• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

あの一族、シオン、ナチス、そして直球トーク

連絡先
アンドリュー・ペニー
ロスチャイルド信託の代表兼会長 & 代表取締役、北米ロスチャイルド信託 LLC (制限付きの責任の企業)
(本部)英国、ロンドン、セント・スウィシン通り、ニュー・コート、EC4N 8AL 番地
電話:+44(0)20 7280 5000
米国ネヴァダ州89501、ワシュー郡レノ、西自由通り100番地、12階
電話:+1(0)775 788 2000
E-メール:andrew.penney@rothschild.com
アンドリュー・ペニー@ロスチャイルド.com

1 roth 10
http://www.zerohedge.com/news/2016-04-07/exclusive-here-rothschilds-primer-how-launder-money-us-real-estate-and-avoid-blackli

Yoichi Shimatsu - Up in Smoke...The Panama Papers
パナマ文書: CIA、ナチス、麻薬組織 金融マフィア



Mossack Fonseca: The Nazi, CIA And Nevada Connections... And Why It's Now Rothschild's Turn
モサック・フォンセカ:ナチス、CIA そしてネヴァダの関係・・・そして何故今、ロスチャイルドの番なのか(ゼロ・ヘッジ)

http://www.zerohedge.com/news/2016-04-03/mossack-fonseca-nazi-cia-and-nevada-connections-and-why-its-now-rothschilds-turn

レノ: 世界最大の脱税天国(スイスは時代遅れ)
1 reno

"Unprecedented Leak" Exposes The Criminal Financial Dealings Of Some Of The World's Wealthiest People
「前例の無い暴露」が、世界の最も裕福な人達の幾らかの、犯罪的で金融的な行いを告発する(ゼロ・ヘッジ)

http://www.zerohedge.com/news/2016-04-03/unprecedented-leak-exposes-criminal-financial-dealings-some-worlds-wealthiest-people


「パナマ文書」と呼ばれる1,100万件以上の書類の、前例の無い暴露が、12人の現役の、そして以前の世界の指導者達、そして世界中の128名以上の政治家達、そして公的な役人達を含む、世界の最も裕福な人達の幾らかの、隠された金融的な行いを明かしました。

200,000以上の企業財団、そして信託が、あまり知られてはいませんが、モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)と呼ばれるパナマに基づいた有力な法律事務所から漏らされた情報の中に含まれ、その書類は麻薬密売人達、マフィアのメンバー達、腐敗した政治家達と脱税者達のオフ・ショア(国外の非課税の脱税天国)の預金(資産隠し)を含み - そして犯罪の宝庫です。

その法律事務所は、シェル(殻/ダミー)会社を設立する、世界における第一人者の一つで、それは資産の所有を隠すために合法的に使用される事が出来ます。そのデータに含まれるのは、1977年から2015年12月までの、E-メール、連絡先、銀行の記録、不動産の権利書、パスポートのコピー、そしてその他の詳細な情報です。

それは、今までに決して1度も見られる事の無かったオフ・ショア(資産隠し/脱税)の世界の内部の景色を明らかにし - どの様にして闇のマネーが、世界的な金融のシステムを通って流れ、犯罪を繁殖させ、税収入の国家的な財源から盗むのかの、日々、そして10年規模の詳細を供給します。

以下は、Sueddeutsche Zeitungを通して、どの様にそれらの書類が暴露されたのかの端的なまとめです:

<以下省略>

SAY IT ISN’T SO! ROTHSCHILD FAMILY MEMBER SOUGHT FOR BANKING ...
そうじゃないと言ってくれ!ロスチャイルドの家族の構成員が、銀行業の・・・(ギザの死の星)

http://gizadeathstar.com/2016/03/say-isnt-rothschild-family-member-sought-banking-fraud-issues-oh-shock-dismay/


あなた方の多くが、私にこのニュースを伝えてくれ、そしてそれには伝え続ける価値があるのは、何故ならそれが、西洋において現在機能している法律の2つのセット(ダブル・スタンダード)が存在すると言うもう一つの例で:1つのセットは、大金持ちと権力者のためのもので、それは、言うまでも無く、買収され賄賂を渡された政治家達が設定している、その下で私達その他が生活する法律とは、同じセットではありません。この場合において、調査されているのはデーヴィッド・デ・ロスチャイルド男爵ですが、あなたがその詳細を読むまで待って下さい!

Rothschild Bank Now Under Criminal Investigation After Baron David De Rothschild Indictment
ロスチャイルド銀行は、デーヴィッド・デ・ロスチャイルド男爵の起訴の後、犯罪的な調査の下にあります


さて、あなたが見逃した場合のために、此処において起こっているのが何かと言うと - 常に礼儀正しく、徳の有る - 抑止出来無いロスチャイルド家が、彼等のお得意の脱税天国の一つへと、膨大の量の金額を移動していたと言う事で・・・

・・・ケイマン諸島でも無く、タークスとカイコスでも無く、チャンネル諸島でも無く・・・

・・・the USSA (米国ソヴィエト連邦)です:

「ロスチャイルド帝国は、バハマ、スイス、そして英国領ヴァージン諸島の様な伝統的な脱税天国から米国へと、世界的なエリートの富を移動する手助けをする事において指導的でした。

「先月、自由な思考プロジェクトは、ロスチャイルド家によって米国内に確立された治外法権の脱税天国について報告しました。

「ネヴァダ州のリノに信託会社を設立した後、ロスチャイルド & Co. 社は、典型的な脱税天国から、世界の最も裕福な個人達の膨大な資産を、国際的な報告の必要条件からは例外(治外法権)な、ロスチャイルドによって運営された米国の信託へと移動し始めました(ファレル博士のイタリクス)。」

さて、私はあなたが最後の一行の重要性に気付いた事を望むのは、此処において証明される策略と制度が(1)信託で(そして私達は、此処に「財団」も付け加えておきましょう)、(2)国際的な報告の必要条件からの例外(治外法権)です。

言葉を変えると、その様な制度、そして米国の法律におけるそれらの特権へと、マネーを移動する事によって、国際的な報告の必要条件が完全に迂回されます。それが何を意味するのかを、一度立ち止まり、考えてもらいたいのは、何故なら、まず、それが意味するのが、もし人が「世界的な政府の預金信託」において、マネーを隠す事を望み、そしてその様なマネーからの利息で運営するなら、人は文字通り、国境を越えた、そして殆ど主権の地位の、国際的な組織を目撃していると言えるためです。

ですから、此処における高度にハイオクな推理は何処にあるでしょう?

もしあなたが、過去3-4年以上、秘密裡の戦争と離脱文明秘密裡の戦争と文明の衝突を含んだ、多くのブログや著書の中の私の考えを読破してきたなら、これは隠された金融の鎖において鍵のリンクに成り、例えば人は、彼等の奇妙な非課税の特権と共に、財団と信託へと、日本帝国とヨーロッパの同盟の大量の略奪を移動する事が可能で、それは、順を追って、その後、その人(誰かを想像してみて下さい)自身のとても大きく、そして「大き過ぎて刑務所に送れない」銀行に預金する事が可能で、故に、監査からの対処として幾つもの防壁層を与え、そしてその人の銀行の大量の準備金を創造します。

ですから、フランス政府に一言の助言で:幾つかの財団を調べ始め、そしてフランクフルトからのあの一族の行いへと、とても内密な DST の諜報工作員を送り込むべきかも知れません。

ではまた後日。

旧約聖書 エズラ紀 第9章

9:1 これらの事がなされた後、つかさたちは、わたしのもとに来て言った、「イスラエルの民、祭司およびレビびとは諸国の民と離れないで、カナンびと、ヘテびと、ペリジびと、エブスびと、アンモンびと、モアブびと、エジプトびと、アモリびとなどの憎むべき事を行いました。

9:2 すなわち、彼らの娘たちをみずからめとり、またそのむすこたちにめとったので、聖なる種が諸国の民とまじりました。そしてつかさたる者、長たる者が先だって、このとを犯しました」。

9:3 わたしはこの事を聞いた時、着物と上着とを裂き、髪の毛とひげを抜き、驚きあきれてすわった。

9:4 イスラエルの神の言葉におののく者は皆、捕囚から帰って来た人々のとがのゆえに、わたしのもとに集まったが、わたしは夕の供え物の時まで、驚きあきれてすわった。

9:5 夕の供え物の時になって、わたしは断食から立ちあがり、着物と上着を裂いたまま、ひざをかがめて、わが神、主にむかって手をさし伸べて、

9:6 言った、「わが神よ、わたしはあなたにむかって顔を上げるのを恥じて、赤面します。われわれの不義は積って頭よりも高くなり、われわれのとがは重なって天に達したからです。

9:7 われわれの先祖の日から今日まで、われわれは大いなるとがを負い、われわれの不義によって、われわれとわれわれの王たち、および祭司たちは国々の王たちの手にわたされ、つるぎにかけられ、捕え行かれ、かすめられ、恥をこうむりました。今日のとおりです。

9:8 ところがいま、われわれの神、主は、しばし恵みを施して、のがれ残るべき者をわれわれのうちにおき、その聖所のうちに確かなよりどころを与え、こうしてわれわれの神はわれわれの目を明らかにし、われわれをその奴隷のうちにあって、少しく生き返らせられました。

9:9 われわれは奴隷の身でありますが、その奴隷たる時にも神はわれわれを見捨てられず、かえってペルシャ王たちの目の前でいつくしみを施して、われわれを生き返らせ、われわれの神の宮を建てさせ、その破壊をつくろわせ、ユダとエルサレムでわれわれに保護を与えられました。

9:10 われわれの神よ、この後、何を言うことができましょう。われわれは、あなたの戒めを捨てたからです。

9:11 あなたはかつて、あなたのしもべである預言者たちによって命じて仰せられました、『おまえたちが行って獲ようとする地は、各地の民の汚れにより、その憎むべきわざによって汚れた地で、この果から、かの果まで、その汚れに満ちている。

9:12 それでおまえたちの娘を、彼らのむすこに与えてはならない。彼らの娘を、おまえたちのむすこにめとってはならない。また永久に彼らの平安をも福祉をも求めてはならない。そうすればおまえたちは強くなり、その地の良き物を食べ、これを永久におまえたちの子孫に伝えて嗣業とさせることができる』と。

9:13 われわれの悪い行いにより、大いなるとがによって、これらすべてのことが、すでにわれわれに臨みましたが、われわれの神なるあなたは、われわれの不義よりも軽い罰をくだして、このように残りの者を与えてくださったのを見ながら、

9:14 われわれは再びあなたの命令を破って、これらの憎むべきわざを行う民と縁を結んでよいでしょうか。あなたはわれわれを怒って、ついに滅ぼし尽し、残る者も、のがれる者もないようにされるのではないでしょうか。

9:15 ああ、イスラエルの神、主よ、あなたは正しくいらせられます。われわれはのがれて残ること今日のとおりです。われわれは、とがをもってあなたの前にあります。それゆえだれもあなたの前に立つことはできません」。

第10章

10:1 エズラが神の宮の前に泣き伏して祈り、かつざんげしていた時、男、女および子供の大いなる群集がイスラエルのうちから彼のもとに集まってきた。民はいたく泣き悲しんだ。

10:2 時にエラムの子孫のうちのエヒエルの子シカニヤが、エズラに告げて言った、「われわれは神にむかって罪を犯し、この地の民から異邦の女をめとりました。しかし、このことについてはイスラエルに、今なお望みがあります。

10:3 それでわれわれはわが主の教と、われわれの神の命令におののく人々の教とに従って、これらの妻ならびにその子供たちを、ことごとく追い出すという契約を、われわれの神に立てましょう。そして律法に従ってこれを行いましょう。

10:4 立ちあがってください、この事はあなたの仕事です。われわれはあなたを助けます。心を強くしてこれを行いなさい」。

10:5 エズラは立って、おもだった祭司、レビびとおよびすべてのイスラエルびとに、この言葉のように行うことを誓わせたので、彼らは誓った。

10:6 エズラは神の宮の前から出て、エリアシブの子ヨハナンのへやにはいったが、そこへ行っても彼はパンも食べず、水も飲まずに夜を過ごした。これは彼が、捕囚から帰った人々のとがを嘆いたからである。

10:7 そしてユダおよびエルサレムにあまねく布告を出し、捕囚から帰ったすべての者に告げて、エルサレムに集まるべき事と、

10:8 つかさおよび長老たちのさとしに従って、三日のうちにこない者はだれでもその財産はことごとく没収され、その人自身は捕われ人の会から破門されると言った。

10:9 そこでユダとベニヤミンの人々は皆三日のうちにエルサレムに集まった。これは九月の二十日であった。すべての民は神の宮の前の広場に座して、このことのため、また大雨のために震えおののいていた。

10:10 時に祭司エズラは立って彼らに言った、「あなたがたは罪を犯し、異邦の女をめとって、イスラエルのとがを増した。

10:11 それで今、あなたがたの先祖の神、主にざんげして、そのみ旨を行いなさい。あなたがたはこの地の民および異邦の女と離れなさい」。

10:12 すると会衆は皆大声をあげて答えた、「あなたの言われたとおり、われわれは必ず行います。

10:13 しかし民は多く、また大雨の季節ですから、外に立っていることはできません。またこれは一日やふつかの仕事ではありません。われわれはこの事について大いに罪を犯したからです。

10:14 それでどうぞ、われわれのつかさたちは全会衆のために立ってください。われわれの町の内に、もし異邦の女をめとった者があるならば、みな定めの時にこさせなさい。またおのおのの町の長老および裁判人も、それと一緒にこさせなさい。そうすればこの事によるわれわれの神の激しい怒りは、ついにわれわれを離れるでしょう」。

10:15 ところがアサヘルの子ヨナタンおよびテクワの子ヤハジアはこれに反対した。そしてメシュラムおよびレビびとシャベタイは彼らを支持した。

10:16 そこで捕囚から帰って来た人々はこのように行った。すなわち祭司エズラは、氏族の長たちをその氏族にしたがい、おのおのその名をさして選んだ。彼らは十月の一日から座してこの事を調べ、

10:17 正月の一日になって、異邦の女をめとった人々をことごとく調べ終った。

10:18 祭司の子孫のうちで異邦の女をめとった事のあらわれた者は、ヨザダクの子エシュアの子ら、およびその兄弟たちのうちではマアセヤ、エリエゼル、ヤリブ、ゲダリヤであった。

10:19 彼らはその妻を離縁しようという誓いをなし、すでに罪を犯したというので、そのとがのために雄羊一頭をささげた。

10:20 インメルの子らのうちではハナニおよびゼバデヤ。

10:21 ハリムの子らのうちではマアセヤ、エリヤ、シマヤ、エヒエル、ウジヤ。

10:22 パシュルの子らのうちではエリオエナイ、マアセヤ、イシマエル、ネタンエル、ヨザバデ、エラサ。

10:23 レビびとのうちではヨザバテ、シメイ、ケラヤ(すなわちケリタ)、ペタヒヤ、ユダ、エリエゼル。

10:24 歌うたう者のうちではエリアシブ。門衛のうちではシャルム、テレム、ウリ。

10:25 イスラエルのうち、パロシの子らのうちではラミヤ、エジア、マルキヤ、ミヤミン、エレアザル、ハシャビヤ、ベナヤ。

10:26 エラムの子らのうちではマッタニヤ、ゼカリヤ、エヒエル、アブデ、エレモテ、エリヤ。

10:27 ザットの子らのうちではエリオエナイ、エリアシブ、マッタニヤ、エレモテ、ザバデ、アジザ。

10:28 ベバイの子らのうちではヨハナン、ハナニヤ、ザバイ、アテライ。

10:29 バニの子らのうちではメシュラム、マルク、アダヤ、ヤシュブ、シヤル、エレモテ。

10:30 パハテ・モアブの子らのうちではアデナ、ケラル、ベナヤ、マアセヤ、マッタニヤ、ベザレル、ビンヌイ、マナセ。

10:31 ハリムの子らのうちではエリエゼル、イシヤ、マルキヤ、シマヤ、シメオン、

10:32 ベニヤミン、マルク、シマリヤ。

10:33 ハシュムの子らのうちではマッテナイ、マッタタ、ザバデ、エリパレテ、エレマイ、マナセ、シメイ。

10:34 バニの子らのうちではマアダイ、アムラム、ウエル、

10:35 ベナヤ、ベデヤ、ケルヒ、

10:36 ワニア、メレモテ、エリアシブ、

10:37 マッタニヤ、マッテナイ、ヤアス。

10:38 ビンヌイの子らのうちではシメイ、

10:39 シレミヤ、ナタン、アダヤ、

10:40 マクナデバイ、シャシャイ、シャライ、

10:41 アザリエル、シレミヤ、シマリヤ、

10:42 シャルム、アマリヤ、ヨセフ。

10:43 ネボの子らではエイエル、マッタテヤ、ザバデ、ゼビナ、ヤッダイ、ヨエル、ベナヤ。

10:44 これらの者は皆異邦の女をめとった者である。彼らはその女たちをその子供と共に離縁した。
https://ja.wikisource.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BA%E3%83%A9%E8%A8%98%28%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3%29#.E7.AC.AC9.E7.AB.A0

「ドイツ人の血と名誉を守るための法律」

「ドイツ人の血と名誉を守るための法律」は、ユダヤ人と「ドイツ人ないし同種の血を持つ国籍所有者」の婚姻、婚姻外性交渉を禁止したものであった。また45歳以下の「ドイツ人あるいはその同種の血を持つ女性国籍所有者」がユダヤ人家庭で雇われることやユダヤ人がドイツ国旗を掲げる事もこの法律で禁止された。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF%E6%B3%95

Straight Talk About Zionism: What Jewish Nationalism Means
シオニズムについての直球トーク:ユダヤ的な国家主義が何を意味するのか

http://www.ihr.org/zionism0409.html


著者によってナレーションされたこの記事の音声録音は、聞くため、またはダウンロードするために、此処に投稿されています

シオニズムを理解する事が重要なのは、唯それが影響力のある思想で、強力な社会-政治的な運動であるためだけでは無く、またそれについて多くの無知、混乱、そして意図的な偽情報が存在するためです。

もしあなたが、基準的なアメリカの辞書の中で「シオニズム」と言う言葉を調べると、あなたが見つけるものは不正確、または最悪、偽情報である可能性が高いです。例えば、私のオフィスにある、一般的で権威的とされるアメリカの辞書は、シオニズムを「元々は、イスラエルのユダヤ人の国家を再確立するための、そして現在は支持するための運動」と定義します。¹この定義はアメリカの辞書の典型的な言及ですが、唯の偽情報ではありません。それは偽りです。

近代のシオニスト運動の創設者は、テオドール・ハーツルと言う名前のユダヤ人の物書きでした。1890年代に彼はパリに住んでいて、其処で彼は、ウィーンの大規模な新聞紙の記者でした。彼は当時のフランスにおいて広まった反セム主義、または反ユダヤ的な感情に、深く心配させられていました。彼は、何世紀をも通って一貫したユダヤ人と非-ユダヤ人の間の緊張、不信、そして争いについて多大に思考錯誤し、そして彼は、この長年の問題に対する一つの解決策を見つけたと彼は信じました。

ハーツルは彼の見解をユダヤ人の国家(Der Judenstaat)と題されたドイツ語の本の中に概要しました。1896年に出版されたこの本は、シオニスト運動のマニフェスト、または基本的な文献です。1年半後にハーツルは、最初の国際シオニスト会議を開催しました。51年後に、テル・アヴィヴにおける集会において「イスラエルの国」が厳粛に宣言された時、その集会場の発言者の台の上には、相応しくハーツルの大きな写真が飾られていました。

彼の本の中でハーツルは、人々が住む場所、または市民権に拘わらず、ユダヤ人達は単なる宗教的なコミュニティーでは無く、国籍(民族)であり、人々であると説明しました。彼はドイツ語の Volk (民族)と言う言葉を使いました。何処であれ、非-ユダヤ人の中に大きな数のユダヤ人達が存在する時、争いが起こる可能性が高いだけでなく、それは必然的であると、彼は述べました。彼はこう書きました:「ユダヤ的な問いは、気付かれる数でユダヤ人達が存在する何処にでもあります。それが存在していない処には、ユダヤ人達の到来によってもたらされます・・・私は、とても複雑な現象である、反セム主義を、私が理解したと信じます。私はこの発展を、憎しみも恐れも持たないユダヤ人として考えます。²

彼の公と個人的な記述の中で、ハーツルは反-セム主義は非道では無く、むしろユダヤ人の振る舞いと態度に親しみの無い、非-ユダヤ人による当然の反応であると説明します。反-ユダヤ人の感情は、多くが主張した様に無知や偏見によるものでは無いと彼は述べました。代わりに、ユダヤ人達と非-ユダヤ人の間の太古からの、そして手におえない争いの様なものが全く理解可能なのは、何故ならユダヤ人が、彼等がその中に住む人々の関心から、頻繁に対立する異なった関心を持つ、はっきりと別々の人達であるためと、彼は結論しました。

ハーツルは、近代の反-ユダヤ人感情の源泉は、18世紀と19世紀において、ユダヤ人達をゲットーにおける隔離から、近代の都市社会へと彼等をもたらし、中産階級における非-ユダヤ人達との直接の経済的な競争へともたらした、「解放」と呼ばれたものだったと信じました。反-セム主義は、「ユダヤ的な欠点に対する理解可能な反応」であると、ハーツルは記述しました。彼の日記の中に彼はこう書きました:「私は反-セム主義者達は、全く彼等の権利の中にいると思います。」³

ハーツルはユダヤ人達が - 彼等自身と非-ユダヤ人達の両方に対して - 彼等が他の人達と同じふりをするのを止め、そして代わりに彼等がはっきりと異なる別々の目的と感心を持つ、はっきりと異なった別々の人達であると、正直に認識するべきであると主張しました。唯一の機能可能で長期的な解決策は、ユダヤ人達が現実を認識し、最終的に、彼等自身の別々の国の中で「普通」の人達として生きる事だと、彼は述べました。ロシアの皇帝へのメモの中で、ハーツルはそれが「ユダヤの問いのための最終解決策」と記述しました。

時代を超えて多くのその他のユダヤ人の指導者達が、ハーツルの見識に同意しました。米国最高裁判事で、代表的なアメリカ人のシオニスト、ルイス・ブランデイスはこう述べました:「私達、ユダヤ人は、彼の国、彼の職業、または彼の信仰の形が何であれ、はっきりと異なった国籍の必然的なメンバーであると、私達全員が認識しましょう。」⁵

アメリカのユダヤ会議、そして世界ユダヤ会議の会長だった、スティーヴン S. ワイズは、1938年6月のニュー・ヨークにおける集会にこう伝えました:「私はユダヤ教徒のアメリカ市民ではありません。私はユダヤ人で・・・ヒトラーは一つの事において正解でした。彼はユダヤの人々を民族と呼び、そして私達は一つの民族です。」⁶

イスラエルの初代大統領、チャイム・ウェイズマンは、彼の自伝にこう記しました:「あらゆる国において、ユダヤ人達の質が飽和地点に届くと、その国は彼等に対して反応します・・・[この]反応は・・・その言葉の一般的、または下品な感覚における反-セム主義として軽く見られる事は出来ず;それはユダヤ人の移民の、統一的な、社会的、そして経済的な同時派生で、私達はそれを振るい落とす事が出来ません。」⁷

シオニストの世界観を共に保ちながら、イスラエルの首相、アリエル・シャロンは、2004年7月のエルサレムにおけるユダヤ系アメリカ人の集会において、世界中の全てのユダヤ人達が出来る限り早く、イスラエルへ移住するべきだと伝えました。そして反-セム主義は、フランスにおいて特に広まっていたので、その国のユダヤ人達は今にでもイスラエルに移住すべきだと彼は加えました。フランスの公式会見は、シャロンの発言を「受け入れかねない」として拒否する事によって、素早く、そして当然の様に対応しました。⁸

ですが、フランス、米国、そしてその他の国々の指導者達が、シャロン、そしてその他のシオニスト達のそれらの発言に、同意を表現する事によって返答したと想像してみて下さい。もしアメリカの大統領が:「貴方は正しいです、シャロンさん。私達は貴方に同意します。私達はユダヤ人達が米国に帰属しないと同意します。実際に、私達は、全てのユダヤ人達が、私達の国を離れ、イスラエルに移住する事を推進し応援するために、私達が出来る限りの全てを行う事によって、貴方が言う事のために、私達は支持する準備があります、」と言う事によって返答したと想像してみて下さい。

それが、イスラエルとシオニズムを彼らが応援すると述べる、非-ユダヤ人の政治的な指導者達の、論理的で正直な態度でしょう。ですが、今日の米国、フランス、英国、そしてその他のその様な国々の、政治的な指導者達は、正直でも、一貫的でもありません。

1930年代において、この問題に関して、正直で一貫的だった一つのヨーロッパの政府は、ドイツの第三帝国(ナチス)の政府でした。ユダヤ人のシオニスト達と、ドイツの国家的な社会主義者達(ナチス)は、ハーツルが「ユダヤ的な問い」と呼んだものを、どう最も上手く対応するかについて類似した見解を分かち合っていました。彼等は、ユダヤ人達とドイツ人達が、はっきりと別々の国籍(人種)で、そしてユダヤ人達はヨーロッパに帰属せず、パレスチナの「ユダヤ人の故郷」と呼ばれるものに帰属すると同意しました。

彼等の分かち合われた見解の上に基づいて、ドイツ人達とユダヤ人達は、それぞれのコミュニティーが、それ自体の最善の国家的な関心であると信じたもののために、協力しました。ヒトラーの政府は、1933年から、第二次世界大戦が、更なる延長的な協力を妨げた1940-41年まで、シオニズムとユダヤ人のパレスチナへの移民を積極的に支援しました。⁹

(その戦時中に、態度はかたくなに成り、そして政策は劇的に移行しました。シオンスト達との協力と、パレスチナへのユダヤ人達の移民への支持の政策は、手荒い「最終解決」の政策に変わりました。)

1930年代の間、SS (親衛隊)の中央新聞、Das Schwarze Korps 紙は、シオニズムのためのその指示を繰り返し宣言しました。1935年に公表されたある記事は、例えば、読者達にこう伝えました:¹⁰

「宗教上では無く、血統に基づいた民族的なコミュニティーとしてのユダヤ連の認識は、ドイツ政府が、このコミュニティーの民族的な分別性を、余すところなく保障する事に繋がります。政府は、世界中のユダヤ連の団結と、同化の概念の全てのその否定の認識と共に、シオニズムと呼ばれる、ユダヤ連の中の大いなるスピリット的な運動に、完全な同意を見つけます。この上に基づいて、ドイツは、世界中のユダヤ問題の扱いにおける未来において、間違いなく重要な役割を果たす対処法を行います。」

1933年の後期、代表的なドイツの貨物船は、ハンブルグからパレスチナのハイファへの直行便を始め、その船の上で「厳密にコーシャーな(ユダヤ教で許された)食物」を提供しました。

1935年9月、ドイツ政府は「ニューレンブルグ法」を制定し、それはユダヤ人とドイツ人の間の婚姻と性的な関係を禁止し、実質的に、その国のユダヤ人達が、外人の少数グループであると宣言しました。¹¹数日後、ニューレンブルグ法は実施され、主要なドイツのシオニスト新聞紙、Jüdische Rundschau は、社説の中でその新たな法律を歓迎しました。それは読者達に、こう説明しました:¹²

「ドイツは・・・ユダヤ人達が、現在ドイツに住んでいる少数派であると宣言した時、世界シオニスト会議の要求を受け入れていました。一度、ユダヤ人達に国家的な小数派の印が押されれば、ドイツ国家とユダヤ連の間の関係の正常化が再び確立される事が可能に成るでしょう。その新たな法律は、ドイツにおけるユダヤ人達の少数派に、それ自体の文化的な生活、それ自体の国家的な生活を与えるでしょう。未来においてそれは、それ自体の学校、それ自体の劇場、そしてそれ自体のスポーツ連盟を形造る事が出来るでしょう。それは、国家的な生活の全ての要素において、それ自体の未来を創造する事が出来るでしょう・・・」

1930年代の間、シオニストのグループは、第三帝国(ナチス)の権威側と共に協力し、パレスチナにおける彼等の新たな生活のために、移住の候補者達を訓練するための、約40のキャンプ地と農業センターのネットワークを組織しました。

ヒトラー時代のドイツ-シオニストの協力の眼玉は、彼等の財産と共に、何万人ものユダヤ系ドイツ人が、パレスチナへ移民する事を可能にした同意である移動の同意でした。その同意はまた - 「移動」のためのヘブライ語である – Ha’avara としても知られ、ドイツの役人達とユダヤ人機関、世界シオニスト組織のパレスチナ・センターの役人達の間の話し合いの後、1933年8月に結ばれました。¹³

1933年と1941年の間、約60,000人のユダヤ人達、または1933年のドイツのユダヤ人の人口の約10%が、Ha’avara とその他のドイツ-シオニストの同意を通してパレスチナへと移住しました。Ha’avara の移民達の幾らかは、ドイツからパレスチナへ多大な個人資産を移動しました。ユダヤ人の歴史家、エドウィン・ブラックが記述した様に:「それらの人々の多くは - 実際に彼等の正に存在の大体のレプリカである - 彼等の家と工場の、実際のレプリカを輸送する事が許されました。」¹⁴

その移動の同意は、ヒトラーのドイツと国際シオニズムの間の協力の最も遠くまで及ぶ例でした。この同意を通してヒトラーの第三帝国は1930年代の間に、その他の国々のどれよりも、シオニスト運動とパレスチナにおけるユダヤの発展に協力的でした。

シオニズム、またはユダヤ的な国家主義の本質は、ユダヤ人は何処にいても - 彼等が住む場所に拘わらず、彼等の宗教的な見識に拘わらず、そして彼等の市民権(国籍)に拘わらず - 全てのユダヤ人達が主要な忠誠と同盟を帰属させる、ユダヤの「人々」、または「国」のメンバーであると言う事です。

米国のユダヤ人達の圧倒的な大多数は今日、イスラエルと共に同一視し、協力し、そしてシオニストのグループと組織に参加しています。米国における顕著なユダヤ人のグループ、または組織、そして有名なユダヤ系アメリカ人の政治的、またはコミュニティー的な指導者達の全ては、殆どの場合とても熱狂的に、イスラエルとシオニズムを支持します。極少数の例外を除いて、イスラエルの少々恥ずかしい政策に批評的なユダヤ系アメリカ人達でさえ、イスラエルのため、そしてそのシオニスト国家がその上に基づいた国家主義の思想のための支持を表現します。

シオニストのユダヤ人は、定義によると、彼の主なった忠誠をユダヤのコミュニティーとイスラエルに対して帰属させます。シオニズムは、イスラエルと世界のユダヤ人コミュニティー以外のあらゆる国、または組織と両立可能ではありません。それは何故、アメリカのユダヤ人達が、米国のその他の人達と同じように忠誠であると言う、米国内のユダヤ人の指導者達の主張を、切実で信心深いものとして受け入れる事が難しい理由です。

米国において、殆ど全ての主要な政治的な指導者達は - ユダヤ人であれ、非-ユダヤ人であれ、民主党員であれ、共和党員であれ - イスラエルと、それがその上に基づいたユダヤ人の国家主義思想を熱心に支持します。ワシントン(DC)において、二大政党の政治的な指導者達は、民族的にユダヤ人の国家として、米国がイスラエルを支持する事を強調します。彼等は、アメリカのイスラエル公共状況委員会(AIPAC)と反-誹謗中傷協会(ADL)の様な、影響力の強いユダヤ人-シオニスト・グループを熱心に支持し、そしてあからさまに御ひいきを求めます。

イスラエルに対する支持を主張する誰しもが - ユダヤ人であれ、非-ユダヤ人であれ - もしその人が正直で一貫的なら、イスラエルの首相シャロンと、その他のシオニストの指導者達の見解を支持し、そしてあらゆる処からイスラエルへのユダヤ人達の移住を支持するべきです。ですが勿論これは、実際に起こる事ではありません。

シオニズムとイスラエルに関して、アメリカの政治的な指導者達の殆ど全ての態度と政策は、ユダヤ人であれ、非-ユダヤ人であれ、偽善と偽りによって特徴されます。言い換えると、シオニストのユダヤ人達と、彼等の非-ユダヤ人の支持者達は、あからさまなダブル・スタンダード(二重基準)を受け入れます。ユダヤ人-シオニスト組織は、彼等の非-ユダヤ的な仲間の支持と共に、イスラエルと世界のユダヤ人コミュニティーのために、一つの社会-政治的な思想を支持し、そして米国とその他の非-ユダヤの国々に対して、全く異なったものを支持します。彼等は非-ユダヤ人達のための民族的な国家主義は邪悪であると主張する間、それと同時に彼等はユダヤ人達のための民族的な国家主義 - つまり、シオニズムを熱心に支持します。

彼等はイスラエルがユダヤ人の国家主義的な国で、そのユダヤ人の国民のために、非-ユダヤ人を差別する移民法も含めた特権が無ければならないと強調します。それと同時に、ユダヤ人のシオニストのグループと指導者達、そして彼等を支持する非-ユダヤ人達は、米国、英国、フランス、ドイツ、そしてその他の国々においては、人種、民族、または宗教に基づいた、あらゆる人のための特権は、あってはならないと強調します。

私達の政治的な指導者達は、アメリカのユダヤ人達が、その他のアメリカ人達のものから別々の正体とコミュニティーの関心を共にする、はっきりと異なった国家的なグループとして、彼等自身を考えるために応援されるべきであると、私達に伝えます。同時にアメリカの政治家達はシオニストのユダヤ人達が、完全に同等な米国市民として、全ての権利が与えられるべきであると主張します。このダブル・スタンダードの土台の上で、ユダヤ人達は、アメリカの政治的、そして文化的な生活において特権階級を与えられています。

アメリカ人達は、シオニズムが利他主義的で温和な見解で、ユダヤ人の母国と呼ばれるもののための公正な支持であると信じ込まされて来ました。実際には、シオニズムは、非-ユダヤ人達のものからは異なった関心を共にする、はっきりと別々のコミュニティ―として、ユダヤ人達の正体と自己-イメージを強調する、ユダヤ人の国家主義に民族的に基づいた思想と運動で、それは既に強力な、世界ユダヤ・コミュニティーを強化します。

メモ:

¹ New World Dictionary of the American Language, Second College Edition (1978?), p. 1654.
² Th. Herzl, Der Judenstaat. ( http://de.wikisource.org/wiki/Der_Judenstaat/Einleitung / http://www.zionismus.info/judenstaat/02.htm )
Also quoted in: M. Weber, “Zionism and the Third Reich,” The Journal of Historical Review, July-August 1993, p. 29. ( http://www.ihr.org/jhr/v13/v13n4p29_Weber.html )
³ Kevin MacDonald, Separation and Its Discontents (Praeger,1998), pp. 45, 48.
⁴ Memo of Nov. 22, 1899. R. Patai, ed., The Complete Diaries of Theodor Herzl (New York: 1960), Vol. 3, p. 888.
⁵ Louis D. Brandeis, “The Jewish Problem and How to Solve It.” Speech of April 25, 1915. ( http://www.pbs.org/wnet/supremecourt/personality/sources_document11.html / http://www.law.louisville.edu/library/collections/brandeis/node/234 )
⁶ “Dr. Wise Urges Jews to Declare Selves as Such,” New York Herald Tribune, June 13, 1938, p. 12.
⁷ Chaim Weizmann, Trial and Error (1949), p. 90. Quoted in: Albert S. Lindemann, The Jew Accused (1991), p. 277.
⁸ “French Jews Must `Move to Israel’,” BBC News, July 18, 2004 ( http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/3904943.stm )
See also: “Sharon Urges Jews to Go to Israel,” BBC News, Nov. 17, 2003. ( http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/3275979.stm )
⁹ M. Weber, “Zionism and the Third Reich,” The Journal of Historical Review, July-August 1993 (Vol. 13, No. 4), pp. 29-37.
( http://www.ihr.org/jhr/v13/v13n4p29_Weber.html )
¹⁰ Das Schwarze Korps, Sept. 26, 1935. Quoted in: Francis R. Nicosia, The Third Reich and the Palestine Question (Univ. of Texas, 1985), p. 56-57.
¹¹ These days the Nuremberg Laws are routinely portrayed as imposing outrageous and inhumane discrimination against Jews. But to put this in perspective, it’s worth mentioning two points. First: the Nuremberg Laws ban on marriage between Jews and non-Jews is consistent with the law in Israel today, where such marriages are not permitted, as well as with the prohibition on such marriages as laid out in the Hebrew scriptures. (See, for example: Numbers 25: 6-8; Deuteronomy 7:3; Ezra 9: 12; 10: 10-11; Nehemiah 10: 30; 13: 25.)
Second, in 1935 less than one percent of the population of Germany was Jewish, which meant that the Nuremberg laws ban on marriage between Jews and non-Jews was irrelevant for the vast majority of the country’s population. By contrast, in the United States during the 1930s, most of the American states had laws in place that prohibited marriage between people of different races. Because the portion of the American population that was racially non-majority was much larger than in Germany, the US racial laws impacted a much larger portion of the US population at the time than the Nuremberg laws affected the German population.
¹² Jüdische Rundschau, Sept. 17, 1935. Quoted in: Y. Arad, and others, Documents on the Holocaust (Jerusalem: 1981), pp. 82-83.
¹³ W. Feilchenfeld, “Ha’avara,” New Encyclopedia of Zionism and Israel (Herzl Press, 1994), pp. 535-536; M. Weber, “Zionism and the Third Reich,” The Journal of Historical Review, July-August 1993, pp. 33-34.
¹⁴ Edwin Black, The Transfer Agreement (1984), p. 379.
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30