♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

血液の+とー、優生学、そしてナチス

血液型による民族的なグループを分別するための初期の試み

この「一握りの女性達」は実際に7人の女性達で、その7人の「遺伝的な部族の母達」に、サイクスは、ウルスラ、ゼーニャ、ヘレナ、ヴェルダ、ターラ、ケイトリン、そしてジャスミンと言う名前を与えました。ですが、ヨーロッパの7人の遺伝的な母達を見つけて確認する事は、科学の探求にとって簡単な問題ではありませんでした。

それは、17世紀のイタリアにおける最初の輸血と共に始まりました。それらの初期の試みに対する拒絶反応から、多くの人達が亡くなり、その実施は、出産の間の出血から女性達を救うために19世紀において再開されるまで、2世紀以上の間、断絶されていました。1900年の生物学者のカール・ランドステインによる、血液型の発見に繋がったのは、言い換えると、輸血の実施においてでした。

血液型は直ぐに親権を判断するために受け入れられた方法と成り、そして最終的に、人類の異なったグループの遺伝的、そして進化的な起源を辿る試みの手法に成りました。サイクスによると、その試みは第一次世界大戦の間に本格的に始まり、そして、「1918年6月5日のサロニカ医学会議に対して、科学的な論文が発表されました。」

受け継がれた血液型の遺伝は少々単純だったので、血液型によって民族的なグループを分別する試みが直ぐに開始されました。第一次世界大戦の間に収集された輸血のデータを基に、ヨーロッパ人達は、15%の B 型と40%の A 型によって構成されている事が直ぐに発見されました。ですがこの比率は、ロシアへと、さらに東に向かう際に変化し、B 型の割合はロシアとアフリカから徴兵された兵士達においてより高く成り、英国の下で奉仕していたインドからの兵士達においてその割合が約50%のピークに達しました。これは、何人かの研究者達が、血液型 A と B に基づいて、2つの基本的、または早期の「生物-化学的な民族のグループ」があったと結論するに至りました。

ですがこの方法に伴う問題が直ぐに派生しました。例えば、ある結果は、殆ど同じ血液型の頻度が、ロシアからの兵士達とマダガスカルからの兵士達において起こっていると表しました!これは、「今までに記録された事の無い、マダガスカルに対するロシア人の侵略の結果なのか、またはその逆で、ロシアに対するマダガスカル人の侵略の結果でしょうか、」とサイクスは皮肉りました。その他の結果は、イングランド人とギリシャ人の間のほぼ同じ頻繁性を表しました。この種の問題はとても深刻に成り、アメリカ人の医師、ウイリアム・ボイドは最終的に、人類とその異なった民族の遺伝的な歴史の指標として、血液型を考える事に対して人類学者達に警告を発しました。

バスク人、Rh ポジティヴと Rh ネガティヴの血液、そして「ヨーロッパの問題」

この時点において、研究へと投げ入れられたもう一つの遺伝的な問題があり:バスク人達でした。私が常にバスク人達によって関心をそそられたのは、何故なら家族の母方の側において、私自身もバスクの血を受け継いでいるためで、その他のヨーロッパに対する彼等の関係が、ある意味、私自身の個人的な先祖と逸話の一部であるためです。バスク人達は、現代のフランスとスペインの国境が触れる場所である、ビスケイ湾の角において、今はもう存在しないナヴァレー王国の領土に住んでいます。

彼等が人類学に対して体現する問題は二重で、一方で、バスク人達はヨーロッパ大陸における「最も影響的で遺伝的な人口」で、そしてもう一方で、彼等の言語、エウスカラが、「ヨーロッパにおいて独自で、その他の生き延びている言語のいずれにも、言語学的な関連性を持っていない」ためです。ですが彼等はまた、サイクスと彼の研究チームに「ヨーロッパ全体の遺伝的な歴史への欠かせない手掛かり」を供給します。

その手掛かりは、Rh ポジティヴと Rh ネガティヴの異なった血液型を通して現れます。殆どの人達は、Rh ポジティヴと Rh ネガティヴの対の両親に生まれた新生児に起こる重度な問題に気付いているでしょう。「ブルー・ベイビー・シンドローム(症候群)」は、この違いが発見されるまで、ヨーロッパの人達の出産において頻繁な出来事で、そして Rh ポジティヴの夫達と婚姻した Rh ネガティヴの母親達は、それに対する母親の免疫システムの反応を中性化する抗原の注射が与えられ、そして故に、彼女の赤子の中で両方の種類の血液が循環する事故から、彼女の子供が守られました。

問題だったのはその他の世界の殆どにおいて Rh ポジティヴが圧倒的だったのに、ヨーロッパ唯一においては、Rh ポジティヴと Rh ネガティヴのほぼ同等のミックスが存在したためでした。そしてこれは「あらゆる進化論的な感覚において、理解不能でした。」

バスク人達が、その話において重大な役割を果たしたのはこの時点においてで、1947年にイングランド人の医師、アーサー・モウラントが、バスク人達によって体現された問題を、より詳細に研究しようと決定したためです。その結果は、サイクスが説明する様に、少々驚きでした:

「バスク人達がヨーロッパにおける全ての人口グループの中で顕著に低い B 型の頻度を有していたのは既に知られていました。彼等が同時に、太古の(Rh)ネガティヴの貯水池であったと言うのは可能でしょうか?1947年にモウラントは、臨時政府を形成するためにロンドンを訪れていて、彼等の遺伝的な独自性を証明するあらゆる試みに前向きだった、2人のバスク人達と会う予定を組みました。殆どのバスク人達の様に、彼等はフランス(に対する)抵抗の支持者で、スペインのフランコ独裁政権に完全に反対していました。両方の男性達が血液のサンプルを提供し、両方が(Rh)ネガティヴでした。これらの接触を通して、モウラントはフランスとスペインのバスク人達のパネルをタイプ化し、彼が期待した様に彼等は(Rh)ネガティヴのとても高い頻繁性を有し、実際に、世界最高でした。これからモウラントは、バスク人達がヨーロッパの元々の住人達からの子孫達である間、その他全てのヨーロッパ人達は、元々の住人達と、更に最近の移住者達のミックスで、それを彼は中東からの最初の農業者達であろうと考える」と結論しました。

「その瞬間から、バスク人達は、それに対して、ヨーロッパの遺伝的な先史についての全てのアイデアが - そして今でも大部分において - 判断される人口の地位に成りました。西方のヨーロッパ人達の全てにおいて彼等だけがヨーロッパにおける独自の言語を話し、西方のヨーロッパのその他の言語の全てを含む、インド-ヨーロッパ語に帰属していなかったと言う事実は、彼等の特別な地位を更に強化しました。」

言葉を変えると、ヨーロッパにおける人口のグループに全てにおいて、バスク人達がある意味、その大陸における「先住民」であったと、とても強くその証拠は現れ、または、上手く言い換えると、そのグループは其処に最も長く滞在し、その他の者達よりも、いち早く(ヨーロッパに)到着したと言う事でした。

前に進む次の一歩は、勿論、DNA 自体の二重の螺旋構造の発見と共に現れ・・・
1 GenesGiantsMonstersAndMenCover


当時もその後も、地上にはネフィリムがいた。これは、神の子らが人の娘たちのところに入って産ませた者であり、大昔の名高い英雄たちであった。
- 旧約聖書、創世記6:4
そして、天界の息子達である天使達が、彼女等を見た時、彼女等に恋をして、お互いにこう言いました。さあ、私達は、人々の子孫(娘)達から、私達自身のために妻を選び、そして私達は子供達を授かりましょう。
- エノク書1:2

Rhesus (RH) negative blood? You may belong to the Nephilim
リーサス(RH)ネガティヴの血液?貴方はネフィリムに属するかもしれません

http://yournewswire.com/rhesus-negative-blood-you-may-belong-to-the-nephilim-a-parallel-human-race/


1 1051982620x264

もしあなたが、リーサス(RH)ネガティヴの血液なら、あなたは - 私達人間と平行的な種族である - ネフィリムに属するかも知れません。

最近の研究は、この珍しい血液のグループが、あなたをホモ・サピエンス(人類)の通常の遺伝子から分離させる、あなたの構成要素における、非-人間的な特徴を証明するかも知れないと表しました。


ネフィリムと言う言葉の起源とそれが何を意味するのかについては、多くの混乱があります。ヘブライ語においてそれは、文字通り落下を意味します。聖書、タルムード、そして(それらがジン/Djinn として言及される)コラーンは全て、落ちた天使達について述べます。

聖書の創世記の書の中で、それはどの様にしてネフィリムが、人間達と共に子供達を産出したのかを説明します。その一人は、ノアの息子であるヤペテを殺害し、彼の場所を乗っ取り、疑いを持たなかったヤペテの妻との間に多くの子供達をもおけ、結果的にヨーロッパ北部の殆どに広まったとさえされます。

専門家達は、堕天使達、または地球外知的生命体を、由来の可能性として引用し、この人間の側面の一連の起源について同意出来ませんが、彼等は以下を含む特徴については同意します:

・平均以上の知能指数
・より敏感な視覚とその他の感覚
・下半身のより低い体温
・より高い血圧
・超能力/直感的な能力のより頻繁な発生
・圧倒的に青、緑、または栗色の瞳
・赤、または赤っぽい頭髪
・熱と太陽光線に対するより大きな敏感さ
・クローン化の不可
・余分な背骨(尻尾

あなたが、あなた自身を調べ終わった後に、もしあなたが RH ネガティヴなら、この分類に至る人はとても少ない(15%)の人達なので、貴方は既にとても特例なのかも知れません。それらの特徴において言及された色が、北欧の典型であると注目するのは興味深い事で - ノアの息子がネフィリムによって殺害され、そしてその子供達がヨーロッパ北部に広まったとする、聖書的な逸話の名残なのでしょうか?

ですが、RH ネガティヴは正確に、何を意味するのでしょうか?人間の血液型の中で、O 型が最も頻繁です。それは統一的な血液型です。血液型は更に2つのグループへと分類され、ネガティヴとポジティヴです。これは RH ファクター(要素/因子)と呼ばれます。RH ファクターは、リーサス(アカゲザル)の血液要素です。

もしあなたの血液検査がこれにポジティヴなら、あなたは、あなたの血液の中にその要素を有しています。もしあなたの検査がネガティヴなら、あなたは、あなたの血液の中にその要素を有していません。

RH 要素は、アカゲザルに直接関連した、人間の血液の中で見つけられるタンパク質です。

あなたの両親から血液型が遺伝された時、この血液の要素が、子供に遺伝される最も一貫的な人間、または動物な特徴である事が知られています。異例はとても極少数です。それは殆ど変異しません。殆どの人達、約85%は、RH ポジティヴの血液です。これは人間が、霊長類から進化した、または派生したと言うアイデアを補佐します。15%の人間達は、RH ネガティヴの血液です。

もし血液型が、人間の特徴の最も変異しないものの一つなら、RH ネガティヴは何処から現れたのでしょう?この問いは、長年、科学者達を悩ませてきました。RH ネガティヴの血液グループが、35,000年前頃に現れたと示唆する幾つかの証拠があります。そしてその現れは地域的で、そして、元々、人々の特定のグループ/部族と共に関連していた様です。

スペイン北部とフランス南部は、バスク人の人々の中で RH ネガディヴの最も高い集中が見つけられる処です。もう一つの元々のグループは東方/オリエントのユダヤ人です。一般的に、ヨーロッパ人の約40-45%は、RH ネガティヴのグループです。アフリカ人の子孫の約3%、そしてアジア人とアメリカ先住民の子孫達の約1%だけが、RH ネガティヴのグループです。ヨーロッパのより大きな数字のために、人間の遺伝子コードへと、それが注入されたのは、其処においてであると推理するのは妥当でしょう。これはまた、コーケージャン(白人)が現れた場所なのでしょうか?白人の現れは、RH 要素に関連しているのでしょうか?

これは、RH ネガティヴの要素が、外的な源泉から注入された可能性を示唆します。その源泉が、その他の惑星から到来した人間の様な存在であった可能性はあるでしょうか?または、私達が、彼等の操作と介入の産物として、私達は彼等と同じ程、エイリアンであるのかも知れません。彼等が此処に到来し、現代人を造るために、地球上に既に存在していた生物を操作した可能性は無いでしょうか?

聖書を含む多くの太古の文献が、この論説を補佐します。太古の文献の多くの逸話、特にキリスト教以前の文献は、天界から地上に降りてきた種族について伝えます。聖書の中で人は彼等を、長い寿命で、奇跡を行う神々として見ました。それが偶像崇拝的で、天使達の逸話と共に執着し過ぎるために、聖書の中に公式には全く組み込まれ無かったエノク書の中で、ネフィリムと堕天使達は、詳細に言及されています。

その書は、とても興味深く創造的だった、聖書の登場人物、エノクによって記述されました。彼は、タルムードの中で、アブラハムと同じ歴史的な人物として考えられます。彼は、アークエンジェル(大天使)メタトロンに親密に関係していると信じられ、彼(メタトロン)は、(大天使と言うより)パワー・レンジャーにもっと似ている様に聞こえますが、大天使の全ての中で最も崇高で、神に最も近いと信じられます。幾らかの人達は彼が、地上と天界のはざまのスピリット的な橋において、あなたを出迎える天使として信じ、それは彼を実質的にグリム・リーパー(死神/土星)にします。ギリシャ神話の中で彼は、黄泉の国へとスティックス(三途の川)をスピリットに渡らせるヘデスと同等として考えられました。

Rh ネガティヴは、ナチスの優生学計画によって標的にされたのか?
https://cassiopaea.org/forum/index.php?topic=19898.35;wap2


1 bloodtypes


私の注目を引いたのはヒトラーが、ユダヤの人々の宗教と民族に対してホロコーストを望んでいた時、ナチスがまた血液型を調べる役割を果たし、ナチスの優生学計画によって、ユダヤ人として信じられた血液型に基づいて、人々を殺しさえしたのではないかと言う事でした。あらゆる医療的な記録は人々の血液型を表記するので、もし人々の特定のグループが特定の血液型を持っているなら、ヒトラーはその特定の血液型を排除するために、そのグループ全体を標的にする事が出来ました。

ですが、ヒトラーと、ロックフェラーに後ろ盾されたナチスの優生学計画は、どの血液型を標的にしていたのでしょうか?Rh ネガティヴの血液型です。

Rh ネガティヴの血液型に関連している人達が、レプティリアン/爬虫類系、または聖杯の血統と混血しようと試みたと主張される、サタン主義、または悪魔主義の血統であると噂されています。

この血統は、特定のエリートのグループによる、個人に対する攻撃の特定の形状に対して、より抵抗力/免疫があると言われ、特別で超越的な能力を持ち、そして人々が生きている社会の幻影について、社会の幻影によるプロパガンダから、いち早く気づき、その他の人達に警告を促す事が出来るとされます。

「1935年9月15日に彼は - ニュレンブルグ法として知られる - 2つの法案を国会に提出しました。その法案は、非-ユダヤ人と、ユダヤ系ドイツ人の結婚を禁止し、ユダヤ系の家庭において、45歳以下の非-ユダヤ人の女性達が雇われる事を禁止しました。その法案は、『非-アーリア人』と呼ばれる人達からドイツの市民権を剥奪しました。ヒトラーの早期の優生学の政策は、アクション T4 と呼ばれた政策において、身体的、または発育的な障害のある子供達を標的にしました」と、ウィキペディアは記します。

1930年代にヒトラーが、ユダヤと非-ユダヤの民族の間の混血を防ぐ事を望んだのは、Rh ネガティヴの人と非-Rh ネガティヴの人が婚姻すると、通常、赤ちゃんと母親の血液型の間の血液型の衝突による流産に結果する事実のために、2つの異なった血液型、2つの異なった人間の種類が、一緒に子供をもおける事を妨げる事を望んだ事を意味します。もし、ヒトラーが Rh 因子について知っていたなら、それを彼が忌み嫌い、この血液型を抹消する事を望む事に繋がり、ヒトラーがその後に成った狂人へと繋がるかも知れません。

Rh 因子、について私が行った調査によると、フィリップ・レヴィン博士は、ニュー・ヨーク・タイムズ紙の記事によると、「ロックフェラー・インスティチュートにおいて7年間研究を行い、カール・ランドステイナー博士と共に、血液の病気と発見について、20種の論文を発表しました。」ナチスの優生学の運動を後ろ盾していたのがロックフェラーだったので、第三帝国におけるユダヤの人々の除去のすぐ後の、リーサス(Rh)・ネガティヴとポジティヴに関して、血液型におけるロックフェラーの関心は謎めいて見えます。

ヒストリー・ニュース・ネットワークによると、「優生学は、特にカーナギー財団、ロックフェラー財団、そして鉄道事業で大成功したハリマンなどの、企業的な慈善事業によって多大に資金融資されていなければ、唯の飲み屋における奇怪な雑談だったでしょう、」とします。

そして、更なる調査において私は「パット・モリソン教授」について述べる、信頼出来る PDF の本を見つけました。そうです。すでに指摘された様に、この国において血液のグループについて研究していた最初の研究所は、1935年のロックフェラーの資金融資と共に設立されたガルトン研究所の血清部門でした。1837年には、血液のグルーピングにおいて偉大な人物に成る運命にあった、若い病理学者、ロブ・レイスが、G.A. テイラーの助手として任命されました。彼等は最初の数年間、当時知られていた唯一の血液型のグループのシステムだった ABO 型と(P からは別々だった)MN 9 についてのみ研究していましたが、1940年代の初頭から、彼等は Rh についても研究し始め - そしてそれについては後に、私は触れましょう」と此処にリンクされた PDF は記します。

ですから、Rh 因子の研究者達の全てが、ナチス・ドイツの優生学計画の後ろ盾をしたロックフェラーのインスティチュートからの資金融資、または援助が与えられ、そしてヒトラーが、恐らく Rh ネガティヴである可能性が高い特定の人々のグループを標的とし、労働収容所のおいて殺す事を望んだのは、偶然では無いでしょう。

実際に、ゴッド・ライク・プロダクションの調査者は、その労働収容所に連れていかれた幾らかは、彼等がユダヤ人だった事さえも知らず、ですから、言い換えると、ヒトラーは血液型、または民族によってユダヤ人達を標的にし、「過去についての研究はそれらの労働収容所に連れていかれた人達の幾らかは、彼等の家から強制的に連れていかれるまで、彼等が「ユダヤ系」であった事を全く知りませんでした、」と明言しました。

Rh式血液型
詳細は「Rh因子」を参照

赤血球膜の抗原による分類法。1940年ごろから明らかにされた。現在は40種以上の抗原が発見されている。その中でもD抗原の有無についての情報を陽性・陰性として表示することが最も多い。すなわち、Rh+(D抗原陽性)とRh−(D抗原陰性)である。

Rh−型の人にRh+型の血液を輸血すると、血液の凝集、溶血等のショックを起こす可能性がある。Rh−型の女性がRh+型の胎児を妊娠することが2回以上になると病気・流産の原因となることがある。日本人の99.5%はRh+である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2%E5%9E%8B

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 04 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -