• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

空飛ぶ発電機

The John Searl Story- Searl Effect Generator - Free Energy
ジョン・シャール物語 - シャール効果発電機 - フリー・エネルギー



・・・私たちは、20世紀にシャル・グループによって研究開発されてれていた、新しい形態の発電機である「シャル効果発電機(Searl Effect Generator/SEG)」、そして「シャル宇宙航行線(Searl Astronautical Vehicle)」という移動手段を製作し、商業化するグループです。シャル・グループの本社、Searl Magnetics Inc (シャル・マグネチクス)はこの”SEG”を製作する上で最も重要な技術である、磁気層に波形の磁場を形成させる特殊な磁化技術を担当しています。特殊磁化技術は、シャルの研究者たちによって、過去の研究された研究報告書をもとに、複数の磁場極を磁石材料に覆われる新しい技術を実際に得ることに成功して証明しました。この特殊な磁化技術は、SEG の構想を介して導き出したものであり、加えて、希土類合金技術や渦電流を通じたローラーの扶養効果のように、SEG が持っている様々な機能もシャル研究者たちによって確認されました。法人企業のシャル・マグネチクスの主な担当は、これらの SEG 技術の特殊磁化技術を研究して、再発展させるものであり、すぐに、SEG の生産とマーケティングを完全に担当することになる予定です。また、シャル・マグネチクスは 今後、SEG の技術的な機能実証のための証明 – モデルを実証していき、これを通じた結果をもとにしてシャル・マグネチクスの枠組みを広げる予定であります。

4つの素材的な構成要素の層を見せているプレートの断面図
1 seg cross-section

シャル・グループが製作している「シャル効果発電機(Searl Effect Generator)」は、放射エネルギー、そして周辺の潜在的な電子を利用した原動機です。これは、他のエネルギーを私たちが使用できるエネルギーに変換させることを意味し、清潔で非常に効率的な発電機としての潜在的なエネルギーを引き出せる量子ーコヒーレンスを基礎としたエネルギー変換装置です。

SEG はリニア誘導モータ技術と自己ベアリング技術を介してリングを中心にローラーが回転できるように設計されており、潜在的なエネルギーと常に存在する周辺の放射エネルギーを秩序化されてコヒーレンスされている有用な電気的エネルギーに転換させることができる機能を持っています。

SEG の駆動原理は、水の潜在的な位置エネルギーを介して発電する水力発電所の循環系と同じです。しかし、SEG は希土類の中にある莫大な量の電子を介して発電をします。

SEG は、電子が持っている固有の極性を利用して吸収と放出のような循環システムを使用しており、また、周辺にあるエネルギーを利用するとともに、内在されている電子のエネルギーを継続的に再利用できるように設計されています。

SEG は、革新的な循環システムを持つエネルギー装置であり、世界中で唯一にシャル・グループのみが所有している 独自の技術です。

SEG はクリーンで再生可能なエネルギーを使用して、家庭用SEGで大型SEG-電力プラントのように、様々なサイズで製作されることができます。

大きな電力を供給するためには・・・
http://www.searljapan.com/

UFO Flown for bbc John Searl SEG Energy Generator
BBC のために飛ばされた UFO - ジョン・シャールの SEG 発電機



シャール効果関係の pdf ファイル
http://www.docs-engine.com/pdf/1/john-searl-effect.html

シャール・ソリューション
http://www.searlsolution.com/
1 seg2008animation

「あなたは、同じ空間において異なった物質を持つ事は出来ませんが、
同じ時間に異なった空間に異なった物質を持つ事、
または異なった時間に同じ空間において異なった物質を持つ事が出来ます。」
ジョン R.R. シャール教授


四角の法則

魔術、またはラテンの四角の歴史の起源は、太古のエジプトのピラミッドまで、何千年も遡って戻り、そして恐らく中国の最初の王朝まで更に戻ります。実際に、今日において中国の人々は、自然の数学的な比率を正すために、盆栽の枝を切って整えるために魔術の四角を未だに使っています。それらの自然の法則を理解する事によって、人は宇宙が正確で数学的な法則に沿って存在していると論議する事が出来ます。

四角の法則(LOS)、または魔術の四角は新たな科学技術では無く、ジョン・シャールが若い時に独立的に発達させ、そして彼の数字をつけられた母型行列(升目)が、時間と空間における質量の量子エネルギーの状態をモデルする事が出来る、三次元的な性質を持っていたと発見した時に生まれ変わった古い科学技術です。

四角には3つのグループ - グループ1、2、そして3があり、その他はありません。グループ1の四角は全ての奇数によって構成されています。4で割る事の出来る全ての偶数は、グループ2です。4で割る事の出来ないその他全ての偶数はグループ3です。

ランダムな数字の正しい母型行列が、横、縦、そして斜めの同じ線の数値に合計される時、するとそれは、エネルギーは創造される事も破壊される事のどちらも出来ませんが、一つの形状からもう一つへと変換される事が出来ると言う、知られている(運動の)保存法則に関する物理学と同じ様に有効です。

LOS 母型行列は、正六面体の総合の合計よりも大きい、または小さい数値を創造する事無しで、非-ランダム、または統一的な合計において結果する、あらゆる方向(縦、横、斜め)において全て同じ数値に足し合わされる線(縦、横、斜めの足し算)の数値において、四角のランダムな数字を正しく変換する事によってそれらの保存の法則を実証します。

相応しい刺激を共にした LOS 科学技術は、ランダムな量子エネルギーの状態を、原子的な格子(構造)の中でレゾナンス(共振)と一貫した電子の運動の有用な非-ランダム(統一的)な状態へと変換する、または簡単に云うと、混沌から電流を形成する事が出来る、変格的な解決方法です。

注:熱力学の第一法則は、運動と熱の両方がエネルギーの形状で、そしてエネルギーの総量は保存される(変化しない)と明言し、LOS 母型行列がその正確な合計と共に実証する様に;SEG (シャール効果発電機)はこの法則に完全に沿って機能します。

注2:熱力学の第二法則は『クローズド・システム』において、非-秩序が増え、運動のために利用可能なエネルギーが減少すると明言します。SEG は、生命、風車、水力発電、太陽セル等々と同様に、『オープン・システム』の土台の上で機能します。


実を言うと、その第二法則は『オープン・システム』に対して応用出来ません;それは SEG のエネルギー・サイクルについて異論を唱える自称、専門家達が犯す典型的な間違いです。
1 squares
4つの四角が三次元的な図表で描写されました;どの方向において足し算されても34に合計します。
四角の真髄は2x2の正六面体で、それは四角の中核を体現します。
ランダムから統一的な結果への返還を観るために、イメージ、または此処をクリックして下さい。

SEG が効果的に機能するためには、様々な素材、または要素が、特定の本質、重さ、そして次元(大きさ)でなければなりません。また、それが LOS の必要条件に合う方法において、厳しい数学的な設計の条件に基づいた素材的な正確性の高いレベルと共に、設定されなければなりません。

ジョン・シャール教授は四角の法則の題材について多くの本を出筆し、そして彼はシャール効果発電機を構築するために、それらの四角の母型行列とそれらの法則を使用します。彼は四角の法則の特徴的な性質を説明し、それを多くの国々の学校、コンヴェンション、そして大学で講義するために広く旅しました。

以下は4から25までの四角のための真実のテーブルの例で;それらは彼の著書の一連からの引用です。
元記事参照:

2010年のテスラ会議において四角を説明するシャール教授のビデオを観るためには、此処をクリックして下さい。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 08 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -