♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

聖書の中に『神』はいない

1 madonna1

There in No God in the Bible
聖書の中に『神』はいない

http://www.vigli.org/Biglino/Mauro_Biglino.pdf

著者

マウロ・ビリーノ(Mauro Biglino)は宗教的な歴史のイタリア人の学者で、彼はイタリアにおいて5冊の本を出版し、その内の2冊は、シュツットガルトのヘブライ語の聖書からの、文字通りの方法における一字一句の、旧約聖書の元々のヘブライ語の文章の研究と再翻訳に集中しました。

シュツットガルトのヘブライ語の聖書は、マソレティック(マソラに関する)文献の最初の印刷された普及版で、ローマ・カトリック教会のための聖書、キリスト教プロテスタント派教会の聖書 - ジェームズ王版 - そしてユダヤ教のトーラ(旧約聖書の最初の5冊)の参考の元々の文献である、西暦1008年のレニングラード・コーデックスから由来します。

ビリーノ氏の著書は、旧約聖書の元々のヘブライ語の文章に集中し、「Il Libro che cambierà per sempre le nostre idee sulla Bibbia」と「Il Dio Alieno della Bibbia」と題されています。

それらの2冊の著書を書く以前に、マウロ・ビリーノは、聖書の元々のマソレティックの文献からの古代ヘブライ語の翻訳者として、ヴァチカンの主要な出版社である、エディツィオーニ・サン・パオロ(聖者パオロ出版)社のために、10年間務めました。

ビリーノ氏は、シュツットガルトのヘブライ語の聖書の古代ヘブライ語の文章から、聖書の19冊の本を、そのヴァチカンの出版社のために翻訳しました。

12冊の本は、聖者パオロ出版によって「I Profeti Minori」の本の中で出版され、5冊は「Cinque Meghillot」の中に出版されました。

1 Foto-Mauro-Biglino

聖書についての彼の研究との関係において、ビリーノ氏は、イタリアの国営テレビと幾つものラジオ局においてインタヴューされました。彼はイタリア全体を通した会議や集会の代表的な発言者です。

Paradigm Unhinged 9/26/12 Mauro Biglino PART 1 (FULL RADIO SHOW)
ちょうつがいが外された体系、2012年9月26日 マウロ・ビリーノ パート1(ラジオ番組全般)


メモ
「聖者パオロ出版社」が、ヴァチカンの主要な出版社であると記述する事において私達は、「聖者パオロ出版社」が、ヴァチカンによって金融的に所有されている事を意味しません。

私達が意味するのは、「聖者パオロ出版社」」が、イタリアにおける主要なキリスト教カトリック派の出版社で、それがカトリックの枢機卿達と司教達によって書かれた本の主要な出版社で、そしてイタリアにおけるカトリックのコミュニティーのための宗教的、そして神学的な本の主要な出版社だと言う事です。

その研究内容

マウロ・ビリーノの研究は、先入観を共にせず、あらゆる神学的な教義、または偏見が無く、理性的で理論的な通り道に続き、一字一句の、文字通りの方法において、旧約聖書の元々のヘブライ語の文献の上に集中されます。

その研究の目的は、元々の聖書的な文章に、本当に何が記述されているのかを確認する事です。

聖書の元々のマソレティックの文献についての調査と研究は、幾つもの驚きの発見へと、ビリーノ氏を導きました。

1.- 人の起源

マウロ・ビリーノは、創世記の本の中の、聖書の元々のヘブライ語の文章において - エロヒム(Elohim)と呼ばれた - 個人達のグループが、彼等自身の DNA (遺伝子)と、地球上に既に存在していた霊長類の遺伝子をかけ合わせる事による、遺伝子的な技術開発の介入と共に、人を創造したと書かれている事を発見しました。

聖書の中には遺伝子に言及する特定の単語さえあり、そしてこれはヘブライ語の単語、tselem (ツェレム) です。ビリーノ氏は、創世記(1:26)の有名な節の正しい翻訳が以下であると発見しました:

"And the Elohim (plural) said: "Let us make man in our likeness, using that thing that contains our image".
「そしてエロヒム(複数形)はこう述べました:『私達は、私達のイメージ(姿/形)を含むものを使って、私達の容姿において人を造りましょう。』」

その「私達のイメージを含むもの」が tselem で、それが意味するのは「それから、それが切り取られた、そのイメージを含む何らかの素材」です。

「ブラウン-ドライヴァー-ブリッグスのヘブライ語と英語の語彙目録と、ヘブライ語とアラマイック語の聖書的な辞書は、「tselem」םלֶצֶ֫ の定義の下で、以下の定義を記述します:«something cut off».<<切り取られた何か>>。

「切り取られる」事が出来て、抽出される事が可能で、誰かの「イメージ」を含む「何か」とは、何なのでしょう?

私達の現代の時代(の知識)において、直ぐに頭に浮かぶ一つの事は:DNA です。

エロヒムと言う単語は、現代のキリスト教の聖書の中で、「神」と言う単語と共に翻訳されています。

ですがそれが間違った翻訳なのは、何故ならエロヒムが複数形の単語で、強力ですが全能では無く、そして正しくスピリット(霊/非-肉体的)でも、超越的でも無い、肉と骨の個人達のグループを示唆するためです。

旧約聖書の元々のヘブライ語の文章の中において書かれた事は、4000年以上前に年代鑑定されている、(聖書の起源よりも以前の)シュメールの粘土板の中に記述されている事と、驚きの類似性を有しています。

基本的に、旧約聖書の元々のマソレティックの文献と、古代シュメールの粘土板は、同じ出来事を伝えています。

そのシュメールの粘土板は更により詳細です。

ビリーノ氏は、2つの近代的な発見が、聖書のマソレティックの文献を完全に証明すると発見しました:

A.
ミトコンドリア DNA についての科学的な研究は - 全ての人間達の母である - 「最初の母親」が、250,000年 – 150,000年前に、地球上に生きていたと言う結論をもたらしました。

B.
更に加えて、類人猿達と猿達(そしてネアンデルタール人)の24個のクロモサム(染色体)の対と、ホモ・サピエンス(現人)の23種のクロモサムの対の間の、頻繁に見過ごされた変化は、ある特定の時間的な時点において、高度に先進的な遺伝子の技術開発が起こった事を示唆します。

クロモサムの24種から23種の対へのこの変化が、自発的に起こる事が出来たと言うのは不可能です。

C.
類人猿と現人の間の「消失しているリンク」は、何十年もの研究の後、未だに発見されていません。

それらの全ての要素:ミトコンドリア DNA、24種から23種のクロモサムの対への変化、類人猿と現人の間の繋がりの不在、そしてシュメールの粘土板の上の記述は、「人の起源」についての聖書の逸話を完全に確認し - そして聖書は、人の起源について、(全知全能の神による)「創造論主義者」のヴァージョンを、全く伝えません。

人の起源についてビリーノ氏が発見した事は、キリスト教徒達に信じられた「創造論主義」と、ダーウィンの進化論の両方を危機へと至らせます。

彼の著書の中でビリーノ氏は、「第三の道」 - 「介入論」が - 人の起源の説明に対して、真剣に考えられるべきであると提案します。

2.全能で、全知の、スピリット的な神

ローマ・カトリック教会とプロテスタントの教会は以下の特徴を「神」へと帰属させます:

・「神」は - 無限の力を有し - 全能である

・「神」は - 無限の知識を有し - 全知である

・「神」は - 全ての場所に存在し - 偏在である

・「神」は - 完璧な善であり - 全良である

・「神」は - 永遠に生き - 永続である

・「神」は - 超越的な存在で - スピリット的である

太古のヘブライ語のマソレティックの文献の、彼の詳細な分析において、ビリーノ氏は、何らかの全能、全知、そして永遠の神について、聖書の中で何処にも語られていない事を発見しました。

聖書は、エロヒムと呼ばれた肉と骨の個人達のグループを語ります。エロヒムと言う単語は、カトリックの聖書とジェームズ王(プロテスタント)版の両方の中で「神」として翻訳されています。

それは間違った翻訳です。

3.エロヒム

エロヒム(El / エルの複数形)は「神」では無く、肉と骨(i.e. 生身)の個人達のグループでした。彼等が肉と骨の個人達だった事は、聖書の元々のヘブライ語のマソレティックの文献の中で絶対的な鮮明さと共に記述されています。

エロヒムの意味は「輝ける者達」、「崇高にされた(尊敬された)者達」、または「強力な者達」です。

エロヒムは確かに強力でしたが全能では無く、彼等は先進的で科学的な知識と科学技術を持っていましたが全知では無く、彼等は人間と比較されると延長された寿命(長寿)を有していましたが、不死でも永遠でもありませんでした。

もし「神」が、スピリット的で、超越的で、全能で、全知で、全良で、永遠で、そして不死の存在として考えられるなら、聖書の元々のヘブライ語のマソレティックの文献の中に、あらゆるその様な存在の軌跡はありません。

4.ヤーウェイ(エホヴァ)は「神」では無い

ビリーノ氏の発見は、ヤーウェイが、エロヒムと呼ばれた肉と骨の個人達のこのグループの、単なる一員でしか無い事を明かします。

旧約聖書の中で、そのヤーウェイが、彼自身、肉と骨の個人であると鮮明に成ります。

そしてヤーウェイは、最も有力なエロヒムでさえ、ありませんでした。

対照的に彼は、エロヒムの中で、それ程重要では無く、有力でも無い者でした。

ヤーウェイは不毛の土地を与えられ、そして当時、殆ど居なかった人達を支配する様にされ:彼(ヤーウェイ/エホヴァ)は敵国と土地を侵略(戦争)するために、彼等(まばらな人達)とそれ(領土)を形成しなければなりませんでした。

モーゼス(モーセ)の時代の時(紀元前1400年頃)にでさえ、その人々の言語 - ヘブライ語は - 存在しておらず:ヘブライ語はその四世紀後の、デーヴィッド王の時代において形成された言語でした。

申命記(32:8)には、エロヒム(エル達)の最高位で、その指導者(または執行部)のエリオン(Elyon)が - エロヒムの間の土地(領土)の分割を決定したと記述されています。

そのエリオン(The Elyon)は、ヤーウェイに対して:

砂漠の土地、そして荒野の獣の吠える荒地」(申命記、32:9-10)の人々を分け与えました。

ヤーウェイは、あらゆる価値、または関心が欠如している地域における、砂漠の土地のまばらな、重要では無い人達の管理を任命されました。

聖書(創世記10:25)は、エロヒムの間の土地の分割が、セム(ノアの息子)の曾孫、エベル(Eber)の息子だった、ペレグの時代に起こったと伝えます。

正確な日付を与える事は簡単では無い間、私達は、紀元前3000年から紀元前2500年までの、およその日付を予測する事が出来ます。

歴史から私達は、その当時、(古代)エジプト、シュメール、そしてインダスと言った、とても発達した文明が存在していた事を知っています。ヤーウェイは、それらのとても発達した文明と肥沃な土地(一等地)と人々を分割されたのでは無く、彼は砂漠と不毛な土地、そしてまばらで、重要では無い人々を分割されました。

これは明らかに、ヤーウェイ(エホヴァ)が、エロヒムの中で、上級では無く、それ程力が無かった(下級だった)事の証明です。

5.「神」でさえ死ぬ

聖書の元々のヘブライ語のマソレティックの文献の中で、エロヒムでさえ死ぬと、はっきりとした言葉で記述されています。(詩篇82、83

(エロヒムは、現代のカトリックとプロテスタントの聖書の中で「神」として翻訳されています)。

6.「天使達」

「天使(Angel)」と言う用語は、ギリシャ語の「Aggelos」から由来し、それは「メッセンジャー、使者」を意味します。それ自体において、そのギリシャ語の単語「Aggelos」は元々、スピリット的な意味を何も持っていませんでした。

神学者達と教会の神父達は、「天使達」は肉体を共にしないスピリット的な存在で、必要な時にだけ目に見える容姿を取り、彼等は神と人間達の間の仲介の役割を持っていると主張します。神学者達は「神」が、人間達を罰する、または助ける任務を「天使達」に与えると記述しました。

聖書の元々の文章の中で - 「天使達」として翻訳された - マラキム(the Malakhim)は、エロヒムと同様に、肉と骨の個人達として鮮明に描写され:聖書の中でマラキムは食べて、飲み、彼等は疲れ、彼等は汗をかき、彼等は汚れ、そして彼等自身を洗う必要さえあると記述されています。

これは、2人のマラキムとヤーウェイが、アブラハムに会う節[創世記18]、ソドムの破壊の直前における、その同じ2人のマラキムとロットとの、ソドムにおける出会い[創世記19]、トビット(Tobit)書、ザッカライア書、そしてより多くの聖書的な節の中で鮮明な言葉において記述されています。

マラキムと言う言葉の意味は - エロヒムの秩序(階級)の - 「守護者達」、「観測者達」、「使者達」です。

聖書のマラキムは、古代シュメールの粘土板のイギギと、強い相関性を持っています。彼等はその同じ機能(役割)を有し:イギギもまた「守護者達」、「観測者達」、「使者達」でした。

何故、聖書の翻訳者達はその文章を歪め、マラキムに対する、存在していないスピリット的な特徴を造り上げたのでしょうか?

聖書の翻訳者達と神学者達には、一神教的でスピリット的な、そして超越的な「神」のヴァージョンと一貫する様に、「天使達」を描写する必要性を有していたのでしょうか?

彼等が、物理的で、肉と骨のエロヒムと共に(捏造)した様に?

7.ヘブライ語

上述された様に、モーゼスの時代においてヘブライ語は存在しておらず、そしてモーゼスはヘブライ語では無く、その他の何らかの言語において語っていました。ヘブライ語はモーゼスの4世紀後の、デーヴィッド王の時代に存在へと至りました。

8.十戒

ヤーウェイによってモーゼスに与えられた契約の真の「十戒」は、カトリックのヒエラルキー(縦型秩序)と、キリスト教のプロテスタントの教会によって伝えられてきたものとは、全く異なっていました。

ヤーウェイと(古代)イスラエルの人々の間の契約の十戒は、あらゆるスピリット的、またはあらゆる道徳的、もしくは道義的なものとは全く関係が無く:それらは社会的な秩序と衛生的な管理(清潔さ)を保つためのルールでした。その十戒は、(古代)イスラエルの人々を、ヤーウェイと呼ばれた、嫉妬深く、非道な支配者の親指の下に保つ事が目的とされました。

ヤーウェイとイスラエルの人々の間の契約には、とても実用的な土台がありました。それは、一方で強者である - ヤーウェイ側と - もう一方で弱者である - イスラエルの人々である - 2つの集団の間のルールを確立する契約でした。

ヤーウェイは、宗教を創造する事を望みませんでした。

ヤーウェイの目的は、定住する場所を侵略する事における助けのための交換において、彼に奉仕した人々との契約を確立する事でした。

キリスト教の創立者達は、本当の十戒の真の意味を、意図的に歪め、改竄しました。

キリスト教の設立者達は、ヤーウェイの目的を隠し、彼等自身の目的と入れ替え、それは宗教を創造する事でした。

そして更に・・・

具体性でした。

聖書の元々のマソレティックの文献の研究の進行の全体において、一貫的な要素が台頭しました。

そしてこの一貫的な要素は、具体性です。

創世記、出エジプト記、民数記、申命記、ザッカライアの書の中には、具体性があります。

詳細に、そして正確性と共に、私達がその元々の文献を調べ、検証したあらゆる処で、私達は具体性を発見しました。

エロヒム(エル達)とヤーウェイ(エホヴァ)は、肉と骨の個人達で、天使達 - マラキム(イギギ達)は - 肉と骨の個人達で、「祝福(blessing)」には具体的で、とても素材的な意味があり - 現代のキリスト教の聖書において「神の栄光」として翻訳されている – the kevod でさえ、ヤーウェイによって日常的に使用されたとても具体的で、素材的な機械を意味します。

私達は、聖書の中で、何らかの「スピリット的な」ものの形跡を、全く見つけられません。

今日の旧約聖書の中で私達が読む、スピリット的な意味の全ては、唯の神学的な構築(改竄)で、意図的に注入され、元々の聖書の文章の意味を歪めているのは明らかな様に現れます。

聖書の中に「神」は記述されていません。

もし読者が興味を持ったなら、彼/彼女は、マウロ・ビリーノの著書の英語版からの、幾つかの引用を読む事が出来ます。

マソレティックの文献

ヘブライ語のマソレティックの文献は、ローマ・カトリック教会、プロテスタント教会、そしてユダヤ教のトーラのために、元々のヘブライ語の文献として、公式に認定された旧約聖書版です。

マソレティックの文献は、「伝統(マソラ/ masorah)の守護者達」であったマソラ派によって、西暦600年と900年の間に記述されました。

太古のヘブライの言語は、子音だけを記述し、母音(a,i,u,e,o)はありませんでした。マソラ派は、聖書において母音と句読点を加え、彼等は綴りと発音を定義しました。

マソラ派はその文献を本、章、段落、節へと編集し、聖典を定義的に確立するために、その文章へと介入しました。

マソラ派は、誤訳を防ぐために、文章的な調整を行いました。

例:
私は、山田太郎です。←日本語

Watasi wa, Yamada Taro desu.←ローマ字

アイウエオと句読点を抜いて記述すると;

Wtswymdtrds←ヘブライ語風の記述法


レニングラードのコーデックス

レニングラード(セント・ピータースブルグ/ペテロスブルグ)のコーデックスは、聖書のヘブライ語のマソレティックの文献の、知られている最も古い文献です。それは、西暦1008年頃に年代鑑定され、そして、チベットのマソラ学派の、ベン・アシャーの伝統の上に基づいています。

シュツットガルトのヘブライ語の聖書

シュツットガルトのヘブライ語の聖書は、マソレティックの文献に基づいた、レニングラード・コーデックスの最も古い、印刷されたヴァージョンです。

それはシュツットガルトの Deutsche Bibelgesellschaft (ドイツ聖書会)によって出版されました。

ロンドンにおける「英国と国外の聖書会」によって出版された聖書は、シュツットガルトのヘブライ語の聖書に一致します。

その他の太古の聖書的な文献:

七十人訳聖書

死海書

著書

マウロ・ビリーノは、イタリアにおいて5冊の著書を出版しました。彼の著書の内の2冊は、太古のヘブライ語のマソレティックの文献の最初の印刷版である、シュツットガルトのヘブライ語の聖書からの、太古のヘブライ語の文章の、一字一句の、文字通りの翻訳の上に集中しました。

このシリーズの2冊の本は以下です:

***Il libro che cambierà per sempre le nostre idee sulla Bibbia
聖書についての私達の概念を永遠に変えるだろう本

宇宙から来た神々
***
1 biglino

Il Dio Alieno della Bibbia
2 biglino

ビリーノ氏のイタリアの出版社によって受け取られた何千ものリクエストに続き、彼の最初の著書の英語版が現在完成され、そして米国、カナダ、オーストラリア、ニュー・ジーランド、英国、そしてアイルランドにおいて、ハード・カヴァー版が、もう直ぐ出版されます:

There is No God in the Bible
聖書の中に神はいない

3 biglino

ドイツ語、フランス語、スペイン語、そしてポルトガル語におけるこの本の翻訳が現在行われており、そしてその本は、ドイツ、オーストリア、スイス、フランス、ベルギー、スペイン、アルゼンチン、メキシコ、チリ、ペルー、ボリヴィア、フィリピン、ブラジルを含んでいる世界における39カ国において出版される予定です。

上述された著書を出版する以前に、マウロ・ビリーノは、ヴァチカンの出版社「聖者パオロ出版」のために、マソレティックの文献の最初の印刷された普及版である、シュツットガルトのヘブライ語の聖書の、太古のヘブライ語の文章から、聖書の19冊の本を翻訳しました。

12冊の本は、「I Profeti Minori」の本の中に、5冊は「Cinque Meghillot」の本の中で、聖者パオロ出版によって出版されました。

その著書からの引用

このページの上で読者は、聖書の元々のヘブライ語のマソレティックの文献の分析に集中した、マウロ・ビリーノの著書からの幾つかの引用を見つけるでしょう。

方法論:
ヘブライ語の文章と文字通りの翻訳を読む事


元々の情報源として、マソラ派が母音を含めた以前に、ヘブライ語の文献の記述は、唯一子音だけが表記されました。

私達は、学術的なものが、読者のために複雑過ぎるので、読者に解り易い書き直しを選択しました。

1.一番上の段は、母音無しの、元々のヘブライ語の文章を報告します。それは、右から左へ、読まれなければなりません。

2.真ん中の段は、ヘブライ語の文章の正確な並びに続いた、西洋のアルファベットにおける、ヘブライ語の言葉の翻訳(発音)です。

その言葉も、右から左へ、読まれなければなりません。

ダッシュ( - )は一つの単語の、単一の構成要素(意味)を分離させます。

3.一番下の段は、英語への、一字一句、文字通りの翻訳を報告します。その行も、右から左へと、読まれなければなりません。

(元記事の)灰色のパターン(背景)の下に、読者は太文字の文章において、現代英語における、文章全体の翻訳を見つけるでしょう。

その章からの引用:

創世記:人の創造

(naasse adam)

創世記のよく知られた節(1:26)の元々のヘブライ語のマソレティックの文章を分析すると、私達はそれらが、伝統的に考えられたものからはとても異なった何か、1700年代以降、キリスト教の宗教が主張してきたものから完全に異なったものを伝えると発見します。創世記(1:26

אָדָ֛ם נַֽעֲשֶׂ֥ה אֱלֹהִ֔ים וַיֹּ֣אמֶר
ADAM Naasse :Elohim yomer-Va
Man make us Let :Elohim said-And
כִּדְמוּתֵ֑נוּ בְּצַלְמֵ֖נוּ
nu-dmute-ki nu-tsalme-be
Our-likeness-as us-of-image-with

And the Elohim said: let us make man (adam) with image of us (and) as our likeness
そしてエル達はこう言いました:私達は人(アダム)を、私達の姿、(そして)私達の容姿と共に造りましょう。

その逸話の記述者は、その読者が絶対に理解しなければならない概念を強調する事を望み:戸惑いが全くあってはならないのは、何故ならこれが異例的な出来事であるためです。

事実、その次の節(1:27)において、その筆者は、解説する事を望みます:

בְּצַלְמ֔וֹ אֶת־הָֽאָדָם֙ אֱלֹהִ֤ים ׀ וַיִּבְרָ֨א
o-tsalm-be adam-ha-et Elohim yivra-Va
His-image-with man-the Elohim made-And
אֹת֑וֹ בָּרָ֣א אֱלֹהִ֖ים בְּצֶ֥לֶם
oto bara Elohim tselem-be
him made Elohim of-image-with
אֹתָֽם׃ בָּרָ֥א וּנְקֵבָ֖ה זָכָ֥ר
otam bara nekeva-u zacar
them made female-and male

And the Elohim made man with his image. With image of Elohim made him. (Elohim) made them male and female.
そしてエル達は、彼のイメージと共に、人を造りました。エル達のイメージと共に、彼を造りました。エル達は彼等を、男性と女性に造りました。

エロヒムは、「上(天)からの主(エル)達」を認識するために使用された、セム語の複数形の用語です。エロヒムの意味は「輝ける者達」、「崇高な(尊敬された)者達」、「強力な者達」です。

創世記の著者は、エロヒムが、彼等の「tselem 」(ツェレム/ םלֶצֶ֫ )を使用する事によって人を創造したと伝える事を望みます。

・ですが tselem ( םלֶצֶ֫ )とは何なのでしょう?

・そして何故、この特定の要点が重要で、2度に渡り繰り返されたのでしょう?

Tselem は「イメージ(姿/形/情報)を含み、そしてそれから切り取られる、何らかの素材」を意味します。Tselem と言う単語は、具体的で、素材的な「何か」を意味するだけでなく、それはまた、「それから切り取られたもの」の概念である、セム語的な語源の、元々の意味を含みます。

ブラウン-ドライヴァー-ブリッグスの、ヘブライ語と英語の語彙目録、聖書的なヘブライ語とアラマイック語の辞書は、「tselemםלֶצֶ֫ の定義の下で、以下の定義を記述します:「切り取られた何か」。םלֶצֶ֫ の動詞的な語源は、「切り取られた」として翻訳されます。

誰かの「イメージ」を含み、「切り取られる」事が可能で、抽出される事の出来る「何か」とは、何なのでしょう?

私達の現代の時代において、一つの事が直ぐに頭によぎり:

遺伝子です。

[・・・]

私達は、聖書が伝える事を強調する必要があり:この判断を行ったのはエロヒム(複数形/エル達)であり、彼等は「(cohortative)熱心に勧める事」と呼ばれる動詞の形状を使い「私達は行いましょう」と述べ:「(exhortation)熱心な勧め」、行うための「招待」、「勧誘」の価値(意味)を持つ動詞の形状です。

この熱心に勧める形状において、私達はエロヒムの間で事前に起こった幾つかの論議、論説、そして提案(話し合い/会議)を推測する事が出来ます。そしてその後に、彼等は鮮明(合意)に至りました。

その「熱心な勧めの形状」を使用する事で、創世記はその決断の結果を報告し:「私達はそれを行い、私達は(先に)進みましょう」とします。

更に加えて、エロヒムの複数形の単語(エル達)の問題は、簡単に見過ごされる事が出来ません。紹介文の中で明言された様に、私達の分析において私達は、あらゆる偏見が無く、先入観の無いアプローチ(接近の仕方)を応用する事を決めました。私達には擁護しなければならない、あらゆる一神教的な教義(偏見/先入観)を持たず、故に私達は、それらのエロヒムを、実在の複数の個人達として、考える自信と共に進む事が出来ます。

幾人かの早期の聖書の解説者達と解釈者達でさえ、エロヒムと言う複数形の単語の問題が、過小評価される事が出来ない事をよく知っていて、そして彼等は説明を供給しようと試み:the Syriacs (シリア語派?)は、それが「崇高な会議」を意味すると推測し、その他の解説者達は「神の天使達との会話」であると主張しました。

カエザリア(の街)のバージルは:「もし彼と共に誰も働いていないなら、どの様に彼はその様に語れたのか?」と問いました。

[本の中では更に続きます・・・]

天使達

(malakhim)

それらの簡単には定義不可能な存在について、多くの記述が成されました。唯一、確かな事は「Angel」と言う用語が、ギリシャ語の「Aggelos」から由来し、それが「メッセンジャー、使者」を意味する事です。

伝統的で、宗教的な文献は、聖書においてその天使達を、人々より優れ、そして神に従う、知性的な存在として描写し、頻繁に「神の息子達」、または「天界の住人達」と呼びます。

私達はまた、聖書の中で語られた出来事の何千年も以前の文明において、その「天使達」と同等の存在を見つけます。実際に、シュメールの粘土板の中で私達は、イギギ(the Igigi)について読みます。

イギギは、アヌンナキ(the Anunnaki)に従いました。彼等の役割は、守護者達、観測者達(the Watchers)、使者達でした。

聖書の中でその「天使達」は、人間の生命の始まりにおいて既に存在しており、そして最初の人間達の爆発的な増加の後に、エデンの守護者達として、彼等を現れさせます(創世記3:24)。

彼等はまた、(古代)イスラエルの人々の歴史の多くの出来事において、エロヒムの使者達として再び現れ:彼等はアブラハムの従者、ハガルを助ける事に関わり(創世記16:9)、彼等はアブラハムに対して(創世記18:2)、そして彼の甥、ロットに対して(創世記19:1)彼等自身を紹介し、そして砂漠(荒野)における巡礼(放浪)の間に、一人の天使がイスラエルの人々を先導します(出エジプト記23:23)。

それらの逸話の全てにおいて、しかしながら、その「天使達」(Malakhim/マラキム)は、肉と骨の存在として描写され、特定の役割と共に彼等が送られた人に対して、彼等が現れ、そして振舞う方法において、とても「人間的」です。

聖書の「天使達」(Malakhim)と、シュメールの粘土板のイギギの間の平行線はとても鮮明です:

・彼等は同じ役割を持ち:聖書の中で the Malakhim (マラキム)は、エロヒムの秩序(階級)の、守護者達、観測者達、そして使者達です。

シュメールの粘土板の中で the Igigi (イギギ)は、アヌンナキの秩序の、守護者達、観測者達、そして使者達です。

・両方の場合において彼等は、肉と骨(生身)の個人達です。

聖書のマラキムと、シュメールの粘土板のイギギは、同じ人物達なのでしょうか?

私達は、その題材についての様々な文献が既に存在するので、数世紀を超えてそれが発達した、考古学の概要を此処においてまとめる事は望みません。私達の目的は唯、「天使達」について聖書の実際の文字通りの記述と、(宗教的に)重ね合わされた膨大で、概念的な重荷の間の違いを理解するために、幾つかの基本的な概念を、読者に供給する事です。

その改竄(かいざん)は、(古代)イスラエル族が、紀元前587年において、ネブカドネザル二世によって追放され、そしてバビロンの領土におけるイスラエル族の定住(奴隷化)に続く、結果的で文化的な汚染を共にした後の、「追放後」の期間と呼ばれるものにおいて始まりました。私達は既に、ギリシャ語とヘブライ語におけるその名前(Agghelos と Malakh)が、「天使達」の本質では無く、機能(役割)を定義すると述べました。

私達の見解においてこれにはとても単純で、率直な説明があり:その聖書の著者達は、彼等の本質を分析するための必要性を感じていなかったためで、何故ならそれが誰にでも露骨にあからさまで:その「天使達」が、人間達に対してとても類似していて、そして故にあらゆる種類の憶測を必要としなかったためです。

私達は、文字通りの方法において、聖書の幾つかの記述を分析する事によって、この点へと更に深く掘り下げてみましょう。

[・・・]

アブラハム、マラキム、そしてヤーウェイ(エホヴァ)

私達は、マラキムが重要な役割を果たす逸話を検証してみましょう。以前に私達は、「天使達」を「スピリット的な存在」として定義する必要性が、「天使達」が食べて活動する時に、彼等は「唯一(目に見える)表向きにだけ」にそうすると、(宗教的な)解説者達が明言する事に繋がったと述べました。

私達は、その主張された「(表向きの)現れ」が、とても異例的なその他の振る舞いと共に、「純粋なスピリット(霊魂)」に対して帰属される事が可能かを判断するために、創世記の第18章を分析してみましょう。その時間枠は、およそ、紀元前1900年です。

アブラハムは、その国(現パレスチナ/イスラエル)の北部をヘブロン(の街)に繋げる道に沿った、パレスチナ南部の村のマムレのナラの林の近くにいます。アブラハムは、それがその日の最も暑い時間なので、テントの影の中で座っており、彼が見上げると(18:2):

נִצָּבִ֖ים אֲנָשִׁ֔ים שְׁלֹשָׁ֣ה וְהִנֵּה֙
nitsavim anashim shelshah hinneh-ve
standing men three[are] here-and
וַיָּ֤רָץ וַיַּ֗רְא עָלָ֑יו
yiarats-va yiare-va av-al
ran-and saw[he]-and [dwelling] his-near
הָאֹ֔הֶל מִפֶּ֣תַח לִקְרָאתָם֙
ohel-ha petah-mi am-qerat-li
tent-the of-entrance-at them-meet-to

And here are three men standing near his dwelling. He saw them and ran to meet them at the entrance of the tent.
そして此処に、彼の住処(テント)の近くに、3人の人達が立っていました。彼(アブラハム)は彼等(2人のマラキムとヤーウェイ)を見て、そのテントの入り口において、彼等に会うために走りました。


私達は、日中の最も暑い時間帯に、彼のテントの影の下で休んでいるアブラハムを有します。彼は、彼の目の前の3人の個人達を認識し、そして彼等に駆け寄り:そのコンテキストにおいてとても普通な状況のとても詳細な描写です。

その語りは続き、アブラハムが、それらの個人達の特徴的な本質に気付いた時に、彼は地にひれ伏せ、彼等を「我が主(達)」(Adoni/アドナイ - アドン/アテン、等々の複数形)と呼び、そして彼等に立ち止まる様に求めます。最初に、スピリット(非-肉体)的な「ヴィジョン」に誰かが、先に進む前に休んで下さいと伝える事を想像するのは困難です(18:3)。

ですが、まだあります。

アブラハムは、マラキムに、彼等の足を洗うための水を彼が持ってくると伝え、そして木陰の中で休む様に、彼等を招待し:明らかに、それらの「神聖な」使者達は、汚れていて、砂埃をかぶり、そして暑がっていたはずで、彼等は、実際に、肉と骨の要素(生身)の個人達で、一日の最も暑い時刻に、ほぼ砂漠の地帯を歩いていたはずです。

休息した後に、人は食べる事が必用なのをアブラハムは知っていて、ですから彼は、彼等が、彼等の旅路を続ける前に食べる事が出来る様に、幾つかのパンを、そのマラキムに提供します。人間であればとても当たり前の提供ですが、非-肉体的な存在に対しては明らかに馬鹿馬鹿しい提供に、それらの「スピリット的な存在」は何と答えたのでしょう?私達は検証してみましょう(18:5):

דִּבַּֽרְתָּ׃ כַּאֲשֶׁ֥ר תַּעֲשֶׂ֖ה כֵּ֥ן
dibbarta asher-ka taasse ken
said-you like-as do (will) [you] so

So, you will do so as you said
では、[あなたは、]あなたが言った様に、そうするでしょう


完全に形成された肯定的な返答です。奇妙にも、それらの「スピリット的な存在」は、彼等の旅路を続ける前に、彼等の足を洗い、そして食事をする機会を好意的に受け入れ:マラキムは実際に(その後)ソドム(の街)に行き、其処で私達は再び彼等に出会います。

そのマラキムが一人以上で、そしてこれはそのグループがある時点において分離する事から明らかで:そのグループのリーダーは、アブラハムと共に語るために残り、その間その他の2人のマラキムは、彼等の次の行き先に向かいます。

(18:22)の中で私達が後に学ぶ様に、アブラハムと共に残るそのグループのリーダーが、ヤーウェイ自身です。

マラキムの許可を受け取った後、アブラハムは彼の従者に、元々提供されたより、より多くの食事を準備するように命じ:彼は、彼の従者に、新鮮なパン、子牛の肉を調理し、新鮮な牛乳と発酵した牛乳(ヨーグルト)を用意し、マラキムの前に全ての食物を置くように命じます。調理の時間を考慮すると、それは間違いなくとても長い休息で:疲れて、お腹を空かせた体を回復するために必要な休息です。

実際に、その著者は - 出来事を詳細に表記する現代のジャーナリズムの典型的な態度と共に - こう明言します(18:8)「その木の下で、彼は、彼等と共に立ちました。

וַיֹּאכֵֽלוּ׃
yiokelu-va
ate [they]-and

And they ate
そして彼等は食べました


その場面は、その地域の典型的な遊牧民を思い起こさせ:重要な訪問者達が到着した際に、彼等の主要な地位が必要とする様に、その訪問者達が彼等の時間を取り、彼等の食事を食べられる様に、彼等は全ての安堵(休息)と便利さ(接待)を提供されました。

正確で、詳細な描写、その出来事のタイミング、そして特にそれらの多くが同時に起こっている(幾つかの物事が起こっている間、その他の物事が起こっている)事実の状況の全体は、マラキムのために用意された昼食を彼等が食べている事を伝えている事を含み、とても具体的で、現実的、そして物理(物質/肉体)的な出来事の証拠です。

天使的で、非-肉体的で、そしてスピリット(霊)的な存在達のためには、とても考える事が難しい事です。

ソドムにおける天使達

食事を食べ、休息を取った後、その2人のマラキムは彼等の旅路を続け、その間、その「リーダー」 - ヤーウェイは、ソドムとゴモラ(の街)の運命について、アブラハムと共に語るために留まります。

私達はその出来事の解説において、驚く程の正確性を有します。それは夕暮れ時で、そしてアブラハムの甥、ロットは、その街の門の近くに座っています。ロットは2人の人物達を見て、彼は、彼等がマラキムの階級に属していると認識し、彼は、彼等に会うために走り、そして彼等の足元にひれ伏します。

故に、私達は彼等がスピリット的な存在では無く、一つの場所からもう一つの場所へと歩くために時間がかかり、遠くから彼等が到着するのが目撃され、そして彼等を見た者が、敬意と尊敬の証として、彼等に会うために走り出す、個人達である事の更なる確認を有します。

認識されなければならないのは、これが、(スピリットの)突然の、そして驚きの現れの(宗教的な)伝統との、完全な矛盾にある事です。私達が此処で読むのは、暖かい夕暮れ時に静かに歩いている2人の者達に接近する、絶対的に普通の方法です。

ロットは、彼等(マラキム)の足を洗う事と、彼の家(テント)において一夜を過ごす事を彼等に提供する事で、彼等の世話をする事を申し出ます(19:2)

その2人のマラキムは、しかしながら、そうしない事を決め、そしてロットにこう伝えます:「私達は外で一夜を過ごします。」

ロットはマラキムが受け入れ、彼と共に(家に)行く事を強く薦めます。彼等は彼の家に入り、そして幾らかの無発酵の焼かれたパンを食べます(19:3)。

これは、話し合いをし、夕食を食べ(そして彼等は既にアブラハムと共に昼食を食べていました)、異なった選択肢を考慮し、その後、彼等は選択を決め、最終的に何処で一夜を過ごすかを決める、それらの「スピリット的な存在」の、とても奇妙な振る舞いです。

その逸話は続き:マラキムが眠る準備をしている際に、狂乱の集団がロットの家を囲み、その2人の訪問者達(マラキム)を呼び、そして彼等を虐待するために、ロットが彼等を手渡す事を要求します。

(純粋なスピリットを虐待する事など、あなたには考えられますか?)

ロットは明らかに拒否し、そしてその代わりに彼の2人の未だに処女(i.e. 子供)の娘達を提供します・・・

ですがソドムの人々は理性に聞く耳を持たず、そして彼等を捕らえるために、そのドアを壊そうと試みます。

その2人の不運なマラキムは、その危険な状況に気付き、彼等はロットを掴まえ、家の中へと彼を引き戻し、そしてとても奇妙な行動と共に、そのドアの近くにいる攻撃者達を追い払います(19:11):

בַּסַּנְוֵרִ֔ים הִכּוּ֙
sanverim-ba hiku
Blindness-sudden-the-with struck [they]

They struck with the sudden blindness.
[彼等は]突然の視力の消失と共に打たれました。


そして彼等(マラキム)は「若者と老人」、つまり、全員(の人達)を攻撃しました。

詳細には描写されていない何らかの機器と共に、その2人のマラキムは、見る事が出来なくなる様に、その一行の眼をくらまし、そのドアを壊して通る試みを諦める様に強制しました。

その2人のマラキムはその後、彼等がソドム(とゴモラの街)を破壊する直前なので、ロットが彼の家族を連れてその街から離れる事を強く薦めます。

次の朝の夜明けにおいて、その2人のマラキムはもう一度、ロットが彼の家族と共に避難する事を薦めたのは、その破壊が目前(秒読み)で、彼等が躊躇している余裕がもう無かったためです。

その2人のマラキムは、時間がもう無い事を知っています。その決定は既に成され、そして予定通りに達成されなければなりませんでした(創世記18:22-32)。

そのグループのリーダーである、ヤーウェイ自身は、彼が何故、ソドムとゴモラを破壊する決定をしたのかの理由をアブラハムに説明するために、彼の家に留まりました。

その後、誰もが知っている出来事が続き:ロットと彼の家族の避難、「天界からのヤーウェイによる燃え盛る硫黄」を共にしたソドムとゴモラの破壊(19:24)、立ち止まって振り向くなと言う命令に違反したために、ロットの妻が塩の柱に成った事でした。

これは、公式な宗教が「スピリット的な存在」が関わっていると解釈する、それらの出来事の実際の逸話です。体の無い存在に対して意味が無いはずの、数多くの矛盾、数多くの問題、そしてとても多くの詳細で日常的な行動です。

実際に、それらの「天使達」は歩き、疲れ、そして休息を必要とし、砂埃まみれに成り、そして彼等自身を洗う事に喜び、1日に2度食べさえし、一夜を何処で過ごそうかと決定します。そして彼等は、攻撃者達に対して、明らかに「科学技術的」な方法を使用する事によって、彼等自身を防護します。

それらの天使達/マラキムは、人々からの違いが明らかな個人達で、彼等は(科学技術的に)、より強力でしたが、全能では無く、彼等は頻繁に危険にさらされ、攻撃可能で、そして通常の日常的な生理学上の必要性の対象でした。

神の栄光(the Glory of God)

(kevod)

その「神の栄光」は、理解する事が簡単では無い概念で:それにはお互いに対して関連し、同時に相互関係する幾つかの意味があります。

ヘブライ語の単語は כבד で、kevod/kebod または kavod/kabod のどちらかとして読む事が可能です。それは、「重くなる、重さを持つ、尊敬される様に成る、固くなる」の概念を示唆している動詞から派生します。

その形容詞 kabed は、「重い、重大、困難、重要、尊敬された」ものを意味しますが、また「鈍感」(非情/固い心)を意味します。

ギリシャ人達はこの単語を「doxa」と言う言葉と共に翻訳し、それは順を追って現代の言語において「栄光」と共に翻訳されています。

この単語の翻訳は常に、聖書の中のエロヒム(エル達)の描写に一致しない、(宗教家達の)神のヴィジョン(姿)によって影響されてきましたが:エロヒムは実際に、スピリット的な存在とは、似ても似つかぬ者達でした。空想的で、神学的な合成はそれを神聖な内在性を体現し、そしてそれを「聖域」の概念と共に平行にする地点まで、その単語の元々の意味を完全に湾曲しました。

これは、全く異なった意味を持っていた単語を、「栄光」と言う単語と共に翻訳した動機でした。意味におけるこの変化は、kevod (ケヴォッド)と言う単語を、彼等が人工的に合成した神のアイデアと一致させる方法を見つけるために、神学者達によって感じられた必要性によるものでした。

実際に כבד の子音の語源はとても明らかに、「重い、固い、強力」の概念に言及し:「重い」と「強力」は故に、この語源を持つ全ての言葉に内在的な、2つの鍵と原則的な要素です。延長線によって、強力である事は、裕福である(階級が高い)事を示唆し、そして、故に、尊敬された(敬われた)存在です。

「重さ」と「敬い」のその意味は、信心深い人達に対して彼の存在を明かす事を彼が選択した時に、内在的に成る事の出来る、スピリット的で超越的なものとして見られる、神の特徴として解釈されました。

私達は、聖書の中で彼等が描写されたエロヒムの:肉と骨の個人達で、彼等が日常的な関係を保った、人類の素材的な技術開発者達としての体現に従って、この「栄光」について – そしてこの「栄光」が人々に対して現れる方法について、聖書が私達に伝える節を検証してみましょう。勿論、もしこの論説が、私達が考える様に確かなら、その2つの種族の間に、同等の関係はありませんでした。もし人が、「彼等のイメージを含んだ素材的なものと共に」エロヒムの「姿、形に続いて」創造されたとしても、私達が覚えておかなければならないのは、エロヒムが、その力(科学技術)と重要性(知識)において、人々(the Adam)よりも、遥かに優れた個人達であった事です。

その力のバランスは、その片方が、間違い無く、上手だった、共生の同意によって統制されていました。

故に、エロヒムは「重さ」を有し、彼等の重さ(重要性)は当然と認識され、そして敬われ:人は、彼の弱さにおいて、そうする以外有りませんでした。
[・・・]

The Kevod

モーゼスとヤーウェイ(エホヴァ)の間の会合と会話の逸話は、モーゼスの疑念の解説と共に続き:この「神」(ヤーウエイ/エホヴァ)が、十分な保障も、証明も与えなかったと言う事でした。

モーゼスは、約束の地へと人々(古代イスラエル族)を導く事をヤーウェイに求めますが、しかしながら、エロヒムが彼等と共にある事を誰もがとてもはっきりと観る必要があると強調し、そうで無ければイスラエル族の人々と、その他の人達の間には違い(選民主義)が無いと主張します。その「神聖な」現れは、はっきりと眼に見えなければなりませんでした。

そのエロヒムはその状況を理解し、モーゼスが要求する事を彼が行うと、彼は同意し、約束します。ですがこれは、モーゼスにとって十分では無く、彼は実際に確かめる事を望み - 言うなれば、彼自身の手で触れる事を望み - そして彼はヤーウェイに対して、こう尋ねます(出エジプト記33:18):

כְּבֹדֶֽךָ׃ נָ֖א הַרְאֵ֥נִי
ha-kevode-et na i-haran
Your-kevod (please) me-to-see-let

(please) let me see your kevod.
(お願いです)あなたの栄光(kevod/ケヴォッド)を私に見せて下さい。

モーゼスは証明を望み、ヤーウェイに対して彼の物理的な体現の機械を、彼に見せる事を求めます。モーゼスは、その他(のエル達)では無くこのエロヒム(ヤーウェイ/エホヴァ)に従う事を、(古代)イスラエルの人々を納得させるために、彼が行う事を確証しなければならず、イスラエルの人々に説得するために、何らかの補償が必用でした。

ヤーウェイはこの必要性を理解し、モーゼスの要求に答えると同意しますが、これから起こる事が極度に危険で:それは彼の死の原因に成る事さえ出来ると、彼に警告します。

モーゼスが見る事を求めた「神の栄光」は・・・
人を殺す事が出来るのでしょうか?

これが意味するのは、神格の栄光的な表れが、効能的に殺傷的である事です。

スピリット的な超越性の表現(体現)は殺すのでしょうか?

神は彼の力を操作出来ないのでしょうか?

彼はそう出来ないと現れます。

そのエロヒム(ヤーウェイ)は、彼の現れを操作する事も、彼がそれを調整する事も出来ず、彼が唯一出来るのは、彼の「栄光」の効果をどの様に軽減し、その影響を最小限化するかの幾つかの示唆を与えるだけで、彼はそれらを避ける事は可能では無く:この「栄光」は常に殺傷的な最大出力と共に機能します。

Kevod/kabod は通常、「栄光」として翻訳され、それはとても抽象的な概念で、簡単には定義される事の出来ない、神学的な分類の一種です。そのエロヒムが何故、彼の「現れ」の出来事を用意する際に、モーゼスを物理的に防御する明らかな目的のために、彼に実効的なガイドラインの一連を与えたのか、理解する事が難しく成ります。

実際に、これが正しく起こる事で:そのエロヒムは、何らかの実用的な指示をモーゼスに与える事を望み、そして正確な事前注意を彼が応用する事を強制します。そのエロヒムはモーゼスに、彼はそれの「前を見る」事が出来ない(前に立つ事が出来ない?)のは、何故なら彼が死んでしまうためで、そして彼は一つの、実用的なヒントを加えます(出エジプト記33:21):

אִתִּ֑י מָק֖וֹם הִנֵּ֥ה
i-it maqom hinneh
Me-to-close place [is a] here
עַל־הַצּֽוּר׃ וְנִצַּבְתָּ֖
tsur-ha-al nitsavta-ve
rock-the-(against) at stay will you-and

Here is a place close to me and you will stay atagainst) the rock
此処は私に近い場所で、そしてあなたはその岩に(対して)留まり(隠れ)なさい。

その指示はとても日常会話的で、はっきりとしていて、私達はその場面と、その正確な場所を示している、そのエロヒムの身振り手振りを見ているかの様です。

「其処に留まり、隠れていなさい」と言っているかの様です。

明らかに、そのエロヒムが更なる助言を加えるので、この対応は十分では無かったようです(出エジプト記33:22):

כְּבֹדִ֔י בַּעֲבֹ֣ר
i-kevod avor-ba
my-kevod passing by-(when) in
הַצּ֑וּר בְּנִקְרַ֣ת וְשַׂמְתִּ֖יךָ
tsur-ha niqrat-be ha-samti-ve
rock-the of-cleft-in you-put will I-and
עָלֶ֖יךָ כַפִּ֛י וְשַׂכֹּתִ֥י
ha-ale i-kap i-sakkot-ve
you-to-on my-(hollow?) palm cover will I-and
עַד־עָלֶ֖יךָ
i-avr-ad
I-passing by-until

When my kevod passes by, I will put you inthecleft of the rock and I will cover you with my palm until I have passed by
私のケヴォッド(栄光)が通る時、私は貴方を
(その)岩の隙間に入れ、私が通り過ぎるまで、私は、私の手のひらと共に、貴方を覆いましょう。

故に私達はこう尋ねます:

・前からでは無く、後ろからしか見る事の出来ない、この「栄光」とは何なのでしょう?

・とても危険で、特別な防御を必要とした、モーゼスの前を通っていたものは何なのでしょう?

・そして、それが通っていた間、そのエロヒムは、どの様に彼の手のひらで、モーゼスを保護する事が出来たのでしょう?

聖書の様々なヴァージョンの全ては、その伝統が受け入れたこの意味を報告しますが、この受動的な受け入れは、それらの問いによって焦点を当てられた難しさをもたらします。

「神の栄光」が、何らかの超越的なものだったと推測するための可能な説明を見つける事は困難です。

[その本において続きます・・・]

聖書についての私達の概念を永遠に変えるであろう本:
宇宙から来た神々

マウロ・ビリーノ著より:
https://drive.google.com/file/d/0B8cZZ8vNfLrRTmIzQ2p1WEc1dzA/view

第一章:

anaqim/アナキム

Anaqitis/アナキティス

長い首の人々

旧約聖書の記述は一般的に、古代シュメール人達の様な、その他の人々によって記述された逸話から由来します。それらの逸話は、この最初の章においてまとめられた、特定の論説に台頭を与えました。

それらの論説は - 私達はそれらを真実と呼ぶ事が出来ますが - 一度確認されれば:人間達によって発達させられた概念の上に基づいた、私達の現在の宗教的な思考システムである、大規模な幻想の終わりを原因する事が出来ます。キリスト教を含むこの宗教的な思考システムは、操作と操りの権力構造の構造(固定概念/先入観)を造るために、思い上がった態度で名付けられた「神聖な文献」を悪用する者達によって運営(操作)されています。その全てが終わるための時は熟し、そして今は、真実のための時です。

例えば、私達は、聖書がどの様に、何処で、そして何時;その他の世界(i.e. 宇宙)から地球へと来た、肉体的な存在である、Anaqim (アナキム)について語るかを知る事について関心を持っています。ローマ・カトリック教会は現在、この情報を認識していますが、彼等はアナキムを「スピリット的な存在」として現す、ミスリード(嘘)を続けています。

私達が旧約聖書を分析する際に、私達はそれらの肉体的な存在が、彼等の正しいヘブライ語の名称を使用している事を確認します(例えば、ヘブライ語において「天界から地球に降臨した者達(天孫降臨)」は、遥かによく知られて、公表されたシュメール語の名称、「Anunnaki (アヌンナキ)の代わりに「i.e. Anaqiti (アナクびとの複数形)とされます」。

これは、幾らかの人達にとって不安に成るかも知れない話しですが、間違いなく興味深いもので、そして同時に、自由に考える道を歩む人達のために圧倒的で、開放的な可能性をもたらすものです。それは現代のキリスト教の教義、幻想、そして強要された解釈からは、遥かに異なる逸話です。現代の宗教には、神の先入観化(固定概念化)されたヴィジョン(姿)を応用する傾向があり、それは「神」と言う言葉の存在を、超越性と共に直ぐ様一致させるものです。彼等(宗教家/神官/官僚達)は、実質の形状において、人からかけ離れた神の「オルタナティヴ」な世界を創造し:非定義的で、曖昧で、体現される事の出来無いものです。

あなたは直ぐに、聖書がその他多くの「神々」を語る事を見つけ、正に、その最も太古の文献は、人々とユダヤの人々の起源との関連において、それらの神々の逸話を伝えます。それらの文献は、当時、人々が神々(つまり、アナキム/エロヒム)と歩んだ時代について伝えます。私達は人々が、彼等と共に語り、食べ、彼等と共に約束し、そして彼等に奉仕しますが;同時に、その瞬間の関心と、状況の不特定要素に沿って、彼等(i.e. エロヒム/アナキム/アヌンナキ)を利用し、そして彼等を裏切り、彼等に従い、そして見捨てる事を見つけます。

これは、唯一一人の神の問いを決して尋ねる事無く、多くの可能性の中から人々が、彼等の「神々」を選択出来た、歴史的な時代でした。

神は、人々がこの直接の接触を失った後に、最終的に創り上げられたものからは、完全に異なった方法において知覚されたものでした・・・

Anakim (アナキム)
http://www.biblestudytools.com/dictionary/anakim/

アナクの子孫達(アナクびと/ヨシュア11:12民数記13:33申命記9:2)彼等はパレスチナの南部、ヘブロンの付近に住んでいました(創世記23:2ヨシュア15:13)アブラハムの時代において(創世記14:5-6)、彼等は後にエドム(Edom/エサウの子孫達)とモアブ(Moab/ロットの息子の子孫達)として知られる地域、ヨルダン東部に住んでいました。彼等は恐らく、バベル(バビロン)からのクッシュ族であるカナーン族(カインの子孫達)以前の、パレスチナの元々の住人達の残りで、そしてフェニキア人達とエジプトの遊牧王達と同じ民族でした。その土地を偵察するために送られたスパイ達によって描写された様に、彼等の屈強で戦闘的な容姿は、(古代)イスラエル族を恐怖で満たしました。彼等は、大洪水以前の時代の「巨人達」(創世記6:4民数記13:33)である、ネフィリムと共に彼等を同一視した様です。アナキムには様々な部族がありました(ヨシュア15:14)。ヨシュアは最終的に、ガザ、Gath、そして Ashdod の街において見つけられた難民の残りを除いて、彼等をその土地から追放しました(ヨシュア11:22)。デーヴィッドが出くわしたピリシテびとの巨人達(サムエル記下21:15-22)は、アナキムの子孫達でした。

International Standard Bible Encyclopedia
国際基準の聖書の辞典

http://biblehub.com/topical/a/anakim.htm

ANAKIM
an’-a-kim (anaqim; Enakim, または Enakeim; または「アナク(アヌンナキ)の息子(子孫)達」(民数記13:33)と呼ばれ、そして「アナキムの息子達」(申命記1:28)と呼ばれ:その(イスラエル族の)スパイ達は、創世記6:4のネフィリム、または「巨人達」に対して彼等を比較し、そして申命記2:11によると、彼等はレファイム(REPHAIM)の一部としてみなされました。民数記13:22の中でヘブロンの首長はアナクの子孫達であると言われ、その間「アナクの父」は Jos (Sic. ヨシュア15:1321:11)の中で、彼に因んでヘブロンが「アルバの街」と呼ばれたアルバ(Arba)であると明言します。ヨシュアは「ヘブロン、Debir、Anab、そしてイスラエルの小山の多い土地からアナキムを切断(追放)し」、彼等の残りはガザ、Gath、そして Ashdod のピリシテびとの街の中に残されました(ヨシュア11:21、22)。イスラエル族と比較されると、彼等は巨人達の様に背が高く(民数記13:33)、そして故に「巨人」のゴリアテ(Goliath)と彼の親族は、彼等の民族だった様です。

ヘブロンにおいて、イスラエル族の征服の当時、彼等(アナキム)の3人の指導者達、セシャイ(Sheshai)、アヒマン(Ahiman)、そしてタルマイ(Talmai)の下で(民数記13:22ヨシュア15:14士師記1:20)、アモリびとの王の護衛を形成したと、私達は考えられるかも知れません(ヨシュア10:5を参照)。テル・エル-アマルナの手紙は、カナーン族の王子達が、外人の傭兵の護衛達と共に、彼等を囲む事が習慣だった事を表します。アナキム(アナクびと達)は、彼等と血の繋がりがあるかも知れないピリシテびと達の様にエーゲ海(ギリシャ/トルコ西部)から来たのが可能な様に現れます。アナクの名称は、女神オンカ(Onka)の名前と共に私達が出会う女性形に一致する男性形で、彼女はギリシャ人の著者達、ビザンチウムのステファヌスと Hesychius によると、「Phoen」で、i.e. (女神)アテナのシリア語の同義語です。Anket もしくは Anukit はまた、最初のカタラクトにおいてエジプト人達によって信仰された女神の名前です。Ahi-man の名前において「-man」が、非-セム語的な神を意味する可能性はあります。

2 madonna2
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









マリア・マグダレナ・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 02 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -