• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

そうだ、火星に行こう!

Oct. 2, 2015
Five Orion Technologies That Will Help Us Get Home From Mars
火星から私達を安全に帰還させる助けをする5つのオリオン号の科学技術

http://www.nasa.gov/feature/five-orion-technologies-that-will-help-us-get-home-from-mars


Radiation protection
放射線の防護

Astronauts traveling to and from Mars will be far away from the protective shield of Earth’s atmosphere and magnetic field, and their spacecraft and its systems will need to be able to protect against the full spectrum of space radiation. NASA is working now to develop protective methods.
火星へ、そして火星から旅する宇宙飛行士達は、地球の大気と磁場の保護的な楯から遠く離れて、そして彼等の宇宙船とそのシステムは、宇宙放射線のスペクトル全域に対して防護出来る事が必要に成ります。NASA は、防護の方法を開発するために、現在、研究しています。

ヴァン・アレン・ベルト
太陽風や宇宙線(i.e. 放射線)からの粒子が地球の磁場に捕らわれて形成されると考えられている。電子(エレクトロン)は太陽が起源、陽子(プロトン)は宇宙線が起源とされている。地磁気の磁力線沿いに南北に運動しており、北極や南極では磁力線の出入り口であるため粒子も大気中に入ってきて、これが大気と相互作用を引き起こすことによってオーロラが発生する。オーロラはヴァン・アレン帯の粒子が原因であるため太陽活動が盛んなときは極地方以外でも観測されることがある。地球以外にも磁場を持つ惑星である木星(ジュピター)、土星(サタ-ン)で存在が確認されている。

あれっ?
1 a1a27a6e
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 10 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -