• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

ロズウェル(事件)とライヒ(帝国)

Roswell and the Reich
ロズウェルとライヒ

1 Roswell and The Reich
The Nazi Connection
ナチスの関連性


Joseph P. Farrell
ジョセフ P. ファレル著

TABLE OF CONTENTS
目次

Preface and Prologue
前書きと序章

A. Initial Personal Notes
A. 始めの個人的なメモ
B. The Huge Anomaly
B. 巨大な異例性
C. Methodological Overview and Other Considerations
C. 方法論的な全体像とその他の考慮
D. Succinct Abstract of the Case and the Argument
D. その件の簡潔な概念と論議
E. Final Personal Notes
E. 最終的で個人的なメモ

PART ONE:
第一部:

THE TIMELINES AND THE SCENARIOS
その時系列とそのシナリオ
1. The First Articulation: The Roswell Daily Record Articles and the Berlitz and Moore
Presentation
1.第一の明確な表現:ロズウェル・デイリー・レコードの記事とバーリッツとモーアーのプレゼン

A. The First Articulation: The July 8, 1947 Articles in the Roswell Daily Record
A. 第一の明確な表現:1947年7月8日のロズウェル・デイリー・レコードの中の記事
1. The Main Article
1.主要な記事
2. The Forgotten Article
2.忘れられた記事
3. A Summary of the First Articulation of the Roswell Incident
3.ロズウェル事件の第一の明確な表現のまとめ

2. The Second Articulation: Berlitz-Moore-Friedman and the Emergence of the Standard
Scenario
2.第二の明確な表現:バーリッツ-モーアー-フリードマンと基準的なシナリオの台頭

A. The Conventional Wisdom
A. 一般的な英知
1. The Interrupted Teletype: Lydia Sleppy
1.妨害/中断されたテレタイプ:リディア・スレッピー
2. Prejudicing the Response: Initial Inquiries of the Pro-ET Scenario
2.反応を偏見する:認-ET シナリオの元々の調査
3. 1st Lieutenant Walter Haut’s Press Release
3.ウォルター二等陸尉(空尉/海尉)の広報発表
4. Major Jesse Marcel is Ordered to Fort Worth with the Wreckage
4.ジェシー・マーセル少佐が、事故機と共にフォート・ワース(空軍基地)に出頭命令される
5. Weather Balloon Debris is Substituted at the Press Conference: Major Jesse Marcel and the Debris
5.報道会見において天候風船の残骸が入れ替えられる:ジェシー・マーセル少佐と残骸
a. Marcel’s Curriculum Vitae According to Berlitz and Moore
a. バーリッツとモーアーによるマーセルの履歴
b. The Moore-Friedman-Marcel Interviews of May and December 1979
b. 1979年5月と12月のモーアー-フリードマン-マーセルのインタヴュー
6. The Parade of Witnesses Begins
6.目撃証人達の行進が始まる
a. Colonel Blanchard’s Widow
a. ブランチャード大佐の未亡人
b. Grady Barnett and the Second Site: Bodies are Finally Found
b. グレイディー・バーネットと第二の現場:遺体が終に見つけられた
c. Mac Brazel’s Son, Bill Brazel: New Scenario Details, and the Debris Again
c. マック・ブラゼルの息子、ビル・ブラゼル:新たなシナリオの詳細、そして再び残骸
d. Floyd Proctor Interview: More Details Emerge
d. フロイド・プロクターのインタヴュー:更なる詳細が浮上する
e. The Timing of Mac Brazel’s Radio Interview
e. マック・ブラゼルのインタヴューのタイミング
f. Jesse Marcel Jr. on the Debris and His Father
f. その残骸と彼の父についてのジェシー・マーセル・ジュニア
7. Enter the Extraterrestrials: A Morgue Full of ETs, Strange Incidents, and Stranger Memoranda
7.宇宙人の介入:遺体安置所一杯の ET 達、奇妙な出来事、そして更に奇妙なメモ
a. The Norma Gardner Story
a. ノーマ・ガードナーの話し
b. The Goldwater-LeMay Incident
b. ゴールドウォーター-レ・メイの出来事
c. The FBI and Twining-Schulgen Memoranda
c. FBI とトワイニング-シュルジェンのメモ
B. Summary
B. まとめ
1. The Basic Timeline of Events According to Berlitz Moore’s and Presentation
1.バーリッツとモーアーとプレゼンによる出来事の基本的な時系列
2. The “Bodies”
2.「遺体」
3. The Debris
3.残骸
4. Problems with the Balloon Theory
4.風船(気球)理論との問題

3. The Third Articulation: Berliner-Friedman and the Tightening of the Standard Scenario
3.第三の明確な表現:バーリナー-フリードマンと基準的なシナリオの明確化

A. The Wider Context
A. より広いコンテキスト
1. The Problems with Any Balloon Explanation of the Event
1.その出来事のあらゆる風船(気球)の説明との問題
2. Some Pertinent Questions
2.幾つかの関係した疑問
3. The Memoranda
3.そのメモ
a. The Twining-Schulgen Memorandumb
a. トワイニング-シュルジェンの メモ
b. Project Sign and General Hoyt Vandenberg’s Conclusion
b. 計画のサインとホイト・バンデンバーグ将軍の結論
c. The Conclusions of the Robertson Panel
c. ロバートソン・パネル(討論会)の結論
4. The Smith-Sarbacher Interview
4.スミス-Sarbacher のインタヴュー
B. The Debris and the Bodies
B. その残骸と遺体
1. A Methodological Assumption
1.方法論的な推測
2. The Glenn Dennis Story
2.グレン・デニスの逸話
3. The Gerald Anderson Story
3.アンダーソン将軍の逸話
a. Preliminary Context
a. 主要なコンテキスト
b. The Story Itself
b. その逸話自体
4. Mac Brazel
4.マック・ブラゼル
a. The Debris
a. その残骸
b. The Bodies
b. それらの遺体
c. Berliner’s and Friedman’s Analysis
c. バーリナーとフリードマンの分析
5. The Grady “Barney” Barnett Story
5.グレイディー「バーニー」バーネットの逸話
C. “In the Cause of Objectivity”
C. 「客観性のために」
1. Dispensing With The Writing
1.記述の仕分け
2. Making More Short Shrift of the German Connection
2.ドイツの関連性のより短い懺悔の期間を造る
a. The Foo Fighter Problem
a. フー・ファイターの問題
b. The Ghost Rockets: Ignoring Another Significant Clue
b. 亡霊ロケット:もう一つの重要な手掛かりを無視している
c. The Declassification Argument and Its Implicit Assumption
c. 論議の非-機密化とその示唆的な推測

4. The Fourth Articulation: Randle, Schmitt, Carey, and the Emergence of the Revisionist Scenario
4.第四の明確な表現:ランドル、シュミット、キャリー、そして修正論者のシナリオの台頭

A. The Revisionist Scenario
A. 修正論者のシナリオ
1. Adjusting the Timeline: The Military’s Earlier Involvement
1.時系列の調整:軍部のより早期の拘わり
2. Discounting Grady “Barney” Barnett
2.グレイディー「バーニー」バーネットを切り捨てにする
3. New Witnesses, and New Details from Old Witnesses
3.新たな目撃証人達、そして古い目撃証人達からの新たな詳細
a. New Witness: The Roswell Fire Department Response, Frankie Rowe, and Dan Dwyer
a. 新たな目撃証人達:ロズウェル消防隊、フランキー・ロウ、そしてダン・ドワイヤー
b. The “Archaeologists Problem”
b. その「考古学者達の問題」
c. Mac Brazel’s July 9, 1947 Interview, and an Inherent Contradiction
c. 1947年7月9日のマック・ブラゼルのインタヴューと、内在的な矛盾
d. Frank Kaufman
d. フランク・カウフマン
e. Melvin Brown
e. メルヴィン・ブラウン
f. Pappy and Sappho Henderson
f. パピーとサフォ・ヘンダーソン
g. Jim Ragsdale and Trudy Truelove
g. ジム・ラグスデールとトゥルーディー・トゥルーラヴ
h. Glenn Dennis, the Nurse, and the Bodies
h. グレン・デニス、その看護師、そしてそれらの遺体
i. The Lieutenant Governor Joseph Montoya Episode
i. ジョセフ・モントーヤ副知事の逸話
j. Radar Tracking of the Craft
j. その乗り物のレーダー追跡
k. Walter Haut’s Post-Mortem Affidavit and its Implications
k. ウォルター・ハウトの検死解剖の宣誓供述書とその示唆
l. Don Schmitt’s Illustration of the Craft and the Testors Model Rendition
l. ドン・シュミットのその乗り物のイラストとテスターズ・モデルの表現
m. Jesse Marcel Jr.’s Hieroglyphics
m. ジェシー・マーセルの象形文字
B. Taking Account of “All the Evidence”
B. 「証拠の全て」を説明する
1. Randle and Schmitt on the Debris, the Bodies, and “Other Explanations”
1.残骸、遺体、そして「その他の説明」についてのランドルとシュミット
2. Colonel Blanchard’s Strange Remark to His Wife
2.ブランチャード中佐の彼の妻に対する奇妙な明言
3. The Pathology of a Methodology: The Primacy of the Bodies
3.方法論の病理学:それらの遺体の重要性

5. The Fifth Articulation: The Skeptics, the Balloon, and the Hot Air Force
5.第五の明確な表現:懐疑主義者達、風船(気球)、そして熱い空軍

A. Kal Korff
A. カル・コーフ
1. And the Witnesses
1.そして目撃証言者達
a. The “Collapse” of the Lydia Sleppy “Interrupted Teletype” Story
a. リディア・スレッピーの「中断されたテレタイプ」の逸話の「崩壊」
b. The Collapse of the Lieutenant Governor Joseph Montoya Story
b. ジョセフ・モントーヤ副知事の逸話の崩壊
c. The Collapse of the Melvin Brown Story
c. メルヴィン・ブラウンの逸話の崩壊
d. The Collapse of the Glenn Dennis Story
d. グレン・デニスの逸話の崩壊
e. The Collapse of the Frank Kaufmann Story
e. フランク・カウフマンの逸話の崩壊
(1) Kaufmann’s Lack of “Universal Endorsement”
(1)カウフマンの「統一的な支持」の欠如
(2) Randle’s and Schmitt’s Presentation of Kaufmann as Three Different People
(2)ランドルとシュミットの3人の異なった人物としてのカウフマンの体現
(3) Kaufmann’s Appearance at nearly Every Critical Juncture of the Roswell Story
(3)ロズウェルの逸話の殆ど全ての重要な分岐点におけるカウフマンの登場
(4) Too Many Internal Contradictions
(4)多過ぎる内在的な矛盾
f. Jim Ragsdale and the Golden Helmets
f. ジム・ラグスデールと黄金のヘルメット
g. The Rowe Story and the Roswell Fire Department
g. ロウの逸話とロズウェル消防局
h. Colonel Blanchard’s Leave
h. ブランチャード中佐が離れる
i. General Nathan Twining’s Schedule Change
i. ネイサン・トワイニング将軍のスケジュールの変更
2. And the Debris
2.そしてその残骸
a. The Debris and the Original Witnesses
a. その残骸と元々の目撃証言者達
(1) Proctor Problems
(1)プロクターの問題
(2) Bill Brazel, Bessie Brazel Schreiber, and Korff’s Analysis
(2)ビル・ブラゼル、ベシー・ブラゼル・シュリーバー、そしてコーフの分析
b. “Art’s Parts”
b. 「アートの部分」
c. The Blake Larsen Debris Hoax
c. ブレーク・ラーセンの残骸の詐欺
d. Korff’s Summary of the Debris
d. その残骸のコーフのまとめ
3. Korff and the New Balloon Hypothesis
3.コーフと新たな風船の論説
a. Major Marcel’s “Bait and Switch” Scenario
a. マーセル少佐の「餌と変換」のシナリオ
b. The Shandera Interview with General Thomas DuBose, the Testimony of Warrant Officer Irving Newton, and Counterintelligence Agent Sheridan Cavitt’s Affidavit
b. トマス・デュボセー将軍とのシャンデラ・インタヴュー、アーヴィン・ニュートン准尉の証言、そして対諜報工作調査官、シェリダン・キャヴィットの宣誓供述書
c. The Mogul Balloon and the Roswell Debris
c. モーグル風船とロズウェルの残骸
d. Berliner’s and Friedman’s Refusal to Hear Professor Moore’s Side of the Story
d. バーリナーとフリードマンの、モーアー教授の側の話しを聞く事の拒否
B. Karl Pflock
B. カール・フロック
1. And the Standard Scenario
1.そして基準的なシナリオ
a. The Debris
a. 残骸
b. The Bodies
b. 遺体
2. The Revisionist Scenario
2.修正論者のシナリオ
a. The Witnesses
a. 目撃証言者達
(1) Jim Ragsdale
(1)ジム・ラグスデール
(2) Frank Kaufmann
(2)フランク・カウフマン
b. The Radar Tracking Story
b. レーダー追跡の逸話
c. “The Terror and Other Exaggerations”
c. 「恐怖とその他の誇張した表現」
d. Kevin Randle’s Break with Don Schmitt
d. ケヴィン・ランドルのドン・シュミットとの決別
3. A Personal Note on Major Jesse Marcel Sr.
3.ジェシー・マーセル・シニアについての個人的なメモ
4. The Debris Again
4.残骸、再び

6. The Hot Air Force, the Skeptics, and the Balloon Hypothesis: Randle’s Replies
6.熱い空軍、懐疑主義者達、そして風船の論説:ランドルの返答

A. The U.S. Air Force’s Balloon Explanations: “Case Closed”?
A. 米国空軍の風船の説明:「事件解決」?
1. The Air Force Calls the Roswell Witnesses
1.空軍がロズウェルの目撃証言者達を呼び出す
2. Its Potential Significance: The Massive, Fatal Problem
2.その効能的な重要性:膨大で致命的な問題
3. The Balloon Launch Hypothesis: Bodies and Debris
3.風船(気球)発射の論説:遺体と残骸
4. The Hieroglyphics: A Failure to Explain
4.象形文字:説明への失敗
5. Summing Up
5.まとめると
B. Kevin Randle’s Responses
B. ケヴィン・ランドルの返答
1. Randle’s Admissions Regarding the Principal Revisionist Witnesses
1.主要な修正論者の目撃証言者達に関するランドルの認め
2. “New” Witnesses, and Old Ones Retreaded
2.「新たな」目撃証言者達と古い目撃証言者達が再交換された
a. Anna Willmon
a. アナ・ウィルモン
b. Johnson, the Debris, and the Bodies
b. ジョンソン、残骸、そして遺体
c. Jorgenson’s Story: Drone Jets, Hieroglyphics, and Some Descriptions
c. ヨーゲンソンの逸話:ドローン・ジェット機、象形文字、そして幾つかの描写
d. Gonzales’ Aliens, and the “Spacecraft”
d. ゴンザレスの宇宙人、そして「宇宙船」
e. Provost Marshal Edwin Easley, and Barton’s Bodies, Aircraft, and Radiation
e. 憲兵司令官エドウィン・イースリー、そしてバートンの遺体、飛行機(宇宙船)、そして放射能
f. An “Estimation of the Situation”
f. 「その状況の推測」
3. The Air Force’s Mogul Investigation: Whom It Did Not Interview, and Why
3.空軍のモーグルの調査:それは誰をインタヴューしなかったのか、そして何故か
4. General DuBose
4.デュボセー将軍
5. Randle’s Latest Summation of the Incident
5.その出来事のランドルの最新のまとめ

7. The Alien Autopsy Carnival, and the General’s Telegram
宇宙人の解剖のお祭り、そして将軍の電報

A. The Alien Autopsy Carnival
A. 宇宙人の解剖のお祭り
1. Korff’s and Friedman’s Involvement
1.コーフとフリードマンの拘わり
2. Korff’s and Friedman’s Critiques of the Film
2.コーフとフリードマンのそのフィルム(映像)に対する批評
B. General Roger Ramey’s Telegram
B. ロジャー・ラミー将軍の電報
1. The Discovered “Messages”
1.発見された「メッセージ」
2. Houran’s and Randle’s Critique
2.ホウランとランドルの批評

8. The Corso Conundrum
8.コーソーの謎々

A. A Brief Overview of Corso’s Story
A. コーソ―の逸話の端的な概要
B. Corso’s Assertions Versus the Public Histories of the Technologies
B. コーソーの主張対その科学技術の公の歴史
C. Corso’s “Technologies List” and the Nazi Connection
C. コーソーの「科学技術のリスト」とナチスの関連性

PART TWO:
第二部
THE PROBLEMATIC OF THE MAJIC-12 DOCUMENTS HOAX
マジェスティック-12の書類の偽造の問題

9. Friedman and the Case for the Authenticity of the Majic-12 Documents
9.フリードマンとマジェスティック-12の書類の正真正銘性のための場合

A. Friedman on the Nature of Majic-12 Document Authenticity
A. フリードマンとマジェスティック-12の書類の正真正銘性の本質
1. The Methodology
1.方法論
2. The Eisenhower Briefing Document
2.アイゼンハワーの簡単な報告の書類
3. The Majestic-12 Membership List
3.マジェスティック-12のメンバーのリスト
a. Dr. Donald Menzel
a. ドナルド・メンゼル博士
b. The Others
b. その他の者達
c. The Missing Annexes and the Truman-Forrestal Memorandum
c. 消失している追加とトゥルーマン-フォレスタルのメモ
4. The Cutler-Twining Memo
4.カトラー-トワイニングのメモ
5. The Special Operations Manual
5.特殊作戦の説明書
6. The “Cooper-Cantwheel” Documents
6.「クーパー-キャントウィール」の書類
B. Implications and Observations: General Montague, Majestic-12, and the Nazi Scenario
B. 示唆と観測:モンターギュ将軍、マジェスティック-12、そしてナチスのシナリオ

10. Randle and the case Against the Authenticity of the Majic-12 Documents
10.ランドルとマジェスティック-12の書類の正真正銘性に対する件

A. The Original Set of Majic-12 Documents
A. マジック-12の書類の元々の一式
1. The Eisenhower Briefing Document
1.アイゼンハワーの簡単な報告の書類
2. The Cutler Twining Memo
2.カトラー・トワイニングのメモ
B. The Cooper-Cantwheel Documents
B. クーパー-キャントウィールの書類
C. Friedman’s Replies, and a Methodological Assumption
C. フリードマンの返答、そして方法論的な推測

PART THREE:
第三部:
ROSWELL AND THE REICH:
THE NAZI SCENARIO IN THE WIDER Context of OPERATION
PAPERCLIP, THE COLD WAR, AND THE NAZI INTERNATIONAL
ロズウェルとライヒ:
ペーパークリップ作戦、冷戦、そして国際ナチスの
より広いコンテキストにおけるナチスのシナリオ

11. Conclusions and Analysis to Parts One and Two
11.第一部と第二部の結論と分析

A. Summary
A. まとめ
1. Two Datasets
1.2つのデータの一式
2. The Witnesses for the Bodies and the Alleged Consistency of Their Description
2.遺体の目撃証言者達とそれらの描写の主張された一貫性
3. The State of the Story of the Roswell Incident: the Basic Facts and Randle’s and Korff’s Conclusions
3.ロズウェル事件の逸話の状態:基本的な事実とランドルとコーフの結論
4. The Methodology of Proponents of the Extraterrestrial Interpretation
4.地球外知的生命体的な解釈の主張者達の方法論
5. The Dialectic of Roswell
5.ロズウェルの弁証法
6. The Roswell Dialectic and the Principal Researchers
6.ロズウェルの弁証法と主要な研究者達
B. Analysis
B. 分析
1. The Methodology of Part Three
1.第三部の方法論
2. The Debris and the Witnesses
2.残骸と目撃証言者達
3. The Inadequacy of Any Balloon Theory
3.あらゆる風船理論の不十分さ
4. The Arguments Against Something Exotic but Terrestrial
4.エキゾチック(珍しい)何かに対する地球的(な起源)の主張

12. The Breathtaking Audacity of the Wider Context: “Harmless” Foo Fighters, Paperclip, The Nazi International, UFOs, and the National Security State
12.より広いコンテキストの息を奪うような大胆さ:「害の無い」フー・ファイター達、国際ナチス、未確認飛行物体達、そして国家安全保障の国

A. Those “Harmless” Foo Fighters
A. それらの「無害な」フー・ファイター達
1. Sightings Immediately Prior to World War Two and Unusual Explanations
1.第二次世界大戦直前の目撃と異例的な説明
2. The Skies over Germany and Those Oh-So-Harmless Foo Fighters
2.ドイツ上空の空とそれらのおお-とても-無害なフー・ファイター達
3. General Twining and Robertson Make Their First Appearance
3.トワイニング将軍とロバートソンが、彼等の最初の登場を成す
B. The “Paperclip Detente”
B. 「ペーパークリップの休戦」
1. The Gehlen-Dulles Deal and Its Fallout
1.ゲーレン-ダレスの同意とその決裂
2. The Paperclip Scientists and Some Disturbing Implications
2.ペーパークリップの科学者達と幾つかの不穏な示唆
C. The Nazi International and the Legacy of “Paperclip Detente”
C. 国際ナチスと「ペーパークリップの休戦」の遺産
1. The Initial Purpose of the Early Bilderberg Meetings
1.早期のビルダバーグの会議の元々の目的
2. “Read My Lips: No New Nazis”
2.「私の唇を読め:新たなナチスはいない」
3. Richter’s “Fusion” Project at Huemul
3.Huemul におけるリヒターの「核融合」計画
4. Corso’s Unusual Statements and the Bell
4.コーソーの異例的な明言とザ・ベル
D. “Shoot Them Down”: UFOs and the National Security State
D. 「それらを撃ち落とせ」:未確認飛行物体と国家安全保障
1. The General Performance Characteristics of UFOs in the Period
1.その期間における未確認飛行物体の一般的な性能の特徴
2. Shoot Them Down!
2.それらを撃ち落とせ!
E. Conclusions
E. まとめ

13. The Documents: The Nazi Scenario from the Internal Evidence and the Wider Context
13.文献:内的な証拠とより広いコンテキストからのナチスのシナリオ

A. The Indisputably Authentic Documents
A. 疑う余地無く正真正銘の書類
1. The Schulgen Collection Memorandum, 28 October, 1947
1.1947年10月28日の、シュルジェン・コレクションのメモ
a. Text
a. 文章
b. The Faked Version
b. 偽造されたヴァージョン
c.The Background and Possible “Leaker” of the Faked Version
c. その偽造されたヴァージョンの背景と「漏らした者」の可能性
d. Analysis of Statements and the Gestalt of the Genuine Document
d. 明言の分析と正真正銘の書類の形態
2. Twining-Schulgen Memorandum
2.トワイニング-シュルジェンのメモ
3. The FBI’s “Disc” Communiqué
3.FBI の「円盤」の通信
4. The FBI’s Bormann Memorandum: A Related Document?
4.FBI のボーマンのメモ:関連した書類?
5. Redfern’s FBI and CIA Documentation of the Nazi Connection
5.ナチスの関連性のレッドファーンの FBI と CIA のメモ
B. The Documents of Dubious and Disputed Authenticity
B. 疑わしく異論された正真正銘性の書類
1. The Eisenhower Briefing Document, Majic-12, and General Montague
1.アイゼンハワーの簡単な報告の書類、マジック-12、そしてモンターギュ将軍
2. The White Hot Intelligence Estimate
2.白く熱い諜報工作の予測
3. The Debus Dilemma
3.デバスのジレンマ
4. A Brief Mention of an Odd “Coincidence”
4.奇妙な「偶然」の簡単な明言
C. Conclusions: The Outlines of the Scenario Begin to Take Shape
C. まとめ:シナリオの概要が形成し始める

14. Nick Redfern and The Body Snatchers in the Desert
14.ニック・レッドファーンと砂漠におけるボディー・スナッチャー達

A. The Review and the Inconvenient Picture
A. 再検証と不都合な構図
B. Redfern’s Book and the Real Roswell Problems
B. レッドファーンの本と本当のロズウェルの問題
1. Redfern and the First Problem: The Roswell Dialectic and the Roswell Researchers
1.レッドファーンと最初の問題:ロズウェルの弁証法とロズウェルの研究者達
2. Redfern and the Second Problem: The Incongruous Presence of Paperclip Nazis
2.レッドファーンと第二の問題:ペーパークリップのナチスの不適切な存在
3. Redfern and the Third, Final, and Biggest Problem: Bodies are Alien, but not Extraterrestrial, and Fully Rationalizable
3.レッドファーンの第三の、最後の、そして最大の問題:遺体はエイリアンですが、地球外知的生命体では無く、そして完全に理論化可能です

15. The Doctor and the Debris: A Brief Interlude for a Pseudonymous Deathbed Confession
15.博士とその残骸:偽名の死ぬ間際の告白のための手短な幕間

A. “Marsh’s” Story
A. 「マーシュ」の逸話
B. Analysis
B. 分析

16. The Roswell Debris and The Reich’s Developments
16.ロズウェルの残骸とライヒの開発

A. The Roswell Debris According to the Witnesses and Some Nazi Technological Antecedents
A. 目撃証言者達によるロズウェルの残骸と幾らかのナチスの科学技術の前例
1. Memory Metal
1.記憶金属
2. “I-Beams” and Hieroglyphs
2.「I-ビーム」と象形文字
a. The “I-Beam Material” and Two Problems
a. 「I-ビームの素材」と2つの問題
b. The Hieroglyphs, Indian Petroglyphs, Plasma Pinch, and Electron Probability States
b. 象形文字、先住民のペトログリフ、プラズマのピンチ(つまみ)、そして電子の可能性の状態
3. Monofilament “String”
3.単一繊維の「糸」
4. Super-Strong Metal or Material
4.超-固い金属、または素材
5. Major Marcel’s Porous Metal
5.マーセル少佐の小穴のある素材
B. The Technologies of Roswell in the Corso Version
B. コーソーのヴァージョンにおけるロズウェルの科学技術
1. Fiber Optics
1.ファイバー・オプティクス
2. Kevlar
2.ケヴラー(素材)
3. Night Vision
3.夜間視力
4. Lasers and Particle Accelerators
4.レーザーと粒子の加速器
5. Transistors and Integrated Circuits
5.トランジスターと集積回路
6. Portable Atomic Power for Air- and Space-Craft
6.飛行機と宇宙船(スペースシャトル)のための移動可能な原子力
C. The Lifting Bodies: A Staged Program toward Field Propulsion
C. 機体を浮かせる:フィールド(場)推進力にむかった段階化された計画
1. Mark I: Conventionally powered Turbine Saucers of Unusual Turbine Configuration
1.1号機:異例的なタービンの設計の、通常的に電力/燃料供給されたタービン円盤
2. Mark II: The Extension of Mark I Craft by the Use of Conventional Technologies in Exotic Combinations, or by exotic Technologies Themselves in Combination with Conventional Ones
2.2号機:エキゾチック(珍しい)コンビネーションにおける、通常の科学技術の使用、または通常的なものとのコンビネーションにおける、エキゾチックな科学技術の使用による、1号機の改良
3. Mark III: Field Propulsion Craft
3.3号機:フィールド推進力機
D. The Nazi Scenario
D. ナチスのシナリオ
1. The Rationalization of the Documents, Bodies, and Debris
1.その書類、遺体、そして残骸の理論化
2. The Wider Historical Context
2.より広い歴史的なコンテキスト
3. The Czech Incident Revisited
3.チェコの出来事の再検証
4. Alternative Two: Antarctica Revisited
4.オルタナティヴ2:南極が再訪問される

BIBLIOGRAPHY
参考書籍

Roswell and The Reich, Joseph P. Farrell, Part 1 The Byte Show
ロズウェルとライヒ、ジョセフ P. ファレル

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30