• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

磁気的なワームホール

スペインの科学者達が「磁気的なワームホール(ワープの穴)」を創造する

ジョセフ P. ファレル著
https://gizadeathstar.com/2016/11/scientists-spain-create-magnetic-wormhole/

この興味深い話しは(私に)渡され(誰からだったのか、私は思い出せないので、御免なさい!)そして、私は今週の、通常はまじめなブログを、何か楽しいものでまとめなければならず、そして効能的にそれ自体の正当性においてとても重大な事です。バルセロナの独立的な大学におけるスペインの科学者達が、メタマテリアル(光を含む電磁波に対して、自然界の物質には無い振る舞いをする人工物質)を使って「磁気的なワームホール」の一種を創造しました(その記事の完全な説明のために、4分間の短いビデオを観て下さい):

科学者達が実験室においてワームホールを創造した

この記事とビデオが鮮明にする様に、これは磁気的なワームホールで、アインシュタイン-ローゼンの重力的な橋では無く、開いて、そして保つために、莫大な量のエネルギーを必要とするワームホールの一種で、そしてそれは - 様々な以前のインタヴューの中で私が述べた様に - 「とても小さいものよりも、数十億倍小さい」もので - 物理学者達は数値化(量子化)に夢中に成っているので、その本質を捉えるフレーズです。

さて、その話を私が読み、そしてそのビデオを観た時に、此処において私の興味を引き、私に高度でハイオクな推理の幾つもの種類を考えさせたのは、この「磁気的なワームホール」が実際に、磁気的な単一極の一種を創造する事によって事実上創造されたためで、長い間、理論化されたものでしたが、明らかに今まで全く成功的に達成されていなかったものであるためです。通常、磁気的なフィールド(磁場)と磁石は双極の現象で、それは私達全員が小学校から知っているものの上品な呼び方で、つまり、磁石は、北と南(N と S)の2つの極を有し、それ自体の全体において単純に、そう(双極)で無ければ「単一極」に成る、北だけでも、南だけでもありません。

磁気的なフィールド(磁場のポインター)
1 magnet1

電気も同様に双極的な現象です。例えば、電弧が、言うなれば、「バランスを再現(放電)する」までに、圧倒的にマイナスとプラスの電荷(チャージ)が蓄積する地域の間に、電気的な電弧が起こる時の稲妻(雷/放電)を考えてみて下さい。その様な地域がそもそも発達させられる事が出来るので、そして電気が、磁気にとても親密に関連しているので、その様な理由のために人々は圧倒的に一つ、またはもう一つの極性の地域である、磁気的な単一極が、もう一方が無くても発達するかも知れないと理論化しました。ですが、電気と同様に、その「バランス」が保たれるためには、一致している反対の地域が何処かに存在していなければなりませんでした。

効果的に、スペインにおける科学者達が行った様に現れるのは - そのビデオが示唆する限り - その双極の一方の極を、超越-次元的な地域の一種へと送る事で、其処でそれは、その目には見えない「ワームホール」を通して、「こちら」に残った極に対して、目には見えませんが未だに対化されています。その記事とビデオが明言する様に、その様なもののために現在、実用的な用途は何も無く、その実験はむしろ「概念の証明」の実験で、この場合において磁気的な単一極で、それらがどの様に存在するかも知れないのかでした。

そして、ワイルドでクレージーな可能性のあらゆる種類を私に考えさせたのが、勿論、この時点だったのは、もし一方の極が、この四次元の時空間の現実性において「こちら」に存在する事が出来て、そしてもう一方の極が超越-次元的な空間の現実性の一種において「あちら」に存在出来るなら、すると一瞬にして、超越次元的な空間、そしてこの四次元に対するそれらの関係の物理的な現実性が、もし証明されてはいないとしても、少なくとも強く示唆されている様に現れるためです。そして、それが順を追って、私の様に、量子的な絡まりと非-地域性の謎を考える事を好むあなたのために、あらゆる種類の興味深い可能性を解き開くのは、それが此処において磁気的なコンテキストの中で、「マクロスコピック(宇宙的)規模」において起こっている様に現れるためです。以下は考慮してみるための私の遊び心の個人的な妄想からの一例です:例えば、分子、イオン、または原子を、此処においてその単一極のフィールドへと置くと、i.e. 単一極のフィールドストレスの対照にするとあちら側では何が起こるのでしょう?その超越次元的なサインは「あちら」に現れるのでしょうか?私の直感の全ては、そう成ると私に伝えます。

まだまだ私達は続ける事が出来ますが、この少々の実験と共に、新たな扉とパズルのあらゆる種類が開かれた様に現れます。

そして彼等が既に考えている事が何か、あなたは予想する事が出来るでしょう:その実験を、例えば、メタマテリアルズと共に、セルンのハードロン衝突器とその膨大で磁気的なフィールドまで拡大してみたら・・・すると一体何が起こるのでしょう?

良い一日を、そして、

また、超越-次元的な後日にお会いしましょう・・・
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -