• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

パフォーマンス係数(ギザの死の星)

DR ANDREA ROSSI’S ECAT REACTOR NEARING THE END OF A YEAR-LONG ...
アンドレア・ロッシ博士の E- キャット化学反応器が、1年に及ぶ(試験の)終了に近づく(ギザの死の星)

http://gizadeathstar.com/2016/03/dr-andrea-rossis-ecat-reactor-nearing-the-end-of-a-year-long-successful-test/


現在、アンドレア・ロッシ博士の E- キャット低エネルギー「冷温核融合」化学反応器の商業試験がほぼ、一年に接近しており、K.H. 氏によって分かち合われたこのとても重要な記事によると、その試験は成功的であった様に現れます:

歴史的な出来事:一年間に及ぶ1メガワットの E- キャットの試験が完了した

この記事の中には多くの吸収するべきものがありますが、特に私の眼が捉えた2つの事があり、そして私はあなた(の眼)もまたそうした事を望みますが、もしそれらが真実であれば、すると私達はエネルギー(電力)的な革命の実に目前にあり、長期的にそれは、金融的、そして地政学的な世界を造り変えるものであるためです。以下はその一つ目です:

以前に、その試験的な発電所を訪れた何人かの情報源は、その COP, Coefficient of Performance (パフォーマンス/稼働性能の係数)、i.e. 操作のための出力と入力の比率は、その熱の発電器が12-50キロワットを消費している間、1メガワットを産出している事を意味する - 電気、暖房、水の過熱、そしてエアコンを含む、西洋の約300世帯が平均的に消費する - 20-80の範囲であったと、私は伝えられました。

私がまた伝えられたのは - 殆どが、リチウム、水素、そしてニッケルの様な無害な元素である - その燃料の総合的な量は、アンドレア・ロッシの科学技術に与えられた特許によると - 10分の1グラムの規模においてでした。そしてそのチャージ(稼働/蓄電)は1年間の間変化させられなかったとされます。一方で、1年間の稼働の後、その化学反応器は更なる稼働のために、現在、再チャージされています。」(イタリクスの強調は、(ファレル博士によって)加えられ、太文字は元記事の強調です)

人々が「オーヴァー・ユニティー」と「フリーエネルギー」について語る事を止め、そして COP 、または稼働性能の係数について語り始めるなら、私は眼と歯をあげてもいいですが、これが実際に重大な事であるためで、そして此処においてその示唆は鮮明で、入力と出力の比率が驚きのためで、そしてその記事が記述する様に、このトレイラー・トラックの大きさの反応器が、約300世帯の西洋の平均的な家庭のために、数グラムの一般的な素材から安価でクリーンな電力を産出しているためです。

一旦立ち止まってこの科学技術が、頼りに成る電力(供給)が無い、世界の貧しい地域のために意味する事を考えてみましょう。頼りに成る電力が無ければ、良質な農業、頼りに成る下水、健全な上水道、または製造業は不可能に成ります。言い換えると、この科学技術は、「経済的なヒット・マン」と金融的に獰猛な欧米からの、高くつく借金(IMF/世界銀行/BIS)の餌食に成る事も無く、貧しい国々がそれらの国々の人達を助ける方法の鍵を供給します。この科学技術の開発者達のための本当の問題は、どの様にそれ(科学技術)がその(金融的な)階級の手に落ちる事を妨げるかでした。私達は直ぐに、それに戻ります。

その後、私のマインドに対して、私達は実際に信頼可能な話しを見ていると示唆する明言が起こり、そしてそれはこの明言です:

その試験はアンドレア・ロッシと彼の米国の工業的なパートナー、インダストリアル・ヒート社によって実施され、そしてロッシによると、その結果が肯定的であると結果が出れば、類似したインダストリアル・ヒート社製の発電機の商業化が、可能な限り急いで開始されます。インダストリアル・ヒート社は、私が伝えられた限り、北米、中米、そして南米、中国、ロシア、サウジ・アラビアとアラブ首長国連邦において、E- キャットに基づいた科学技術を生産し、販売する権利を取得しました。」(全ての強調は(ファレル博士によって)加えられました)

明らかに、サウジ・アラビアとアラブ首長国連邦が、その様な科学技術に高い関心を示したのは、究極的に、石油時代の終わり、そして彼等の富と権力の終わり、そして更に重要な事に、彼等の経済と国家的なインフラの基礎を多様化する彼等の必要性を明白にするためです。この科学技術における彼等の関心は、彼等の観点からも道理にかなっていて、そして実際にその科学技術が実用可能である事をシグナルします。

それは私達を、そのリストにおけるその他の国々へともたらします:南米は - それによって私達は2つの大きな南米の大国、アルゼンチンとブラジルだと理解し - (更に加えて)中国とロシアです。端的に、私達は、そのリストに載っていないたった2つの国々、南アフリカとインドが欠けているので BRICS に若干、届かないだけです。これは、ロッシ博士が、そして彼に助言しているのが誰であれ、賢明にも彼等の科学技術と試験を分散させ、正に欧米の金融的な寄生虫がそれに対する独占を奪い、隠蔽する試みをする事を避けるためだったと私は勘ぐります。ロシアは、それ自体が炭化水素エネルギーの大規模な供給国で、恐らくサウジ・アラビアやアラブ首長国連邦と同等に、失うものが大きいのは当然ですが、短期的なものに対してのみです。ロシアと中国の技術開発者達は - 私は既にそれを行っていると推理しますが - その科学技術を更に効率的にする試みが出来ます。長期的に見て、ロシアと中国のどちらにも、炭化水素時代を延命する事によって得られるものはありません。

勿論、私達は未だ到達していませんが、その試験と - そしてその科学技術において関心のある様々な国々は - 私達が認める事を望むか望まないかは別にして、私達が石油の時代の衰退に入った事の鍵の指標です。それはゆっくりで、徐々にですが、それは始まりました。人は、大きな電気的な発電所とサブステーションが時折点在する風景よりもむしろ、その風景の周りにもっと分散した、小さな発電器を想像するだけで十分でしょう。

ではまた後日・・・
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 08 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -