♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

統一されたフィールドの秘密

SECRETS
OF THE
UNIFIED FIELD
統一された
フィールドの秘密

1-unified.jpg
THE PHILADELPHIA EXPERIMENT,
THE NAZI BELL,
AND THE DISCARDED THEORY
フィラデルフィアの実験
ナチスのベル
そして見捨てられた理論

by JOSEPH P. FARRELL
ジョセフ P. ファレル著

TABLE OF CONTENTS
目次

PART ONE:
第一部:
THE DISCARDED THEORY
見捨てられた理論

Preface v
前書き v

1. Tensors, Torsion, and Wringing an Aluminum Can 1
1.テンサー(テンソル)、トーション、そしてアルミの缶を絞る 1

A. A Brief History of the Unified Field Theory Craze of the 1920s and 1930s 1
A. 1920年代と1930年代の統一されたフィールド(場)の理論の熱狂の端的な歴史 1
B. The Torsion Tensor 8
B. トーションのテンサー 8
1. The Meanings of “Torsion” 9
1.「トーション」の意味 9
2. Wringing an Aluminum Can 12
2.アルミの缶を絞る
3. The Mistake in Unified Field Theories and Their Discarding by Contemporary Physics 14
3.統一されたフィールド理論の中の間違いと、現代の物理学によるそれらの処分 14
4. But Some Engineers Took Notice Anyway 16
4.ですが幾らかの技術開発者達は、何であれ気付きました

2. A Little-Known Hungarian Genius and the Forgotten Verification: Gabriel Kron and Einstein’s Unified Field Theory 18
2.殆ど知られていないハンガリーの天才と忘れられた確認:ガブリエル・クロンとアインシュタインの統一されたフィールド理論 18

A. Introduction 19
A. 紹介 19
B. A Brief Biography of Gabriel Kron 23
B. ガブリエル・クロンの端的な履歴 23
C. The Theme of Kron’s Work: The Tensor Analysis of Electrical Machines 23
C. クロンの研究のテーマ:電気的な機械のテンサー分析 23
1. Tensors before Kron and the Reception of Kron’s Work 23
1.クロン以前のテンサーとクロンの研究の反応 23
2. Kron on Tensors and Their Electrical Engineering Applications: His Basic Method 29
2.テンサーとそれらの電気的な技術開発の応用についてのクロン:彼の基本的な手法 29
3. The Transformation Tensor and Electrical Machines 31
3.変格テンサーと電気的な機械 31
4. Rotating Machines, Systems, and Torsion 33
4.回転している機械、システム、そしてトーション 33
D. Summary and Conclusions 35
D. まとめと結論 35

3. Three Routes to the Doomsday Weapon: Quantum Potential, Torsion, and Vortices: One Theory, Many Technical Applications 39
3.審判の日の兵器への三つの道:量子の効能、トーション、そして渦巻き:一つの理論、多くの技術的な応用

A. A Consideration of the Practical Research Plans to be Pursued in the Philadelphia Experiment and the Bell’s Projekt Kronos 39
A. フィラデルフィアの実験とベルのクロノス(土星/時間)計画において追及された実践的な研究の計画の思考 39
Phase One 40
第一段階 40
Phase Two 41
第二段階 41
B. The Significance of the Basic Method Previously Outlined 42
B. 以前に概要された基本的な手法の重要性 42

PART TWO:
第二部:
THE AMERICAN SHIP AND THE ACCIDENTAL DISCOVERY
アメリカの船と偶然的な発見

4. First Disclosure: The “Varo” Edition of Morris Jessup’s The Case for the UFOs 45
4.最初の公表:モリス・ジェスップの UFOs のための件の「ヴァロ」版 45

A. A Brief History of the Varo Annotated Edition 46
A. ヴァロの注釈版の端的な歴史 46
B. The Contents of the Varo Annotated Edition 57
B. ヴァロの注釈版の内容 57
1. Gray Barker 57
1.ギャリー・バーカー 57
a. His Preface 57
a. 彼の前書き 57
b. A Necessary Tangent: Barker’s Own Strange Story 61
b. 不可欠な接線:バーカー自身の奇妙な逸話 61
2. The Actual ONR Introduction to the Varo Edition 65
2.ヴァロ版への実際の ONR の紹介 65
3. Jessup’s Ideas in The Case for the UFO and Some Varo Annotations 65
3.UFOs のための件の中のジェスプのアイデアと幾つかのヴァロの注釈 65
a. The Antiquity of Man 67
a. 人の古さ 67
b. Megaliths and Levitation 69
b. 巨石と浮遊 69
c. Jessup and a Varo Annotation Concept: Interplanetary War and the Exploded Planet Hypothesis 69
c. ジェスップとヴァロの注釈の概念:間惑星的な戦争と爆発した惑星の論説 69
d. Jessup on the Paleoancient Very High Civilization 75
d. 太古原始のとても高度な文明についてのジェスップ 75
e. Jessup’s “Invisible Solidities” and the Varo Comment 76
e. ジェスップの「不可視の固体」とヴァロのコメント 76
f. The Artificiality of Mars’ Satellite 79
f. 火星の衛星(月)の人工性 79
g. Soviet “Scalar” Research 80
g. ソヴィエトの「スカラー(スケイラー)」の研究 80
h. Close Proximate Origin of UFOs 80
h. UFOs の起源の距離的な近さ 80
i. The Philadelphia Experiment Itself, and Its Withdrawal 82
i. フィラデルフィアの実験自体、そしてその撤回 82
C. Conclusions 83
C. まとめ 83

5. Second Disclosure: Charles Berlitz and The Bermuda Triangle 86
5.第二の公表:チャールズ・バーリッツとバミューダ・トライアングル 86

A. The Interview with Jessup’s Friend, Dr. Manson Valentine 86
A. ジェスップの友人、マンソン・ヴァレンタイン博士とのインタヴュー 86
1. Jessup on “Controlled Magnetism” and Optical Invisibility 86
1.「操作された磁気」と光学的な不可視化についてのジェスップ 86
2. Valentine as the Source for Berlitz’s Knowledge of Jessup’s Ideas on Controlled Magnetism 87
2.操作された磁気についてのジェスップのアイデアのバーリッツの知識の情報源としてのヴァレンタイン 87
3. Valentine on Jessup’s “Invisible Solidites” 88
3.ジェスップの「不可視な個体」についてのヴァレンタイン 88
4. Valentine’s Account of Jessup’s Version of the Philadelphia Experiment 91
4.フィラデルフィアの実験のジェスップのヴァージョンのヴァレンタインの説明 91
B. The Clues and Their Implications 99
B. 手掛かりとそれらの示唆 99

6. Third Disclosure: Charles Berlitz, William Moore, and The Philadelphia Experiment: Project Invisibility 102
6.第三の公表:チャールズ・バーリッツ、ウイリアム・モーアー、そしてフィラデルフィアの実験:不可視計画 102

A. General Observations 104
A. 一般的な観測 104
B. An Additional Detail Concerning Jessup’s Suicide 106
B. ジェスップの自殺に関する追加的な詳細 106
C. The Strange Meeting in Colorado Springs 106
C. コロラド・スプリングスにおける奇妙な会合 106
D. Einstein 110
D. アインシュタイン 110
1. His Wartime Employment by the US Navy 110
1.米国海軍による彼の戦時中の雇用 110
2. Einstein’s Unified Field Theory of 1928 111
2.1928年のアインシュタインの統一されたフィールド理論 111
E. The History of the U.S.S. Eldridge 115
E. 米国船エルドリッジの歴史 115
F. The Moore-“Rinehart” Interview 124
F. モーアー-「ラインハルト」のインタヴュー 124
G. The Thomas Townsend Brown Connection 132
G. トマス・タウンゼント・ブラウンの関係 132
H. Allende’s Shenanigans 141
H. アリエンデの悪ふざけ 141
I. What Started it All: The Letters of Carlos Miguel Allende to Dr. Morris K. Jessup 144
I. その全てを開始したもの:カルロス・ミグエル・アリエンデのモリス K. ジェスップ博士への手紙 144
1. The Second Allende Letter 144
1.第二のアリエンデの手紙 144
2. A Brief Analysis of the Letter 150
2.その手紙の端的な分析 150
3. The Third Allende Letter 158
3.第三のアリエンデの手紙 158
4. A Brief Analysis of the Third Allende Letter 162
4.第三のアリエンデの手紙の端的な分析 162
5. Final Thoughts 163
5.最終的な思考 163

7. The Corum Proof of Concept Experiment: The Importance of Unanticipated Non-Linear Effects 165
7.コルムの概念の証明の実験:予測されていなかった非-直線的な効果の重要性 165

A. The Conceptual History of the Philadelphia Experiment According to the Corums and Daum 166
A. コルムとダウムによるフィラデルフィアの実験の概念的な歴史 166
1. Tesla’s Meeting with FDR 169
1.テスラの FDR (フランクリン・ルーズベルト)との会合 169
2. Arnold Sommerfeld and Electromagnetic Radar Stealth 171
2.アーノルド・サマーフェルドと電磁レーダー・ステルス 171
a. Magnetic Permeabilities of Two Media 171
a. 2つのメディアの磁気的な浸透性
b. Electromagnetic Phase Conjugations, Phase Conjugate Mirrors, and Templates 172
b. 電磁的なフェーズ連結、フェーズ連結の鏡、そして型板(テンプレート) 172
c. Back to Sommerfeld: Permeability and Dielectric Constant 174
c. サマーフェルドに戻る:浸透性とダイエレクトリックの定数 174
B. The Corum-Daum Experiment and its Results 176
B. コルム-ダウムの実験とその結果 176
1. Initial Surface Impedance Measuremants and its Results 176
1.元々の表面インピーダンス(交流における電圧の電流に対する比)の測量とその結果 176
2. A Second Experiment 176
2.第二の実験 176
C. The Corum-Daum Analysis of the Moore-“Rinehart” Interview 178
C. モーアー-「ラインハルト」のインタヴューのコルム-ダウムの分析 178
D. The Corum-Daum Analysis of the Torsion Tensor: A Speculative Basis for Allende’s Invisibility and Teleportation Claims, and The Importance of Unanticipated Non-Linear Effects 184
D. トーション・テンサーのコルム-ダウムの分析:アリエンデの不可視化とテレポーテーションの主張のための推理的な土台、そして予測されていなかった非-直線的な効果の重要性 184

8. The History of the U.S.S. Eldridge, DE 173, and Carlos Allende, Reconsidered: Or, The Strange Case of the Researchers Who Were Never Heard From Again 191
8.米国船エルドリッジの歴史、DE 173、そしてカルロス・アリエンデが再検証される:または二度と再び聞かれ無かった研究家達の奇妙な件

A. The Missing Logbooks and the Broad Outlines of Their Reconstruction of the “At Sea” Test 193
A. その「海上」試験の彼等の再構築の消失しているログ・ブックと大まかな概要 193
B. The Puzzle of the Furuseth’s Missing Logbooks 195
B. Furuseth の消失しているログ・ブックのパズル 195
C. The Convoy GUS-15’s “After Action” Report and the Furuseth’s Secret Logs 198
C. 護送 GUS-15の「活動後」の報告と Furuseth の秘密のログ 198
D. More on the Convoy’s “After Action” Reports 201
D. 更に護送の「活動後」の報告について 201
1. And the “Green Very Star” 203
1.そして「緑のヴェリーの星」 203
2. “Romping Ahead” 204
2.「前に飛ぶ」 204
3. And Erasing Log Entries 206
3.そして消去しているログの記入 206
4. Romping Ahead, Unescorted? 207
4.前に飛ぶ、エスコートされずに? 207
E. Pulling it All Together 209
E. その全てを一緒に引き寄せる 209

9. Conclusions, Cover-Ups, Cabals, and Connections 223
9.まとめ、隠蔽、カバール(組織)、そして関連性 223


PART THREE:
第三部:
THE NAZI BELL AND THE INTENTIONAL WEAPON
ナチスのベルと意図的な兵器

10. The Allies Miss the Clue 227
10.連合国が手掛かりを見落とす 227

A. The Kammlerstab and Its Survival: Missing the Clues of the Shape of the Post-War Nazi International 230
A. カムラースターブとその生き残り:戦後の国際ナチスの形の手掛かりを見落とす 230
B. The Scattered Clues to the Science 238
B. 科学に対して散りばめられた手掛かり 238
1. The Motorstoppmittel, or “Method to Stop Motors” 239
1.Motorstoppmittel、または「モーターを止めるための手法」 239
2. The Gut Alt Golssen Facility 242
2.ガット・アルト Golssen の施設 242
3. The Harz Mountain “Time Machine” Rumor 248
3.ハーツ山の「タイム・マシーン」の噂 248
C. A Necessary and Intriguing Tangent 253
C. 不可欠で興味深い接線 253

11. The “Swastika Tensor,” Or, “How Einstein’s Torsion Tensor May Have Found a Home in the Waffen SS” 262
11.「逆卍のテンサー、」または「どの様にアインシュタインのトーション・テンサーが、ワッフェン SS において家を見つけたのか」 262

A. The Swastika as a Simplified Schematic of Rotating Stresses in the Medium or Fabric of Space-Time 262
A. 媒質(エーテル)、または時空間の繊維における回転しているストレスの単純化された図式としての逆卍 262
1. A Simplified “Tensor” Analysis of the Swastika (With Apologies to Mathematicians and Physicists) 264
1.(数学者達と物理学者達への謝罪を共にした)逆卍の単純化された「テンサー」の分析 264
B. A Hypothesized Scenario: Dr. Gerlach Does a Hard Sell of Torsion to the SS 266
B. 論説化されたシナリオ:ゲーラック博士が SS に対して押し売りを行う 266
C. The Implications of the Torsion Tensor: The “Primitive Machine” of the Bell: The Two Counter-Rotating Cylinders in the Bell, and Their Probable Configuration 268
C. トーション・テンサーの示唆:ベルの「創始的な機械」:ベルの中の2つの(お互いから)逆回転しているシリンダー、そしてそれらの移動可能な設計 268
1. A Basic Review of the Dimensions and Operating Parameters of the Bell 268
1.ベルの次元(大きさ)と機能のパラメーターの基本的な再検証 268
2. The Unified Field Theory, the Torsion Tensor, and Igor Witkowski’s Idea of the Plasma Focus 270
2.統一されたフィールド理論、トーション・テンサー、そしてプラズマ集中のイゴール・ウィトコウスキーのアイデア 270
3. Rationalizations for the Presence of Radioactive Elements in Compound Solution with Mercury in “Xerum 525”, and for the Use of Ultra-High Speed Mechanical Rotation in the Bell 278
3.「セラム525」における水銀との調合溶液における放射性の要素、そしてベルにおける超高速度の機械的な回転のための論理化 278
4. Rationalization for the Use of High Voltage DC Discharge 281
4.高い直流電流の放電を使用するための論理化 281
a. And a Peculiar Connection to the Philadelphia Experiment: A Varo Annotated Edition Commentary 281
a. そしてフィラデルフィアの実験への奇妙な関連性:ヴァロの注釈版のコメント 281
D. A Speculative Solution to the Involvement in the Bell Project of the Mysterious Dr. Elizabeth Adler of the University of Königsberg, and Its Relationship to Another Possible Theoretical and Conceptual Foundation for the Bell 282
D. Königsberg 大学の謎めいたエリザベス・アドラー博士のベル計画における拘わりへの推理的な解決と、ベルのためのもう一つの可能な理論的、そして概念的な土台へのその関連性 282
E. Gerlach Busies Himself with Bismuth and Ferromagnetism 286
E. ゲーラックが、彼自身をビスマス(蒼鉛)と強磁性と共に忙しくさせる 286

12. The Disturbing Parallels: The Bell, the Ship, and the Suppression 289
12.不穏にさせる平行線:ベル、その船、そして隠蔽 289

A. Conceptual and Parameter Similarities 289
A. 概念とパラメーターの類似性 289
B. Similarities of Biological Effects 290
B. 生物学的な効果の類似性 290
C. The Most Disturbing Similarity: Their Disappearance 291
C. 最も不穏にさせる類似性:それらの消滅 291
D. Two Curious Things 292
D. 2つの奇妙な物事 292
1. The ONT Photo with Von Braun 292
1.ヴォン・ブラウンとの ONT の写真 292
2. The Czech Incident 296
2.チェコの出来事 196

BIBLIOGRAPHY
参考文献

Joseph P. Farrell - Secrets Of The Unified Field: The Philadelphia Experiment
ジョセフ P. ファレル博士 - 統一されたフィールド(場)の秘密:フィラデルフィアの実験

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









マリア・マグダレナ・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 02 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -