隕石の嵐の最中に、お互いを強姦しながら、共食いしている怪物達とロボット(洗脳された人)達の乱交の三次元的なイメージ(象徴)でした。言い方を変えると、それは スイスと(米)国外の銀行を通したテロリストの活動への資金援助を難しくする事によって、減速させる事によって、そして止める事によって、戦闘の無慈悲な被害から、(米国の)兵士達が手足、両目、顔、脳味噌、睾丸、乳房、そして正しくを失う事から救えたであろう情報収集を -- 無知からか、自己満足からからのどちらかにおいて -- 軍部に対立して働いている政府の官僚組織のイメージでした。私がそのイメージを検証した際に、私は、私の古い世界観(固定概念)が、ピンク・フロイドの「ザ・ウォール」の何らかのシュールな脇道の様に、現在(新たな理解)へと変化している事を感じました(私の裁判における検察官が、『「人間的な本質」を感じる事は・・・不必要であると私を非難した事』を思い出すと、鳥肌が立ちます。)バーケンフェルドの逸話の背後に隠されたイメージにおいて、私は過去10年に私が任務した、全ての人々、全ての作戦、全ての機関、全ての軍部的な科学技術、全ての官僚制度的な知能発達障害、そして全ての政治的な臆病さと偽善を認識しました。私はこの世界を詳しく知っていて、そして無能さ、恐怖、または国家反逆から彼等が行った -- または行えなかった -- 関係者達の全てを認識していたので、私は唯一、恥ずかしさと、ウンザリ感において、私の頭を横に振り、うつむく事を余儀なくされました。

私は、ウィキリークスの通信を通して、間機関の関連を認識し、そして共同特殊作戦コマンド(JSOC)の司令官であり、国際的なテロリストの金融ネットワークを発見する事を任命されたデル・デイリー将軍が、どの様に、バーケンフェルド、または彼の情報的な素材を利用する事に(意図的に)失敗したのかを理解しました。私にとって最も興味深かったのは、デイリー将軍がその後、デイリー大使に昇格され、そして国務省における G.W. ブッシュの対テロリズムのための調整者(監督)とされ、国務省の様々な間機関通信を通して、バーケンフェルドが明かした、UBS-スイス-テロリストの金融の示唆について話し合い、分析し、そして政治的な目的を画策し始めたためです。

JSOC のスタンリー・マククリスタル司令官もまた、UBS の関係性を追求する事に失敗しました。奇妙にも。それらの話し合いは、2008年において金融的な危機(リーマン・ショック)が過熱していた際に起こり、そしてカール・レヴィン(上院議員)と、 UBS-テロリストの繋がり(そして脱税問題)についての調査の、バラク・オバマの上院議会の準委員会に対するバーケンフェルドの(内部)告発が、世界規模の(詐欺)金融的な安定性に対する危険に成る可能性があり -- そして故に容認される事が出来なかった(隠蔽/口封じされた)事を示唆しました。

私にとって、これについて何が興味深かったかと言うと、米国特殊作戦コマンドに対して彼(デイリー)が連絡将校であった当時、国務省の対テロ部門において、私がデイリー大使の下で任務していた事実でした。ですから私はこの分野において国務省と USSOCOM が行っていた全てを把握しており -- それはバーケンフェルドの情報に関しては、全く扱って(調べて)いませんでした。対テロの金融的な分析者として私が(フロリダの)タンパにおける米国中央コマンドにおいて任務した際も、状況は全く同じでした。

後に、オバマ大統領の下で、2009年にヒラリー・クリントンが国務長官に成り、バーケンフェルドが「政治的な解決策」の一部に成る事に同意し(それが意味したのはエリック・ホールダー司法長官を通して、彼(バーケンフェルド)を有罪にし、そして口封じする事で)それは、キューバのグアンタナモ湾(収容所)において拘束されていた2名の中国籍のウイグル人達(ムスリムの過激派)をスイスへと移動させる事と同時に、スイスの金融的な条約の上で、米国が有利な地位を与えられる事を意味していました。それと引き換えに、スイスの UBS (スイス・ユニオン銀行)に対しては、(彼等の法律事務所、コヴィントン & バーリングにおいて、UBS のための法的な仕事を彼等が以前に行っていた(内輪だった)ために、彼等自身を拘わらせるべきでは無かった)エリック・ホールダーとラニー・ブリューアーによって、「延期(時間稼ぎ)された起訴」と(微々たる)罰金が科せられました。

私は(実質的に、バーケンフェルドに対する暗殺の試みだった)UBS への偽造された手紙を目撃し、そしてその手紙(スイスの首都、ベルンの大使館における CIA の分署)の形式とタイミングと方向性の上に基づいて、米司法局CIA の血塗られた指紋を認識しました。最も高い可能性は、秘密裡の諜報工作の機関(i.e. CIA, NSA, NATO, 等々)が、スイス・ユニオン銀行(UBS、そしてその他の米国外の銀行)を使用していて、そしてバーケンフェルドの内部告発が、それらの(諜報工作機関の)、監視されておらず、規制されてもおらず、そして恐らく非憲法的(違法的)な活動(テロリストへの資金援助)を脅かしたためでした。

さて、此処において、再びもう一度、その逸話があらゆる最も奇怪な曲がり角を曲がる処で – そして調査的な公聴会を(米国)議会が開くための引き金を直ぐに引くはずであるものでした。

不気味にも興味深い偶然 -- または神様の意志において -- アメリカ人の市民達に対して NSA (国家安全保障局/公安)によって使用された様々な国内的な監視の作戦を、英国の新聞紙、ガーディアン紙に明かし、「内部告発者」と成った、国家安全保障局(NSA)におけるブーズ・アレン・ハミルトン社のコントラクター(契約社員)、エドワード・スノーデンはまた、ブラッド・バーケンフェルドが関わっていたスイスにおける CIA の作戦(テロリストに対する資金援助)を目撃した様に現れました(2013年6月8日の、ガーディアン紙の、香港におけるグレン・グリーンワルド、ユーエン・マクアスキル、そしてローラ・ポアトラスによる記事、「エドワード・スノーデン:NSA の監視の暴露の背後の内部告発者」を読んで下さい)。

スノーデンは、CIA のオペレーティヴ(工作員)が、あるスイスの銀行家を酒に酔わせ、彼が(車を)運転する事を薦め、そしてその後結果した、飲酒運転による逮捕から、彼を救う事によって、秘密裡の銀行業の情報を入手(恐喝)して、その銀行家を従えるための試みの、特定的に情報豊富で -- そして心が折れる(がっかりな)出来事(事件)を描写します。これは、悪用の目的のためにその銀行家を追い詰める事を意味し、ブラッド・バーケンフェルドの経験の彼の説明と、正しく平行線でした。

外交的なカバー(隠れ蓑/治外法権)とセキュリティー(安全保障)を共にした、コンピューターのネットワークの専門家としてスノーデンは、そのスイスの銀行家の標的(バーケンフェルド)の周りにまつわる諜報工作の報告(監視)、通信、そしてやり取り(工作)の全てを目撃し、そして疑う余地無く、UBS に対して送られた、偽造された手紙を通してバーケンフェルドをはめる(裏切る)卑怯な傲慢と、シナリオ(筋書)と同時に、彼(バーケンフェルド)に対する偽りの起訴状(冤罪)に(スノーデンは)嫌気がさしたのでしょう。スノーデンは、これが、米国憲法に矛盾するだけでなく -- スイスの一人の銀行家として働いていた -- アメリカ人市民の逮捕、起訴、そして暗殺を、非直接的に用意(工作)する事によって、それ(米国憲法)を軽蔑的に害する(無視する/湾曲する)ものとして認識したでしょう。

とても数多くの諜報工作の機関と関係部署が、バーケンフェルドの案件からあからさまにいない(または隠れている)ので、書類上以外の何処かに、対テロリストの金融的な作戦が存在しているのだろうかと、私が疑う程でした。バーケンフェルドの情報を検証するにおいて、率先してやらなければ無いはずの機関は何処にも見受けられず、そして彼に対して一度も連絡しませんでした。驚くべき事に、(米国中央コマンドにおいて私が任務し、そして世界中のテロリズムの金融的な根底を遮断するために設立された)テロリズムと金融的な諜報工作の、財務省の部門は、バーケンフェルドの報告を全く検証せず、それ処か、彼の金融的な情報の試料を分析しませんでした。

加えて不在だったのは、私がまた国務省の対テロリズム部門において任務していた際に、親密に働いた、国立対テロリズム・センター(中央局/NCTC)でした。NCTC は、(米国の共同対テロリズムのマニュアル[説明書]と軍部の教義[教え]によると)テロリズムに関して取得された、または入手された全ての情報を総合し、分析するための、米国政府の主要な組織でした。

同様に不在(姿を隠していた)のは、兵士達のコマンド(命令系統)の補佐における軍事的な情報と国家的な情報の脳力を統合し、調整するために責任のある、主要な防衛庁 (DoD)の諜報工作機関である、防衛諜報工作作戦調整センター(DIOCC)でした。最も驚きだったのは、(2001年の)9.11が、テロリストの攻撃であるとされた後に、諜報工作(Intelligence)のコミュニティー(IC)の努力を、より統一し、調整し、そして効果的な組織にするべく、IC の再編成を監督するために任命された正に責任者、国家諜報工作局(DNI)の長官の不在でした。あらゆる軍事的なコマンドの、間機関的なチーム(SOCOM、JSOC、CENTCOM、CAPOC、EUCOM、等々)は、バーケンフェルドについての情報を全く与えられておらず、私は直ぐに、バーケンフェルドを調査するための責任があった、上院議会の準委員会の責任者だった、カール・レヴィン上院議員と、バラク・オバマ大統領を批難しました。

最も納得がいかなかったのは、レヴィン上院議員がまた、上院議会の軍事委員会の一員だったのに、それでも軍部に対してこの(バーケンフェルドの)情報(内部告発)を全く報告しなかった事でした。それが私を不快にさせたのは、政治的、そして軍事的な指導者達の内輪において、私が目撃する事に成れてしまった無能さのためだけでは無く、彼等(兵士達)に対する攻撃を阻止する事が出来た、(テロリストのための)金融の情報が無視された、または隠蔽(いんぺい)されたために、戦死したり、腕や足を失い、家族が引き裂かれた、兵士達、水兵達、空軍兵達、そして海兵隊員達を、私が知っていたためです。バーケンフェルドの情報(内部告発)は、残念ながら、それが(命を)救える前に、埋められ(隠蔽され)、「シンドラーのリスト」に成りました。

バーケンフェルドが、軍事的な標的化(的を絞る)行程にとっての「高い価値の個人」であり、そしてテロリストの金融的なネットワーク(人脈)についてのヒエラルキー(ピラミッド)型の構造、弱点、そして能力の情報を産出し -- そしてそれによって DoD (防衛省)の調整化の努力、諜報工作、そして長期的な計画と戦略の融合点である、特務作戦(CSO)のための、米国特務作戦コマンドのセンター(中央局)を多大に援助出来た事実にも拘らず -- このバーケンフェルドによって内部告発された命を救う情報の全ては、司法局エリック・ホールダー長官によって、刑務所の監獄の中へと隠蔽されました。

ブーズ・アレン・ハミルトン社がまた非難されるべきなのは、その対テロリストの金融の訓練のパワーポイントのプレゼン(講義)が、国務省のウィキリークスの通信の中で暴露された、バーケンフェルドの資料の多くを無断借用して(パクッて)いる(知っている)様なのに、軍部がそれを発見(解明)するために、彼等(ブーズ・アレン・ハミルトン社) -- そして私を -- 契約(下請けに)したもののための解決策として、彼(バーケンフェルド)、または UBS を、全く名指ししなかったためです。全く持って奇妙でした。

数か月に及ぶ長い話し合いの後、(刑務所に入れられた)バーケンフェルドと私は、その情報が軍部とアメリカの人々へ伝えられなければならず;そして議会には、その問題を調査するための、憲法的な責任があると判断しました。私達は2つの異なった筋書きを体現していましたが、それらが1つにまとめられた時に、それらは殆ど信じがたい腐敗(汚職)、臆病さ、無能さ、または国家反逆罪の逸話に成りました。そして私達のサーヴィスメン(i.e. 軍人/役人/公務員等々達)のために、私達はそれを伝えなければなりませんでした・・・
















米国 CENTCOM (中央情報部)長官、ジェームズ・マティス将軍への手紙(29)

親愛なるマティス将軍:
私は、テロリストの危険への金融的なネットワーク(資金援助)と作戦と戦う事における、貴方のコマンドと使命そして兵士達に関係する緊急の問題を、貴方に伝えるために記述しています。

私が誰なのか?
私は、UBS (スイス・ユニオン銀行)の内部告発者で、米国の歴史において最大級の国際的な銀行業の脱税を、貴方の政府の注意へともたらした、ブラッド・バーケンフェルドです。私によって繰り返された警告にも拘らず、カール・レヴィン上院議員の、上院議会の調査と軍部委員会の永久準委員会に対して私が供給した、機密書類と情報は、貴方まで全く届けられなかった様です。

何故、私が手紙を書いているのか?
(米国)政府に対して私が供給した書類(情報)が、その(米国の)軍事作戦に不可欠であると、私が信じるためです。

拘わっているその他の機関に含まれるのは:
(米国)司法局の司法長官、エリック・ホールダー;AUSA、ケヴィン・オコナー;AUSA、ケヴィン・ドウニングです。ホールダーは UBS に対して時間稼ぎされた提訴を許し、そしてまた、個人的な雇用として、彼等のために働いていました。

(米国)国務省ヒラリー・クリントンは、政治的な解決の一部として、キューバのグアンタナモ湾収容所からスイスへ、2名の中国籍のウイグル人のテロリスト達を移動させる調整を行いました。

(米国)財務省:ティモシー・ガイトナーは、それら(銀行)の金融的な救済の一部として、米国の納税者の資金(血税)を、UBS に供給しました。

オバマ大統領:上院議会調査委員会における彼の拘わりからまた(その一員として)関わっていて、そして彼の大統領選活動に対する金融的な寄付として、UBS を利用しました。

私は、対(テロ)危険金融作戦が、ブーズ・アレン・ハミルトン社、特にマイク・マラヴィラ、ウイリアム・ルーブライナー、トロイ・ヘネシー、ボブ・トンプソン、そしてその他によって管理されていると理解しています。

私が信じる処、私が伝えた情報は、「敵(テロリスト)に対して与えられた援助と資金」の可能性を明かし、そして故に調査されなければなりません。私は、私の弁護士達、スティーヴン・コーンとデーヴィッド・コラピントを通して、ワシントン DC において私と話し合うために、貴方を招きます。

このとても緊急の問題について、貴方から連絡を受ける事を、私は期待しています。

敬具、
ブラッド・バーケンフェルド(元 UBS 銀行家)

沈黙を守るためのバーケンフェルドに対する1億400万ドル口止め料(30)

米国 CAPOC の司令官、ジェフ・ジェイコブス将軍への手紙(30)

国防省、リン・ハルブルックス監査官への手紙(30)

米国議会、下院議会、上院議会、委員会への手紙(31)

メディアへの手紙(32)

底無しの穴に落ちる(35)

国に対する陸軍士官の義務(42)

米国に対する明らかで、現在進行形の危険(51)

憲法的な誓い:「国外、そして国内の全ての敵に対峙する」(52)

ドナルド・ラムズフェルドとディック・メイヤー将軍(53)

ベンガジの攻撃(53)

ムスリムのテロリストの心と精神の中身(サウジ・ワハビ派カルト)(55)

ブラッドリー・マニング:隠された逸話(57)

心理的な戦術の技術(61)

寄生虫的な防衛コントラクターと戦争ビジネス(軍産金融複合体)(63)

「墓の苦悩」:殉職(神風特攻)のムスリム的なアイデアを打倒するために(65)

ブラッド・バーケンフェルド -- アメリカ人の愛国者(67)

バーケンフェルドの消失している情報と、司法局による口止め(68)

ある女性の悲しみ(69)

バラク・フセイン・オバマ大統領、スイス・ユニオン銀行、エリック・ホールダー司法長官、そしてラニー・ブリューアー準司法長官の関係(73)

アブドラ・アジズ(サウジアラビア国王):テロリストの危険への金融的な繋がり(74)

公式の議会的な調査、公聴会のための要請(75)

後書き:ブレーヴハート(勇敢な心)(76)
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 06 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -