• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

遺伝子と細胞のレゾナンス

遺伝子と細胞のレゾナンス(共振/共鳴):
磁気的な波が、細胞間の伝達を可能にする


コンスタンティン・マイル
http://www.k-meyl.de/go/Primaerliteratur/Magnetic_Waves-Enable-Cell_Communication.pdf

概要

遺伝子は、磁気的なフィールドのヴェクトルの方向において伝播する、経度的な(縦)波を派生させます。遺伝子の構造から産出されたフリクエンシーは、予測されたバイオフォトン(生物光子)放射のそれらと同意します。伝導の消失を最小限化する事による効率の最適化は、遺伝子の二重-螺旋の構造に繋がります。磁気的なスカラー波の渦巻きのモデルは、細胞核の中の多くの観測された構造を完璧に説明するだけでなく、また、2つの細胞がお互いと伝達する時の、母体(基盤)における双曲面のチャンネル(通り道)を説明します。1990年において発見された様に、効能的な渦巻きは、スカラー波の不可欠な構成要素です。拡張されたフィールド理論のための基本的なアプローチは、磁気的な単一極が発見されると共に、2009年において確認されました。初めてこれは、生命の物理的な土台を、生物学の学術からだけでなく、説明する機会を供給します。自然は、研究の知られている科学的な分野のスペクトル(範囲)の全体を覆うので、その複雑な関係を説明するためには、間学術的な理解が必要とされます。効能的な渦巻きの特徴は重要です。その集中(凝縮)の効果と共に、それは数ナノメートル(nm)までの小型化を供給し、それは中核(細胞核、原子核等々)の中の膨大で高い情報の密度を許します。磁気的なスカラー波のこの最初の紹介と共に、遺伝子のベース(土台)のペア(二対)において化学的に蓄積された遺伝子的なコード(暗号)として使用するために、そして細胞核からもう一つの細胞に情報を「背負わせる」ために、それらを電気的に調節するために、その様な波が相応しいのかが鮮明に成るでしょう。受け取っている側において、正反対の行程が起こり、そして渡された情報が、化学的な構造へと変換されて戻されます。その化学的な行程の入電するために必要で不可欠なエネルギー(電力)は、磁気的なスカラー波自体によって供給されます。

紹介

細胞間の伝達

2つの細胞がお互いと伝達し、一方が読み取りの情報を伝達していて、もう一方の細胞に対して書き込んでいる時、私達はどの様にその読み書きの行程が機能し、そして技術的な観点から、どの様に遺伝子的な情報が、細胞から細胞へと移動(伝達)されているのか?を尋ね開ければなりません。

水素は、一つの遺伝子鎖(DNA ストランド)において、ベース・ペアを電気的に分極しているクーロン作用を通して、一緒(一つ)に結びます。この分極化に介入するためにその水素の結びが分離させられなければならず、放射的で、外向きの電気的なフィールド(電場)の線、または私がそれを呼んだ様に、渦巻きのフィールドを必要としています。

磁気的なフィールド(磁場)のヴェクトルは、電気的な縦のフィールドに対して直角なので、遺伝子鎖の結果している軸的な方向は必然的な成り行きです。磁気的なフィールドの方向における渦巻きのフィールドの運動は、磁気的なスカラー波と呼ばれるものを形成している経度的な(縦)波において結果します(図1)。

図1:二重の螺旋における、電気的なフィールド(E)の分配と、磁気的な流動の密度(B)。v = DNA 波の速度(秒速140,000km);光の速度 c (= 秒速300,000km)。(3ページ参照)http://www.k-meyl.de/go/Primaerliteratur/Magnetic_Waves-Enable-Cell_Communication.pdf

「細胞核の素晴らしく研究された生物化学は、調査されなければならない方向性を描写します」(マイル、2011年 a, b)。

「遺伝子鎖におけるコード化された部分は、遺伝子の総合的な量のほんの一部でしかありません。コード化された部分を挟む延長はイントロンズ(introns/介在配列)と呼ばれ、コード化されていない遺伝子の構成です。介在配列は早期の日々においてジャンクとして見解されました。今日、生物学者達と遺伝子学者達は、このコード化されていない遺伝子が、コード化された部分、そしてどの様に遺伝子の表現を統制するのかを解明するために不可欠であると信じています(フレッドホルム、2003年からの引用)。更なる研究は、イントロンズに関するその他の重要な機能を明かすでしょう。

4つのベースの電気的なフィールド

遺伝子は、時計回り(right-handed)の巻きを共にした二重の螺旋において巻かれています(A 種、または B 種)。その2つのポリヌクレオチド(polynucleotide/複数の中核体)の鎖(ストランド)は、正反対の極性(+ と -)です。そのベースの間で水素の結びが形成され;adenine (A)は常に thymine (T)と共に対に成り、guanine (G)は常に、cytosine (C)と対に成ります(カープ、2005年)。それらは、遺伝的な情報のコード、または特徴の一式を体現します。

化学者は、それらの構造の土台の上で、4つのベース(A, C, G, T)を分類しますが;しかしながら、物理学者は異なったチャージ(電荷)の土台の上で分類します。電気的なチャージはとても低いのですが、メートル毎のヴォルトにおいて測量されると、電気的なフィールドは、その様な短い距離において、とても高いかも知れません。非活性な水素の結びが、そのフィールドの強さに従い、そしてそのベース・ペアの電気的なチャージを中性化する時、その遺伝子は外向きには中性的に振舞い、そして内向きには、外的で、電気的なフィールドによって干渉されません。

唯一、書き込みの行程の間に、その水素の結びが一時的に解除され、そしてそのベース・ペアは分離され、露出されたチャージの一連が読み取られる事を許します。この行程は、より高い電気的なフィールドの強さを必要とします。磁気的なスカラー波(図1)は、例えば、必要とされたヴォルテージを供給する事が出来ます。付け加えると、これは、それにおいて電気的なフィールドの、フィールドのヴェクトルが、そのベースの電気的なチャージとの相互関係のために事前に必要な、放射的に外向きに向かう、波の唯一の種類です。

方法

円形に分極化された二重の螺旋

言及された経度的な波(縦波)は、磁気的なフィールドのヴェクトルの方向において伝播します。磁気的な力(作用)は、そのフィールドの渦巻きの間に形成され、波のノード(接点)と、そしてまた波の伝播のための原因です。

その渦巻きのフィールドの螺旋的な構造のために、そのフィールドの線はオープンで、クローズドではありません。それらは、前に向かってひねって巻き上がり、円形に分極化された波と比較されるでしょう(図2)。

図2:反時計回り(left-circularly)の分極化された波。
(3ページ参照)http://www.k-meyl.de/go/Primaerliteratur/Magnetic_Waves-Enable-Cell_Communication.pdf

その渦巻きの速度は、光の速さ c で、前向きの方向において、外側の線に沿ってひねって巻きます。その結果的な通り道が2倍以上の長さなので、このフィールドの伝播は、x-軸の方向において形成し、そして秒速140,000km の経度的な波の伝播において結果します。これは、一方で、幾何学的な次元の結果で(Jaenicke,1998年;カープ、2005年、503ページ)、そしてもう一方で、2nm (ナノメートル)の螺旋の直径であると同時に、完全な螺旋の一周(一巻き)の上の x-軸の方向において測量された、3.4nm の通り道の長さです(図1)。

遺伝子の波の波長

次の段階は、磁気的なフィールドのヴェクトルの、フリクエンシー(振動率/周波数)と波長を決定し、それと共に波を調整する事です。ヒストーンズ(histones)と呼ばれる球状のタンパク質の2つ(二重)のひねり(螺旋)を共にしたコイル(捻り)を形成する螺旋の傾向によって、貴重な情報が観測されます。

これは、半-期間の2つのターン(捻り)に一致します。故に、一つのヒストーンから次への移行は常に、波長の半分に一致している波のノード(干渉点/重なり合い)において起こります。もし、コイルがプラスの半-波長を産出しているなら、隣のコイルは、マイナスの半-波長を産出していて、正反対等々です。一つのコイルから、隣のコイルまでの、その変換しているワインデイング(巻き)の方向性は、この推測の正しさを証明します。

遺伝子鎖の両方のワインデイング(二重の螺旋)の長さは、2つの方法において決定される事が可能です。ヌクレオソーム(細胞)の中核の分子のために、コイルされた(巻かれた)体(ヒストーン)と周りから包まれた遺伝子の分子の構成である、10nm の平均的なコイルの直径が確立されます(カープ、2005年)。遺伝子鎖の中心における一巻きの分子的な長さは故に、(π)・10nm で、そして2ヒストーンズに対して分配された4巻きにおける波長は、λDNA = 126nm です。

文献の中で引用された数値は時々異なりますが、それは分子の、関連している凝縮の度合によって説明されます。エラー分析は、可能な変化の範囲を狭める手助けをするでしょう。

公表されたデータと、X-線の構造分析を使用した観測を使用する事によって、容認の帯の範囲を予測するために、貴重な情報を得る事が出来ます(リューウィン、1990年、421ページ)二番目の計算方法において、そのベース・ペアは単純に数えられます。

一つのヌクレオソーム(細胞)は146のベース・ペア(bp)を有し、そして弱1.8巻きを有し、それに対して一巻きは83 bp で、二巻は166 bp です。一つの「リボン(巻き)」から次への移行のためには更により多くのベース・ペアが必要ですが、残念な事に、このために信頼可能なデータは(未だ)存在しません。濃縮されたクロマチン(染色質)の中の高い凝縮の密度は、繊維を数える事を難しくします(図3)。オープンで、濃縮されていない繊維において、200 bp が数えられました(アルバーツ et al.、1994年)。

その中央の軸に沿った螺旋の上昇は、ベース・ペア毎に、0.332nm です(シンデン、1994年)。濃縮の度合に依存する、ベース・ペアの数によって掛け算されると、波長の最大数と最小数が得られ:

λDNA(最大) = 200 bp・2・0.332 = 132.8 nm
λDNA(最小) = 180 bp・2・0.332 = 119.5 nm

または、範囲として言及すると:

λDNA = 126 ± 6 nm です。

伝播の速度、vDNA と、波長 λDNA が、順を追って、DNA の波のフリクエンシーを決定します:

図3:特定のワインデイング(巻き)の方向を共にした、遺伝子鎖のオープンで「解き解かれた」構造(アルバーツ et al.、1994年)
fDNA = vDNA = 140・10⁶/126・ x 10⁻⁹
DNA の波の平均速度として、c (光速/定数)/2・ x 14 = 140 ・ x 10⁶m/s(秒)における
fDNA = (1.11 ± 0.06)・ x 10¹⁵ Hz(紫外線[UV]放射)
(3ページ参照)http://www.k-meyl.de/go/Primaerliteratur/Magnetic_Waves-Enable-Cell_Communication.pdf

結果

評価

此処において決定された数値は主に、B-DNA のためのものです。計測学的な経験を共にして従った、特に重要な結果が、そのテーブルの中に表されています。それは、10¹⁵Hz 付近のフリクエンシーにおける、DNA の波を描写していて、そして、故に、UV (紫外線)の放射です。

ポップ教授(1987年)は、バイオフォトン(生物光子)を語り、そしてそれぞれの細胞が観測可能な極度に弱い紫外線の光を放つと、高度に敏感なフォトマルティプライヤー(光電子倍増管)のチューブを使用し実証しました。ヘイン教授(1997年)は、細胞外的なマトリックス(母体/基盤)の基本的な実質の中のトンネル構造を測量し、そして彼の結果は、上記の算出された波長に一致します。両方の科学者達の類似した結果は同意に有りますが、異なって論議されています。ポップは、細胞の放射を、126nm において、光の速度へと移行させましたが、それに対してヘインは、その伝播の速度が音波(縦波)と同等であると表しました。その後者の見解が、恐らく、現実により近く、そしてそれが磁気的なスカラー波の本質なのでしょう。

経度的な(縦)波は、固定された伝播の速度知らずで、そして結果的に、固定されたフリクエンシーはありません。それらを特徴化させるために、私達はまた、それらの波長を含ませなければなりません。この波長は、より低い速度まで、その波が減速させられた時、変化しません(マイル、2011年 a, b)。その伝播の速度は、その経度的な波を運ぶ媒質(エーテル)の性質の上に依存します。

イントロンズ(介在配列)の役割

技術的な機器とは対照的に、生物化学的なシステムは「オートフォーカス」の機能を使用していて、または、言い換えると、スカラー波の存在において、(それぞれの)細胞はお互いとのレゾナンス(共振/共鳴)に成る傾向を見せます。この方法において、それらは、その他の細胞とその環境から、エネルギーと情報を引き入れます。外的、または内的で、生物学的な刺激装置との同調化が起こります。

このモデルがまた、エピジェネティクス(後成学)の観測を説明するのに対して役立つ事は、私の注意から逃れませんでした。物理学と技術開発において、レゾナンスの現象は、振動的なシステムの技術において知られています。もし私達がその様なシステムを興奮させ(起動させ)、配信器としてそれを呼ぶなら、すると、その振動の受け取り側として振舞っているもう一つの異なったシステムは

(i)同じフリクエンシー、

(ii)反対の代数学的なサイン、または正反対にされたフェージング、そして

(iii)同じ波長、つまり、一致したモジュレーション(調整)が存在する

時に、受信器に成ります。

もし、配信器と受信器が、対化された振動のシステムとしてレゾナンスにあるなら、その受信器と配信器のステーション(変電所)は、両方がそれらの場所と役割を自由に交換可能なので、もう区別不可能です。最終的に、エネルギーと情報はバランスさせられます(マイル、2010年)。

もう一つのとても重要な性質が存在し、物理的な法則から算出可能です。2つの細胞の間の振動の期間に、磁気的、または電気的な相互関連の形状において引き寄せ合いがあります。これは特に、3種のレゾナンスの状態が満足させられれば、何の力(作用)が DNA の波を推進させるのかの問いを答えます。

第三の状態(iii)が満たされていない場合において、配信(伝達)している細胞から放射されたゲノムの情報が、レゾナンスに成るための受信している細胞を見つけられないために、受信している細胞が、間違った情報を持っている、または情報を全く持っていないと理由付けられます。

これが起こってしまう事を防ぐために、暗号化されておらず、情報を移動させる必要のない、中性的なレゾネーター(共振器)が、両方の側において必要です。

それらには、情報を含んでいる「エクソンズ(exons)」と比較されると、DNA のストランド(鎖)において、遥かに多い数がある、「イントロンズ」と呼ばれるものを含みます。その暗号化されていない部分は、恐らく、レゾナンスの状態を供給し、つまり、2つの細胞の2つの一致的な部分の間で、経度的な波が形成される事が出来ると言う事です。

一方でこれは、両方の側におけるバランスされたエネルギーの状態に繋がります。対照的に、もしその情報が元々異なっていたなら、その遺伝子的な暗号は全体として、配信側から受信側へと引き出され、それはレゾナンスの蓄積と干渉したでしょう。末端におけるイントロンズのレゾナンスのために、一致した情報が両方の側において存在します。

これは明らかに、イントロンズが無ければ、進化は起こらなかった事を実証します。

遺伝子によって操作された新陳代謝は、もしエネルギーと情報の両方が介入させられれば、唯一可能です。技術的な観点から、スカラー波が実際にそうする事が可能なのは、電磁的な波と比較して、それがまた、その情報に加えて、エネルギーを移動(伝達)させるためです。

捻られた螺旋を通して移動している DNA の波は、特定の距離を超えた移動(伝達)を可能にするために、その螺旋を通って進まなければならないだけで無く、その受取(受信)側の場所において望まれたプロテイン(タンパク質)の産出を確かにするために、十分なエネルギーを供給されなければなりません。ですから、DNA の波を押しているモーター(原動器)は何処にあるのでしょう?

ベンゼンの輪

磁気的なフィールドのヴェクトルの方向において伝播しているスカラー波は明らかに、例えば、回転(旋回)している電気的なチャージによって形成された、磁気的なフィールドによって推進されています。その様なフィールドの渦巻きが探求されなければならないのは、その様なものとして、その動力(作用)が、生物学的な行程と化学的な反応を推進出来るためです。

その様な動力(モーター)を構築するために、内包され、自由に起動可能で、そして非地域化されたエレクトロンを共にした輪の構造が必要とされます。それらの性質を有している最も顕著な化学的構造は、ベンゼンの輪です(エードリアン et al.、2000年; Zhang、2011年)。現在の軌道的なモデルは、輪を形成している6つの炭素の原子を描写し、エレクトロンの大群が自由に動く事を許します。原子的な回転(渦巻き)のレゾナンスのスペクトロメーター(分光計)における磁気的なフィールドは、輪の流動を誘導します。

二重の螺旋の4つのベースもまた、2つの炭素の原子が、窒素の原子と入れ替えられる事を除いて、その様な輪の構造を使用します。それらの窒素の原子の一つは、その螺旋の反対側の相棒(対)に対して水素の結びを形成します(図4)。

図4:有機的な化学を推進している輪のシステム。
(5ページ参照)http://www.k-meyl.de/go/Primaerliteratur/Magnetic_Waves-Enable-Cell_Communication.pdf

核酸のそれらのピリジミン(pyrimidine/化合物)の構築ブロック(塊/単位)は、その輪の構造において地域化されておらず、自由に動いているエレクトロンを共にした、6つのメンバー化された輪の構成です。その輪から派生している縦の磁気的なフィールドのヴェクトルと、DNA の波として伝播している磁気的なフィールドの相関性のために、相互関連が可能性の高い成り行きです。磁気的なスカラー波は故に、DNA のストランド(鎖)を通して引き出される、または押し出されます。

DNA の波の派生器

もし炭素を含んでいる輪の構造が、エネルギーの科学技術において重要な役割を果たすなら、全ての生きている生物体と有機的な化学の上で圧倒的で、膨大な種類の輪のシステムについて、私達がこれ以上、不思議に思う必要はありません。

その物理的な行程は、以下の様に描写される事が出来ます:もしエレクトロンが、その輪の中で一つの方向において動く(運動する)なら、その輪の平面に対して直角な磁気的なフィールドが創造され、そしてもしその方向が変化すると、磁気的なスカラー波を放射している結果と共に、(対応して)変化している磁気的なフィールドが創造されます。

反対に、もしスカラー波の振動しているフィールドの渦巻きのその平面に対して直角に輪に衝撃すると、するとそれは、そのエレクトロンを運動へと入れる派生器として働きます。もし外的な力が存在しないなら、そのエレクトロンはその(元の)方向において保たれます。

その輪は故に、エネルギーの源泉、エネルギーの流し台、そしてフィールド・エネルギーの蓄積所としての役割を果たします。それらは正に、遺伝子的な情報の読み取り、書き込み、そして蓄積のためと同時に、生物化学的な行程のために無線でエネルギーを供給するために必要とされた事前事項です。

DNA の螺旋のベースの輪の平面が、分子の経度的な軸に対してほぼ直角で、そしてお互いの上に重ねられ、DNA の波の方向において常に伝播している磁気的なフィールドのポインターにおいて結果し、そして故に推進力として完全に利用可能である事は、私の注意から逃れませんでした。

もしそのベースのピリミジンの輪が、その様な中心的な役割を担うなら、何故それらは紫外線の分光学(スペクトル観測)において認識され無いのでしょう?

その DNA の波長は二重の螺旋の中央の線に沿って測量され、それに対してそのベースの輪は、外側に位置していて、そして故に、約2.14倍の長さの距離で考えられる必要があります。ですから、2.14倍の DNA の波長 λDNA = 126 ± 5 nm が、λベース = 260-280 nm の、延長された波長における、延長された通り道の結果を許します。

ベースの輪が DNA の波と共に同時に働くためには、増大させられた速度が(ほぼ、光の速度において)、その同じ要素によって増大させられた波長とレゾナンス(共振)に成る事が出来なければなりません。これは、最小限に制限され選択された幅と共に従って、260 nm において、そして280 nm まで増大させられ、(最大限の純度を共にして?)濃縮の最大級のレベルにおいて達成されます。

実際に、その結果は4つの DNA のヌクレオチドの吸収のスペクトルの測量と合致し(カープ、2005年、508ページ)、260 nm における吸収が通常、DNA の集中を判断するために使用され、それに対して「不純度」において、最大限が280 nm に向かってシフトする事を意味します。

この一致は驚きです。更に、総合 DNA 分子の測量は、260 nm において最大限の吸収を見せます。明らかに、レゾナンスが存在しています。

論議

原子的な回転、または磁気的なレゾナンス?

地球自体の「キャパシターのプレート」とそのイオン層(電離層)の間で派生した生物圏における進化の全ての結果は、構造化されたキャパシターのロスとして考えられる事が可能で、人間達にもまた応用されます。それらは電気的なフィールドのダイエレクトリック的なロスなので、低い電気的なヴォルテージ、または電流でさえ、人間達にとって致命的である事が明らかに成ります。

磁気的なフィールドはとても異なります。磁気的なレゾナンスのイメージ(MRI)のスキャナーにおいて、患者達は即死に繋がる事無く、地球の自然的な磁場の30,000倍よりも強い、磁気的なフィールドに対して露出されます。これは体内の磁気的なスカラー波を破壊せず、追加的に、そして恐らく望ましく、外側からのエネルギーを注入します。

このイメージングの手法において、超伝導している磁石の強いフィールドが始めに、細胞の細胞核と分子の輪を整列させます。その後、高フリクエンシーの変化しているフィールドが重ねられ、そして磁気的なスカラー波に対して結果している放射の反応が測定され、その体の3次元的なイメージ(画像)の創造を許します。

その達成可能なシグナルの強さの、回転しているプロトンを傾ける可能性は無視出来る程小さく、DNA の磁気的なレゾナンスと比較されると関係ありません。説明のための方法として、コイルにおいて誘導された、結果している測量されたヴォルテージのために、チャージされ、回転している中核の粒子に責任(原因)があるとする放射線医師/レントゲン技師は、物理学的な現実を無視しています。

MRI スキャナーは唯一、有機的な調合物をイメージ(映像化)可能で、無機的な物質はイメージ出来ません。

結論

生物学における利用

DNA の波の詳細な検証において、波と放射のミックスが現れます。そのミックスの比率は定数では無く、技術的な必要条件によって決定されます。

その基礎は、レゾナンスが最初に構築されなければならない事で、それはフィールド無しでは不可能です。故に、細胞間の情報のあらゆる交換は、ばら撒き(scatter)のフィールドの派生と共に始まります。情報を要求する方法として、配信器と受信器の両方が、そのばら撒きのフィールドの源泉に成る事が出来ます。

それぞれの生きている生命体のばら撒きのフィールドは、「オーラ」の現れとして体現します。全ての効果とフリクエンシーの総合は、ノイズ(i.e. スカラー波)のフィールドとして測量されます。アンテナのニア・フィールドに類似して、そのフィールドの強さは源泉からの距離と共に急速に減少します。

1 Kirlian Photography

自然療法家は、人の活力と健康状態について結論を引き出す事を許す「反応の距離」を語ります。

細胞は、ばら撒きのシグナルを放射するためにエネルギーが必要です。故に、フィールドの強さと範囲は、細胞に対して利用可能なエネルギーのための便利な測量です。

もし、一つの細胞が、そのばら撒きのフィールドを受取り、レゾナンスへと至ると、その後そのフィールドの特徴は劇的に変化します。その配信器と受信器の間には、此処で、クローズドされたレゾナントの回路の形状における排他的な対化が存在します。このコンテキストにおいて「クローズド」が意味するのは、測量可能なばら撒きのフィールドが起こらず、配信(伝達)のロスが起こらず、そしてその配信器と受信器は、均整が届くまで、お互いの間でエネルギーと情報を交換すると言う事です。

フリー・レゾナンス

私達は、強制されたレゾナンスと、自由なレゾナンスの間を区別するべきでしょう。前者の場合においてその範囲はばら撒きのシグナルに対して対化されていて、それに対して自由レゾナンスにおいて、その範囲は理論的に無制限です。これはテレパシーの多くの明らかな問いに答えます。レゾナンスにおける効果的なスカラー波は情報だけでなくまたエネルギーも配信するので、テレキネシスの現象のために相応しいモデルさえ見つけられるかも知れません。

丁度、DNA の波が細胞核から放射している様に、細胞の集合体、または人体でさえも、適合的な波の放射が入る事が可能で、つまり、人は、周りにいる人達のオーラからエネルギーと情報を吸収する事が可能で、または誰かの事を考える事によって、遠距離を超えて働きかける能力があるかも知れません(シェルドレイク、1995年;エンゲルス、2011年)。

技術的な立ち位置から、それは、それにおいて、望みに続いてパターン化された、とても類似した、構造化されたフィールドの渦巻きを、受信者(器)が派生させ、そして放射する行程です。これは磁気的なスカラー波を利用する事によって行われます。配信器から受信器への、レゾナンスにある間の派生している磁気的なフィールドの方向と、結果している相互作用は、その2つの間に引き寄せ合いの力(作用)を創造します。

これは全ての人と、全ての細胞に、数々の存在しているノイズの渦巻きを利用して私達の環境から、エネルギーと情報を供給します。

レゾナンスは、全てのフィールドの線がクローズドにされ、測量の機器に接続出来るために利用可能では無いので、全ての技術的な測量能力を排他します。この理由のために、最も顕著な人間-間のレゾナンスは決して測量可能では無く、それはつまり、愛情です。
_____
References
参考文献
Adrian, L., Szewzyk, U., Wecke, J., and Görisch, H. (2000). Bacterial dehalorespiration with chlorinanted benzenes. Nature 408, 580–583.
Alberts, B., Bray, D., Lewis, J., Raff, M., Roberts, K., and Watson,J.D. (1994). Molecular Biology of the Cell, 3rd edition (New York: Garland Publishing), p. 343. ISBN 0-8153-1619-4.
Engels, J.W. (2011). Distance measurements for DNA and RNA in vitro and in vivo. Proceedings of the Second World DNA and Genome Day, China, p. 64.
Fredholm, L. (2003). The discovery of the molecular structure of DNA—the double helix. Science 9. www.Nobelprize.org, 2010.
Heine, H. (1997). Lehrbuch der biologischen Medizin. Grundregula-tion und Extrazelluläre Matrix, 2nd edition (Stuttgart: Hippok-rates Verlag), p. 56.
Jaenicke, L., ed. (1998). Molekularbiologie der Zelle. (Weinheim: VCH Verlag), p.109. ISBN 3-527-26350-0.
Karp, G. (2005). Cell and Molecular Biology. (New York: Springer Verlag). ISBN 3-540-23857-3.
Lewin, B. (1990). Genes IV (Cambridge: Oxford University Press), p. 421. ISBN 0-19-854268-2.
Meyl, K. (2010). Self-Consistent Electrodynamics. The Unified Theory is Evolving, if the Discovered Potential Vortex Replaces the Vector Potential in the Dielectric. (Villingen: INDEL-Verlag). ISBN 978-3-940 703-15-6.
Meyl, K. (2011a). DNA and Cell Resonance, Communication of Cells Explained by Field Physics Including Magnetic Scalar Waves, 2nd edition (Villingen: INDEL Publ.) Available at www.etzs.de. ISBN 973-3-940 703-17-0.
Meyl, K. (2011b). DNA–Reading and writing by scalar waves. Proceedings of the Second World DNA Day, China, Track 2.7,p.101.
Popp, A.F. (1987). Neue Horizonte in der Medizin, 2nd edition (Heidelberg: Haug Verlag).
Sheldrake, R. (1995). Seven Experiments That Could Change the World. (New York: Riverhead Books).
Sinden, R.R. (1994). DNA Structure and Function, 1st edition (Academic Press), p. 398. ISBN 0-12-645750-6.
Zhang, L. (2011). Systems biology of human benzene exposure. Proceedings of the Second World DNA and Genome Day, China,p.110.

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 10 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -