• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

バビロンの金融マフィア達: 第八章

第八章:
テンプレート(型板)、ゲノム、そして金融マフィア達、または何故、彼等は全て従兄弟(親戚)達と婚姻(近親相姦)し、とんでもなく馬鹿な子供達を授かるのでしょう?


「ヨーロッパの王族達における近親相姦は、過去と比較して、多少減りました。これは遺伝子的な退化の鮮明で科学的な証拠によるものでしょう。」
- 「近親相姦」ウィキペディア
⁴⁷²

太古と現代の両方において、私達は、先進的で科学的な研究において関わっている、金融マフィア達の国際的な階級の、一貫的な概要をはっきりと識別し、そして私達はまた、この階級が、マネー(通貨)の複写(コピー/偽物/銀行券)としての、借金の発行の偽りの錬金術の権力を独占しようと試みただけでなく、変格的で物理的な媒質(エーテル)自体の物理学の、正真正銘の錬金術的な権力を独占しようと試みたのを目撃しました。ですが、それらの2つの広く分離された歴史的な双極(太古と現代)の間の期間についてはどうだったのでしょう?その階級は存在し続けたのでしょうか?そしてもしそうなら、彼等は何を行っていたのでしょう?それが、多かれ少なかれ、太古の時代から、断絶される事無く継続的に続いたと示唆する証拠はあるでしょうか?そしてそれが科学的な達成と親密に関連し、そして監視し続けたと示唆する証拠はあるでしょうか?

更に加えて、ロスチャイルド家が、彼等の一族的な起源を、秘密裡にシュメールの覇者、ニムロッドまで遡ると言う、幾つかの主張が目撃されました。それらの主張には何らかの真実があるのか、または言い直せば、何らかの広い意味での協力証言はあるのでしょうか?

A. 古代ローマ

それらの問いに答える為には、古代ローマの詳細な検証が必要です。

テニー・フランク教授は、先の世紀(i.e. 19世紀)の終わりにおいて、ジョン・ホプキンス大学の教授で、そして良く知られた本、ローマの経済的な歴史の著者でした。この研究は、その分野における大々的な基準に成り、ケンブリッジ(大学)の太古の歴史と、オックスフォード(大学)のローマの歴史の記述の土台に成る程でした。

彼の研究を行う間にフランク教授は、(ローマ)共和国と(ローマ)帝国の最終的な台頭の間の期間の、古代ローマの人口構成について興味深い事を発見し、つまり、その人口構成はローマ人、またはラテン系では全く無く - 大げさでは無く、一言で言えば - バビロニア人でした。アメリカの歴史再検証のために書かれた記事の中で、フランクは、古代ローマの民族的な問題がどの様にして彼の注意に止まったのかを記述する事によって始めました。フランクは、ローマの太古の墓地を訪れれば、歴史家達は奇妙で、そして更に奇怪でもある事に気付くだろうと観測しました:

「・・・彼(歴史家)は、プラエノーメン(古代ローマにおけるローマ市民[奴隷を除く自由民]の男性の個人名)とノーメン(名前)には、全く問題ありませんが、コグノミナ(称号/呼び名)は全て歪んでいる様だと見つけるでしょう。L. ルクレティウス・パンフィルス、A. アミリウス・アレクサ、M. クロディウス・フィロストアスガスは、フレッシュマン(一年生)のラテン語の様に聞こえません。そして彼(歴史家)は、現在は存在していないローマ人の記述者達の(記述の)中に、それらの(墓の)銘刻が必然的に台頭させる問いに対する答えを、簡単には見つけられないでしょう。それらの名前は、キケロ(古代ローマの法律家)の時代の後に、ローマ人の人口(民族)構成が、完全に入れ替わり、そしてその風刺家(ジューヴェナル)が(ローマの)テベル川(血)が、シリアのオレンテス川の水(血)と交わったと彼が嘆いた時に、事実を記録していたのでしょうか?もしそうなら、それらの外国人達は、一般的な移民だったのか、それともローマは、元奴隷と彼等の子供達の国家に成ったのでしょうか?」⁴⁷³

フランクの慎重な答えは、彼が尋ねる元々の問いよりも、更にもっと驚かさせるものです。14,000件に上る名前を調査し、フランク教授は、紀元前300年と西暦300年の間に、イタリアのローマの人口構成が、民族性において劇的な変化を経験し、その時代の終わりまでに、イタリアのローマの人口構成が、ラテン語では全く無く、ギリシャ語の名前を持っていたと発見しました:

「現在明らかに成る理由のために、私はギリシャ語の呼び名を最近の国外の出身の真の指標として受け入れ、そして(ローマ)国内生れの市民達は、ルールとして(自由人/奴隷制から解放された人達)と婚姻において統一しなかったので、子供、または片方の親におけるギリシャ語の呼び名は、地位(i.e. 外国人の証明)に十分であると受け入れました。」⁴⁷⁴

フランク教授は、これが単純に、特定の名前の「人気」の流行によるものだと言うアイデアを、直ぐに否定しました:

「一方で、ギリシャ語の呼び名を共にした人は、明らかに外国生まれの人ではないかと言う問いが台頭しました。現代における、聖書的、または古典的な名前の様に、ギリシャ語の名前がとても人気に成り、国内生れのローマ人達によって受け入れられたと言うのは可能でしょうか?その帝国の末期の日々においては、これはそうだったかも知れませんが、ギリシャ語の呼び名は、良い評判では無かった事を、その銘刻は証明します。私は、父親と息子の両方の名前が現れる、13900件の銘刻(石碑)における場合の全てを分別する事によって、その問題を検証しました。この検証から、ギリシャ語の名前を共にした父親達は、彼等の子供達に、ラテン語の名前を与える傾向がとても強く、その反対は事実ではありませんでした。」⁴⁷⁵

故に、フランク教授の結論は、少々、明らかでした:

「明らかに、ギリシャ語の名前は、ローマの平民達の間で、あやふやな起源(元奴隷)の印として考えられ、そして何らかの社会的な地位に台頭した元奴隷の家族は、それ(ギリシャ語の名前)を排除しようとしました。それらの理由のために、故に、近親の家族におけるギリシャ語の名前は、その石碑(墓石)の対照が元奴隷、または外国生まれの良い証拠だと私は考えます。私達の検証の結論は、上述の墓石の記名において体現されたローマ生れの人達の90%近くが、外国人の血統だったと言う事です。」⁴⁷⁶

ですがこれは、少々大きな問題を提示し、そしてそれが何であるか、そしてフランク教授がそれをどう扱ったのかを理解するために、私達は少なからず、明らかな歴史を思い出す必要があります。

その問題は、墓石の記名の上のギリシャ語の苗字の単なる存在が、必ずしも其処に埋葬された人がギリシャ人であると意味しない事です。このための単純な理由は、アレクサンダー大王が、メソポタミア、ペルシャ、そしてエジプトを征服した後、ギリシャ語が広く、遠くまで広がり、今日の英語やフランス語の様に、一種の「国際的」な言語に成ったためです。故に墓石の上のギリシャ語の名前は、それらのローマの墓石の全てが、埋葬されたのがギリシャ人だった事を必ずしも意味しません。ですがこれは、更により大きく、そしてもっと重要な問いを浮上させます。もし彼等が必ずしもギリシャ人では無かったのなら、すると彼等は何人だったのでしょう?彼等が体現した主要な民族的な血統は、何だったのでしょう?フランクは言葉を濁しません:

「その新たな種類のそれらのローマ人達は誰で、そして何処から由来したのでしょう?どれだけ多くが移民で、そしてどれだけ多くが元奴隷だったのでしょう?彼等の民族は何だったのでしょう。」⁴⁷⁷

この問いと共に扱うフランクの方法は、ローマの古典的な著者達と風刺家達の、彼等の言葉を信用する事で、そしてこれから、ある重要で、とても重大な事実が台頭します。

「その帝国の社会的で、政治的なデータの殆どが、風刺家達によって供給されている」事に着目し、フランクはその後、多少驚きの結論において、彼自身を納得させます:

「(皇帝)ネロの時代において、数多くのローマの上院議員達と騎士達が奴隷の子孫達で、そして国内生れ(ラテン系先住民)の数が驚く程少なくなったと(歴史家)タシタスが伝える時、私達はそれを、昔の血筋(ラテン系先住民)の不本意なローマ人による、大袈裟な主張として受け止めるか否か不確かです・・・ローマの歴史のそれらの原理的な問いの上に何らかの新たな光を照らすために、私は墓石の明記の様な、断片的なデータを収集しようと試みました。その証拠は、その目的において、そして常に、その素材の正に本質によって、決して決定的ではありませんが、何であれ、ある程度はある意味、私達の文献的な情報源の解釈を手助けするかも知れません。それは少なくとも、ジューヴェナルとタシタスが大袈裟に言っていたのではないと、私を納得させました。それは恐らく、それらの人達が記述していた時に、ローマの通りの上の自由な平民達のとても少ない割合が、混血していないイタリア(純ラテン系先住民)の血筋を証明する事が出来たと言う事でしょう。その大部分、恐らく9割は、彼等の血管の中に、オリエント(中東)的な血筋を有していたのでしょう。」⁴⁷⁸

フランク教授が何を示唆しているのかを理解するために、人は唯一、行と行の間を読むだけで良いのは、ジューヴェナルにとって、思い出されるべきは、シリアの「オランテス」川が「(ローマの)テベル川へと流れ、カルデアの人々 – i.e. バビロニア人のための比喩で - その血筋が古代ローマの(ラテン系先住民の)血統へと「流れ込んだ(混血した)」事に不平を申し立てた事で:「それらのカスどもは、彼等自身をギリシャ人達と呼びますが、彼等の殆どはギリシャの出身者達では無く;オランテス川がテベル川に流れ込みました、」と彼は不満を述べます。⁴⁷⁹

基本的で、歴史的な概要が此処で鮮明なのは、ローマの征服が地中海東部へと広がり、そして最終的に、以前のセルーシッド帝国 – i.e. バビロンにおけるその首都を共にした、メソポタミアに基づいたアレクサンダー(大王)の帝国の一部を - 征服した際に、それらの人々(バビロニア人)の多くは、奴隷として、イタリア半島へと彼等の道を見つけ、そして、彼等のご主人様の死去と共に、奴隷達が解放されると言う、比較的にお手柔らかなローマの風習に続き、彼等は後に自由人達と成り、その帝国の正にお膝元において、ローマの経済の背骨に成ったためです。

1.ローマの民族的な血統における変化と帝国的な政策

これは私達を、その逸話の経済的、そして金融的な部分へともたらし、その部分は私達の目的のために、最も重要な部分です:

「ローマにおける民族の(構成の)変化へと介入するその他の問いがあるのは、それに対する解決策のために統計を得る事が、更にもっと難しくなるためです。例えば、十分な答えを得る望みなしで、何故、ローマ生れの血統(ラテン系の先住民)が、彼等自身の人口を保たなかったのかを、人は尋ねるかも知れません。ですが、手にする事の可能な理由は、殆どありません。例えを上げると私達は、イタリアがハンニバルによって破壊され、そしてその人口の大部分が処刑された時に、その空洞を満たすために、奴隷の大規模な団体が、東からもたらされ;そして紀元前2世紀の間に、その奴隷労働を共にしたプランテーション(農園)のシステムが流行した際に、ローマ生れ(ラテン系先住民)の人達が小規模な農園から押し出され、そしてそれらの多くが、拡張し続ける帝国の地方へと消え去った(移住した)事を知っています。故に、タイベリアス・グラッカスの30年前の間に、国勢調査の統計は(人口の)増加を表しません。紀元前1世紀の間に、戦争捕虜と奴隷達の輸入は続き、その間、自由生れの市民達(ラテン系先住民)は、社会的、スラン的、そして市民的な戦争において無駄死にさせられました。(初代皇帝)オーガスタスは、その最も活発な部分において、彼がローマの市民達の1/8である、50,000人の市民達を軍隊(徴兵)に有していたと強調します。その初期の帝国の間に、勿論最善(平民階級)の自由生れ(のラテン系先住民)から、20から30師団が引き出され(徴兵/兵役の義務)、彼等の活発な若い日々の20年間(e.g. 20歳から40歳まで)を(帝国の最前線の国境の)駐屯地における任務で過ごし、その間、徴兵制からは除外されていた奴隷達は、地元(ローマ)で過ごし、その数は増大しました。言い換えると、ラテン系の血統は、正常な出生率によって支えられておらず、対照的に外国由来の血統は、比較的に正常な出生率を有していただけでなく、奴隷制からの開放の、比較的にリベラル(お手柔らか)な、優位性をもっていました。」⁴⁸⁰

戦争(捕虜)と過度な奴隷制に頼る悪質な政策のこのコンビネーションの結果は、元々の(ラテン系の)ローマの民族が - 少なくともイタリア半島において - 「激減した」事でした。⁴⁸¹

しかしながら、このメソポタミア人の奴隷達の輸入が達成した、2つの重要な物事がありました。一つ目は、それらの奴隷達が、彼等と共に、勿論、彼等の文化と宗教をもたらした事でした。二つ目は、彼等が、彼等と共に、「バビロニア」の事業と銀行業の習慣をもたらした事でした。故に、この人口が奴隷達であったにしても - 農業、建築、指示(現場監督)等々の - ローマにおける商業の、日常的な通常の実施の大多数は、奴隷達によって行われていました。そして(奴隷制から)解放された時に、彼等の宗教と文化は、多大な度合までローマの社会に浸透しただけでなく、このグループは徐々に、ローマ帝国の政府自体の最も高い地位(役職)まで、侵入しました。⁴⁸² その結果は、単純に、メソポタミアとシリア(アッシリア)の商人達が、地中海を境界線とするローマの地方を効果的に植民地化し、メソポタミアの神秘主義宗派の影響力が、その帝国全体へと延長し、ローマの銀行業の殆ど全てが彼等の手の内に独占され、そして寺院/神殿の活動が商業と共に関連させられ続けた事でした。特定の制限的な感覚において、すると、ローマ帝国は、「ブリオンの売買人達」の太古の階級(金融マフィア達)のための、最新の帝国的なフロントでしかないと見解可能かも知れず、そしてイタリア半島自体における、その帝国の心臓部における、民族的な血統のこの変化(入れ替え/混血)は、最終的に、何故、東洋に対するローマのブリオンの交換(i.e. 金と銀の為替の比率)の政策が、意図的な操作の産物の様に現れるのかを、説明するかも知れません。

2.次の段階:ヴェニス(ヴェネチア)と銀行業

この階級(金融マフィア)のその後の歴史における素早い一見が、現代との関連を表すのは、この関連的な歴史における次の段階が、イタリア半島と、そしてローマさえも略奪し、それらの商業的な一族達(金融マフィア)達の多くを、中世において、西欧の商業と銀行業の中心に成った:ヴェニスの防衛的な沼地と湿地帯へと、北方に追いやった、ハン(フン)族のアティラによって供給されたためです。(西暦)9世紀の正に初頭において、ヴェニスは公式に東ローマ(ビザンチン)帝国の一部として認識され、そして故に、それがその帝国全体を通して、特別な貿易と、税金的な例外(免税)を許されたために、その金融的な権力への台頭を始めました。

ですが、商業的、そして銀行業的な階級が、特別で帝国的な特権の背後で機能しているパターンは同じのままでした。第四章の中で記された様に、しかしながら、第四回十字軍遠征は最終的に、コンスタンティノープル(現イスタンブール)を捕らえ、そしてそれと共に、その帝国の金貨を鋳造(ちゅうぞう)する権利についての独占は破壊され、そして西ヨーロッパの王族達がその様なマネー(通貨)を鋳造し始めました。ですが、コンスタンティノープルを侵略したフランスの騎士達の傭兵軍隊を資金援助したのはヴェニスで、そして太古の東の(ローマ)帝国に傀儡(操り人形)のラテン政府を据えたのは、ヴェニスのドッジ(総督)、エンリコ・ダンドロでした。この時点において、大規模なヴェネチア(ヴェニス)のオリガーク(財閥)的な血族達と彼等の血族的な fondi、または資産(文字通り「ファンド」)は、(既に)形成され:コルナロ家、ダンドロ家、コンタリーニ家、モロシーニ家、ソルツィ家、そしてトロン家の富でした。

3.(次は)アムステルダム、ロンドン、宗教改革、そして宗教戦争

研究者、ウェブスター・タープリーは、3つの短い段落において、その後のヨーロッパの歴史の、宗教改革(ルーター派)と対宗教改革(ヴァチカン派)、そして英国(イングランド)の「栄光的な革命(プロテスタント派)」までの期間の間における、ヴェネチアの銀行業と政治の関連性を概要します:

「何故、英国のリベラルな帝国主義者達は、ヴェエチア党と呼ばれたのでしょう?まず、少なくとも、彼等は、彼等自身をヴェネチア党と呼びました。未来の総理大臣、ベンジャミン・ディスラエリは、彼の小説、カニングビーの中で、1688年のウィグ党の貴族達は、「ヴェネチアの憲法」と共に、王達をドッジ(総督)にし、ヴェニスのモデルに基づいて、高い(差別的で)貴族的な共和国をイングランドにおいて確立する事を求めました。

「1509-17年のカンブリア連合の(ヴェニスに対する)戦争の間にヨーロッパにおける実質的に全ての権力の連合が、ヴェネチアのオリガーキー(財閥)を壊滅させる事を脅かしました。ヴェネチア人達は、フランス、またはスペインが、彼等を蠅の様に叩き潰す事が出来る事を知っていました。ヴェネチア人達は、3人のプロト-傀儡(操り人形) - ルーター、カルヴィン、そしてヘンリー8世と共に、プロテスタントの宗教改革を開始する事で対応しました(i.e. 分断統治)。それと同時に、コンタリーニ(大司教)と彼のイエズス会は、アリストテレス反-プラトン)をカトリックの対宗教改革とトレント委員会の中心的な構成要素にし、ダンテとピッコロミーニを、禁じられた書物のリストに載せました。その結果は、1世紀半に渡る宗教戦争で、17世紀の大いなる危機に集大した、「ミニ暗黒時代」でした。

ヴェニスは、それ自体の転移を意図的に計画していた癌でした。彼等の湿地帯から、ヴェネチア人達は、北大西洋に面する沼地と島国を選択し:オランダ(アムステルダム)と英国諸島(ロンドン)でした。此処において、覇権的なジョヴァンニ党は、彼等の血族的な富、彼等の fondi (ファンド)、そして彼等の特徴的な認識論(哲学)を移動させました。フランスもまた入植されましたが、彼等の主要な賭けは、更に北方(アムステルダムとロンドン)でした。最初に、コンタリーニ(大司教)の親戚で近所のフランチェスコ・ゾルディが、その旺盛な性欲がヴェネチアの期待の鍵と成る、ヘンリー8世の性交の助言者として奉仕するために(イギリスに)送り込まれました。ゾルディは、ローズクロス(薔薇十字)の神秘主義とフリーメイソンリーをその地(英国)にもたらし、ヴェネチアの銀行家達は(それ以来)数世紀に渡り盗みまくりました・・・」⁴⁸³

行と行の間を読むと、太古のブリオンの売買人達と寺院/神殿の連合の、この場合においては、ルネッサンスのカトリックと、初期のプロテスタントの教会の、親しみがあり薄暗いパターンに、人が再び気付くのは、一つで同じ金融的な権力が両方の背後にあり、そしてそれ自体の利益のために、その争い(宗教戦争)を操作(分断統治)していたためです。更に重要な事に人は、デーヴィッド・ロックフェラーの、権力のピラミッドの頂点における、インテリと銀行家達の世界的なエリートの「共和国」の、邪悪で親しみのあるパターンに気付きます。

B. ニムロッド(i.e. ニヌルタ)からのロスチャイルドの血統の神話:再検証

この全ては、その中において、バベルの塔の出来事と共に緊密に関連した、旧約聖書の征服者である、ニムロッド(ニムロデ/ニヌルタ)まで、ロスチャイルド一族が、その血族の起源を秘密裏に遡ると言う主張を見解する、興味深いコンテキストを供給します。⁴⁸⁴ 慎重な読者は、これと、後に続く章の全体を通して、機能している、少なくとも3つの異なった歴史的な継続性がある事を観測するでしょう:

1.ニムロッドからの、ロスチャイルド家と彼等の秘密裡の血族の由来のために主張された、血統、または親族の主張された継続性は、故に、バビロニアの『ブリオンの売買人達』からのもので;

2.その方法の継続性は:寺院/神殿を通した連合/共謀と活動、科学の養成と特定の科学と科学技術の発展の隠蔽、個人的に創造された借金として流通しているマネー(通貨)の複写(コピー/銀行券)の推進、そしてその様な血族の、彼等自身の階級(金融マフィア)の中、または、幾つかの例の場合、彼等自身の親族と婚姻(近親相姦)する政策で;そして、

3.(社会)階級文化血族の富、そして更に - (古代)ローマへと輸入されたオリエント(バビロン)の奴隷達の血統から明らかに由来した、ヴェネチアの銀行業における - 民族的(バビロニア人の)血統でした。

このリストを見解するにおいて、ロスチャイルド家のニムロッドに対する主張に関して限って言えば、2番目と3番目の点から広い意味での協力証言のパターンは明らかです。ですが、1番目の点に協力証言する、または少なくとも、それが真実であると示唆するかも知れない、更に特定的な何かはあるでしょうか?

実際にそれはあります。

英国における貴族の有名な記録書、バークのピアレージは、ヨーロッパのロスチャイルドの血族の一員達がお互いと婚姻(近親相姦)している数々の例を記録します。例えば、それは、ライオネル・ネイサン・デ・ロスチャイルド男爵とシャーロット・デ・ロスチャイルドの娘、イーヴェリーナ・デ・ロスチャイルドが、アンセルム・サロモン・ロスチャイルドとシャーロット・ロスチャイルドの息子だった、ファーディナンド・ジェームス・アンセルム・ロスチャイルドと婚姻した事を記録します。⁴⁸⁵ サロモン・アルバート・アンセルム・ロスチャイルドは、アンセルム・サロモンとシャーロット・ロスチャイルドの息子で、そしてメイヤー・アルフォンス・デ・ロスチャイルドとレオノーラ・デ・ロスチャイルドの娘、ベッティーナ・キャロライン・デ・ロスチャイルドと婚姻しました。⁴⁸⁶

ですが、十分に興味深い事に、この同族的な近親相姦の混雑の中で、アルフォンス・メイヤー・ロスチャイルドとクラリス・シーバッグ-モンテフィオレは、1922年において息子を授かり、彼等は、その子に、奇妙にもユダヤ-キリスト-「バビロニア」的な、アルバート・アンセルム・サロモン・ニムロッド・ロスチャイルドの名前を与えました。⁴⁸⁷ その子供はたった16年後の、1938年において亡くなりました。

勿論、ロスチャイルド家の混雑の増幅の全てにおける一人の男性の後継者は、あまり決定的ではありませんが、それは、その名前(ニムロッド)が、その一族だけが知っている、それ自体の何らかの重要性を持っていた事を示唆しています。ですが、その主張が真剣に受け取られなければならないと示唆する、その他の何かがあります。その銀行業の一族の膨大で金融的なネットワークの中に、眉を顰めさせる一つの金融的なグループがあり、そしてこれは「ロスチャイルド・ネムロッド分散化されたホールディング」グループです。⁴⁸⁸ 「ネムロッド(Nemrod)」と言う名前は勿論、「ニムロッド(Nimrod)」と言う名前の更なるもう一つの発音の形式なのは、太古のヘブライ語において、聖書的な登場人物の名前は母音無しで単純に NMRD と記述されたためです。それは故に、ニムロッド、ニムルッド(Nimrud)、ネムロッド、ネムルッド(Nemurud)等々と発音される事が出来ます。共同的なファンドの投資グループのための、聖書的な征服者の名前の使用は故に、攻撃性、リスク-テーキング(賭け)、そして(勿論、金融的な方法による)圧倒と征服の意図を意味します。

ですが - ロスチャイルドの一族において目撃される様に - 何故、その様な一族達(王族達/貴族達)は、彼等自身の一族と階級の遠い親戚や、一族の構成員達との婚姻(近親相姦)を共にする明らかな没頭を有するのでしょう?その問いへの答えは、神聖な幾何学と、媒質(エーテル)の錬金術的な物理学に対する人間の DNA (遺伝子)の、それ自体の驚くべき関連性と、ニムロッド(ニヌルタ!)自身の家系図の、詳細な検証を必要とします。

C. 人間の遺伝子とヘルメス的なコード(暗号)

1.アイ・チング(易経)

太古の秘儀的な教義(神秘主義/ヘルメティカ)は、人類が、彼の正に構成(体質)において – i.e. 彼の大きさ、形、構成、そして最も重要な事に、彼(人)の現世的な構成(肉体)と、スピリット(霊)的、またはもし人が好むなら、「超越次元的な」構成要素(人の魂と人格⁴⁸⁹)を鏡写ししている、大宇宙(macrocosm)に対する「microcosm」、「小宇宙(ミクロコズム)」であり(As above, so below.)であると信じました。⁴⁹⁰ 英国の研究家、マイケル・ヘイズは、この教義を真剣に受け取り、それを更に詳細に検証する判断を行い、そしてその結果として、神聖な幾何学の暗号と、特定の数字、そして人間の遺伝子との関心の間の、息を奪う様な関連性を発見しました。

「機能しているその暗号(コード)のイメージの、視覚的な補助の一種を私自身に与えるために、私はその行程において関わっている生物化学的な構成要素の鍵の数字を含む図表を描きました。それら(の数字)は、4、3、64、そして22でした。つまり、4つの種類の化学的な土台がありました。アミノ酸のテンプレート(型板)であるトリプル・コードンとして知られているものを造るためにそれらの内、3つが必用で、それらにおいて正確に、64種の種類があります。それらのコードンのそれぞれに一致している、22種の更により複雑な構成要素の一つ、またはもう一つがあり、つまり、シンセシス(統合)の行程を開始し、停止するための、20種のアミノ酸と2種のコード化された指示(遺伝子)です。私の図表において、三重コードンのコンビネーション(4 x 4 x 4)の数字である、64と言う数字は、横8列、縦8列の四角の格子(グリッド)によって、チェスの板の様に体現されました。」⁴⁹¹

一度彼がこれを行うと、しかしながら、ヘイズは、占いの秘儀的な最古のシステムの一つである - 中国のアイ・チング(易経)への - とても奇妙で驚きの関連性に気付きました:「私は実際に、その図表の全体が、易経(I Ching/Yi King)として知られる、有名な中国の研究の形状にこだましている事に気付き、その(易経の)64種の基本的な文章はそれぞれ、ヘクサグラム(六角の星型)と呼ばれる六行のシンボルと一致させられます。」⁴⁹²

ですが、どの様に、ヘイズのテーブル(図表)とその数字、4、3、64、そして22は、特に易経、そして神聖な幾何学のヘルメス的なコードの全般に対して類似するのでしょうか?ヘイズはこう説明します:

「易経は・・・予兆としての使用を意図され:あなたは一つの問いを尋ねるために、3つのコインを放り投げ、そしてそれらが着地する方法に着目します。表側の多数である継続的な一線、「-」は - 「陽」、肯定を与え;断続的な一線(点)、「・」(裏側の多数)は、「陰」、否定を与えます・・・」

その結果は、線「-」、または点「・」として記録されます。

「その行いを6度繰り返すと、あなたはヘクサグラムの一つを呼び起こします。その追随している文章は、あなたの答え(予兆)として応用されます。」⁴⁹³

言葉を変えると、その行いを6度繰り返し、それぞれの結果 – 線、または点を - 記録する事によって、一つ一つが重なり合い(それについて唯一、64種の結果だけが可能な)線と点の図表を産出します。その図表、またはヘクサグラムは、その後、それぞれのヘクサグラムの予兆的な性質を説明している文章を有する、本の中で調べられます。

「ですが – 4、3、そして22の - その他の数字は、このパターンの何処に当てはまるのでしょう?

「私達は、アミノ酸の統合の行程の全体がその上に基づく、遺伝子のコードにおける原則的で化学的な土台(adenine, thymine, guanine, そして cytosine/i.e. A, T, G, C)の数字、4と共に始めましょう。易経は、全く同じ原則を体現すると私は発見しました。その64種のヘクサグラムは実際に、Hsiang として知られている、4種の基本的な2列の(螺旋形の遺伝子の)シンボルから構成されていました。それらは、順を追って、それぞれ陰陽として知られる線と点の2つの原則的な行から派生しました。

「次は、数字3です。遺伝子的なコードは、明らかな様に、3つの力の法則に従い、それは何故、創造の行程において、唯一三重コードンだけが明らかなのかの理由です。その3つの力は元々、その変化の本において、2つの元々の陰(マイナス、女性)と、陽(プラス、男性)、そして第三の目に見えない、または「神秘的」な、中性的な構成要素:道([道教の]タオ)によって体現されました・・・」⁴⁹⁴

ヘイズは、この発見に対する彼の反応を思い起こします:

「その時に成ると、易経と遺伝子的な暗号の間の数多くの類似性に気付き、私は、私が深遠な重要性の何かを扱っていると納得し、そして私の感情的な状態は、これを反映していて:私は高度に興奮していました。それらの2つの明らかに別々のシステムの同一的な特徴が、単なる偶然の産物であるのはあり得ないと私が考えたのは、それらが構造においてのみ、一致していただけでなく、それらがそれぞれ、共通の目的を持っていた様に見え、それは進化の行程を促す事でした。」⁴⁹⁵

此処までは、順調です。

ですが、22と言う数字についてはどうでしょう?この数字にまつわる易経と遺伝子の間の何らかの関係はあったのでしょうか?ヘイズはこの問題を以下の方法で述べます:

「さて、それらのヘクサグラムは、私が以前に述べた様に、丁度、遺伝子的なコードの生物化学的なヘクサグラムの様で、上下に印された2種類の3つの行のシンボルである、それぞれが2つのトライグラム(3列の文字/-と・)の構成です。そのトライグラムは合計8つで、2つの元々の線(-)と点(・)を、それらのそれぞれの上に続けて配置する事によって、4つの Hsiang から派生させられます。それらの同じ2つの行が、8つのトライグラムの上に置かれた時、その結果は4行の16種の数字です。その行程を再び繰り返すと、あなたは5つの行の32種の数字を会得し、そして最終的に、同様の行為は(もう一度繰り返せば)64種のヘクサグラムを産出します。

「4つと5つの行の数字とは異なり、クア(kua)として知られる、8種のトライグラムは、そのシステムにおいて特定の意味が与えられます。私はそれらの数字を取っては変え、取っては変えして、長い間、考え続けました。八つの3。三つの8。(3 x 8)24。私が必用としていたのは22でした。惜しいのですが、十分ではありませんでした。確かに数字の8は、マジカルな64の二乗√(8 x 8)であるために、全体的なシメトリー(左右均一)の重要な一部ですが;何故、そのトライグラムの合計は遺伝子的なコードの22個のコードンのシグナルに一致しないのでしょうか?」⁴⁹⁶

その答えは、その数字、4、3、64、8、そして22が、西洋ヘルメス的なコード(暗号)と神聖な幾何学、そして更に特定的に、音楽に直接関連した重要な構成要素である事をヘイズが思い出した時に現れました。

その数字、22は、「主にその音楽的な要素のために」、ピタゴラス派のシステムの鍵の数字でした。⁴⁹⁷ それが体現したものは実際に、「振動、または音の3音階で、8種(ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド)の3つのセット(3つの音階)で - 24種の構成要素でした。」⁴⁹⁸ ですが、22は、何処から由来するのでしょう?

その答えは、とても単純です。もし人が、(鍵盤)楽器の前に座り、「C (ド)」の音から始め、白い鍵盤だけを使い8つの音を上に行くと、人は正に8つ(7つ)の音の後に、1音階高い(8つ目の)「C (ド)」の音に届くでしょう。その行程を再び繰り返すと、元々の音から16番目(15番目)の音において、人は再び「C (ド)」に届き、そして再び3度目を繰り返すと、人は24番目(22番目)の音に辿り着き、それは再び「C (ド)」でしょう。ですが、それらの「C (ド)」の内の2つは、元々の「C (ド)」の繰り返しでしかないので、人はそれらの3音階が、24と同時に、22の数字を体現していると考えられるかも知れません。⁴⁹⁹

i.e.
ドレミファソラシド 8(音)x 3(音階) = 24(音)
ドレミファソラシ(ド)レミファソラシ(ド)レミファソラシド = 24-2 = 22音

これの示唆は多大で、そしてヘイズは直ぐに、それらが何かを知覚しました:

「1984年の夏のその時以降、私は歴史の迷路の様な年代記を探求しながら何年も過ごしました。もし(太古の)中国人達と(古代)ギリシャ人達が、この太古の科学を知っていたなら・・・すると恐らく、その他の伝統と文明の幾つかもそうであっただろうと、私は自動的に推測しました・・・結果的に、その証拠は、圧倒的でした。私が調べたあらゆる処で、私は音楽的なシンボル(記号)が、私に対して見つめ返しているのを見つけました:歴史において記録された、全ての知られている主要な宗教と、秘儀的な伝統は、この科学を包み込んでいました・・・此処にあったのは実際に、私が長くに渡り、存在していたと感じた、消失していた共通の要素で、とても深遠で凄い方法において、数十億のマインドと心に影響する力を、宗教的な運動に与えたマジカルな調味料でした。それらは全て誤り無く、ハーモニー(調和)の原則の上に基づいていて、文字通り、私達の体の全てのそれぞれの細胞、私達の DNA と、そして遺伝子的なコードにおいてこだましていたハーモニーでした・・・」⁵⁰⁰

言い換えると、ヘルメス的なコード、または神聖な幾何学の数字は、古代の時代の全ての高度な文明 - シュメール、エジプト、メソポタミア、中国 - よりも以前の、長く(既に)失われた文明の遺産(名残)の様に現れ、そしてそのコードの本質は、音楽的だっただけでなく、遺伝子的でした。それは、「自然的なハーモニー」で、そして DNA 自体は、その自然的なレゾネーター(共振器)とトランスデューサー(変換器)だったとヘイズは結論しました。

2.上手く調節された宇宙

ですが、それが「自然的なハーモニー」を体現すると言うアイデアと共に、人はまた更にもう一つの問題にぶつかり、太古のヘルメス的なコードが実際にどれだけ凄まじく先進的だったのかを、実質的に明かす問題です。オルタナティヴな科学と歴史についての私の最初の著書、ギザの死の星の中で私が記述した様に、自然的に起こっているハーモニック・シリーズ(調和的な一連)は、人が鍵盤の上で出会うものではありません。その問題が何であるかを理解するために、私達は物理学者達(そして音楽家達!)が、ハーモニック・シリーズとして知っているものを実証するために、簡単な実験を行わなければなりません。

私達は、人がアコースティックのピアノ(電気的では無く一般のピアノ)の鍵盤の前に座っていると想像しましょう。片手で「C (ド)」の音(鍵盤)を静かに(音を鳴らさずに)押し、その後もう一方の手で一音階、または二音階下の「C」の同じ音を鳴らします。人は、静かに押された「C」の弦が、鳴らされた音と共に同調的に振動しているのを聴くでしょう。この「オクターヴ(音階)」は原則的な「C」(鳴らされた音)の第一ハーモニック、またはオーヴァー・トーン(倍音)と呼ばれます。此処で、その実験を繰り返し、今度は、「G (ソ)」の音を静かに押し、一音階、または二音階下の「C」を鳴らしてみましょう。再び、人は「G」の音が、その鳴らされた「C」の音に同調的に振動しているのを聴くでしょう。G (ソ)は、その原則的な「C (ド)」の第二倍音、またはハーモニックで、そして「G」は、音楽家達が C から5番目の間隔として知るもの(C/ドを1とすると、ドから数えて、ド1、レ2、ミ3、ファ4、G/ソ5)なので、その間隔が減少した事に人は気付きます(ドからドまでは8音で、ドからソまでは5音)。もし人がその実験を繰り返すと、その間隔が益々減少するのを共にして、すると次の倍音は G (ソ)から4番目のもう一つ(一音階上の)「C (ド)」(ソ1、ラ2、シ3、ド4)です。次の間隔はメジャー(長調)の3番目の音「E (ミ)」(ド1、レ2、ミ3)で、その後、次の間隔はマイナー(短調)の3番目、「G (ソ)」(ミ1、ファ2、ソ3)です。ですが此処で、私達が問題に出会うのは、自然的に起こる次の間隔が、その鍵盤の上に存在しないためで、それが単調の3番目と長調の2番目の間の間隔であるためで、または言い方を変えると、B (シ)のフラット(黒い鍵盤のシ♭)と自然的な(白い鍵盤の)A (ラ)の間にある、または鍵盤の上で、それらの2つの音の間の「隙間の中」にあります。

この間隔を古代人達は知っていて、そしてピタゴラス学派はそれを良く気付いていたので、実際に「ピタゴラス的なコンマ」と呼ばれました。ですが、ヘイズが指摘した様に、太古の秘儀的な学派と現代の科学の間の類推は、唯一、近代の鍵盤の上でのみ機能します。ですから、此処において何が起こっているのでしょうか?

端的に - そしてこの関係の詳細な説明は、それ自体において一冊の本を必要としますが - 西洋の音楽の中で起こった事は、正にルネッサンス期の間の秘儀的な伝統の再発見の結果で、その伝統は音楽と、楽器、特に鍵盤のチューニング(調整)に対して応用され、自然的に起こっているハーモニック・シリーズが、意図的に調節され、音楽的なスケール(音階)の音に微量の数学的な調整が成され、それぞれの音が正確な同間隔に成る様にされ、全ての音(ドレミファソラシ)が、その他全ての音の倍音として機能する事を許し、そして故に、その楽器全体を再チューン(調整)するために(演奏を)停止する事無しで、1曲の(演奏の)間に、キー(音調)を幾らでも変化させる事を音楽の楽曲に許しました!この「調整された鍵盤」は、ヴィヴァルディー、スカーラッティー、Rameau に始まり、そしてその到来を、The Well-Tempered Clavier (良い機嫌の鍵盤楽器)、またははっきりと言うと、「The Well-TEMPERED-WITH Keyboard (上手く調整された鍵盤)と呼ばれる楽曲を作曲した J.S. バッハと共に、近代の西洋音楽の時代を切り開きました。それぞれの音が、当時、その他の音と共に重ならなかった、それ自体の特徴的なハーモニック・シリーズを持っていたそれぞれの音が、その後、それぞれの音が、その他全ての音の、あらゆるハーモニックとして機能する事が出来ました。マックスウェルの電磁的な理論では無く、これが、物理学における最初の統一なのは、それぞれが、それら自体の特徴的なハーモニック・シリーズを共にした「音」の無限の数よりもむしろ、人はそれらのそれぞれが、その他全てのハーモニックとして機能出来る12音だけを有したためでした。音楽の近代的なシステムは、言い換えると、音楽的な間隔の測量のシステムにおける、微量の調節と共に起源しました。

この少々の音楽的な横道が此処で、深遠な示唆を表すのは、それが実際に示唆するのが、古代人達が、この音楽的なシステムを知っていた事で、そして、更に加えて、それが遺伝子自体に何らかの関係を持っていた事を知っていたためです。これは、秘儀的、そしてヘルメス的なコードが、とても先進的で科学的、そして音楽的な文化の遺産(名残)であると言う深遠な指標です。

ヘイズは素早く、現代の量子力学と、その非-地域的で、相互関連した宇宙であるとする、量子的な現実性の見解の定義におけるそれらの思考の示唆を理解します。驚くなかれ、とても深く、非-地域的で、超越-次元的な現実性におけるシステムの、この調和的な相互関係を描写するための例として、彼が選択した物理学者は、デーヴィッド・ボームでした!

「非地域性の原則と、宇宙全体に浸透している相互関係の膨大な蜘蛛の巣のアイデアを説明する試みにおいて、ロンドン大学の物理学者、デーヴィッド・ボームは、彼が量子的な効能(quantum potential)と呼んだものの存在を提案しました。彼はこれを、重力の様に、宇宙全体に浸透しているが、その影響力は距離と共に弱められない、エネルギーのフィールドの新たな種(i.e. エーテル)として見解しました。

「ボームは最初に、エレクトロン(電子)とプラスのイオン(プラスのチャージの原子)の高い密度の構成のガスであるプラズマについての彼の研究を通して、この量子的な効能の可能性の示唆を認識しました。彼は、エレクトロンは、それらが一度プラズマ状態に成ると、あたかもそれらの全てが、より大きな相互関係的な全体の一部として、指揮されたかのように振舞う事に気付きました。例えば、もしそのプラズマの中に何らかの不純物が有れば - 丁度、生きている生命体が有毒物を吹き出物(化膿)において隔離する様に - それは常にそれ自体を配列させ、全ての不純物を排他的なゾーンにおいて囲み(隔離し)ました。ボームはまた、金属と超伝導体における類似したエレクトロンの指揮された質量(総合的な)運動を観測し、それぞれ(のエレクトロン)があたかも数知れない数十億のその他(のエレクトロン)が、何を行うかの直前なのかを「知っている」様に振舞う事を観測しました。ボームによると、全体の運動をどうにかして調整している準量子的な力(作用)のマトリックス(母体/基盤)である、量子的な効能の影響を通したこの方法において粒子は振舞います。

「プラズマが不純物を拒否し、それら自体を再派生(再生)させている時、それらは上手く組織化されたプロトプラズムの旋回している質量(渦巻き)にとても類似して見える様に現れます。この奇妙で「有機的な」性質は、エレクトロンの海が、ある意味、「生きている」と言う印象を、彼が頻繁に受けたと、ボームがコメントを残す事に繋がりました。彼は恐らくそのエレクトロンの質量(集合体)が、アメーバと同じ方法において生きているとして、文字通りに受け取られる事は意図していませんでしたが、プラズマの明らかに高度に調整された均整(統制)は、エレクトロンが、宇宙の繊維(格子)における暗黙の、多くの「知性的な」秩序(ルール)の一つに反応していると、彼を納得させました。」⁵⁰¹

ヘイズは、レゾナンス(共振/共鳴)の性質を通した全ての現象の「相互関連している」本質に注意を引き、それらの観測とそれらの示唆についてコメントします:

「宇宙全体が、永続的な運動にあり、そして/粒子は継続的に相互関係し、そして分裂していて、それが意味するのは、自然の一般的な特徴における量子システムの非地域的な要素です。明らかにこれが体現するのは、物理的な世界において、調和が最上級の可能な秩序である事です。宇宙が調和的な存在なのが何故なら、それが全体的に八重の chromodynamic (色力学)と原子的な母体の上で構造されていると言うのは一つの事ですが、非地域性が示唆するのは、全ての物理的な現象の根底には、更にもっと深い相互関連した調和が存在する事で、其処で全てはとても準量子的なフリクエンシー(振動率/周波数)においてレゾネート(共振/共鳴)していて、全てはその他全ての物事と共に「チューン(同調)」している事で、」⁵⁰²

正に、あたかも上手く調整された宇宙的な鍵盤の上の「音」の一つが、膨大で、相互関連的なハーモニックの一連におけるその他全ての音の倍音として機能しているかの様です。

そして此処で、DNA (遺伝子)がその構図に入るのは、ヘイズが実証した様に、遺伝子が、ある意味、全体のシステムのための「上手く調整された」鍵盤の様に、または、古代人達が人類を「ミクロコズム(小宇宙)」として理解した様に、正に現れるためです。ですが、現代の科学と、この太古の秘儀的な教義の間には、何らかの相互関係があるのでしょうか?

実際に、あります。

私の著書、賢者の石:錬金術と珍しい物質のための秘密裡の研究の中で、私は、「生理学的な温度における、生物学的なシステムの中の、超伝導的なトンネリングのための活性化のエネルギーからの証拠」と題された、フリーマン W. コープの科学的な論文に言及し、その題名は、もし人が、その切れ味の無い科学的な散文の背後に隠れている深遠な示唆を考慮しないなら、眠気を保証するものです。ですが、まずは、その切れ味の悪い科学的な散文から:

「この論文の中で、固体-の状態の生物学的な行程のもう一つの分類が与えられます。超電導的な部分の間の単一-エレクトロン(電子)のトンネリングは、様々な神経と成長の行程を比率-制限するかも知れないと提案されます。これが示唆するのは、生理学的な温度において、細胞における超伝導性のミクロな(とても小さな)部分が存在する事で、それは高い温度の有機的な超伝導性の理論的な予測を補佐します。

「超伝導性は、熱を派生させないエレクトロンの流動の通りで、そして故にゼロの電気的な抵抗です。理論的に、超伝導性は、室温において、有機的な素材において起こると予測されますが、その様な振る舞いは、唯一約20゜K (ケルヴィン)以下の温度において無機的な素材において唯一、観測されました。隣同士の超伝導性の層の間の接面を渡ったエレクトロンの伝導は、普通の固体の接点を渡った流れからは異なって振舞います。超伝導性の層、または部分の間の接面を渡ったエレクトロンのトンネルしている流動が予測され、温度に依存する特定の形状を持つと実証されました・・・

・・・それに沿ってエレクトロンが超伝導するかも知れない、生物学的な分子の一種として、遺伝子は、殆ど提案されませんでした…」⁵⁰³

賢者の石の中で、私の集中は遺伝子の超伝導性の膨大な示唆でしたが、此処において、私達の関心はコープによって気付かれた現象のその他の要素についてで:電子のトンネル効果 です。

量子のトンネル現象は、量子のトンネリングにおいて何が実際に起こっているのかを描写する事によって、直ぐに理解されるでしょう。生物学的な細胞の壁、または2つの部屋の間の厚い壁、もしくは時空間自体の媒質/媒体としての壁として、浸透不可能で、通り抜ける事の出来ない障壁を、人が有していると想像してみて下さい。今度は、その障壁に対して跳ね返らせさせられ、そのパケット(小包)を派生させたレーダーのセットまで反射させられている、2つのレーダーのビームの干渉のパターンの様な、この障壁に接近している波のパケットを想像してみて下さい。ですが、量子力学の波の方程式によると、このパケットがその障壁にぶつけられ、そしてその(レーダーの)セットへと反射されて戻る同じ瞬間に、その近づいてきていた波のパケットの微量な「エコー」が、その同じ瞬間にその障壁の反対側において派生し、そしてその障壁から離れて行きます:端的に、近づいてきたシグナルは、その障壁を – 殆ど虫穴の様に - 「トンネル」して通り抜け、そしてその「エコー」が反対側で派生し、私達のレーダーのセットへと戻っていく、反射されたシグナルの正に180度正反対です。そして、上記に引用された記事の一部において、コープが着目する様に、遺伝子は正に、この行いが達成出来る有機的な分子の一種として振舞います!それはあたかも、有機的な生命体が、トンネルしている神経のインパルス(衝動)の膨大で生物学的な「非-地域的なネットワーク(回路)」である、超伝導体と量子トンネリングによって一緒(一つ)に保たれた複雑なシステムであるかの様です。もしそうなら、するとこれが、リモートヴューイング(遠隔透視)の様な超常現象を説明するかも知れないのは、その様なものとして遺伝子が、地域的で物理的な媒質(エーテル)のフィールドの中で、情報の内容と共に直接的に相互作用するためです。⁵⁰⁴

これと共に、すると、私達は - 遺伝子学的で、そして生物学的な - 太古の科学技術と科学の最後の構成要素を有し、そしてそれと共に、私達は再び、金融マフィア達と、そして何故、彼等が異常な程に、その秘密を学ぶ事に関心を持っているのかに戻ります。

太古の接触:より広いコンテキストにおける、ロスチャイルドのニムロッド神話

もし遺伝子が、物理的な媒質の地域的なフィールドにおける情報の内容の、その様なレゾネーター(共振器)で、変換器なら、何らかの特定のゲノム・タイプ(遺伝子の種類)が、その他のものよりも、より効率的なレゾネーターであると言う理由が成り立ちます。私達は無数の太古の文献の中で、聖書からシュメールのエピックまで、インドのヒンドゥーのエピックから日本の「ヤマト」の人々まで、更に中南米の先住民達の伝説まで、「先史時代」の霧の中の失われた時代のある時点において、「神々」が降臨し、人々と交流し、人間の女性達と子孫をもうけたと伝えられます。それらの伝説の多くにおいて、更に加えて、それらの太古の「文明をもたらした神々」は、明らかにコーカソイド種の白人達で;再び、これは、中米から南米のインカまで、そして太古の日本の伝説天孫降臨)も含めて、その様な神話の共通な特徴です。

それらの主張の信憑性がどうであれ、太古の時代以来、国際的な銀行業の階級が、彼等の金融的な活動に、寺院/神殿の誠実さの装いを与え、それによって彼等の行いを隠し、加えて、失われた科学と科学技術の名残を手に入れ、それを再構築し、利用するために、それら自体を一貫的に、寺院/神殿と共に連合させたのを、私達は目撃しました。そしてその様な構成要素の一つは、太古のシュメールとメソポタミアの時代からの、人類の少なくとも幾らかが、その様な「神々しい」先祖達と、人間達との、彼等の婚姻から由来した子孫達であると言う、それらのシュメールのエピックのはっきりとした強調です。そして、遺伝子の法則が与えられると、十分に広いデータベースを共にすれば、その様な遺伝子的な交配の概要は、最終的に発見されるかも知れません。

その様なデータベースは、人間のゲノム計画と共に、ようやく、現代の人の手に入りました。多くの研究者達がその様な計画が、人種に特定的な生物化学兵器の計画と技術開発のために意味する事の明らかで、殺傷的な危険性を警告する間、私は大胆にも、更なるもう一つの隠された目的があるかも知れないと提案し、つまり、「地球外生命体」との関連性の可能性を示す、人類の中のそれらのゲノム・タイプを発見し、隔離する事です。再び - もし人が、シュメールの記録を調べれば、彼自身がその様な(神と人の)混血である、ニムロッド(i.e. ニヌルタ)からのロスチャイルド家の由来の神話は、その様な銀行業の一族が、この関連性に気付いている事を示唆します。

そして実際に、研究者達、グレン・ヤードン とジョン・ホーキンスが記述した様に、人間のゲノム計画と、アングロ-アメリカの国際的な金融マフィアの階級の間には深い関連性があり、そしてそれ自体の白人優越主義を共にした、アメリカの優生学の運動には、より深い関連性があります:

「現在、[コールド・スプリング・ハーバー研究所]は、人間のゲノム計画における代表格です。そのゲノム計画が、疑う余地無く多くの未来の医療的な利点を供給する間、それは同等に、生物化学兵器や、更に邪悪なゲノム(遺伝子)に特定的な生物化学兵器の様な大量破壊の兵器を供給します.The Project for the New American Century[PNAC]は、ゲノムに特定的な兵器を、指示的に便利な道具として描写します。PNAC は、ジョージ W. ブッシュ政権のための下地として奉仕し、PNAC と親密に関連した多くの閣僚達を共にします。

「人権と、核実験禁止に対するブッシュ政権の軽視と共に、コールド・スプリング・ハーバーが、アメリカの優生学運動において関わっていた、同じ一族達によって操作されていると発見するのは、警告のための原因です。

現在の責任者達、ウィリアム・ジェリーとアレン・ダレス・ジェブセンはそれぞれ、アヴェリル・ハリマンとアレン・ダレスの孫達です。その様な政策と組織が、ブッシュ家やロックフェラー家の様な一族達の操作の下に落ちた時、それらは、民族大虐殺の現代の兵器として使用される事が可能です。」⁵⁰⁵

「その同じ古くからの一族達」とゲノム計画の親密な関連が心配の種である間、そしてヤードンとホーキンスが示唆する同じ理由のために、この本のより広いコンテキストの中で、それらの一族達とのその計画の緊密な関連性は、それらが意味する理由以上の更なる心配を呼び起こし、再び、それらの一族達が、彼等に利用可能な財団、資金提供、企業、そしてその他のフロント(建前)の膨大なネットワークの全てを通して、太古の科学、そして恐らく、彼等自身の一族達の歴史を、可能な限り学び、そして再構築しようと、彼等の最善を試みているためです。

遺伝子と共に、私達は物理的なパズルの最後の構成要素を有し、その他の(パズルの)ピースは、私達が目撃した様に、再発する経済的なサイクルのデータ、経済的な不景気/不況の占星学的な配置/配列との奇妙な一致、媒質(エーテル)の物理学と金融マフィア達の偽りの錬金術の間の深い関連性のアイデアでした。私達はその(金融マフィア達の)階級から、彼等自身を解放しようとする幾つかの国家の一貫的な努力を検証し、そして、ナチス・ドイツの場合において、その試みは新たな – そしてとても古い - 物理学の体系の緊急な開発を行う事でした。私達は、宗教と、寺院/神殿との、金融マフィア達の一貫的な関係、そして、順を追って、天文学的な配置/配列と、世界規模のグリッド(格子/龍脈)の上の配置との、太古の寺院/神殿の一貫的な関連性、そして太古の寺院/神殿の正に設計と次元(寸法)における「スカラー物理学」の奇妙な結合を目撃しました。

ですから今度は、それらのピースを一緒に集め、そして何が起こっているのかを説明し、そして何故それが起こっているのかの推理的な説明を提供する時です・・・
_____
472 “Inbreeding ,” Wikipedia, en.wikipedia.org/wiki/Inbreeding , p. 4.
473 Tenney Frank, The American Historical Review, Vol. 21, July 21, 1916, p. 689, italicized emphasis in the original, boldface emphasis added.
474 Tenney Frank, The American Historical Review, Vol. 21, July 21, 1916, p. 681.
475 Ibid., pp. 692-693.
476 Ibid., p,. 693, italicized emphasis original, boldface emphasis added.
477 Tenney Frank, The American Historical Review, Vol. 21, July 21, 1916, p. 693.
478 Ibid., pp. 689-690, emphasis added.
479 Juvenal, Satires, III: 62.
480 Tenney Frank, The American Historical Review, Vol. 21, July 21, 1916, p. 703.
481 Ibid., p. 704.
482 See the Cambridge Ancient History, Vol. X, p, 727.
483 Webster Tarpley, “Lord Palmerston’s Multicultural Human Zoo,” www.mail-archive.com/ ctrl@listserv.aol.com/msg17357.html, p. 4. See also Tarpley, “Venice’s War Against Western Civilization,” www.schillerinstitute.org/fid_91-96/952_venice.html, pp. 5-7, for a more detailed discussion, particularly of the role of Gasparo Cardinal Contarini in these machinations.
484 この関係のために、私の Giza Death Star Destroyed (2006), pp. 77-78, と The Cosmic War (2007), pp. 311-318 を参照してください。また、 David Rohl の, The Lost Testament (2002), pp. 73-76 を参照してください。 Rohl は、様々な熟考に基づいて、鮮明に、メソポタミアの神ニヌルタニムロッドを一致させます。そうする事において彼は、考古学的な記録のために、私が宇宙戦争の前書きの中で言及した、多大な年代歴的な問題に焦点を当てるのは、Rohl がまた記述した様に、私がその著書の中で示唆した様に、その出来事のためのとても太古の時代設定を補佐しないためです。反対に、私がまた記述した様に、もし人が太古の文献自体を真剣に受け取り、そして爆発した惑星の論説の背景において、それらを解読するなら、すると、その様な極度の太古さが示唆されます。私が信じるに、この袋小路を抜け出す方法は再び、シュメールとその他の文化の太古の文献と神話は - 年代史的な物も含めて - 同時に、複数のレベルにおいて機能する様に、意図的に工夫されていると認識する事かも知れません。
485 www.thepeerage.com/p19533.htm, p. 1.
486 Ibid.
487 Ibid., p. 2.
488 www.trustnetoffshore.com/Factsheets/Factsheet.aspx?fundCode=R1F58&univ=DC.
489 「魂と人格」、これは無意味な表現では無く、「魂」と「人格」は、2つのとても異なったものだと言う、筆者の意見を表現する事を意図されています。多くの西洋人達の一般的な思考の中で、それらがどの様に同一視される様に成ったのかについては、それ自体の大書が必要です。
490 その他の原始太古のテーマにおけるこの教義の端的な調査のために、私の Giza Death Star Destroyed, chapter 3. を参照してください。
491 Michael Hayes, The Hermetic Code in DNA: The Sacred Principles in the Ordering of the Universe, pp. 13, 15.
492 Ibid., p. 15.
493 Ibid.
494 Hayes, The Hermetic Code in DNA, pp. 15-16.
495 Ibid., p. 16.
496 Hayes, The Hermetic Code in DNA, p. 17.
497 Ibid., p. 18.
498 Ibid.
499 Ibid., p. 19.
500 Hayes, The Hermetic Code in DNA, pp. 19-20.
501 Hayes, The Hermetic Code in DNA, p. 93.
502 Ibid., p. 159.
503 Freeman W. Cope, “Evidence from Activation Energies for Super-conductive Tunneling in Biological Systems at Physiological Temperatures,” Physiological Chemistry and Physics 3 (1971), 403-410, pp. 403-404, emphasis added.
504 それは、更に加えて、主張された太古の神々の高度な科学技術が、何故、それらの所有者達の距離、または実際の物理的な接触において、唯一機動される様に現れると、私の著書、 The Cosmic War: Interplanetary Warfare, Modern Physics, and Ancient Texts の中で、私が最初に指摘した事実を説明します。その著書の第8章と第9章を参照してください。
505 Glen Yeadon and John Hawkins, The Nazi Hydra In America: Suppressed History of a Century (Progressive Press, 2008), p. 173, emphasis added.

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30